内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイク屋さん

今日は、完全にバイク屋さんです。

患者さん

DSCN1730.jpg


このスクーターは、スズキのアドレスってやつです。

どうもオイルラインのホースが何処かで、切れたらしく

オイルが漏れるんです。それと後ろタイヤが空気抜けるらしいです。

まず、オイルラインの方から

DSCN1731.jpg


劣化等々で、ヒビが入り切れてました。

タマタマ、うちにあったシリコンチューブを使って治しました。

DSCN1732.jpg


無事に、エンジン始動!

DSCN1733.jpg


次は、リアタイヤですが、よく見ると治すと言うより

もうタイヤそのものが危ないので、交換にしました。

DSCN1735.jpg

DSCN1734.jpg


最後に軽く全体ふきあげて、終了でぇす。

DSCN1736.jpg

スポンサーサイト

リンク

福岡県久留米市でメッキ加工を専門とされている

職人、たくおさんのブログをリンクに追加しました。

うちと同じくらい、専門的な内容になっています。

興味のある方は、見てください!

http://blog.livedoor.jp/yoshikawa_hard/archives/51051922.html

4A-G

今日は、曇っていたせいか、すこ~し涼しかったかな?

DSCN1710.jpg


これは、2台共、4A-Gの92ってヘッドです。

これから、おーばーほーる の予定です。

とりあえず、片方は、ガイド抜いて、いったんお客様に返却です。

ポート研磨するそうです。

DSCN1716.jpg


抜いちゃいました。

ガイドを抜いたり入れたりするのは、本当に原始的な作業です。

ヘッドを暖めて、ハンマーで叩くだけです。

あっでも、いろいろとポイントがあって言葉では説明できないので

簡単に考えて、やると後で痛いめに遭うので、気を付けてください!

A12

フルフローの続きです。今日は、A型です。

流れは、昨日と同じような感じです。

まず、下穴拡大から

加工前

DSCN1693.jpg


拡大後

DSCN1695.jpg


作っておいたブッシュを圧入です

DSCN1697.jpg

DSCN1699.jpg


続いて、油穴あけです

DSCN1700.jpg

DSCN1701.jpg


現在は、こんな感じで、45度の位置に二箇所開けるのが

主流です。

やっと、内径の最終仕上げです。

DSCN1702.jpg

DSCN1705.jpg


加工後の曲がり点検です。

DSCN1703.jpg


曲がりも無く仕上がったので、組み立て時と同じ状態

オイルを塗ってピンを挿入です。全部同じような感じであればOKです。

やっぱり最後は、手の感覚と目視で問題なければこれで終わりです。

DSCN1707.jpg

DSCN1709.jpg


4A-G

DSCN1682.jpg


今日は、久々にいい天気ですね。気分はいいですね。

でも、晴れると、工場の中が、あぢぃです。


今日は、コンロッドフルフローです。

DSCN1679.jpg


今回は、4A-G用が、1本と、A型用が、1台分です。

4A-Gから先行します。

普通は、4A-Gって86コンロッド以外は、やらないんですけど

今回は、実験用でピン径が20パイから21パイになるので

必要になりました。ですので、1本のみです。

行きま~す。

DSCN1680.jpg


まず、現在入っているブッシュを抜きます。

コンロッドは、こんな感じ

DSCN1681.jpg


それから、コンロッドの寸法やブッシュの寸法を出して

ブッシュの方から、製作です。

DSCN1683.jpg

DSCN1684.jpg


材料は、リン青銅を使います。

この状態は、まだ内径は仕上げてませんよ

次に、コンロッドの下穴を、拡大です。

セットして回すと

DSCN1686.jpg


下穴拡大後

DSCN1687.jpg


そして、先に作っておいたブッシュを圧入です。

DSCN1688.jpg


親指に全身の力を込めて押し込むのです!

ウソです。プレスを使います。

DSCN1689.jpg


ピンの写真撮り忘れました。

ラッピングをして綺麗にしておきます。

ピン径を、マイクロメーターで確認してその数字プラス1/100に

なるように、ブッシュ内径を仕上げます。

加工法は、下穴拡大の時と同じです。

仕上げて終わったら、確認で、曲がり点検です。

DSCN1690.jpg


最後に、綺麗、綺麗してあげてオイル塗ってピンを入れて

ちゃんとスムーズに動くか確認して、終わりです。

DSCN1691.jpg



フルフローって結構簡単に考えていた人もいるかもしれませんが

意外と手間がかかるんです・・・・・・・・・

それにしても、今日は暑く感じたなぁ

ハーレー

今日は、うちには、にあわなそうなヘッドの紹介です。

ハーレーの随分古いモデルで鋳鉄製のヘッドです。

DSCN1669.jpg


このエンジンは、排気量が1000ccあるそうです。

バルブも大きいです。

DSCN1670.jpg


今回の修理は、ガイドにガタが出て、オイル消費が激しいため

ガイド交換・シートカットです。

今回使うガイドは、これです。

DSCN1672.jpg


社外のガイドです。銅ですね。リン青銅かな?

鉄ヘッドは、アルミヘッドと違って、暖めず冷間のまま

叩いて抜きます。

DSCN1673.jpg

DSCN1674.jpg

DSCN1676.jpg


なんか、おかしい事に気づきました。

写真の短い方が、なぜか?インテークに入ってました。

上部のオイルカットもなぜか?EXH側に?

この手のヘッドは、ステムシールを使用しません

そのため、インテークガイドの頭は、オイルをカットするように

とがらせてあるのが、普通なんです。

このヘッドは、もしかすると、以前にもどこかで手を入れられた

のかも?知れませんね。ガイドの内径もかなり面祖度が悪かった

ですから。

抜いた後は、ガイドの下穴が傷んでないか?寸法がおかしくないか?

チェックです。キズの確認は、目視です。

DSCN1677.jpg

DSCN1678.jpg


キズも無く、寸法も大丈夫なので、持ち込まれたガイドを

内外径合わせして打ち込みます。

もちろん寸法はすべてインチです。

H165

昨日の、堤兄弟!

また、うちの工場の外で何かやってます。

DSCN1664.jpg


何、やってんですかねぇ?

写真見てわかる人もいると思いますが、そうなんです。

このくそ暑いジメジメしているところで、うちの外に置いてあった

バネット(C22)からデフキャリアを外そうとしているんです。

DSCN1663.jpg


右側は、すんなりドライブシャフト外れたみたいです。

DSCN1667.jpg


何か、すごいの持ち出してきましたよぉ~

DSCN1665.jpg


こんなハンマーでやっても抜けないみたいです・・・・・

おーっと!

DSCN1666.jpg


今度は、酸素であぶり始めましたよぉ~

無事?に抜けたみたいです。

あとは、キャリアを外すだけ

DSCN1668.jpg


外れたとき、お兄ちゃんは一人で

    勝利!勝利!

と、なんか、ブツブツ、言ってました。

何か、予定では、4.6 のファイナルが入っているはずだったみたい

ですが、結果は、4.3 だったみたいです。

しかし、とりあえずこれで、やってみるみたいです。



チューニングパワーズ

今日、行ってきた、チューニングパワーズの記事です。

一緒に、行った

堤兄弟

DSCN1652.jpg


亀川さん

DSCN1653.jpg

DSCN1660.jpg


会場で会った附田さん

DSCN1662.jpg


それと、ナプレックの谷畑さん

DSCN1649.jpg


社長です。

DSCN1651.jpg



今年は、ちょっと出展ショップが少なくちょっと寂しかったです。

すこ~し書きますね。

DSCN1659.jpg


今回は、マーレーピストンも出展していたので

せっかくなので一枚写真撮りました。カッコいいです。

次、すごくシンプルな30z これ、ライジングかな?

DSCN1654.jpg

DSCN1655.jpg


最後に、カッコ良かったクラウンです。

DSCN1657.jpg

DSCN1656.jpg

DSCN1658.jpg


まぁそれなりの本気の車も結構あったのですが

めんどくさいので、写真撮りませんでした。

気になる人は、チューニングパワーズのページに後でアップされる

と、思うのでそっちでどうぞ!以上!眠い!

ウレタンブッシュ

例のウレタンで、スタビブッシュ製作しました。

こんな感じです。

DSCN1643.jpg


すいません間違えました。

下へ移動してください








































これは!

DSCN1638.jpg

DSCN1646.jpg


すいません。ふざけてます。

もっと、下へ




































これが、ちゃんとしたやつです。

DSCN1648.jpg


さわやかヘアー

明日、と、言うか、正確には、今日になりますが、

チューニングパワーズと、いうイベントに行きます。

小さいフロアのイベントですが、かなぁ~り、内容は濃いものです。

有名所のショップばかりの、本物のチューニングカーが来ます。

で、そんなところに行くのに、今のままの頭じゃなぁ~と思い

思い切って、さわやかヘアーにしてみました!夏っぽくて

みなさんに、お勧めの頭です。

DSCN1638.jpg


ちょ~っと、ピンボケしてますねぇ

撮ったのは、

DSCN1642.jpg


この人たち(茶髪の方)一応、お客様です。


やっぱ、ヘアーの乱れは、心の乱れ

DSCN1637.jpg


ついでに、いつもこんな感じで、僕は加工しています。

DSCN1640.jpg

DSCN1639.jpg


やわやかヘアーで、気分爽快です♪

チューニングパワーズhttp://hw001.gate01.com/momo-jdda/main/contents.html

1JZ?

今日は、多分1JZだったと思いますが、

1番の子メタルブロー したエンジンの

クランクの点検と、コンロッドの点検の紹介です。

DSCN1617.jpg

DSCN1618.jpg


ちなみに、ノーマルメタルはこんな感じ

DSCN1625.jpg


まず、クランクの寸法のほうから見てみます。

DSCN1619.jpg


こんな風にマイクロメーターで、点検です。

結果、1番ピンだけ、縦方向で、約0.2mm径が小さくなってました。

残念ですが、この時点で、このクランクはもうダメです。

なぜか?と言うとクランクをアンダーサイズに研磨しようとしても

メタルが0.25mmアンダーまでしか設定が無いからです。

続いて、曲がり点検(振れ)

DSCN1622.jpg

DSCN1623.jpg


こんな風に、ダイヤルゲージで見ます。

やはり、1番ピン付近でかなり曲がっています。

DSCN1620.jpg


このクランクって、普通の製造方とちょっとちがうんですよね

鍛造時の合わせのリブの跡が120度づつずれているんです。

どういう事か?って言うと、普通は、鍛造したらそのままですが

このクランクは、鍛造直後、ねじって作っているんですね!

この説明で、理解できたかな?


コンロッドは

DSCN1624.jpg


こんな感じでした。メタルが溶着しています。

軽くこすってみましたが、取れません!

とりあえず、寸法の確認です。

DSCN1627.jpg


こんな風にボアゲージで確認します。

寸法的には、他のコンロッドよりも内径が約3/100小さいです。

残っているメタル分だと思いますが、手でこすって仮に取れたとしても

多分そのころには、ハウジング内径が真円でなくなってしまうでしょう

このロッドも、使わないほうが無難でしょう。


エンジンが何らかの原因で焼き付いた場合、内部の部品たちは

かなり過酷な状態になります。焼き付いたエンジンは慎重に

点検して直してやらなくては、完全には元には戻りません

手を抜くと、スグに壊れてしまいます。

くれぐれも、ブローしたエンジンを簡単に考えないでください!

SS350

DSCN1615.jpg


このバイクは、SS350 って言います。

簡単な修理なのですが(多分)車両ごと預かってしまいました。

できれば預かりたくは、ないのですが・・・

お客様が、どうしてもと言うので、やむやむ預かりました。

バイク屋さんに持っていくと、たいてい断られたらしいです。

これからの修理は、オイルポンプのネジとオイル漏れと点火系です。

う~んこれってやっぱ内燃機屋の仕事じゃあ無いですよね?

でも、僕にできることなのでやっちゃいます!

もう、何屋でもいいんです。エンジンが付いていればみんな一緒!

DSCN1616.jpg


お客様には、早めに見積もりします。って言ったのに

まだ、やってな~~い、ヤバイ、はぁでも書けそうに無い

そんな感じですが、本当に早めに見積もりしますので

よろしくお願いします。

A型エンジン

やっと、僕のセッティングもでてきましたよぉ~♪

デスビ改造終わりました。

DSCN1607.jpg


ようやく、この改造も慣れてきました。

最後の確認っと

DSCN1608.jpg

DSCN1609.jpg


今回も、いい、アタリ、ですね。

大丈夫です。


続いて、これは、A型では、定番のフライホイール軽量加工です。

ノーマルは

DSCN1610.jpg


こんなので、9.6Kあり、無駄に肉が付いています。

ノーマルエンジンはとても非力なので、少しでもトルクが

ほしかったんでしょう。

加工後は

DSCN1611.jpg


こんな感じで、う~ん

フライホイールって感じになりました。

でも、今回は、ほどほどに軽量と言うことだったので

5.8Kに抑えておきました。

随分と、お待たせしちゃいました・・・・

みなさん待ってくれるので、助かります。

でも、絶対に良いもの造りますから!

ウレタン材

DSCN1605.jpg


ウレタン材は、過去にうちでも何度か使った事があって

むかしの記事の中にも登場したことがあるので、知っている人も

いると思いますが、この黒い棒も実は、同じ材質(ウレタン)

なんです。うちの材料屋さんも知らなかったのですが

もちろん僕もしりませんでした。

タマタマ、お客さんにこのウレタンって他には色ないの?

って聞かれたのが、ことの始まりで、なんとうちで使っている

ウレタン材は、好きなカラーにできる事が判明!

あぁもちろんちょっと特注なんで時間は少々かかりますが

値段的には、ほとんど変わりません

これで、自分オリジナルのカラーのブッシュ等々使い勝手いろいろです

みなさんも、うちでオリジナルのブッシュなんてどうですか?

あっ何か営業っぽくなってきたぞ?やめよう。

とりあえず、ウレタン材を作る過程で、色を混ぜて作れることが

解ったって、ただそれだけの事です。

いろいろやってみるもんですね。新しい発見がいっぱいです。

DSCN1606.jpg


今回は、この材料で、スタビブッシュを作るので楽しみです。

また、何か新しい発見があったら報告しま~す。

A型エンジン

先週は、あちぃ、あちぃ、って言ってたのに

昨日、今日は、やたら寒く感じる・・・

慌てて夏用つなぎ頼んだのに・・・

結局、また、厚手のつなぎ着てるし・・・

なんだかねぇ 僕の、セッティングが全然でません・・

もちろん調子悪いです。全然回転が上がらないって感じで仕事

進みません!

ダラダラと語ってしまいました。


今、取り掛かっているのは、以前にも作ったことのある

4A-Gデスビ改A型用ってやつです。

DSCN1604.jpg


現在、こんな感じです・・・・

何かこれ結構いいらしいですよ!好評です。今回で3個めかな?

何とか明日には・・・・・・・・・・

と、思っています。待たせてごめんなさい!

B6

お久しぶりです。 みなさんは、楽しい連休になりましたか?

中には、僕が日記書かないから休み取ってんだろう!なんて

思っている人もいるかもしれませんが、まったく逆です。はい

この前、サニーを何日かやったせいで仕事のしわ寄せが・・・・・

かな~り過酷な3日間でした。そのせいで、日記書く時間も無く

寝る暇もなく、やっと今日、日記書けました。ふぅ~


B6ヘッド終わりました。

DSCN1585.jpg

DSCN1414.jpg


ノーマルのカット形状からできる範囲の形状変更と

あたり位置、あたり幅、等、やってあります。

ちなみに、INTのみですが!

最後に、お客さま指定の面研をして終わりです。

いろいろと加工する場合は、面研が一番最後になります。

なぜなら、面をキズつけたりしたくないからです。

ウエスでふくだけでもキズ模様になってしまいますから・・・

DSCN1586.jpg


暑い

あぢぃよ~ むかつくくらい あぢぃ

なんなんだ この暑さは うちの工場にクーラーなんて

ありえない話しなので・・・これから本格的な夏がくると思うと

想像するだけで、僕が干からびそうです。

今も、みんなにやせ過ぎだって言われてるのに・・・

今日の無駄使い、暑さに負け事務所にクーラー取り付けることに

しました。って言うか無きゃ絶対に無理・無理・営業に多分なりません

でも、クーラー付けたら事務所から出れなそう?

やっぱ、工場の方も今年の秋ころには、断熱材張ろ!

本当は、春にやっとけばよかったのですが・・・・

最近、仕事が少しづつ増えてきたのですが

うちにもって来られるようなお客様は、みなさん凝ってる方が多く

それに、沿えるようにがんばっているのですが、自分の段取りが

悪くなかなか仕事が思うようにすすみません

でも、いい仕事したいので、待ってやってください。

お願いします。

本日の、ゲスト

DSCN1579.jpg

DSCN1580.jpg

DSCN1581.jpg


みゆ&ゆめ です。

SR20?

DSCN1563.jpg

DSCN1564.jpg


これは、社外のフライホイールですが

お客様によると、ねじが合わないらしいです。

なんかSRにもいろいろあるようで、場合によっては

穴を拡大しろと、説明書にも書いてありました。

で、拡大なんですが、ただの鉄なら楽勝なんですが

これ、どう見ても焼き入れされてますよねぇ

お客様も自分で、何箇所かトライしたようですが

すぐに、刃がボロボロになってしまったようです。

あぁ~そういえば、うちに超鋼の刃物なんてあったかな~

頼まなきゃだめかなぁ~と思いながら探すと、丁度いいのが

たまたまあって、それ使って加工しました。

焼き入れされた鋼は、超鋼でなければ、削ることはできません!

これが、また、高いんです。

そんな事はどうでも良いですね。

完成した感じ、若干大きくなってます。

DSCN1568.jpg

DSCN1569.jpg


ミニ

DSCN1565.jpg

DSCN1566.jpg


ちょっと、写真が悪いですが・・

これは、ミニのクイックシフトです。

先端のねじの部分が、ポッキリ折れています。

確かに、こんなに細いんじゃぶつけたら折れちゃいそうです。

ねじ部の復元です。なくなちゃったものは、しょうがないので

ちょっと、位置が下にずれる感じで復元します。


こんな感じで、できました。

DSCN1567.jpg


筑波サーキット

今回は、地元のコックピットの主催だったのですが

参加車両は、全部で48台で、僕たちは

遅いクラスで、参加27台です。

僕たちの車


DSCN1510.jpg


堤兄
DSCN1511.jpg


アクティブ社長
DSCN1515.jpg


ピース社長
DSCN1512.jpg


内河君
DSCN1513.jpg


萌えちゃん
DSCN1514.jpg


一応みんな 最後に映ってる萌えちゃん打倒みたいな感じです。

走ってるところを、堤弟&彼女に頼んで撮ってもらいました。

DSCN1537.jpg

DSCN1531.jpg

DSCN1522.jpg

DSCN1525.jpg

DSCN1545.jpg

DSCN1539.jpg

DSCN1520.jpg


10時からスタートで1クラスと2クラスに分かれて

1本30分で、2本走りました。

サニトラは、チョット燃圧不足ぎみでしたが、まぁ何とか

特にトラブルも無く走りきりました。

兄サニトラは、前日からチョットトラブルが出ていたのですが

そのまま行くってなったのですが、やっぱりトラブルが出てしまい

3周しか走れなくて、かわいそうでした。

次、いいエンジンでがんばろう!

アクティブさんは、2ヒート目に、左前タイヤバーストで残念でした。

もう少しバトルしたかったなぁ

ピースさんは、僕が後ろからアオッタせいで1コーナーで

外に飛んで行ってしまいました。ごめん!

内河君は、僕がパスした後僕のペースについてこようとして

無理して、スピンさせちゃって ごめん!

萌えちゃんは、まぁ問題外ですが何処で何でそんなに

ぶつけたんでしょう?

まぁとりあえず、みんな怪我も無く、ちょっと兄は車がトラブル

出ましたが、無事に帰ってこれたのでなによりです。

走って終わった後

DSCN1557.jpg

DSCN1556.jpg

DSCN1552.jpg

DSCN1554.jpg


最後に映ってる鈴木君は走ってませんが・ちょっとダンディだったので

みなさん!お疲れ様でした~って

俺が、1番、疲れてんだ!つ~の!多分?


結果報告


DSCN1559.jpg

DSCN1560.jpg

DSCN1561.jpg

DSCN1562.jpg


一応、僕のベストタイムは、1分12秒493でした。

初めて、サーキット走行したので、ライン取りとかってやつも

あまり解らなくて、テキトウに走っていたのですが

こんなもんかなぁ~って感じでした。

次は、11月にあるらしいので、そのときは自分のサニトラで

まぁまぁに仕上げて出ようと計画しています。

車作ってる時間があれば良いのですが・・・・・・・・・・


まぁそんな感じで、走行会は無事に終了しました。

サニトラ

7/9の話しから、書きます。

結局、ウィング取り付けが終わったのが、7時くらいだったのですが

それから、もし、サイド管がうるさいって言われたら困るので

一応こんな感じの

DSCN1502.jpg

DSCN1503.jpg


インナーサイレンサーをつくりました。

それから、これは堤兄ですが、同様に、もっと重いフライホィールを

つけました。

DSCN1504.jpg


それから、ボディーが非常に汚かったので、

全面、ポリッシャーをあてました。

DSCN1506.jpg


そして、タイヤ交換です。

この時すでに、朝の4時です。

もう、どっちみち寝れないので、寝ないことにしました。

それから、キャブがすこーし狂っていたので

それを、勘で調整しました。タペットも見たかったのですが

時間が足りなくて結局エンジンは、何もてつけずそのままです。

あぁーオイル交換は、堤兄弟がやってくれました。

DSCN1505.jpg


朝、6時半、いざ出発です。

DSCN1509.jpg


ヘルメット

DSCN1499.jpg


これ、明日ようのヘルメットです。

間違えました。

DSCN1500.jpg


これに、しようかな?

あっダメだ耳が保護されてないからダメだ

DSCN1501.jpg


これに、しよう!

実はこれ、おばちゃんとかが原付乗ったりするときにかぶるやつ!

うちのプロデューサーに塗ってもらいました♪


サニトラ

今日は、寝坊してしまいましたが、昨日付けられなかった

GTウィングの続きです。

こんな材料使って、つけることにしました。

DSCN1485.jpg


いつもの事ですが、作業よりもどうやってつけるか?

とか、寸法取りとか、そんなのにすごい時間かけました。

随分、あいだ飛びますが、仕上がりは、こんなイメージ

DSCN1489.jpg


ここで、問題発生、これでいいかな?と思ったら

そうは行きませんでした。これ3mm厚のCチャンなんですけど

ハネつけると、ねじれるんですよ

まいりました・・・・・・・・・・

そこで、考えました。

DSCN1491.jpg


ねじり、たわみ、防止棒です。

ちなみに、今回、アルミしか使ってませんからしかもジェラルミン

本当に、簡単に見えますが、かなり時間使ってます。


完成



DSCN1493.jpg

DSCN1492.jpg

DSCN1494.jpg

DSCN1497.jpg


やっと、ハネ終わったけど・・・・・

まだ、ウェイトバランスも取ってないし・・・・

ホイールも交換してないし・・・・・・

キャブも同調取れてないし・・・

ボディー汚いし・・・・

あぁマジでねれないかも・・・・

しかも工場の中こんなだし・・・

DSCN1488.jpg


サニトラ

兄号です。

DSCN1469.jpg


すごいんですよ~僕でも作ったことのないインマニを

自作してあるんですよねぇ

FCR付いてます。

DSCN1467.jpg


何か、兄弟二人で、やり始めたようです。

ブレーキオイルを入れ替えているようですが

何か様子がおかしいです?

面白い事になってました。

DSCN1470.jpg


これ、わかりますか?

そう、エア抜きのニップルです。切れてますよねぇ

リアをやってて、緩めようとしたら、かるく切れたらしいです。

とりあえず、シリンダーはずしてみて

僕の方で溶接してはずしてあげようと思ったのですが

溶接ではずれず・・・・

ドリルでやるって言うんでやったみたいですが

やっぱダメで、結局、うちにある部品取りのバネット用が

ピッタリだったので、それ付けて、完成、みたいな感じ

僕は、ノータッチだったので、よくわかりません

この時、マフラーに夢中でしたから・・・・

残り、1日、今日、これからGTウィング付けます。


サニトラ

おはようございます。いっぱい寝てしまいました。

昨日、書けなかった、マフラー製作の話しです。

本当は、ちゃんと作りたいのですが、なにぶん時間がないもので

なんてったって、明日が筑波で午前から走らなくてはならないので・・

とりあえず、現状マフラーをはずして

有りあわせのマフラーをカット、カットです。

DSCN1466.jpg

DSCN1468.jpg


うちには、高速カッターしかないので、細かいカットはすべて

手カットです。バンドソーがあれば楽なのですが

DSCN1472.jpg


ここまで来るのに、10回くらい、付けては、はずしのくりかえしです

点付けで、確認しながらの作業です。

久しぶりに、車の下に入ったので、体痛いっす。

何とか、本付け終えて、形になりました。

DSCN1473.jpg


溶接後のバリとりです。

DSCN1475.jpg


もう、気が付いた人もいるでしょう~

そう、これ、サイド管で~す。一回作ってみたかったんですよねぇ

つけるとこんな感じ

DSCN1477.jpg


う~ん、いい感じ~

でも、昨日、話したように、この角度では

多分、コーナーであたることが、発覚!

再加工です。

DSCN1479.jpg

DSCN1480.jpg


出口の部分に角度をつけてやりました。

DSCN1481.jpg


取り付けた感じ

DSCN1484.jpg


多分、これなら、大丈夫でしょう?

見た目は、かなりいい感じです。

目立つといいなぁ~


サニトラ

ミッションマウントスペーサー

サニトラって、エンジンをA14とかA15にすると

むかしのタコ足って、思いっきり、フロアにあたるんですよね!

で、結構叩いても(できれば叩きたくないなぜなら疲れるから)

やっぱり、アイドリングとかであたるんですよね。

それの対策で、ミッションマウントの位置を少し下げて

エンジン自体を斜めにして、タコ足があたらないようにするんです。

作ったスペーサー

DSCN1459.jpg


は、こんな感じ(ただのカラー)

取り付け前は

DSCN1460.jpg

DSCN1461.jpg


かなり、近いです。とりあえず今は、あたってませんが

エンジンかけるとあたります。

DSCN1462.jpg


このくらい下げると、あたらなくなります。(約10mm)

スペーサーを取り付けると

DSCN1463.jpg


こんな感じ

フロアとの隙間は、こんな感じ

DSCN1465.jpg

DSCN1464.jpg


差は、あまり無いように見えますが

この状態だと、まったくあたりません!

まぁそんなに極端に下げると、プロペラシャフトの方に

余計に負担かかってしまいますからねぇ

ほどほどに、あたらなければいいんです。


サニトラ

今日、と言うか正確には7/9の話しです。

まず、僕の今日の一日

朝、今うちにあるサニトラのオーナー

ボディショップ・アクティブさんから電話で8時半に起こされる。

そして、今日は、走行会2日前!

話しが前後しますが、現在もうろうとしながらかいてますので

勘弁してください。

とりあえず、7/8の夜中にリーフをまつおかのレース用に交換

7/9起こされてからすぐに、サニトラのマフラーを

作り直し始め、昼ころ、堤兄弟到着、

俺、マフラー製作

彼ら、兄号、点検、タイヤ合わせ、等々

マフラー製作、約6時間

兄弟、帰る

その後、お客様、来社、約、2時間

アクティブさん来社、約1時間半 この時11時くらい

マフラーが、多分コーナーであたる事が発覚!

もう一回、マフラー切った貼った。12時半

その後、GTウィング取り付けに入る。

悪戦苦闘、体が痛くなってきて、工具も見つからなくなってきたので

あきらめて、終了 2時半

今日の一日はこんな感じでした。


細かい内容は、追って書きます。

ステッカー

僕ってやっぱバカかも?

正直儲かってない!

なのに、結構いろいろとお金を使ってしまう・・・

まぁ無駄に使っているつもりは無いのですが・・・・

今日のお買い物♪

これ!

DSCN1458.jpg


じゃじゃ~ん

作ちゃいました。

こんなにいっぱい♪

やっぱバカ!

そこで、皆様に貼ってもらいたいのですが

仕事の方がそこそこ稼がせてもらえるようになったら

タダで、配れるのですが

現状では、ちょっと無理!でもみんなに貼ってもらいたい!

で、もし良かったら

一枚、500円で買ってもらえたらなぁ~

なんて、ちょっと考えてます。

もちろん、こんなので儲けようなんて考えて無いですよ

この、ステッカー ちょっとこだわってデザインしたから

正直、結構、お金、かかってるんです。

コダワリ症なもんで、

とりあえず、そんな感じです。

自分で、デザイン決めて言うのもなんですが

結構、目立って、カッコいいと思うんですけどねぇ・・・・・・・

コンロッド加工

続けて、コンロッド加工いきま~す。

加工前

DSCN1455.jpg


今日は、このコンロッドの小端部(ピンが入るとこ)の

幅を詰めます。21.8mmから18.0mmに

旋盤で加工しますが、これが慣れないと結構怖いんですよ

こんな感じで加工するんです。

DSCN1456.jpg


ね~結構怖いでしょ~ なんか飛んできそうだもん!

今のところ飛ばしたことはないんですけど・・

加工後

DSCN1457.jpg


う~ん、ちょっと幅せまいかな~

多分、大丈夫だと思うけど・・・・

これも、結局、組んで走らせてみないとわかんないですよね!

う~ん実に楽しみ、壊れたら対策しよ~♪

ピストン加工

やっぱり昨日のピストン、ダサイので

もう一回ちゃんと寸法取りして、削ってみます。

とりあえず、旋盤加工から

DSCN1448.jpg

DSCN1449.jpg


昨日の物より肩の部分の径を大きくしてあります。

DSCN1450.jpg


次、フライス加工

DSCN1451.jpg


こんな風にクランプしたのは、初めてなのですが

なんとな~く思いつきました。

加工後

DSCN1452.jpg


ぱっと見で結構いい感じ~

これなら、多分大丈夫なはず?

DSCN1453.jpg

DSCN1454.jpg


まぁ何とかなると思いますが、こう言うのって

試行錯誤の繰り返しなんですよね!

そうやって、やっと形になるんですよね!

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。