内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

4A-G

や~っと、機械加工終わりました。

DSCN1340.jpg

DSCN1343.jpg

DSCN1342.jpg


まぁ、やる必要はあまり無いかも?知れませんが

お客様がスペシャルにってオーダーでしたので

これから、手仕上げです。

DSCN1349.jpg

DSCN1350.jpg

DSCN1351.jpg


まだ、完成ではありません!

この後、もう少し細かくバリ取り等をおこなって

それから、もう一回曲がり点検して

ダイナミックバランス修正です。


しかし、自分でやってて言うのもなんですが

このクランク、まったく原型をとどめていなくなってきました。

結構、自分ではカッコいいなぁって思っているのですが・・・・

スポンサーサイト




A12

DSCN1291.jpg


もう、うちの常連さんの堤・兄弟さん達が来ました。

今日もいつものようにサニーの話しばっかり!

しかし本当にこの二人はたいしたもんで、すごい知識があって

僕も話しについて行くのがやっとです。

DSCN1344.jpg


今日は、いろいろ持って来られました。

ブロック・ピストン・コンロッドの写真は撮ってませんが

これから、77パイにボアアップ・フルフローの予定です。

カムはノーマル加工品ですが、なかなかだと思います。

この後、リューブライト行きかな?


それと、今日はおもしろい事を三人でやりました。

ノーマルフライホィールのリングギヤの位置ズラシです。

4気筒の場合、どうしても二箇所だけギヤがボロボロになってきます。

まぁめったにやる人はいないと思いますが、ギヤを90度ずらして

みました。


まず、酸素でギヤをあぶってはずして

DSCN1345.jpg


DSCN1346.jpg

DSCN1347.jpg


それから、返してまたあぶって入れて、最後に軽く叩いて

ちゃんと入っているか?確認して終わりです。

DSCN1348.jpg


DSCN1352.jpg


とても原始的ですが、この作業名をヤキバメと言います。

いろいろなところで、使われています。

本当にやる人は、なかなかいないと思いますが、参考までに・・・・

Paging Navigation

Navigations, etc.