内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

4A-G

4A-Gクランク軽量加工途中ですが、追加注文が出ました。

4A-Gのクランクは、純正オイルラインの加工のあと鉄球のような物が

打ち込まれています。今回はそれを抜いて、PTのシズミプラグを

入れます。

まず、抜く様子です。

DSCN1330.jpg

DSCN1327.jpg

DSCN1328.jpg


ボール部にネジなどを溶接して、それをスライディングハンマーで

抜いています。

DSCN1329.jpg


それから、今ある穴をプラグのサイズにしてタップ立てて

って感じです。

DSCN1332.jpg

DSCN1337.jpg

DSCN1335.jpg

DSCN1338.jpg


このクランク結構硬くて、何度もドリルの刃を研ぎながらの

作業です。一般の方にはちょっと難しいかもしれません?

とりあえず、こんな感じでネジ山が立ったら

また、軽量加工再開です。軽量加工後に

また、タップを立ててシズミプラグの深さを合わせます。


あぁ~今日、明日はバイトが無いのでたっぷりこれからも

作業が出来ます。
スポンサーサイト




モンキー(DRAG)

なんか、最近感じるのですが、うちって

モンキーと4A-GとA型 ばっかりやってる気がする。

まぁ別によいのですが、逆にあまり新しいやつ持ってこられても

解らないことが、たまにあるので丁度いいのはいいのですが・・・


DSCN1320.jpg


このケースは、この前のとは別で、レース用に使うケースです。

ベースは、一緒のはず・・・・あまりモンキーを知らないので・・

とりあえず、同様にケースボーリング

DSCN1321.jpg


ただ、このケースの場合耐久性を考えて

最小限の拡大にしてあります。

DSCN1322.jpg


終了後、確認!


この後、このケースは、面研します。

測ればわかるのですが、モンキーのケースは、

シリンダーの座面部が、合わせてからの加工ではなく単体で

加工されているので、面がきっちり出ていません!

段つき状態です。のでレース用は面研します。

DSCN1323.jpg


DSCN1324.jpg


DSCN1326.jpg


だんだんと、光っていくのが解ると思います。

結局、0.1mmちかく面研しました。

やっぱり、面研は基本ですね!

Paging Navigation

Navigations, etc.