内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBR400F エンジン分解(4)

4本目

DSCN0766_20110710124406.jpg

やっぱり メタルがすごい事になってます・・・・

DSCN0764_20110710124406.jpg

ヒドイ・・・・もちろん張りなんかまったくありません・・・・

DSCN0767_20110710124406.jpg

この写真ではちょっと わかりにくいですが

クラッチハウジングのベアリングが焼き付いてます

ベアリングが回らないので ワッシャーも削れ カウンターシャフトは紫色です・・・・

DSCN0771_20110710124405.jpg

ぱっと見は綺麗そうですが

多分 軸径が減ってたり 曲がったりしてると思います

DSCN0773_20110710124405.jpg

ケースの方も そうとうな数のネジ穴がダメになってました・・・

DSCN0776_20110710124404.jpg

結果

腰上の部品に関しては 通常の修理で直ります

腰下は正直 ほとんど使えません(使いたくない)

今回の場合は ベースエンジン 替えた方が良さそうですね・・・・

スポンサーサイト

CBR400F エンジン分解(3)

3本目

DSCN0745_20110710123022.jpg

あちゃー・・・・・・ 

クランクケース締結ボルトで最も大事と思われる クランク軸部分のボルトが・・・・

DSCN0744.jpg

違ってたり・・・・

DSCN0746_20110710123021.jpg

ボンドが付いてたり・・・・・・最悪です・・・・

DSCN0753.jpg

ボンド剥がして 磁石で引っ張ったら 抜けました・・・・・

ネジ穴自体もダメになってます

DSCN0757_20110710123020.jpg

さすがホンダ こんな状態なのに クランクがギタギタになってない

でも

DSCN0763.jpg

メタルは結構逝ってます

メインメタルでこれなので コンロッドメタルは想像できますね・・・・・

つづく





CBR400F エンジン分解(2)

2本目

DSCN0697_20110710120634.jpg

シリンダー外したまでは 良かったんですが

この後は かなり難ありです

DSCN0702_20110710120634.jpg

ピストンピンがやたら緩かったので 測定してみたら

ちょっと 限界超えてました

コンロッド ダメっぽいです ビッグエンドの方もやたら緩いのと渋いのがあります・・・・

DSCN0703_20110710120633.jpg

ん? このスターターチェーンのガイド おかしくない?

DSCN0709_20110710120633.jpg

すごい デロデロに溶けてる・・・ これってよっぽどですよね・・・・

DSCN0738_20110710120632.jpg

クラッチは ハウジング・ボス・ディスク板・フリクションプレート 全てダメです 使えません・・・・

腰下はどんどん雲行きが怪しくなってきます・・・・

つづく


CBR400F エンジン分解(1)

こんにちはー

やっぱり梅雨明けでしたね 暑すぎますよー すでに限界が近いです

DSCN0625.jpg

このエンジンも そーとー お待たせさせちゃってます すいません・・・

やっと分解に入りました

DSCN0643_20110710115417.jpg

予想してたよりも 結構綺麗です そんなに悪くなさそう

DSCN0654_20110710115417.jpg

ホンダらしい このオイルラインのビーム ステキ♪

DSCN0659.jpg

カムジャーナルもロッカーアームも大丈夫ですね

DSCN0661_20110710115416.jpg

ん? 4番がちょっとオイリーだなぁー

原因は

DSCN0694.jpg

シリンダーの このサビだと思われます

つづく


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。