内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4A-G 前期コンロッド

こんにちは

暑くても湿気が無いとまだいいですね・・・・そうでもないな

ここのところ ずぅ~~~~っと エンジンO/H記事ばっかりだったんで

たまには加工ネタ 本当はこっちがメインって言いたいんですけどね♪

DSCN1218_20140729112537158.jpg

このコンロッドは、俗に言う 86前期で  ピストンは92後期以降用の社外品

前期は、ピン径が18φ 後期~は20φ

で 旧車のいじり方で行くと 普通はコンロッドをブッシュ有りのフルフローにするんですけど

このコンロッドの場合、肉が薄くて・・・出来ない事もないけど リスクが高過ぎる

ブッシュ無しのフルフローって言う手もありますが、バイクのコンロッドみたいに小端部に焼き入れされてないので

カジったり ガタガタになったり あんまり持たないんで

相談の結果  圧入の組み立てにするです  一番無難でしょうね

DSCN1221_2014072911253911e.jpg

これが、20φピンの圧入用に拡大したところです

で 圧入で組み立てると

DSCN1223_20140729112541506.jpg

うん いい感じいい感じ 個人的に圧入タイプが好きなんでそう思えるダケかも(笑)

で ボーリングになるんですが まれに圧入するとピストン寸法が変わる事があるんで

圧入タイプの場合は、必ず圧入してからピストン寸法を測定しないとダメですね(今回は変化なかったけど)

DSCN1269_20140729112543cee.jpg

あと、4A-Gの場合 もう当たり前な事なのですが

ブロックの上面は必ず 面研を行って下さい 

メタルガスケットやハイコンプピストンを使う場合は 特に要注意です(面研しないとガスケット抜けますから)

スポンサーサイト

4A-G 穴開きEXHポート修理

こんばんはー

や~っと今日 雨が上がりましたね

DSCN9730.jpg

カーボン付いたままなので よくわからないと思いますが

結構な内容でチューニングされたヘッドです

で 全開走行中に

DSCN9728.jpg

ポン♪みたいな 

オイルの戻りのところに 穴が開いたのは 不幸中の幸いですね

DSCN9746.jpg

なので 油圧がかかる部分では無いので

こんなパイプを作って 圧入して修理することにしました

DSCN9747.jpg

こんな感じです

DSCN9748.jpg

穴が開くイコール溶接修理が全てでは無いですよね 

場所にもよりますしね

また漏れたら 言って下さい


4A-G シリンダーブロック面研

こんばんは

雨 降ってきましたねぇー

今さっき アルミ溶接をしてたのですが ちょっとの雨ならビビらないのですが

こんなスコールのような雨だと さすがに大丈夫ってわかっていても

150Aくらいで溶接してるので・・・・

感電しない?大丈夫? って思っちゃいますよね 

でもこうやって日記書けてるので 無事でした。

DSCN1901_20090912202035.jpg

もうこのエンジンも見慣れた感がしますが

トヨタの4A-Gです AE86のエンジンで有名ですね♪

作業的にはブロック上面の研磨ですが

僕のイメージだと トヨタの鉄ブロックは絶対に面研しないとダメな気がします

日産はかろうじて・・・・くらいかな

ちょっと削ったところ

DSCN1903_20090912202055.jpg

まぁ だいたいはこんな感じなんですけど

ボア間・ウォータージャケット間 が削れず残ってますよね

仕上げ後

DSCN1906.jpg

これでやっと 本来の姿ですね

これならメタルガスケット入れてガンガン回しても

ガス抜けなんてダサい事にはなりませんね♪

4A-G ヘッド修理

こんばんは

今日も結構蒸してますねぇ・・・

DSCN1817_20090828200214.jpg

この向きから見ると 何てことない普通の 4Vのヘッドですよね

でもひっくり返すと

DSCN1820_20090828200304.jpg

こんなんなってます・・・・

どぉやら 異物(ネジ的な物)を吸い込んでしまったようです。

ただ不幸中の幸いと言うか

異物がそんなに大きくなかったためか バルブもほとんど曲がってなくて

シートリングの方も 大ダメージは受けてない感じ

バルブガイドも 割れてないし

バルブフェースの研磨とシートカットで直りそうです。

DSCN1869_20090828200409.jpg

念のため 面研も施しました。

DSCN1872.jpg

燃焼室のフラット部は少しキズが残ってますが 特に問題ではないのでOKだと思います。

これで 圧縮漏れは無くなりましたね♪

今日の僕

久々の連続記事 2本目

で、僕は何をやってか?って言いますと

DSCN8595.jpg

コンロッドの加工なのですが

DSCN8596.jpg

ここの部分

ここはコンロッドのスモールエンド 日本語で言うと小端部

ここを

DSCN8597.jpg

こんな感じ

幅をつめるので僕らは

小端部幅つめ なんて言ったりします。

え~~~これだけ~♪

なんて思う人もいると思いますが

ちゃんと他の仕事もやってるハズですから大丈夫です。

催促しないでもうちょっと待っててくださいね♪




AE86スロットル加工

DSCN4691.jpg


これ、86の純正スロットルです。

歳相応って感じです。

このスロットルの場合あまり肉がないので極端な拡大はできませんが

2φアップします。

DSCN4787.jpg


みてわかるように バタフライも新規に制作です。

DSCN4791.jpg


たった2φですが結構大きくなったように見えますよ♪

DSCN4792.jpg


今回もうまくいったので必要なさそうでしたが

念のため かじり防止剤塗っときました。

4A-G ブロック

コンチワ 昼間に書くのは久々です。

今日は、4A-Gのブロックについてちょろっと話します。

DSCN4021.jpg


これは、どちらもボーリング後なのですが

82φと83φです。 でもって共に92後期ブロックです。

82や83にする場合は92後期のブロックじゃないと

穴 開いちゃいます♪ 101や111のブロックだとおもいっきり開きます。

要注意です。 どうやら今現存する4A-Gのブロックでは92後期のブロックが

一番 肉厚もあってリブも多く 頑丈なようです。

82φ

DSCN4023.jpg


83φ

DSCN4022.jpg


こんな感じで ボア間も結構ギリギリですね。






そうそうまったく関係ないのですが

ほぼ俺専用の自動販売機 設置しました♪

DSCN4056.jpg


4A-G ロングストローク

僕は 本当に4A-Gあまり知らないので

たまにお客様と話しをしていると聞きなれない言葉を聞きます。

5A-Gだの5.5A-Gだの いったい何を言っているのか

わかりませんでした。普通にロングストロークって言ってくれれば

わかるのにぃ~

結局答えは むかしHKSが出していたクランクを使うことを

5A-Gって呼んでただけらしいです。紛らわしい・・・・

でもこういう会話にもそろそろ慣れないとね♪

笑顔で答えられるようにならないとね って思ってます。

で、そんなクランクも今は売られてないようなので

うちは4A-G多いけどそんなクランク入ってこないだろう

って思ってたら 来ました。

しかも2本 ほぼ同時に別な場所から・・・

DSCN3827.jpg

DSCN3828.jpg


こっちが純粋なHKSのものです。

で、こっちがちょっと加工されてる品(僕は削ってません)

DSCN3829.jpg


不思議ですよねぇ~集まってくるんですねぇ~

で、2本とも 曲がり修正のバランス取りです。

4A-G ボーリング待ち

DSCN3805.jpg


ここに写っているブロックは 一部ですが

この鉄ブロックは すべて AE92のブロックです。

最近4A-Gも詳しくなってきたのですが

ブロックはこの92ブロックがベストなようです。

肉厚が一番あってリブも多く一番頑丈っぽいです。

実際に持ってみると重いです。

これから 上面面研してからボーリングです。

使うピストンですが

DSCN3831.jpg


最近 外国製の鍛造ばかり見ていたので

なんだか 国産鋳造ピストンが懐かしい感じです。

まだ時間かかりそうです。すいません・・・・・・

コンロッド フルフロー加工

こんばんわ 花粉が・・・・ヒドイ

今日は、フルフロー加工です。

フルフロー加工っていうとどうしても古いエンジンを改造する場合に

必要な加工ような気もします

最近のエンジンはいいですよね。純正ですでにフルフローになってる

中には圧入タイプのものもありますが

4A-G 2JZ SR20 RB26 のような現在主流のエンジンはみなフルフローです。

ですが、特別な改造とかする場合 ピン径の変更や芯間距離の変更とかで

フルフロー済みのコンロッドをもう一回内容変更してフルフロー加工する事もあります。

DSCN3458.jpg


これは、純正20パイのピンから21パイのピンに変更のため

フルフロー加工しました。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。