内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

KLX250のページ

おはようございます。

最近ホームページの方全然いじってないんですけど

今日ちょっといじってみたんです♪

ちょっといじったら サーバーの容量不足らしくちゃんとアップできませんでした。

現在ホームページの方は 容量増量工事中ですが本日中には直るハズです。

って言うか OCNの無料のやつ使ってアップしてたんですけど10Mしかないんだもん・・・

と言うことで本日より有料になってしまいました。

ひっさびさにホームページいじってみましたがページ数がいっぱいで

ピラミッドをみるとどこに何があるか自分でも把握できなくなってきてます。

それに比べて このブログってやつは楽チンです。

ただこうやって書けばよいだけ あとは勝手にやってくれるし

容量も1000Mまで無料だし!

でもこのブログも もう500Mくらい使っちゃってるんだよなぁ~

きっとあと1年くらいでいっぱいになっちゃうんだろなぁ~

まぁホームページの方はこれからも絶対に消せないし増やさないといけませんが

ブログの方は また違うとこで新しく作っちゃえばいいか!

まぁそんな感じで 朝から愚痴なのかなんなのかわかりませんが

とにかく 遅くなりましたが以前組んだ KLX250のページ作りました。

http://www18.ocn.ne.jp/~outline/klx250kai.html
スポンサーサイト

KLX250改 完成後

今夜のお客様 オーガさんです。

以前うちで250に300のシリンダー組んだエンジンです。

走れるようになったので わざわざ見せに来てくれました♪

DSCN5266.jpg



DSCN5267.jpg


動画も撮ってしまいました。






う~んこれで ここのところ連続で組んだエンジン達が

ちゃんと動いていることが全機確認できました。

安心安心です。確認できなかったり 調子が悪かったりすると

心配で心配で 夜も眠れませんからね!

うちで組んだエンジン限定ですが 何かトラブルがあったら

何時でもどこでも行きますので よろしくです

KLX250 組み立て2

こんばんわぁ~~~~~~~~♪

夜になると元気になる 横尾です。

本日より OUTLINEは エンジン組み付けウィークに入ります。

って言うか もう入ってるか 世間は盆休みとか言ってますが

まったく関係ありません! 本当は休みたいけど・・・・

KLX250 2台目 はいりましたぁ~♪

DSCN4888.jpg


先日と同じ作業です。

DSCN4889.jpg


ちょ~っと写真ボケてますがこんな感じでやってます。

わざとボカシテたりして♪

DSCN4891.jpg


飛びます。飛びます。

ヘッドボルト締め付ける時は~ちゃ~~んとオイルぬってぇ~♪

DSCN4892.jpg


カム山だけはオイルじゃなくって 

僕は!ペースト塗ってます。

さぁ~テンション アゲ上げで!

DSCN4895.jpg


じゃん!

何かこの落書き ちょっと癖になりそう♪

まぁ~本当に お待たせしましたが無事に終わりました。



さぁ~次はどぉ~のエンジン組もうかな?


KLX改 完成!

最近 毎回お久しぶりな 横尾です。

今日は、超お待たせの イワクつきエンジン

そう kawasaki KLX250

ついに完成しました。

普通のエンジンなのに 結構 ハマッテしまいました。

すいません・・・・・・

で、

DSCN4878.jpg


ヘッドは先にシム調整まで終わらせ すでに組んでありますから

ピストンからです。

各部 バリ取り&ラッピングです。


DSCN4879.jpg


真剣に作業してますので この後は

結構飛びます♪

DSCN4880.jpg


シリンダー下部もしっかり面取りをおこなったのですんなり入ります。

DSCN4882.jpg


さぁ~サクサクいきますよぉ~

DSCN4884.jpg


しっかりタイミングも合わせて!っと

DSCN4886.jpg


じゃ~~~~ん完成!

僕のサインつきです。いいでしょ♪




ちなみに最初は・・・・・・

DSCN4887.jpg


こんなでした。このヘッドは使うのやめましたけどね。

まぁとにかく 

KLX250改 スペック横尾エンジン 出来上がりです。

今もう一機の方も組んでますから・・・・

KLX250 シム調整

最近 納期遅れで謝ってばかりのダサい横尾です。

KLX250 このエンジン組み立てまでの依頼で

現在 2台お預かりしています。

僕の当初の予定では1ヶ月もあれば出来るだろうと思っていました。

が、事あるごとに僕の予想を裏切ってくれて

ハマリまくりでかなりの時間お預かりしています。

ちなみにまだかかりそうです。すいません

やっと、今一台の方が ヘッド単体の加工がすべて終わり

組み付け準備に入りました。

DSCN4646.jpg


ガイド交換・バルブのフェース研磨・シートカット等の加工をしました。

DSCN4648.jpg


これは、クリアランスを見ているのですが

バルブ周りの加工をした場合 普通は今まで使っていたシムでは

クリアランスが狭くなってしまうので

ちょっと薄めのテストシムを使って適正なクリアランスになるように

シム厚を調整します。

DSCN4650.jpg


INTは問題なかったのですが

EXHのリフターが・・・・・・・トラブル発生しています。

試しに厚みを測ってみたのですが予想どうり減っています。

こんな風にムシレはじめると表面の硬度がありませんから

どんどん減ります。ということはこのリフターは使えません

また、一時中断になってしまいました。

早く組み付けたいんですけど なかなか進みません。


KLX250 腰上分解

どうも~みなさん 平成18年度の決算書 できましたか?

え~何とか本日ぼくはできましたが内容は最低でした..........

まぁ一年目なので 良しとしましょう!


で、今日は・・・・・・・

数日前の仕事の話しです。

みなさん ポート研磨 って響きだけでも好きですよね

いや 好きなハズ!もちろん僕も大好きです♪

で、このKLXのお客様も自分でやってみたい ってことで

とりあえず部品取り用のもう一機のエンジンを

ヘッド単品になるまで各部かるく点検しながらの分解です。

DSCN3105.jpg


水冷なので、フィンも何もなくあっさりしてます。

DSCN3108.jpg


4ストロークの基本 圧縮上死点にピストンの位置をもってきて

カムスプロケの位置確認で~す。まぁマニュアルがあるので

大丈夫なのですが一応 それとこのあとカムキャップを

外すのであまり抵抗にならないように~

DSCN3109.jpg


う~ん単気筒はいいですねぇ~ 部品少ないしシンプルだし

DSCN3110.jpg


とりあえず今のところ問題は無し!

DSCN3112.jpg


そうそう一応分解前にタペットクリアランスって言うのかな?

見てみたんですけど・・・これはこのままではダメそうですねぇ~

バルブ周りはう~ん 問題なさそう!

型も新しいので綺麗でいいですね。

KLX250

工具がきたので、続きです。

フライホイール側

DSCN3072.jpg


このカバーを外せば良いのですが

セルのギヤの部分に8mmのネジがあるのですが

普通のディープソケットだとケースにあたってしまって・・・

チョイ長のディープじゃないとダメみたいで

それで何とか外しました。

測定

DSCN3073.jpg


フライホイールのこの部分はクランクと同芯なはずなので

この部分で測定しました。

結果 大丈夫でした。

このクランクは使えるようです♪


分解して気が付いたのは

最近のオートバイはジェネレーターケース内にもオイルが回っている

ってことですね。むかしのエンジンはオイル遮断してたのに

今のは回ってるみたい でも何でオイル回す必要があるんだろう?

KLX250

今日もいい天気♪

DSCN3064.jpg


このエンジンは、オートバイの単気筒のエンジンです。

で、今回は特に加工は無く組み立てのみなのですが・・・

このエンジンの腰上はお客様の方で分解されたのですが

お話しを聞くと走行中にエンジンブローして

原因を調べるため腰上を分解されたそうなのですが

開けてみると、バルブが折れ ピストンに刺さっていたそうです。

もちろん燃焼室はメチャメチャですね。

で、腰上を中古部品・新品部品を使用しての組み上げになるのですが

車なんかでもバルブクラッシュ等でブローした場合

クランクシャフトがよく曲がるんですよ

ぱっと見は大丈夫そうなのですが もしもの事を考えて

まずは、このエンジンのクランクが使えるか・使えないか?

の判断をしてOKなら組み立てに入ろうと思います。

で、正確では無いですが 使えるか・使えないかの判断だけですから

全バラにはしません 途中までバラしてクランクの曲がり点検をしてみたいと思います。

あいだの写真撮ってませんが、変なところでひと悩み

DSCN3066.jpg


このエンジンはウォーターポンプのインペラを外さないと

カバーが外せないのですが、常に水にさらされている

ナットが・・・・・・・・・・何とか外れました。

DSCN3067.jpg


今回はこんな風に点検してみました。

クラッチ側は大丈夫そうですね。

あとは、フライホイール側です。作業進めようと思ったのですが

手持ちの工具ではバラせず工具待ちです。

Paging Navigation

Navigations, etc.