内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB125JX

こんばんは

夜になると ちょっと寒くなってきましたね

DSCN6427.jpg

以前 うちで組んだエンジンのバイク CB125JXです

わざわざ始動確認のために オーナー様がトラックに積んで来店されました

で 恒例の



始動確認ですので 細かい調整等は残っているようですが

とりあえず調子は良さそうですね

良かった♪

スポンサーサイト

CB125(XL125) エンジンお迎え

こんにちは

今日は ちょっといいかも そんなに暑くないかも いや やっぱ暑いか

先日 出来上がったエンジンを引き取りにお客様が来られました。

で あ~だこ~だと 大体説明が済んで

車にエンジン積み込むことになったのですが

何か変な方に歩いて行くな~と思ったら

DSCN5727.jpg

こんな積まれ方されてました♪

ちょっと面白かったです

調子良く動いてくれる事を願ってます。


CB125 エンジン本組み

こんにちは

やっぱまだ あちーですね♪

ピストン類 WPC上がりました

DSCN5621.jpg

毎回ですが これやっておくと エンジン軽くまわるんですよね

ということで ピストンが上がったので 組み立てです

DSCN5623.jpg

このピストンサークリップ 左がこのピストンに付属してたもので右は僕が用意したもの

正直 左のやつ このままでは絶対に使いたくないです!

ちょうど曲がってるところあたり1点だけがピンの端面にあたるのでそこだけ極端に磨耗します

ひどい場合 折れることもあります

ので 僕は使いません

DSCN5624.jpg

いい感じです

DSCN5627.jpg

確認とか下準備がほとんど終わってるので何も気にしないで組めるので楽です

DSCN5629.jpg

この時代のホンダエンジン みんなカム山のところにオイル溜めがありますよね♪

DSCN5633.jpg

最後のバルブタイミング調整

これが終われば もう終わったも同然です

で 若干 中・高回転よりにしました

DSCN5637.jpg

やっぱこだわってたんですかねー

カムピックアップ 排気上死点では火花飛ばしたくなかったのかなぁ~♪

ようやく 完成です

DSCN5641.jpg

DSCN5648.jpg

大変お待たせしました

小さくても さすがHONDAのエンジン なかなかのエンジンになったと思います




CB125 カバー類

こんにちは

最近はホントにこの暑さのせいで 少々疲れ気味です・・・・・

DSCN5549.jpg

当初の予定では 通常のウレタンで塗るでしたが

予定変更しました 母材の腐食が進んでいるため やはりガンコートにて塗装し しっかり焼き付けることに

DSCN5560.jpg

お客様に ガンメタルのような感じの色と言われていたのですが

いかんせん 僕 色弱ですので 僕的にはこれが ガンメタル色なのですが

これで 大丈夫かなぁ~♪

DSCN5552.jpg

スプロケットカバーは カットを入れています

DSCN5564.jpg

まぁまぁ 渋い色になったと思うんだけどなぁ~

つづく


CB125 下準備ほぼ終了

こんにちは

本当に今年の夏は なんなんですかねー そろそろ地球もヤバいのかな?

で CB125のエンジンの方は だ~いたい 下準備は終わったかな?

忘れ物ないかな?

DSCN5460.jpg

後は ちょっとした塗装類くらいかな

早く 本組みに入りたいです。

つづく


CB125 カムまわり

3本目

DSCN5426.jpg

これが今回使用するカムシャフト

DSCN5427_20100905192523.jpg

で これが小細工後 こうした方がカムにもロッカーアームにも優しいかと

気がついてもらえると幸いです♪

DSCN5422.jpg

で 定番ですが

DSCN5425.jpg

±5度くらいスライドするぞ加工です。

つづく


CB125 ヘッドまわり

2本目

う~ん・・・・僕としたことが・・・・うっかりしてました・・・・

DSCN5432.jpg

INTもEXHも シートリング下にまぁまぁの段つきがあるじゃないですかー!

どーする?もう面研しちゃったしー 見てないことにする?

ダメだ~ 気になりはじめたら・・・・

悩むくらいなら いっそ 段つき修正してしまおう♪

INT

DSCN5439.jpg

EXH

DSCN5440_20100905191238.jpg

あ~スッキリした キズもつかなかったし 

やっと すり合わせです

DSCN5448_20100905191237.jpg

あっ ちなみにですけど もちろんシートカットもしてバルブのあたり位置を変更してますから!

DSCN5455.jpg

バルブスプリングは純正の新品に交換です

今回のエンジンなら あえて強化するよりも これがベストかと

つづく


CB125 ロッカーアーム

こんばんは

まだ むしむしと暑いですね!

現在 エンジンとしては ほぼ完成ですが これから細かい調整というか小細工に入ります

なので ピストン類は WPCに行ってます♪

ということで その他の作業です

まずは ロッカーアームから

DSCN5431_20100905185619.jpg

ロッカーアームのスリッパー面って オイル管理がしっかりされてないと

あっと言う間に ボロボロに減るんですよね

このロッカーは まぁまぁだったので 減らないことを念じながら磨いてみました。

で 気がついた人もいたかもしれませんがここ

DSCN5482.jpg
 
ムシレはじめてますね! たぶん回しすぎかバルブスプリングの荷重不足か調整不足かな?

こうなりはじめると いくら磨いても ムシレは加速しますので 素直に交換です

DSCN5483.jpg

これで良いかな~

DSCN5484_20100905185617.jpg

もちろん ロッカーシャフトはラッピング済みですから♪

つづく


CB125 仮組み2回目

2本目

DSCN5404.jpg

ここ 一番 キズ付きやすいかなと思ってたので最後にまわしました

DSCN5405.jpg

面研したら せっかく測定した数字がまた変わるじゃんと心配されるかもしれませんが

大丈夫♪

DSCN5406.jpg

ちゃんとそれも考慮して加工してますから♪

DSCN5413.jpg

ばっちりですね! 予想通りの数字になりました。

EXHだったら ポイントは

DSCN5414.jpg

この辺だなぁ~

つづく


CB125 仮組み~ピストンリセス加工

こんにちは~

もう ホント 熱いしか 言葉が出てこないですね!!!!!!

DSCN5383.jpg

このエンジンも 燃焼室が半球型なので 面研もしなきゃいけないの忘れてました♪

DSCN5384.jpg

結構 攻めたつもりですが あんまり削れないのが半球型の難点・・・

DSCN5387.jpg

でもって 容積も測定

これで とりあえず 1回仮組みです

DSCN5388.jpg

バルブとピストン この状態では ガチンコしませんでしたが

多分 エンジン回したら 当たりそうな数字だったので(バルタイも考慮して)

やっぱり リセス増し切りするしかないですね!

DSCN5399_20100903113436.jpg

見るからに リセスが浅いですよね

DSCN5401.jpg

上下が逆になってますが こんな感じです

DSCN5402_20100903113511.jpg

で こっちも 容積の確認です

今回 使うカムシャフトなら まぁまぁの圧縮比になったので良しですね

ちなみに

DSCN5415.jpg

今回のピストン ノーマルと比べるとこんな感じです

10mmアップです♪

つづく






Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。