内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィリーバー 完成!

朝市でアルゴンガス頼んで、やっと完成しました。

すいませんでしたね。エンジンじゃないもの毎日書いちゃって・・

大丈夫!今日で終わり でもこの後エンジン物ってあったっけ???

まぁそんな事はどうでもいいですね。

はい

これが一応完成のやつ

DSCN2662.jpg


どぉですか?

何かおかしいですよね!何かがおかしいですよね!

いつも自分でこういうの造ったときって、何かすごい充実感があるんですけど

これは、まだ それがない

たしかに結構造りはこだわったつもりなのですが・・・・

なんだろう・・・

しばらく眺めてて気がついたのですが

これ、DRAG用なのに 雰囲気がまったくない!

で、僕がほどこしたのは

DSCN2664.jpg


おぅ いいんじゃない!雰囲気出たんじゃない!

これだ! 磨いて正解♪

ちょっと磨いただけなのに、さっきまでとはまるで別物

う~ん達成感と充実感がわいてきます。

真後ろから

DSCN2669.jpg


よし!


DRAGマシンになった。

DSCN2665.jpg


なんだかすごくいいタイムが出そう♪

結構いい しなり もあるし♪

結局、今回造ったのはこんな

DSCN2671.jpg


アルミの折りたたみ式はしごみたいな物ですが

これは、このマシンのためだけに、ネジ一本から寸法を決め

魂を込めて製作しました。

ですから、既製品には絶対に負けないと信じています。

ウィリーバー終わり




余談ですが、今回はアルミパイプを使った作り物難しかったですが

結構面白かったです。いい勉強になりました。

それと・・・・・・せっかく覚えたのだから・・・・

ウィリーバー製作受付ます。(時間かかります。高いです。)

是非!
スポンサーサイト

もうちょっとで完成なのに!

ローラー部の仕上げで、軽量化をかねて板をカッコよくカットしました。

DSCN2628.jpg


で、追加バー無しの状態で仮組みです。

DSCN2638.jpg


で、これが追加バー

DSCN2640.jpg


これで、すべてのパーツができたので、もう一回仮組み

DSCN2642.jpg


リヤビュー

DSCN2644.jpg


あとは~つけるだけ~♪

DSCN2651.jpg


何か最初のころより綺麗になってきてるような気がするのは僕だけ?

追加バーもつけて~♪

DSCN2657.jpg


何て調子でやってたら、

何かだんだん溶接 オカシクなってきて

そのうち ボフッ とかいってスパークしやがった!

なんだ~と思ったら・・・・・・































DSCN2658.jpg


なんてこった!

あと、もうちょいなのに・・・・


ターンバックル

今日は、ターンバックルの話しです。

みなさんターンバックルって知ってると思いますが

一応説明します。

ロッド部が正ネジと逆ネジになってて真ん中がロングナットで正ネジ・逆ネジになってるやつです。

まぁタワーバーみたいな構造のやつです。

今回は、その構造をウィリーバーの高さ調整するために使います。

で、今回旋盤で作った部品はこれ

DSCN2620.jpg


ロッドエンドは既製品の逆タイプを使います。

DSCN2621.jpg


正ネジの方は

DSCN2622.jpg


これを、パイプに溶接して使います。

で、気がついたかも知れませんが

通常のターンバックルとは違います。ネジ径が10パイと14パイです。

今回は、なるべく軽く作るためナットなどもあえてアルミで作っています。

ですが、力のかかるこの部分を10パイのアルミネジではちょっと不安だった

ので、この異径のターンバックルを作りました。

ネジの径が変わっても、ネジピッチが同じならセンターのナットを

一回転、回した時の移動量は同じになりますから

普通の物と、動き方は同じです。

取り付けしてみると

DSCN2624.jpg


こんな感じ

ビジュアル的にも、機能的にも

goodですね。

あと少しだ!

ローラー部 その弐

今日の 小物製作部品たち

DSCN2613.jpg


やっとこれで、連結できます。

つなぐと

DSCN2614.jpg


やっぱり僕が作ると、なぜか?メカメカしくなってしまう・・・

恒例のように、とりあえず付けてみます。


DSCN2617.jpg


ちょっと、斜めのバーがないから変な感じで

イメージしづらいですが、多分こんな感じでしょう?

一応まえからも撮ってみました。

DSCN2619.jpg


う~ん まっすぐだ!

今のところ・・・・

この後、追加バー 入れるから 大丈夫かな?

この後は、斜めバーの製作に入ります。

ウイリーバー ローラー部

今日は、大事な部分のローラー部の製作です。

小物沢山です。

DSCN2601.jpg


ローラー部のアップは

DSCN2602.jpg


タイヤの軸の部分もプラスチックだったのでこんな物を

DSCN2603.jpg


付けると

DSCN2604.jpg


こんな感じです。

まだまだ完全形ではありませんが、とりあえずこんな感じで

形になってきてます。

ロッドエンド

今日も、ウィリーバー続きます・・・・

とりあえず進めなきゃ!なのでパイプの本体の方をやってみます。

ま~ず、材料

DSCN2593.jpg


これ、A6063 って言う材質のパイプです。

今回は、肉厚2.5mmです。結構軽いです。

ロッドエンド部

DSCN2594.jpg


今回は、ちょっとビジュアル的によさげ~なロッドエンドにしました。

で、溶接すると・・

DSCN2596.jpg


こんな感じです。

まだ、パイプの片側しかできてませんが

イメージ・イメージ♪

DSCN2598.jpg


あ~らいいじゃなぁ~い いいじゃないですか!

じゃあ上にもつけると、かなりイメージわくかも?

















DSCN2600.jpg


おぅ ウイリィーバー っぽいぞ!

いい感じ・いい感じ

よし次は、エンドのローラー部分攻めてみますか?

ま~た明日~で~す。

ウィリーバー

今日は、昨日きざんだ部分を車体につけていきます。

まずは、上側のリジット部に溶接でぇす。

DSCN2584.jpg


拡大すると

DSCN2587.jpg


俺溶接にしては、まぁまぁかな?

次はスィングアームなので分解でぇす。

DSCN2588.jpg


で、 下側のスィングアームに溶接

こっちは、作り直しきかないので緊張しますね。

DSCN2589.jpg


最初は、目見当で溶接してしまおうと思ったのですが

やはり心配なので、寸法出し・ケガキ しました。

いざ溶接です。

DSCN2590.jpg


位置はいいみたい。

溶接は・・・・みたいな。

良し 組み付けです。いい位置にきてるかなぁ~

DSCN2591.jpg


大丈夫そうですね。

だいたいイメージ通りの位置です。

いよいよ本体の製作に入りま~す。

走行会 筑波1000

そうそう、お知らせです。

12月19日

筑波1000のコースにて

美光ワークス主催の走行会があります。

現在、うちで手を入れてるサニトラにて

オーナーと共にダブルエントリーで 出走しようとたくらんでます。

旧車の多い走行会になると思います。

よかったら、みなさんもどうですか?

美光ワークスさんで、走行会申し込みできます。

http://www.bikoworks.jp/

メザセ SUNNY TRUCK NO.1!

モンキー(DRAG)すぺしゃる?になるか?

ちょっと、もったいぶってましたが(オーナー様には了解済み)

じゃん

DSCN2580.jpg


この車両知ってる人は、知ってると思いますが

そうDRAG専用です。ナンバーは無いです。

ベースは モンキー???

そんな事はどうでもよいのですが

今回は、ちょっと前にチラッと言いましたが

ういりぃ~ば~ の製作でぇす。(相原れい風に!)

DSCN2582.jpg


って、余裕こいてますが正直 作った事ないっす。

しかも溶接ヘタだし・・・・

大丈夫か?俺?

今回の予定とシテワ

本体はすべて アルミです。 本当に大丈夫か?

しかも時間が無い 12月3日レースです。

現在の状況としては・・・・・・

ここまで進みました。

DSCN2583.jpg


なんだよぉ~これぇ~じぇんじぇん進んでないじゃ~ん!

で・でも・・・・僕なりに努力してるんです!

初めての時は緊張するんです。ちゃんとデキルかなぁ~

いい仕事デキルかなぁ~

うまくデキなくてシラケさせちゃったらゴメンね。

CG13 クランクバランス取り

今日は、クランクのバランス取りの話しです。

修正後

DSCN2572.jpg


すいません 

お待たせしましたぁ~

拡大すると

DSCN2574.jpg


純正のバランス取りの穴が綺麗になってるところが何箇所かありますね。

もちろん自動車メーカーだってバランス取りはやってます。

が、量産ラインのレベルです。

だから詰めていくと、まだまだ改善の余地があるわけですよ

なぜ?純正部品ではそこまでバランス取らないか?

それは、ノーマルエンジンではそんなに高回転まで回らないから

もしくは、そこまで回す必要がないから・・・かな?

でも~みなさんの好きなチュ~ニングは違いますよねぇ

ノーマルでは、ありえないような回転域を求めるなら

やっぱりクランクのバランス取りは大事ですよね!

エンジン内部の部品の中で、一番重いのがクランクシャフトです。

その重たい物に、アンバランスがでていたら・・・・・

車のタイヤだってバランス取ってるんですよ!

トルク締め

本日は、トルク締めについてです。

本日の獲物

DSCN2527.jpg


これは、ボーリング待ちの CG13のアルミブロックです。

すごいですよね。最近のエンジンって こんな小さなエンジンでも

ちゃんと、ラダービームが付いてるんですよね!

ラダービームってのは、クランクキャップ部分が一体になったやつ

で、このブロックはこれからボーリングなわけですが

ボーリングする前の準備として、クランクキャップを規定トルクにて

締め付けします。なぜなら、ボルトを強力なトルクで締め付けると

その部分が引っ張られるので、ブロック自体が微妙に変形します

要するに、実際のエンジンが組みあがった状態に近い状態にして

加工するわけです。 今回は、いろいろな都合で、ダミーヘッドは無しです。

本題

最近のエンジンや高性能エンジンでは、クランクキャップボルトなど

強力に締め付ける部分では、単なるトルク締めでは無く

角度締め と言う手法が使われます。

どういう事かと言うと、ボルト座面の摩擦・ねじ山の摩擦 に関係なく

ボルト自体の 伸び を意識しているからです。

ネジを締めすぎて、切ったことがある人なら なんとな~くイメージできるかな?

こんな道具使います。(名前は知りません・角度締めするやつって言ってます)

DSCN2529.jpg


これに、ブレカーバーを付けて使います。

DSCN2530.jpg


これは、写真とるためにこんな感じでやってますが

実際は、かなり締め付けるので、このままではブロックが動いてしまいますから

動かないようにしっかりと、固定して締めます。

ポイントとして角度締めする前に、マーキングすること!

DSCN2533.jpg


これは、締め付け終わったところですが

ちゃんと、マーキングしてれば、締め忘れもないし

2回目締めこんじゃったりすることも無いし

僕は、おバカなので絶対にマーキングしま~す。

黒ツナギなやつら

最近、黒ツナギがよく現れます。揃っては来ません みんなバラバラです。

突然の電話 今から ヒーター もってくね!

ラッキー♪ これはきっとよく工場とかにある あの四角いファン付きのやつに間違いない グフフ・・・

と、思っていたらこんな物持ってきた










































DSCN2562.jpg


しかもデカイ これ どぉすんのよ~?

くれるのは良いのだが・・・・・

ためしに中に入れてつけてみたら

もはやこれは あったかい と言うより

アツイ かなりアツイ しかも ちょっと危ない

作業しているそばで、ジェットエンジンみたいなものが

ボーボー 火ー噴いてる! 

黒ツナギのやつ 大爆笑してるし・・・・・

確認は取ってませんが、これちゃんと貰ってきたんだよね?

だまって、貰ってきてないよね?

その後、黒ツナギの人は、事務所でコーヒー入れてくるね♪

って行ったきり帰ってこないし

覗いたらこんなん

DSCN2566.jpg


コーヒーすすりながら、人のパソコン開いて

インターネットで、人の お気に入り ミテルシ・・・・

DSCN2567.jpg


自分の好きな L型のエンジン 見てたらしい?

まぁ今日は、とっても アツイ ヒーター持ってきてくれたから良しとしましょう

って、このヒーター 板金屋さんで使うやつじゃんよ!

プレゼント

プレゼントって言っても、皆様にではありません 僕にです。

実は、この前の日曜にいつもの黒ツナギの人とカラーで言うと茶色っぽい人(一応女子)が来て

誕生日分のプレゼント頂きました。

DSCN2556.jpg


コーヒーメーカー・その付属品・コーヒーカップ・チーズケーキ です。

僕 コーヒー好きなのでとってもうれしいです。

ただ、問題は・・

めんどくさがりなので、きちんと綺麗に使う事ができるか?

疑問です。

とにかく

ありがとうございました。

最後にまったく意味ないですがローアングルから

DSCN2557.jpg


巨大特殊ネジ

本日は、絶対に一般の人は見ないような変な大きなネジの製作です。

見本

DSCN2542.jpg


この一番奥のやつが見本で、手前の左のパイプにネジ切ります。

ネジ切り前の半加工状態です。

DSCN2544.jpg


この状態がネジの外径の寸法です。

で、ネジ切り

DSCN2545.jpg


これ、画像悪いですが 普通のネジ山のとんがった部分が無いのわかりますか?

四角いネジですね。

ちゃんと、メスネジと合うか確認です。

DSCN2546.jpg


こんな感じで、巨大ネジの完成です。

ちなみにこれは、井戸屋さんが井戸を掘る時に使うパイプを

こんなネジで、つないでいくそうです。

DSCN2547.jpg


セール

セール って言っても もちろんうちの話しじゃないですよ!

例えば~キャンペーンとかそう言うのって

常連の客とかになると、お店から電話 かかってきたりしますよね。

僕の場合 工具屋さん 中古機械屋さん 材料屋さん キャバクラ 

くらいしかかかってきませんが

今日は、中古機械屋さん からです。

特に、ほしいと思うものは無いのですが、近いので行ってみました。

行ったが最後ですね・・・・・・・

そんなに買うつもり無かったのに・・・

買ってしまいました。

DSCN2548.jpg

DSCN2549.jpg


200Vの両刀グラインダー デカ・万力 名前わかりませんが角度が変わるテーブル ちっちゃいバイス

はぁ~買ってしまった・・・・・

でも、普通に買うより マジ安かったです。(今風に言うと)

明日までセールやってるようです。

僕がよく行く中古機械屋さん

ベルズ成田です。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/bells/

とっても良心的な中古機械屋さんです。

関係ないですが、付き合い始めてまだ1年なのに常連客になってしまった・・・・

もし行くことがあったら、横尾に聞いたと言えば良くしてもらえるハズです。

カッコいい旧車

先月、筑波に行ったときの写真を整理してたら出てきました。

僕的にはカッコいいと思うんですけどねぇ

キャリー

DSCN2314.jpg


GX61

DSCN2317.jpg


510

DSCN2316.jpg


フェアレディー

DSCN2322.jpg


まったくもって、統一製がありませんが

しいて言うなら

シャコタンかな?

リンク追加

本日、ライダーまし間さんのホームページを

うちのホームページのリンク集に追加させていただきました。

本気ライダーです。

http://www.k2.dion.ne.jp/~mashima/index.html

kawasaki 水冷4発
suzuki 空冷4発 

必見です。

KH400用エンジンマウント

エンジンマウントっていっても、もううちでは何回も作っているのですが

KH400用なのですが、分解した事がある人ならわかると思いますが

純正品は、もうヒドイ状態になっているものがほとんどだと思います。

エンジンの熱やオイルによってダイブやられちゃってます。

そこで、僕が考えたのですがどうせ純正品を使ってもまた同じ状態になるなら

ゴムの部分をウレタン材で作って、パイプ(カラーシャフト)の部分は
錆びるからステンレスで作る

です。ただ採寸して作っただけですが・・・・

今回もホームページを見たというお客様からの依頼で製作になりました。

今回は、ウレタン材のカラー指定は 青 だったのでこんな材料です。

DSCN2539.jpg


うちでは、ウレタン材に関しては、大きさを問わずカラー指定ができます。

今日は、僕の腕が悪いのか刃物が悪いのか

なかなか綺麗に削れず苦戦しましたが、何とか納得のいく仕上がりになりました。

DSCN2540.jpg



今回は、KH400用ですが

例えば、車とかで強化ブッシュが販売されてない!とかありましたら

ご相談下さい。

昨日は

やはり何もありませんでした。

ですから、ややフテぎみで仕事を夜な夜なやってました。

唯一うれしかったのは、このブログを見にきてくださる方々に

おめでとう と言ってもらえたことです。

かなり寂しい一人ぼっちの誕生日でしたが、少しでも気にしてくれる

人達がいるんだなぁ~って思いました。

また、がんばれそうです。

いつも一人で仕事しているせいか、こういうイベントのときくらいは

ワイワイやりたかったんですけどね・・・・

平日だし しょうがないですよね

と、いうわけで特に何もなく普段どうりの誕生日でした。

ありがとうございました。

誕生日

本日 わたくし 横尾勝己

無事に29歳の誕生日を迎えることができました。

が! 誰からもお祝いの言葉一つ ありません・・・・・

まだ、今日は少し時間が残ってますが多分何もないんでしょう・・・

寂しいものです。

初期型DAX

本日は、仕事を黒ツナギの人に頼まれました。

これ

DSCN2535.jpg


この左のやつがノーマルで、

今回は右のやつをノーマルのライトケースに付けたいそうです。

どぉする?

結構悩んだのですが

上の引っ掛ける部分は、純正品から頂き 下のねじを止める部分は板から切り出して

作ることにしました。

今回のこのライトカバーは多分プレス品だと思うんですけど

ウスイデス約1mm 溶接でつける事にしたんですけど

失敗するとマチガイナク穴開くな!

限界まで電流量を落として溶接しました。

何とか穴 開きませんでした。

DSCN2536.jpg


完成です。

DSCN2538.jpg


本当に薄い物は、気をつけないと穴開きます。

真っ赤になったなぁ~と思ったら 穴開いてます。要注意です。

ちなみに、今日の黒ツナギの人は マフラーの人とはちがいます。

このピヨピヨっぽいのがいいんでしょうね♪

客じゃない人達

ずっと、僕の日記を見ている人は気がついているかもしれませんが

僕は、赤のツナギですよね。で、背中にOUTLINEのロゴが入っているやつ

実は、まったく同じデザインの 黒ツナギを着てる人たちがいるんです。

このツナギを着てる人たちは、うちの社員でもなければお客さんでもありません

いつも来るのは、突然 理由は暇だから です。

で、とある日曜日に 1名来ました。

何をやりだすかと思ったら

DSCN2521.jpg


いきなり車上げ始めて、マフラー切りはじめました。

まぁついでなので、いつものように書くと

タイコ部をカット

DSCN2523.jpg


間に代わりのパイプを溶接して

DSCN2524.jpg


完成です。

DSCN2522.jpg


う~ん、起用につくりますね。

となりで、こんなことしてるもんだから(楽しそうだった)

ので、僕も参加みたいな

いつもこんなノリです。


OUTLINE 黒ツナギ を見かけても

絶対に声かけちゃダメですよ

見て見ないふりしないと、目を合わせるのも危険です。

OUTLINE 赤ツナギなら僕なので

安心して声かけてください

ちなみに、黒ツナギは あと3着存在します。

CG13 シートカット

おまたせしました~

まず、先に画像から

加工前

DSCN2369.jpg


INT

DSCN2371.jpg


EXH

DSCN2370.jpg


結構距離も走っていると思うので新品時の状態はわかりにくいですが

俗にいう ベタあたり ですね。

45度面 めいいっぱい当ってますね。

特にEXHは痛んでますね。均等あたりもしていないようです。

これでは、気密性なんてありえませんね。

で、修理するってことは シートカットですね

シートカットっていうのは、シートリングの表面を綺麗に削ってあげることです。

カット後

DSCN2509.jpg

DSCN2510.jpg


このエンジンも単なるオーバーホールでは無く

チューニングですので、ノーマル形状にはしません

少しでも効率を上げるために、バルブの傘部ギリギリの外あたりで

細めにしています。

これで、ノーマルバルブでもちょとパワーアップしたかな?

チタン溶接

でました。チタン溶接

何度も、何度も 僕は溶接ヘタで苦手だからって言ってるのに

また、チタンマフラーの溶接です・・・・・

DSCN2515.jpg


これは、たしか~森脇とかって言うとこの

ダックス用だかモンキー用だかのマフラーで

エンジンに付けるエキマニのフランジ部分がポロッと

取れちゃったみたいです。で、修理~♪

念のため恒例のように、お客様には

そんな綺麗には出来ないですよ!ヘタですよ!穴開いちゃうかもしれないですよ!

って言ったのに、付いてればいいから~ですって・・・

ですから、僕なりの精一杯の溶接してみました。

DSCN2519.jpg


これが限界かも?です。

はぁ~本当に最近 溶接ばっかりしている・・・・・

しかも難しいのばっかり・・・・

って言ってる矢先 本日 僕の中で最強の溶接仕事 請けてしまいました。

今月中には、完成させるつもりですが

ウィリーバーです。あ~発表してしまった・・・・

圧入

今日は、日曜なのに朝から地元の消防団という名の組織にかりだされ

このクソ寒い北風の中、消防車を使っての水出し・中継訓練をしてきました。

この時点で、すでにバテバテです。

しかし、本日もお仕事です。

今日のタイトルは、圧乳!あ~ちがう圧入です。

DSCN2513.jpg


これは、インプレッサのリヤのハブ周りですが

ベアリングからのASSY組み立ての依頼です。

これって、でもうちの仕事じゃないですよね~

でも~出来るので受けちゃいました。

こういうのって、いくらプレスを持っていても

ちゃんとした受けがあって押す方もちゃんとしたのがないと出来ないんですよね。

修理屋さんとかだと多分SSTみたいなの使ってやるんだと思いますが

僕の場合、本当のSSTを作って作業するので確実です。

要するに、ハブベアリングの場合

キチンと圧入するためには、アウターを圧入するときは

アウターレースを押して、インナーに圧入するときは

インナーレースをちゃんと受ける台があればいいんです。

って言ってもプレスで真っ直ぐに入れるのって結構コツがいりますよね。

DSCN2514.jpg


無事に完成です。

ベアリングじゃなくても、圧乳は結構得意なので

何かあったら相談ください では

お客様

今日は、午後から営業だったのですが

意外とお客様が続いてビックリでした。こんな日もあるんだなぁ~と

で、今日の一発目のお客様

DSCN2511.jpg


誰だかわかりますか?

この方は、

NER(NAKAJIMA ENGINE RECONDITION)http://home.att.ne.jp/delta/ner/

輪子(わこ)ちゃんです。NERさんで一番えらいみたいです。

今日は、ちょっとしたカラーの製作依頼だったのですが

NERさんの方々と話しをしていると、あ~自分と同じような考え方を

する人がいるもんだなぁ~と思い ちょっと、安心しました。

NAでチューンするなら、NERさんに一度行ってみるといいと思います。


今日は、本当に電話も多くてお客様も入れ替わりでこられて

嬉しかったなぁ~ NERさんみたいなショップさんまで

みんなわざわざこんな 山奥の納屋みたいな工場に来てくれるんだから!

本当にお客様には、感謝です。

ちなみに、今月の終わりで僕が千葉に戻ってきて丁度 一年になります。

まぁ特にこれといって、感謝祭的なものはやらないんですけどね。

なら、言うなよ!って感じですか


走行会 その参




これ、本当は まだ追い越ししちゃダメだったみたいです。

僕 おもいっきり 追い越ししてますね・・・・






ごめん飯岡君 スカイライン映ってなかったよ

これで、動画はおしまい

ちなみに、僕は2ヒート目の終わりころ

1コーナーで、減速しようとしてフルブレーキのシフトダウン

しようとしたら、突如クラッチがスカスカになりシフトダウンできず

危なくぶつかるところでした。結局、車止めて見物になっちゃいました。

みんなしてジロジロ見やがって・・・・・・


走行会 その弐


走行会 当日

当日、みなさん朝からすでに疲れている様子です。



DSCN2473.jpg


ピース 押田社長

DSCN2474.jpg


萌えちゃんこと 飯岡君

DSCN2476.jpg


アクティブ 久保田社長

DSCN2475.jpg


クロサニトラの堤兄は遅れてきたため写真は走行前撮ってませんが走りました。

カメラマンは、前回同様 堤君(弟)です。いつもありがとう

走ってるところ

DSCN2488.jpg

DSCN2489.jpg

DSCN2492.jpg

DSCN2487.jpg

DSCN2490.jpg


ぶっちぎりで、速いのはサニトラってわかっていたんですけど

遅い車にのると、それが実感させられた・・・・・

やっぱり、ストリートでまぁまぁでもサーキットでは全然ですね。

う~ん、シルビア予想以上に遅かったです。タイヤも怖かったです。

Sタイヤってすばらしいんですね。一般ラジアルとこんなにも違うとは

思いませんでした・・・・・

結果、僕が今回乗ったシルビア ベストタイムは 1分15秒フラットくらい

サニトラ達は、黒いほうが1分13秒5  紫のほうが1分11秒7

一緒に走れれば~なんて思ってましたが、こんなに差があると相手になりませんでした・・・

リザルト

DSCN2505.jpg


こんな感じです。

はい僕 下~の方にいます。

また後で、動画もすこしアップしますね。

走行会 前日

いやぁ~きましたねぇ とうとう前日です。

やっぱ基本は、洗車ですよねぇ

汚いままだと、いくら速くてもカッコ悪いですから

まぁ予想以上に遅かったら意味無いですけど・・・・・

本日、朝7時半から気合を入れて洗車しました。

DSCN2463.jpg

DSCN2462.jpg


多分これで、2秒は速くなったな! マチガイナイ!

最後の小細工です。

前にも話しましたが、この車 マフラーの俳圧が無いんですよ

で、その対策でこんなインナーサイレンサー作ってみました。

DSCN2468.jpg

DSCN2469.jpg


名づけて、インナーベンチュリーサイレンサーです。

付けてみたら、結構 俳圧上がりましたね。

でも、一本目は付けないで、はーしろ!


さー最後のドレスアップ!

こんなの作っちゃいました。

DSCN2465.jpg

DSCN2467.jpg


これからサーキット走る時につーけよ

では、明日がんばってきま~す。


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。