内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GS400 超改 その3

3本目

完成動画になります








今後テストで大きな問題が無く 反響もあるようでしたら ドキドキKIT販売するかも?です

スポンサーサイト

GS400 超改 その2

2本目

いつものパターンだと 車載して 始動確認動画撮って終わりにするんですが 

今回だけは その後までやってみました

DSCN0048.jpg

馴らし程度だったら特に問題は無かったのですが

その後 軽く廻したら ワイヤー切れたり メーターの針が戻って来なかったりで

違うメーターに変えても結局 同じで 壊れちゃう・・・・ なので 電気式に変えます

で いかにも 付けました的なのは 絶対にイヤなので 

DSCN0057_201609031543493f4.jpg

こんな感じのプレート作ったりして

DSCN0062.jpg

純正のメーターケースに納めました

電気式のメーターにしたので メーターワイヤーは不要です なので

DSCN0077_20160903154352f4f.jpg

これも 製作しました

DSCN0080_20160903154353949.jpg

これで 正確な 回転数も読めるし 壊れないし

ちなみに ステッピングモーター付きなので 使った最高回転数も ごまかせない♪

DSCN0076_20160903154421c80.jpg

そうそう こっちも 高回転まで廻したら ガソリン足らなくて・・・・ 結局 ピンゲル(大穴タイプ)に変更しました

キャブは前回も紹介しましたが FCR37φです

普通に販売はされてますが うち以外で 37φなんか付けるところあるのかな?まーいいです






GS400 超改

こんにちは

またまた ブログ 結構 空けちゃいました・・・・

実はですね 9月1日に 赤ちゃん 産まれたんです

これからもバタバタになると思いますが、出産前もバタバタで 仕事もブログも・・・・みたいな すいませんご迷惑おかけしてます

で つづきです

DSCN4051.jpg

フル加工した シリンダーも含め フルWPC処理です 熱的に結構な事になるハズですので

DSCN4066.jpg

今回のヘッドガスケットは、一品物の 銅板タイプにしました 少しでも冷却したくて

シリンダーヘッドの方は、以前に フル加工してますので 今回は特に手は入れてません

DSCN4080_20160903151832c55.jpg

とりあえず エンジン完成です

あっ そうそう 今回の仕様の場合 クランクケース側もボーリングして広げないとシリンダーは収まりません

GS400 の新たな挑戦 ドキドキ・キット開発中

こんにちは

みなさんは 3連休とかってやつですか? いっぱい遊んで下さい♪

で ですね タイトルの通り NEWパーツの開発中です

DSCN3702_20160716102558a23.jpg

ピストンなんですけど 以前からオリジナルピストンはやってますが 

さらに上を目指してます

DSCN3699_20160716102600913.jpg

右がノーマルで左が今回製作した物ですが

現段階では ボア径 排気量については 控えさせて頂きます♪

DSCN3873_2016071610255908b.jpg

この大きさのピストンですから スリーブも製作になります

DSCN3917_20160716102601024.jpg

ノーマルシリンダーをフル加工するとこんな感じです

つづく



GS400 エンジンO/H その7 ooita

おはようございます

今年の梅雨は、雨は降るけど 意外とカラッとしてるような気がするけど こんなもんか

_SCN0405.jpg

さっさと書き上げてしまえば良いのに 中々・・・・・はぁー

で カバーつけて完成です

DSCN3613_20160617100441a12.jpg


DSCN3615_201606171004417fd.jpg



GS400 エンジンO/H その6 ooita

おはようございます

今日は、いい天気ですねー  今年はゴールデンウィークも長くて いつも休めない人も少しは休めたんじゃないかな

DSCN3577.jpg

今回は、セルレス仕様なので スターターキャンセルカラー取り付け

DSCN3580.jpg

で セルモーター部分も メクラ

DSCN3591.jpg

ピストンは うちのハイコンプに WPC処理です

DSCN3597_20160512105257a7b.jpg

で ヘッドも

_SCN0386.jpg

WPC処理です


GS400 エンジンO/H その5 ooita

おはようございます

昨晩 九州で 大きな地震がありましたね 夜のニュースでは 状況があんまりわからなかったけど
朝になったら 相当な被害がやっぱりあったみたいで ここ何年か地震多すぎですよ 
地球が壊れちゃうんじゃないかってたまに考えたりします でも僕にはどーすることも出来ないですけど

DSCN3560.jpg

このエンジンは セルは取り付けませんので キックを多用します

お客様のご希望で キックギヤに WPC処理をしました

DSCN3563_201604151024018f1.jpg

ケース内部は ダイブ綺麗になったかと思います

DSCN3566_20160415102558202.jpg

GS400は、構成部品点数も少なく シンプルな構造なので 助かります

DSCN3567_201604151026008e0.jpg



GS400 エンジンO/H その4 ooita

おはようございます

今日は、いい天気になりそうですね

DSCN3494.jpg

元々は、黒く塗装されてましたが 全部剥離のウェットブラストです

DSCN3557.jpg

ケースの方は、アッパーケースのみ ガンコートのシルバーです

スズキ純正も アッパーケースのみ塗装がされてますので 雰囲気としては これがベストかと思います

続いて 内部 とりあえずミッションまわりのダメだったところ

DSCN3542.jpg

スプロケット裏の カラー  ここはちょっとでもキズがあると オイル漏れちゃうんですよね

DSCN3546_201604080923464bd.jpg

これは、2速なので ギヤが半噛みで 抜けたか何かで 欠けたのかな

DSCN3549_20160408092347236.jpg

これも 最近よく見るんですけど この異常摩耗の原因として考えられるのは

GSの場合 3速 4速 の時に 5速 6速が 半噛み状態なんで 

3速4速ばっかり使ってると よくこんな風に 異常摩耗しちゃうみたいです

元々 5速6速ギヤのガタが多いのも原因の1つだとは思うんですけどね

DSCN3551.jpg

これは 多分 スターターのアイドラーギヤの破片が 噛みこんだんでしょうね

DSCN3552_20160408092655fbf.jpg

ミッションも 毎回 同じようなところばかりなので もう在庫 無いですよ・・・


GS400 エンジンO/H その3 ooita

こんにちは

今日は、暖かいですね 風も無いし

続きです

DSCN3469_2016013111402512d.jpg

あーあーあーですね(笑)

よく見る この液ガスぐりぐり作戦を施されている場合 

クラッチプッシュロッドまわりは、まぁーいいとして スプロケット裏のカラーがキズだらけになってるんですよね

オイルシールを交換する時に マイナスドライバーとかでぐりぐりしちゃうから

オイルシールのリップ部分って知らないんだろな(笑) なので素人が交換すると交換した後はダダ漏れになります

この部分は、下手に手を出すくらいならやらない方が全然マシなので注意してください

DSCN3476e.jpg

この丸印のところのプレートがボロボロになってます 

こうなると シフトがスムーズに行かなくなります

多分、センターボルトが緩んだんでしょう 

ここも 通常は緩める必要ありませんので注意してください

DSCN3477_20160131114027d4b.jpg

ここは、シフトギヤ、シャフトの オイルシール部分です

最悪です オイルシール交換するのに またマイナス突っ込んだんでしょう

この部品も新品が出れば何も問題ないんですけど 新品なんか出る訳が無いじゃないですか!

うちでも 何とかできないかな?って考えてますけど 現状は程度の良い中古品を探すしかないですね

DSCN3481_20160131114028e4f.jpg

DSCN3482_20160131114030148.jpg

この写真では わかりにくいですけど やっぱり痛んでるギヤがあり 

ロアーケースにアイドラーギヤがバラバラになった破片がいっぱいあります

バラした感想 このエンジンは 素人が下手に手を出した感満載でした

では これから 綺麗に仕上げて行きます

つづく

GS400 エンジンO/H その2 ooita

おはようございます

今日も寒いですね しかし雪降る降るって言っても全然降らないじゃん 今年は無しか

分解の続きです

DSCN3464.jpg

やっぱ SUZUKIのピストンは、オイルリング下にオイル穴がいっぱい開いてるせいか スカートが意外とキレイなんですよね

DSCN3462_20160130102414153.jpg

でも シリンダーは残念な感じ 何でこんなにキズいっぱい入ってんだろ?組み方か?よくわかりません

DSCN3466.jpg

あーあーあー この感じは・・・・・ セルモーターのアイドラーギヤ破損したんでしょう

アイドラーギヤ壊れると ホント最悪ですよね

多分ですがこのエンジンも 砕けたギヤが原因でスタータークラッチからフライホィールまわりが全損したのかと

このパターンだと ミッション関係のギヤやオイルポンプあたりもしっかりと点検しないとですね

DSCN3460_201601301024160d2.jpg

だから ここがこんな変な風にメクラしてたんですね♪

DSCN3459.jpg

テンショナーは、まったく意味がわかりません 壊れた部分にボンド塗って固定されてましたが

外したら簡単に ポロッって ♪

続く

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。