内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

my71 車検後

超こんばんはです。

昨日の話しの続きです。

DSCN8633.jpg

この写真は また落ちて なんか直してるわけじゃないですよ♪

DSCN8634.jpg

車検のためタクシーみたいに気持ち悪い車高にされてしまったので

僕の気持ちを察したのか 車検終わるや早々と

な~ちゃんが 71本来のあるべき姿に戻してくれているところです。

な~ちゃんいわく 「戻すのはバネを縮めなくて済むので楽勝です」ですって♪

で、暗くなるころにはこの通り

DSCN8638.jpg

DSCN8639.jpg

マフラーまでしっかりと

スポーツマフラーに交換されてます♪(ちなみに交換すると非常に回るのですがトルクがかなり落ちます)

そうそう言い忘れてたんですけど

DSCN8645.jpg

これ~フロントガラスに貼ってたフイルム

朝 車検に行った時は何も言われなかったのに

午後に行ったら 剥がすか切ってくれだって

これってオカシイですよねぇ~

見る人によって違うんですもんねぇ~

まぁ~僕の場合 自分の車は車検1発で通ったこと1度もないので

なれてるので またかよ!って感じで気にしませんけどね

まぁなにわともあれ無事車検が取れました♪

スポンサーサイト

my71 車検

2本目

本日の午前中にな~ちゃんに車検行ってもらいました。

DSCN8622.jpg

DSCN8625.jpg

僕的にはノーマル車にしか見えないのですが

やはり一般的には 受け入れてもらえないのでしょう・・・・

この車検用 バージョン1

指摘ポイントは 車高です。

DSCN8624.jpg


元々がかなりペッタンコだったのでこの状態でも気持ち悪いくらい車高が高くなってたので

気にもしてなかったのですが これでも最低地上高は8.3mmらしいです。

残念・・・・・・

なので急きょ バージョン2

DSCN8626.jpg

かなり気持ち悪くなってきました。

もし僕が検査員だったら 見た目気持ち悪いので落としますね♪

DSCN8628.jpg

すでにノーマルがどんなだかわからないので

すごく車高が高い気がしますが きっとこれで良いのでしょう♪

では この状態で通ることを祈ってます。





僕の71

こんばんは~

ここのところ 毎日ふざけた記事ですいません

DSCN8600.jpg

僕の71ですが 僕的には現状のままでも車検通ると思っていたのですが

うちの車検にうるさい 2人組が「いやぁ~絶対に通らないですよぉ~」

って言うもんですから 「じゃ~車検通るようにしてよぉ~」

ってことで なんかこんな風な状態になってます。

DSCN8599.jpg

僕も 自分の車なので車検整備を手伝いたいのは山々なのですが

今回も残念なことに 僕はちょっと手がはなせなくて

手伝えませんでした♪ いやぁ~残念です♪ だいぶ直射日光は暑そうでした♪

せっかく元に戻したのに 車検終わったら また同じことをやらないといけないので

実に大変そうです。

やっぱり車検整備くらいできないと内燃機屋にはなれませんもんねぇ♪



GX71 マークⅡ

こんばんは

最近 よくお客様に言われるのですが

ブログで公開してくださいね♪って

なるべく 進行状況とか把握できるように 公開したいんですけど

なっかなかできません・・・・

量が量で 全部はアップできないです。

でも なるべくアップしようとは思っているんですけど

僕が 3人くらい居たら楽勝なんですけどね!

で、今日は♪

DSCN7512.jpg


この下品な車

一応 今 僕の愛車であり 営業車です(本気です。)

初めて 自分の車に うちのステッカー貼りました。

ひょんな事から うちに来たのですが

久々に自分で乗ってもいいかなって思える車でした。

チューニングとしては 

水中花・挿すと火が点くシガライター・280φくらいのウッドのハンドル

パイオニアのスピーカー・紫の回転灯・ワイドミラー・板っぱね・ダミーのオイルクーラーのゴム配管

ホイルはスーパーボルク・デュアルマフラー・ギリギリ走れる大人の車高

いったいこれの何処がチューニングなんですかね♪

でも こんな感じのスタイルは 僕らが小学生のころ

近所の先輩たちがやってたスタイルで 子供ながらもそれを見て

かっこいい~♪ って思ってしまったんですね・・・・・・

それがそもそもの間違いです。

なのでいまだに改造車は車高短で爆音でないといけないと思ってます。

一般的にはどうかなんて そんなの関係ないです。

でも この前この車で 地元の印西警察暑に車庫証明を取りに行ったら

おまわりさん3人くらいに 声をかけられ あげく署内でジャッキアップまでさせらました

しかしバネなど遊んでいるわけも無く 逆におまわりさんに謝られてしまいました。

真っ白なのにそんなに目立つんですかね!おかしいんだよな

まぁいいです。 僕が営業するなんて考えられませんが

するとしたらこの車で行きますのでよろしくどうぞ!

ま~た みなさんに変な誤解されそうですが

僕は いたって真面目ですから大丈夫ですよ♪




GX71

DSCN1125.jpg

DSCN1126.jpg

DSCN1127.jpg


今日は、ボディ偏です。

グサグサのフェンダーを半自動の溶接機で

鬼のように溶接しまくっています。

まぁ後で取れなきゃいいんですけどシツコクやってます。

ボディ補強の一環です。多分・・

DSCN1124.jpg


フェンダー叩きすぎて側面が歪んで凹んだので引っ張って

直してます。

DSCN1128.jpg


パテもこれでもか!っていうくらい付けてます。

今回、仕上げまで厚付けパテでいく予定です。予算不足でパテも

買えません・・・・・・

次は、右側です。

DSCN1135.jpg

DSCN1136.jpg


あ~ぁ なんでフェンダーこんなに腐ってんだろう?

これがなければ・・・・・・

まだまだ半自動のパンチの嵐はつづく・・・・・・

1G-EU

今日の日記は、オイルを切らしたエンジンはこんなんなっちゃうぞ!

って感じの怖い内容になってます。

僕は、こんなエンジン見たくありません。オイル・オイル・オイル

絶対に切らしちゃだめです。別にいいオイルなんか必要ありません

普通のでいいんです。みなさんオイルだけは気にしてください!


とりあえず、この前の続きで腰下の分解です。

べこべこ オイルパン


これは、べこべこになってたオイルパンの中がわです。

なんか変な、アルミ質の金属片がいっぱい溜まってます・・・・

もう僕は、これを見て あぁこのエンジン全損だなと確信しました

ベコベコ ストレーナー


続いて、べっこべこになっているオイルストレーナー

ここにもアルミらしい金属片が・・・

もう、かまわず全バラにします。

DSCN1106.jpg


もちろんピストンもダメですが、正常だったころは

いいあたりをしていたようですね。スカスカに抜けていたようですが

ギタギタ ピストン


本当にキャーーーーーイヤーーーーーーーーって感じです。

どんどんいきますよ!

ギタギタ メタル


コンロッドメタルです。ほぼ全気筒こんな感じで~す。♪♪

ここまでくるとかなりテンション上がってきます。

DSCN1112.jpg


クランクはこのエンジンにしては、まぁまぁまぁですね♪

メタル死亡


はい次は、クランクメイン・メタルです。

はいダメー

DSCN1116.jpg


これは、奇跡的に生きていた#6・#7のメタルです

飛行機が落ちて生きていた人のような感じです。

DSCN1117.jpg


イタイ・イタイ・痛い・・・焼き付きメタル

よくこんなんで動いてましたよね

エンジンって強いです。

DSCN1119.jpg

DSCN1120.jpg

DSCN1121.jpg


まったく関係ないですが、このエンジン、とっても僕好みの

部品が使われています。コンロッドは純正フルフローだし

形状もいい形だし大端部もいいし

クランクは、メインジャーナルが太くピン側が細く

ウエイトも軽く きっとこのエンジンは僕が改造したら

かなりフィーリングのいいものになると思います。

まぁトルクの方は、完全無視の話しですけど

当時、丁度バブル期だったからこんなエンジンでもこんな内容だった

んだと思います。ボディだって鉄板が厚いし造りいいし

最高ですね。

はぁそんなことより 誰かドナーエンジン譲ってください!

格安にてお願いします。どーしてもこのエンジンでやりたいんです。

DSCN0933.jpg



すべての写真
http://spaces.msn.com/outlineoutline1169/

GX71

ボディ偏です。今日は強力な助っ人が来てくれたので

一番やっかいだな~と思っていたところが随分進んだような

気がします。名前は隊長って言います。見かけたら声かけてあげてね!

さすが、プロです。僕が、なんかくだらない事やっているうちに

どんどん作業が進みます。

先に言っときます。今日の僕のボディの方の作業はこれです。

DSCN1077.jpg


腐っていたところなんですけど、このちょっとしたところを

エアーソーで切っただけです・・・・

隊長の方は、早いですよ~

加工前

加工前


加工後

加工後


2cmくらい叩き出してます。

それと、フェンダーの腐っていたところを切って

隊長

切開


そこに貼り付ける鉄板までつくちゃって

DSCN1090.jpg


片方で3箇所づつこのような穴が開いてます。

ですから、僕は途中からほぼカメラマンです。

やっぱ、ボディの方は僕は無理ですね。

プロに任せます。僕がやっても遅いしキタナイし

やるもんじゃありません!

その他の写真
http://spaces.msn.com/outlineoutline1169/

1G-EU

DSCN1060.jpg


さぁいよいよ分解です。この時はまだこの後起こることなど

頭にもなくフンフンフ~ンみたいな感じで作業してました。

ですが、この後すぐに僕は、一気に絶望感でいっぱいになりました。

これです。

なにこのカム

DSCN1065.jpg


ダメですね。完璧にダメですね。治せません・・・・・

ぁぁ;あ・・カムとカムホルダーが死亡・・・・

30分くらい 唖然としてしまいました。

頭の中は、あ~あもう7月の走行会は、無理かな~・・・です。

今時こんなエンジンないし!


惰性で、そのまま分解続行

DSCN1076.jpg

DSCN1074.jpg


ヘッドとピストンは、僕好みです。

う~んいいですね~ バルブが一列に並んでいるって!最高!

ピストンも変に凹んでいるかと思ったら、フラットでちゃんと

リセスも切ってあるし う~んこのエンジンやりたいなぁ


あぁでもカムが・・・誰かエンジン持ってないですか?

カム周りだけでもいいんです。

助けてください!

その他の写真
http://spaces.msn.com/outlineoutline1169/

GX71

今日のこれから書く記事は、仕事ではありません

あくまで、僕の趣味です。くれぐれも勘違いしないでください

僕は、むかしのスタイルが好きなだけです。

DSCN0985.jpg


今日は4時くらいまで、田植えをしていたのであまり作業は

していないのですが、そうそう田植えおわりました。

うちの助っ人がかわりと言うかボディは丸投げに近いのですが

作業してくれました。助かります。

関係ないですが、近所のお客さんのところでお宝パーツ頂きました。

当時もののビタローニミラー

ビタローニ


それと、これも当時ものの板っぱね

板っぱね


今日の71のほうの僕の作業は、板っぱねを取り付けるための

穴をトランクに開けたことくらいです。

DSCN0989.jpg

DSCN0990.jpg


一応細かく寸法出して、けがいてみました。

って言うかまだ作業始まったばかりなのに、なにも一番先に

トランクに穴開けることないですよねぇ 俺ってやっぱ馬鹿?

DSCN0991.jpg

DSCN0992.jpg


僕としては、大満足な感じです。いいでしょこの雰囲気ゾクゾク

してきます。ボディもガゼンやる気になってきました。

それと、これはしゃれです。これは、やりませんよ!

DSCN0994.jpg


これを見てうけるのは、僕だけでしょうか?

これじゃあ筑波、走れないですよねぇ?大丈夫です。やりませんから

予定では、サイド管でいきたいですね。

では、阿呆な横尾でした。

1G-EU

ボチボチ、デレデレ、ちんたらばらし始めました。

自分のになるとどぉ~もやる気がおきません!

DSCN0965.jpg

DSCN0966.jpg

DSCN0967.jpg


とりあえず、余計なものだいたいはずしてみました。

カムカバー開けたら、又嫌なものをみてしまった・・・

なんで、ロッカーアームにカムが削れたような鉄粉がのってんのよはぁ

DSCN0968.jpg


それと、前回なぞだった圧縮上死点なんですがなんとか

とりあえずですが、解明できました。デスビ基準で暫定的な

一番のトップ位置を出してみると

DSCN0974.jpg

DSCN0970.jpg

DSCN0972.jpg


こんな位置だったんですねぇ ふ~んって感じでした。

多分、ブロック下面と平行な感じです。

ゼロで上死点位置にしてくれれば解りやすいのにぃもぅ

それで、カムの方はこんな位置です。

DSCN0973.jpg


この、グレーの液体はオイルに僕がモリブデンを混ぜたものです

もうこれ以上、カジってほしくなかったので塗りました。

シリンダー内にも垂らしました。

きっと、僕がこの車動かす時にオイル入ってないの知ってて

セルでグイグイ動かしたのが原因です・・・・

熱も入ってなく15メーターくらい動かしただけなんですよ!

セルで回してこれだからカカッテいる時にオイル切れたのを

想像するとゾッとしますね。

腰下はどんな風になってんだろ?不安です。


後、もう一つ前回不明だったバルタイですが、誰も教えてくれないので

ずっと一人で考えていたんですけど、何とかなりそうです。

普通バルタイ取るときって、バルブ基準でクランク角と照らし合わせ

ながら見るんですけど、このエンジンに関してはそれが通用しない

のでバルブの動きは無視してカムシャフトに直でダイヤルあてて

みてやろう と言うより やってみよう それしかないですね実際!

なので、現状のままでは、ピストントップ位置が解らないので

バラしてから一度仮組みしていざ測定ですね!

多分そんなに詰める予定ではないので、まあまあのバルタイには

なるでしょう~ う~んなんか問題が解決すると気分がいいですね

ガゼンやる気マンマンになってきました。

最後に、これ、付いてたプラグです。気持ちワルゥ・・・

DSCN0975.jpg


Paging Navigation

Navigations, etc.