内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

グース350 特大ライナー

こんにちは

何だか今日は 朝から バレンタイン・バレンタインってやたら騒がれてますが

みなさん もらいましたか? ちなみに僕はゼロです♪

まっ そんなことはどぉーでもよいのですね

DSCN0319.jpg

これ ポルシェのシリンダーです

ウソです! グース350のシリンダーです ちょっと小さくなったくらいでよく似てますよね!

で、今回持ち込まれたのはこれだ

DSCN0329_20090214132035.jpg

ほぉほー♪ デカイ デカイよ

超特大サイズだよ

ノーマルライナーがすっぽり入っちゃうくらい♪

ライナーまで入れ替えて オーバーサイズにするってのはかなり過激

あんまりメジャーでは無いですよね

通常 このような依頼の場合は まずノーマルライナーを抜いてから

下穴ボーリングしてヤキバメして 面研・仕上げボーリングになります

なので今回もセオリー通りに進めてみたいと思う

外観の確認!

DSCN0322_20090214132122.jpg

DSCN0323.jpg

この感じだと フツーに抜けそうですよね

なのに いくら暖めてもビクともしない なぜ?

力わざで行こうとも思ったがやめた

ちょっと疑問に思ったのでネットで調べたら どぉーやら 鋳込みライナーらしい!

なぁ~にぃー・・・・・どおりで抜けないわけです♪

でもこれ 見た目じゃ全然わかんないですよねー やっぱおかしいと思ってやめて正解!

なので かなりメンドーですが全部削るしかないのでガツガツ削ります

DSCN0330_20090214132244.jpg

10φくらい削ると・・・・

見えてきましたよぉー

DSCN0335_20090214132313.jpg

かなり しっかりと鋳込まれてますね これじゃビクともするわけが無い

鋳込みってのは シリンダーを鋳造する時 ライナーも一緒に成型することね

しっかしsuzukiも手の込んだことしますね

おかげで 下穴ボーリング16φもするはめになった♪

DSCN0337_20090214132433.jpg

できた!

超 薄肉シリンダー

加工はまだまだ続きますね 今日はここまで


スポンサーサイト

Paging Navigation

Navigations, etc.