内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

お知らせ

こんにちは

少し前の記事で うちの子供が産まれたって話しは簡単にしましたが

今度は、うちの祖母が亡くなってしまいました・・・・・

11日12日が葬儀になりますので、お休みします

まだまだ バタバタが続き ご迷惑をお掛けします すいません
スポンサーサイト

GS400 超改 その3

3本目

完成動画になります








今後テストで大きな問題が無く 反響もあるようでしたら ドキドキKIT販売するかも?です


GS400 超改 その2

2本目

いつものパターンだと 車載して 始動確認動画撮って終わりにするんですが 

今回だけは その後までやってみました

DSCN0048.jpg

馴らし程度だったら特に問題は無かったのですが

その後 軽く廻したら ワイヤー切れたり メーターの針が戻って来なかったりで

違うメーターに変えても結局 同じで 壊れちゃう・・・・ なので 電気式に変えます

で いかにも 付けました的なのは 絶対にイヤなので 

DSCN0057_201609031543493f4.jpg

こんな感じのプレート作ったりして

DSCN0062.jpg

純正のメーターケースに納めました

電気式のメーターにしたので メーターワイヤーは不要です なので

DSCN0077_20160903154352f4f.jpg

これも 製作しました

DSCN0080_20160903154353949.jpg

これで 正確な 回転数も読めるし 壊れないし

ちなみに ステッピングモーター付きなので 使った最高回転数も ごまかせない♪

DSCN0076_20160903154421c80.jpg

そうそう こっちも 高回転まで廻したら ガソリン足らなくて・・・・ 結局 ピンゲル(大穴タイプ)に変更しました

キャブは前回も紹介しましたが FCR37φです

普通に販売はされてますが うち以外で 37φなんか付けるところあるのかな?まーいいです






GS400 超改

こんにちは

またまた ブログ 結構 空けちゃいました・・・・

実はですね 9月1日に 赤ちゃん 産まれたんです

これからもバタバタになると思いますが、出産前もバタバタで 仕事もブログも・・・・みたいな すいませんご迷惑おかけしてます

で つづきです

DSCN4051.jpg

フル加工した シリンダーも含め フルWPC処理です 熱的に結構な事になるハズですので

DSCN4066.jpg

今回のヘッドガスケットは、一品物の 銅板タイプにしました 少しでも冷却したくて

シリンダーヘッドの方は、以前に フル加工してますので 今回は特に手は入れてません

DSCN4080_20160903151832c55.jpg

とりあえず エンジン完成です

あっ そうそう 今回の仕様の場合 クランクケース側もボーリングして広げないとシリンダーは収まりません

GS400 の新たな挑戦 ドキドキ・キット開発中

こんにちは

みなさんは 3連休とかってやつですか? いっぱい遊んで下さい♪

で ですね タイトルの通り NEWパーツの開発中です

DSCN3702_20160716102558a23.jpg

ピストンなんですけど 以前からオリジナルピストンはやってますが 

さらに上を目指してます

DSCN3699_20160716102600913.jpg

右がノーマルで左が今回製作した物ですが

現段階では ボア径 排気量については 控えさせて頂きます♪

DSCN3873_2016071610255908b.jpg

この大きさのピストンですから スリーブも製作になります

DSCN3917_20160716102601024.jpg

ノーマルシリンダーをフル加工するとこんな感じです

つづく



ホークⅡ エンジンO/H その5  tokyo

3本目

00000074.jpg

しかし ホンダのエンジンは チェーンが多かったり 複雑な構造にしたり この時代によく いろいろとやりましたよね

00000078.jpg

でも ここから上は すっごくシンプル

00000081.jpg

2気筒の場合 GSみたいな180度クランクと このホークみたいな360度クランクがあります

回転のスムーズさだけで言うと こっちの360度の方が有利かなー 

00000083.jpg

で この後 ヘッドボルト締め付けて ロッカーアームの調整して終わりなんですけど

記憶させておいた SDカードがクラッシュしてしまい・・・・・

ですので 今回の記事は ここで強制終了となってしまいました すみません


ホークⅡ エンジンO/H その4  tokyo

2本目

00000056.jpg

この部分のゴムがダメになって オイルパンに黒いゴミみたいになって溜まります

今回のエンジンは、何個か残ってましたが時間の問題でしたね

00000055.jpg

新品のゴムを入れるとこんな感じ 入れるの結構大変なくらいです

00000068.jpg

さっきの部品は、こんな感じで バランサーとなるわけですが

ゴムダンパーがだめになると ウェイト部分がしっかり支持されなくなるので

アイドリング時とかに カチャンカチャンカチャンって音出ます

年式によっては ゴムダンパーが付いてないものもありますが 付いてるやつで一回も交換してないやつだと

10台中 8~9台は ダメになってる気がする

00000069.jpg

ホークは ほとんどのパーツがアッパー側に付くので ロアーケースは ほぼカバーですね

00000072.jpg



GS400 エンジンO/H その7 ooita

おはようございます

今年の梅雨は、雨は降るけど 意外とカラッとしてるような気がするけど こんなもんか

_SCN0405.jpg

さっさと書き上げてしまえば良いのに 中々・・・・・はぁー

で カバーつけて完成です

DSCN3613_20160617100441a12.jpg


DSCN3615_201606171004417fd.jpg



ホークⅡ エンジンO/H その3  tokyo

2本目

DSCN0241.jpg

元々のカムシャフトは、摩耗が酷かったので 中古品を ラッピングして使用する事にしました

DSCN0253_20160512110713e1c.jpg

元々のロッカーアームです 少し磨いてみましたが 表面のメッキ層が無くなる程 摩耗してたので使えません

DSCN0257_20160512110714023.jpg

なので こっちも 中古品をラッピングして使います カムもロッカーアームも新品出ませんからね・・・

この時代のホンダのロッカーアームタイプは、どのエンジンも同じようなトラブルがでますね

これは、あくまで予想ですが 新品時のロッカーアームのメッキの研磨仕上げがあまいんじゃないかと思うんです

摺動面が荒いから カムがメッキに負けて 削れて 今度はそのバリの出たカムがスリッパー面をキズ付けてみたいな 多分ですよ

00000049.jpg

で やっぱり WPC

ホークで カジリやすいところを

カムまわりは、必須ですね  それと コンロッドピン穴 ピストンピン メタルもやっておくと安心です。

 

GS400 エンジンO/H その6 ooita

おはようございます

今日は、いい天気ですねー  今年はゴールデンウィークも長くて いつも休めない人も少しは休めたんじゃないかな

DSCN3577.jpg

今回は、セルレス仕様なので スターターキャンセルカラー取り付け

DSCN3580.jpg

で セルモーター部分も メクラ

DSCN3591.jpg

ピストンは うちのハイコンプに WPC処理です

DSCN3597_20160512105257a7b.jpg

で ヘッドも

_SCN0386.jpg

WPC処理です


Paging Navigation

Navigations, etc.