内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kawasaki SS350 エンジンオーバーホール その4

こんにちは

だいぶ暖かくなってきましたね♪

DSCN1178_20170424124122c80.jpg

ヘッドの方は、3枚ともお客様が探して来てくれました

これで、燃焼室の容積はとりあえずそろいましたね

DSCN1179_20170424124124af5.jpg

2ストなので、ねじ締めるだけです♪

DSCN1183_20170424124125493.jpg

で 完成のハズですが・・・・

DSCN2072.jpg

まぁ このオイルポンプのネジ山が飛ぶのは よくありがちなトラブルなのですが

1回目の修理の時に ちゃんとリコイル等で出来ていれば その後は ほとんどトラブル出ませんが

ちゃんと修理出来てない場合・・・最悪です

今回は、その最悪のパターンです リコイル ぴろろ~んですよ

頼みますよバイク屋さん 出来ないならやらない方がいい! どーせ出来ないんだから!

まずねー ハンドドリルじゃ タップの下穴 正確には無理ですよ!もうもうもう!

で かなり 考えたあげく

DSCN2095_20170424124420a70.jpg

こうゆうのを 作って

DSCN2098_20170424124422d4c.jpg

こんな感じになって

DSCN2101_20170424124424061.jpg

こうですよ! 結局4ケ所全部修理しました

1回目なら 簡単に出来たのに 2回目となるとかなりシンドイ事になりますよ

やっと 完成です。




スポンサーサイト

kawasaki SS350 エンジンオーバーホール その3

こんにちは

久しぶりのアップになります。 ブログアップが無いと言う事は・・・・もうバレてそうですが 大変忙しくさせて頂いております♪

DSCN1172_201704171052584d1.jpg

これは、問題のシリンダーですが  SS350の中古シリンダー お客様と散々探しましたが無いです・・・・・

現在のシリンダー 確認したところ 一応 吸気・掃気・圧縮・排気工程はできそうなので

とりあえず 今回は、これ使って 見つけたら交換しましょ!って事になりました

DSCN1175_20170417104909135.jpg

2㎜もアップしてるのに、ポート口の面取りは いっさいやってありませんでした

なので シリンダー壁面にもキズ等があったので 

最小限ホーニング&ポート面取りしました

ボーリングしたら 絶対にポートの面取りやらないとダメですから!元々だって面取りされてるでしょ

DSCN1167_20170417104910626.jpg

これは、何に使うかって言うと

DSCN1166_201704171049123bd.jpg

こんな感じ  このエンジンは クランク&コンロッドはSS350 ピストンがGT380用なので

確認したところ SSはコンロッドピン幅が狭く GTは逆に広くて じゃあGT用のピンベアリング使えばって思ったのですが

そーすると ピン径は同じなのですが コンロッドに入らない 外径が大きいです・・・・

元々の組まれていた状態はと言うと ピンベアリングがスラスト方向に動いてしまうため 

コンロッドに対して ベアリングが左右に動いて ベアリング幅の半分くらいしか コンロッドに乗っていませんでした

意味わかるかな? まーいいです

DSCN1176_20170417104913474.jpg

とりあえず ここまで来ました






kawasaki SS350 エンジンオーバーホール その2

おはようございます

昨日は、あんなに暖かかったのに・・・・今日は、かなり寒い

続きです

DSCN1058_2017021810302499d.jpg

やっぱり出てきましたよ

この写真では わかりにくいですが 一番左に写ってるやつ 元々のヘッドじゃないです

DSCN1059_2017021810302503b.jpg

ガスケットボアに合うように 加工されているのがわかります・・・・

まぁー 付くにはつくよ エンジンも動くには動くよ・・・・

でもさー 燃焼室の容積とかさー 形状とかさー 全然違うじゃん!

だってこれ たぶん250用なんだもん ダメだよー こんな事しちゃ 3つ共なら まだわからなくもないけど

DSCN1056_20170218103027356.jpg

あれー SSって こんなピストンだったっけ??? 何か違うような?

どこかで見たことあるような?

DSCN1064_20170218103029baa.jpg

仮組みしてみると こんな感じ これ おかしいですよね

本来は ポート入口の切り欠きとピストンの切り欠きの形が同じなハズですから

いろいろ 測定したり何だりして わかったのは このピストンGT380用でした だから見たことがあるわけです

残念な事に SS350のノーマルボアサイズから このピストンでは すでに2㎜UPになってしまっているようです

オーナー様の話しでは 元々はSTDサイズで それをどこぞのバイク屋がオーバーサイズでO/Hしたと

まぁー オーバーサイズはオーバーサイズだけどさ おかしいでしょうよ いきなり2㎜って

しかも SS350用では こんなサイズ無いし 

DSCN1063_20170218103029e5a.jpg

クランクも オーバーホールされてますね

僕の予想 このエンジンを加工した内燃機業者の仕事は悪くない 加工依頼をした人が悪い

まぁ うちだったら こんな依頼してきた時点で よく話し聞いてからにしますから こんな事にはならないですけどね

基本的には 依頼されたように仕上げるのが正しいのかも知れませんが

僕は、加工後にちゃんと問題なく機能するかわからない状態で こんな貴重なエンジンやるの嫌だな

お客さんもエンジンもかわいそうです



kawasaki SS350 エンジンオーバーホール

こんにちは

1月は、ケガとかで 結構仕事できなくて・・・気が付けばもう2月じゃないですか!

参った・・・仕事 溜まりに溜まりまくってます 何とかこなさないとですね

DSCN1049_20170214115415e82.jpg

オーナー様が言うには、どこぞのバイクショップで エンジンOH済みとの事で購入されたようですが

何か 嫌な感じがしたので 途中まで バラしてみたそうです

もう最近の OH済みエンジンって 何をやったら言っていいんですか?わからなくなってきてます正直

きっと このエンジンも色々と出てくるんだろーなー OH済みってやつほど 僕は信用してませんから(今は)


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。