内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンキー クランク加工

こんにちは

んー 春っぽい 鼻水が止まりません・・・・

DSCN7357.jpg

いきなり分解された写真になってしまいましたが

このクランク新品の物だったんですけど

DSCN7358.jpg

このピンとコンロッドに替えたいという依頼で

DSCN7359.jpg

で通常だと この後 サイドベアリング・タイミングギヤを付けて終わりですがー

まだ、終われません

DSCN7361.jpg

ピン溶接です

もちろん組み立てた時点で、かなり芯は出してますが

溶接するとねー・・・やっぱ芯ズレます

なのでもう一度 芯出しする必要があります

DSCN7363_20130302114832.jpg

ただ、すでに溶接されてますから普通の組み立てクランクほど簡単には行きません・・・

今回のクランクは新品だったので 振れで1/100以内にはおさめましたが

これが中古クランクになってくると そーは中々行かないんですよね・・・

DSCN7367.jpg

んー よくわからないが カッコいいぞ!うんいいね!

昨日 ヘッド加工が多いって書きましたけど

クランクも実は 結構多い・・・しかも年代物ばかり・・・・

しかしヤバいなー 最近の電話・メール エンジンo/hの問い合わせか 催促しかない・・・・

これでも精一杯やってるんで・・・大きな心で見てやって下さい・・・・

スポンサーサイト

カムギヤスライド加工

こんばんは

天気予報って最近 あんまり信用してなかったんですけど

いきなりこんなに涼しくなるもんなんですね♪

DSCN1090_20110820235044.jpg

このカムシャフトは モンキー系の キタコツインカムヘッド用です

でもせっかくのチューニングパーツなのに

カムにギヤが 圧入って・・・・・センスないなぁ~

これじゃ 誰が組んでも同じだし 元々のバルタイが微妙な感じだったらイヤですよね

そこで スライド加工になるわけですが

これが 簡単じゃない・・・・・

本当は下の図面みたいに 加工しようと思ったのですが

硬い!カムもギヤも硬すぎる! なのでやむやむ構造変更

DSCN1110.jpg

で こんな感じのボスとギヤ側の加工をしました

カムに組むとこんな感じ

DSCN1115.jpg

見ため的にも まぁまぁに仕上がったんじゃないかな?って僕は思ってます

DSCN1126_20110820235040.jpg

でも 硬いのと小ささにはちょっとダケ参りました♪


モンキー クランクチューニング

超こんばんは

やっぱり 落ち着いて仕事できないです

毎日毎日 震度3以上の地震 随分と減ってきた気もするけど

揺れると つい構えてしまう 夜もそう 地震で何度も起きる・・・・

精密加工で時間のかかる物はちょっと 手をつけたくない

エンジン組み立て系も 部品来ないし・・・・

でも その他やる事いっぱいあるので構いませんけどね

DSCN7121.jpg

これー モンキーのクランクピンなんですけど

フツーじゃないのわかります?  

センターの部分 DLCです この処理はなかなか高価なので まだまだ一般的では無いですね

使うクランクはこれ

DSCN8585_20110325003125.jpg

すでに 組み立て済みです

更に

DSCN8589.jpg

ピン溶接です♪

この溶接は ホントにうまくやらないと 熱で引っ張られて曲がるので

その辺を考慮しつつの溶接になります

DSCN8594_20110325003123.jpg

コンロッドも H断面タイプです♪

まぁー用途は フツーじゃないですよね!きっと


溶接やプレスは 僕自身がユラユラ揺れてるので 地震の影響がほぼ無いので

当分 溶接かな?


カブ90のケースボーリング&面研

2本目

DSCN6267_20101011092557.jpg

面研からです

今回のケースはかなり腐食してましたので 削った面の端の方はあまりピカピカでは無いです

DSCN6271.jpg

元々が90ですので ケースの穴も大きいので 今回のシリンダーの場合

片側が削れる程度の穴径で済みました

DSCN6269_20101011092555.jpg

大丈夫ですね 問題なさそうです


スーパーカブ90のクランクケース

こんにちは

今日もあったかい♪

DSCN6152.jpg

カブ90のクランクケースです

ちゃんと見たの初めてです 上にセルモーターが取り付けできるようになってますね

DSCN6151.jpg

今回の依頼は ケースボーリングと面研だったのですが

ここの部分の打痕はちょっとマズいですね

それと

DSCN6153.jpg

ケースの合わせ面が面取りのようになってしまっていますね

DSCN6154.jpg

僕は 金属パテの使者ではありませんが

今回もこうして盛ってみました

つづく


モンキー スタビライザー兼フェンダーステー

2本目

なかなか まともに 仕事になってませんから

あんまり仕事ネタ アップ出来ないと思いますが

なるべくアップしていこうと思います

はぁ~ ホントに 沢山お待たせさせてしまってすいません・・・・・・

DSCN4664_20100702220540.jpg

これ 僕の 無い頭 使って 形化した物です

あんまり カッコ良く無いですね・・・・・・

なぜ こんな物が必要になったかと言うと

DSCN4660.jpg

フロントに極太のホィールを履かせるために 一般的な三又よりも幅のある物にしたので

既製品では 設定が無いらしいので 製作になりました。

あっ 肝心のフェンダーを付けた状態の写真撮り忘れました・・・・・



モンキー DAYTONAヘッド ポート研磨終了

おはようございます

朝更新はいったいどのくらいぶりでしょうか?

何とか モンキーの ポー研 終了しました。

DSCN4566.jpg

INTはこんな感じです

盛った部分を拡大するとこんな感じ

DSCN4578.jpg

リング下はこんな感じ まぁまぁになったと思います

DSCN4579.jpg

インマニ付近の 凹み部分もこんな感じ

続いてEXH側

DSCN4572.jpg

やっぱ EXHは ポートちっこくて大変です

DSCN4574_20100601092608.jpg

リング下の 無駄なお肉もたいぶ取れたと思います。




モンキー用 DAYTONAヘッド ポート研磨

こんばんは

今日っていうか ここ最近 昼間はアッツイのに夜サッムイですよね

この時期って こんなに昼夜の温度差ありましたっけ?

DSCN4499.jpg

僕はこのヘッド初見です

作業依頼内容は ポート研磨がメインです。

DSCN4529_20100530234359.jpg

INTポートはこんな感じ

DSCN4563.jpg

何だか鋳造が悪いのか知りませんが ヒドイ段つきもあるし凹んでるし

絶対に狙ってやっているとは思えない形状です。

逆にEXHポートは

DSCN4533_20100530234542.jpg

ポート内にムダ肉があり過ぎですね

なんなんですかね・・・・

EXHポートに関しては削れるところまで削れば良いのですが

INTポートはすでに削れない状態・・・・

悩んでもしょうがないので盛りました♪

DSCN4561.jpg

デブコン(金属用のパテ)を使用です

個人的にはあまり使いたくないのですが 使わないよりはマシなのでモリモリです。

DSCN4564.jpg

デブコン盛ったところって削るのが難しいのであと何回盛りなおすことやら・・・・



久々のモンキーエンジン加工

おはようございます

今日はいい天気ですね! 昨日なんか夕方に雪が降りましたからね

DSCN4035.jpg

久々に 小さなエンジンの加工です

DSCN4043_20100330085617.jpg

クランクケースも ミッションのギヤ逃げ加工とブローバイ取り出し口の加工・面研

DSCN4048.jpg

最近の モンキー系の社外品の精度が日に日に悪くなっている気がします・・・・

写真のシリンダーは多分 旋盤にて面研がされたと思うのですが

かなりヒドかった!面がテーパー状の 超歪み面研仕上げされてました ひど過ぎです

DSCN4050_20100330085722.jpg

面研量がちょっと多くなってしまいましたが

これで 圧縮抜けやオイル漏れの心配は無用ですね♪


モンキー ポート研磨

こんばんはー

やっぱり雨の日はポート研磨につきますね

昔からなのですが ポート研磨は雨の日にやるのが好きです

何か雨の音と同調するような感じでここち良く削れるんですよね♪

DSCN2981_20091211210042.jpg

モンキーのヘッドも もう結構な数 削りましたねぇー

でも今だに やるたんびに難しいなぁ~って思います

結構 Rがきついし穴自体も小さいし・・・・・

DSCN2982_20091211210726.jpg

こんな感じのジグ作ってからは ダイブ楽にはなったんですけどね♪

DSCN2994.jpg

ホント モンキーのヘッドっていろいろですよね

これは荒削り中のINTですが

本当はもうちょっと 絞り入れてコブラちっくにしたいところなのですが

元々の鋳型的に 型ポートになっちゃいました。

DSCN2996.jpg

INTはこんな感じの仕上がりです

DSCN3001.jpg

EXHはガイド抜いての作業なので

こんな感じに仕上がりました。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。