内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダE07A フルフロー加工一式

2本目

久々のフルフロー加工

まずはコンロッドから

DSCN4515.jpg

未加工状態のコンロッドと これから入れるブッシュです

ホンダの自動車用エンジンってほとんどが圧入タイプなので 

このロッドも小端部はこんなにスマート 超薄肉ですね

なるべく均一な肉厚になるように気をつけて加工しないとダメですね!

DSCN4518.jpg

仕上げ後はこんな感じです。一応 気を使って加工したつもりです

しかしコンロッドブッシュってシビアなクリアランスですよね

0.01mmですから 広くても狭くてもダメ~

DSCN4521_20100525225044.jpg

続いてピストン このピストンも元々は圧入タイプなのでサークリップ溝ありません

なのでサークリップ用の溝切り

DSCN4523.jpg

こんな感じ この溝もなかなか考えさせられる部分ですよね

DSCN4525_20100525225335.jpg

最後にピストンピンのカット

ピストンピンは超硬いです でもフルフローで使われているとこのピン減るんですよねブッシュよりも


まぁ何よりも今回はピン径が16φだったので結構大変でした♪



スポンサーサイト

トゥディ(JA4) フルフロー加工

こんばんはー

みなさんはこの連休はどぉお過ごしですか?

僕は まぁ~だ仕事してます・・・・・

DSCN1758_20090814193949.jpg

これは 純正のピストン&コンロッドを分解したところです

ホンダは圧入タイプがほとんどですよね!

僕はキライじゃないですけどね

で 今回はこの純正部品をフルフロー仕様に変更です。

まずはコンロッドから

DSCN1767_20090814194019.jpg

さすがホンダと言ったところでしょうか

無駄がないです。 肉厚の事もしっかり考えて均一にしてあげないとマズイですね!

DSCN1800.jpg

こちらもホンダって感じですね

ほとんど無駄がない

で純正圧入タイプですのでもちろんサークリップ溝なんてありませんから

溝切りです

DSCN1803.jpg

あとはピストンピンですね

DSCN1805_20090814194249.jpg

ピンも内径部分が 中央の力のかかる部分だけ 肉厚になってます

さすがにテーパーにはなってませんでしたがね♪

この作業一式でフルフロー仕様になりました。


それとタブンですが今週末は休むと思います。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。