内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

FTR223 ヘッド (ポート研磨仕上げ)

こんばんは

今日の7時ころの雨&雷すごかったですね!

みなさん リューターを2~3日連ちゃんで何時間も回した事ありますか?

手が 変になるんですよ♪ 気がつくと手がリューターをにぎったようなカッコしてるし

ずっとシビれて 感覚が悪くなるんですよ♪

なので僕はリューター仕事の後は 精密加工や溶接などしないようにしてます

要するに リューター以外はできないってことかな?

では前おきはこんなところで

DSCN1726.jpg

これはINTの荒削り終わったところ

DSCN1728.jpg

これが仕上げたところ

僕はINTはツルツルピカピカにはしません

DSCN1734_20090807223245.jpg

面祖度はせいぜいこれぐらいです

INTは形優先ですね

燃焼室側から見るとこんな感じ

DSCN1737_20090807223350.jpg

EXHの荒削り終わったところ

DSCN1723.jpg

黒い部分は鋳肌が残ったままですが

これぐらいにしといた方が良いと思います

で、仕上げですが 正直こんなにしなくても良いと思うのですが止まりません♪

DSCN1746_20090807223628.jpg

DSCN1755_20090807223856.jpg

若干 ポートが曲がっているので左右対称ではありません

一応 指が映りこむくらいには仕上げてますが 鏡のようには映りませんでしたので

半鏡面と言うことですね・・・・・・

燃焼室側から

DSCN1752.jpg

終わり




スポンサーサイト

FTR223 ヘッド(ポート荒削り)

2本目

FTR続きます

次は ポート研磨するためにバルブガイドを抜いたのですが

今日はわりと涼しいハズなのに 暑いです 

うちの場合 ガス台の位置が位置なので扉を全閉にしなくては危険なので

シビレマス♪

そしてガイドを抜いたポート

INT

DSCN1713.jpg

EXH

DSCN1709_20090804223321.jpg

段々ポートになってますね

このエンジンはヘッド高をおさえたかったのか

ポートギリギリのところまで スプリングシート座がきています

なので すっきりポートに仕上げるのは困難なので

ちょっと段ありポートになりそうです

では いつものように台製作ですね

DSCN1714.jpg

次に使うことあるかな?

よーし やるぞ! と思い以前僕がギックリ腰になった例の研磨作業場に上がり

場内唯一のエアコンのスイッチをON 何度入れても 10分くらい動くと止まります・・・・・・・

たまりません!

何てったって 天井から僕の頭が1m無いくらいのところで作業してるんですから♪

要するに必要なのは 気合ですね! 

大丈夫か?

少しダケ進みました

DSCN1717.jpg

DSCN1716_20090804223613.jpg

こうなったら 夜間工事しかないですね♪



FTR223 ヘッド(EGR穴メクラ)

こんばんは

今日は何だかすごしやすかったですね♪

まぁ風が通るところでの作業の場合ですけどね

DSCN1684_20090804221759.jpg

たまに こんな感じでEXHポートにダイレクトに穴を開けてあるエンジンがありますよね

で 排気ガスのと言うかそのぉー まぁとにかくメクラします。

DSCN1686_20090804221819.jpg

このエンジンの穴はかなり長いのでちょっと苦戦しました。

で、このままではちょっと不安なのでヘッド上面側もメクラします

DSCN1692.jpg

一応これで大丈夫なハズです。

FTR223 ヘッド(燃焼室研磨)

こんばんは

今日も蒸し暑かったですね!

うちのボロ工場を知っている人ならわかると思いますがハンパないっす♪

唯一の救いは周りが緑すぎるので目で見た感じは涼しそうなとこ かな?

単気筒系のエンジン加工 まだまだです・・・・

DSCN1681_20090803215255.jpg

もっともポピュラーな シングルカム・2バルブのタイプのヘッドです

今回の依頼は 燃焼室研磨・EGR穴メクラ・ポート研磨 です

まずは燃焼室の研磨から行ってみたいと思います

DSCN1688_20090803215349.jpg

これが加工前の燃焼室

割と綺麗ですが 鋳肌が残ったままですね!

数時間経過後

DSCN1695_20090803215507.jpg

この写真はタブン800番くらいの時だと思います

半球型の燃焼室の場合は特にですが

燃焼室のほとんどが 3DのR形状ですので

僕は 半球型の研磨は 全て手作業で行ってます

指研磨が1番綺麗なRに削れると思っているからです

やったことがある人ならわかると思いますが

DSCN1697_20090803215604.jpg

ウエスで拭いてもこんな感じ ← だからなんだよ!って突っ込んでください

でさらに数時間経過すると

DSCN1703_20090803215907.jpg

こんな感じです。

さすがに 僕の顔までは映りこまなかったので

半鏡面と言ったところでしょうか♪



Paging Navigation

Navigations, etc.