内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログ

今月ですねぇ~

このブログ 僕的には驚きなのですが

月間アクセス数 6000 超えました。

みなさん一日に 何回も見てませんかぁ~

いくら更新が早いっていっても 一日のうちに

そう何個も書けないですよ・・・・・

へたすると 仕事より写真撮ってる時間の方が長いときありますから・・

とにかく みなさん ありがとうございます。

毎月 500 ずつくらい増えていますので楽しみ

めざせ 月間 10000 アクセス?かな
スポンサーサイト

WISECO ピストン

今日は、ワイセコ鍛造ピストンです。

DSCN3057.jpg


やっぱり この感じ 好きです。

DSCN3058.jpg


マッチョな感じ

DSCN3059.jpg


でも裏は意外とスリム

DSCN3063.jpg


問題は・・・・・・・・・・・

DSCN3196.jpg


まったく読めない・・・・・・・・

WISECOのホーム行って調べるしかないかな・・・・・

もうちょっと英語ができればなぁ~

ちなみにですが、もうすでに処理は終わっているのですが

今回はこのピストンさらに マッチョになります。

明日あたり書けるかな?

A12 分解

早速、ホームページの方にちょっとアップしてみました。
http://www18.ocn.ne.jp/~outline/a12kosisita.html

A12 分解

さて、今日はブロック換えになったやつの

ブロックASSYが到着したので、分解です。

DSCN3141.jpg


これが、ノーマルのまんまの腰下です。

随分とあいだが抜けますがフロントカバー~カムまでバラしたところ

DSCN3165.jpg


で、ピストン&コンロッド&クランク バラしたところ

DSCN3172.jpg


全バラにするとこんな感じ

DSCN3171.jpg


です。

今回の仕事は後で、ホームページのエンジンのページで

腰下のみの分解~組み立てまでを細かくアップしていきますので

これからA型をやろうとしている人は要チェーック?かな

ミニ ターボ

こんばんわw

今日は、A型と同じタイプのOHVのエンジン

ローバーミニです。

よくは知りませんが、もともと日産A型は このミニのA型を

パクッタようなエンジンなのでよく似てますよね。

で、今日のエンジンは僕知らなかったのですが

ミニの純正ターボエンジンです。

ヘッドの修理で入ってきたのですが

ぱっと見は NA用もターボ用も何がちがうのか

わかりません 

とりあえずガスケットが抜けて調子が悪かったそうで

オイル消費も激しかったということです。

カーボン等をよく落としてみたところ・・・・

DSCN3129.jpg

DSCN3132.jpg


これ、わかります?2番と3番の燃焼室の

あいだにクラック入っているのが・・・・

こんなことってあるんですね♪

オイル消費の原因はバルブガイドでした。

写真撮ってませんが・・ヘッドとガイドの周りから漏れていました。

まだ抜いてないので詳しい状態はわかってませんが・・

ヘッド下面については、日産A型同様 ボアピッチが狭いので

ちょーハイコンプとかにすると この一番せまい部分で

トラブルがでるようですが 純正なのに~??

で、お客様といろいろと相談したのですが

NAヘッドベースで、補修した方がちゃんとしたのが

できそうなので、これからNAベースで修理orヘッドオーバーホール

開始で~す。ミニも寸法がインチなので

頭の中ぱっぱらパ~です。

オールドタイマー

実はですねぇ~今日 取材だったんですよ~

で、また変な店シリーズ デスヨ たぶん・・・・・

はぁ~ どぉなんだろ~~~??

変な事いっぱい 言っちゃったからなぁ~??

まぁいいっか!

とりあえず 来月号 でるらしいです。

もちろん白黒の後ろの方かな?

まぁ 絶対変な顔してるから 買わないように!!!!

A12改

コンバンワです。

現在製作途中のA12ですが

ブロックのボアにちょ~っと問題が発生したので

ブロック換えになりまして・・・

製作も何もまだじぇんじぇん進んでません・・・

で、今回のエンジンは過激さは求めてない仕様なので

ヘッドは、A12ノーマルベースなのですが

DSCN2977.jpg


一応・歪み点検すると

0.1mmくらい反っていたので修正面研かけました。

DSCN2978.jpg


A型の場合 ヘッド剛性は見るからになさそう・・・

多分ですが、ちょ~っとでもヒートさせると

歪んじゃうのかも? 

で、一応 圧縮比の確認もしてみたのですが

77パイのピストン使って ガスケットを0.8にすると

ノーマルのままでも 10.5:1 くらいにはなりそう

なので、カムもやさしめで丁度良さそう

とりあえずこんな感じです。

FCR 分解

やっと、分解できそうです。

でもこうゆうのやる時って、実際、分解は簡単だったとしても

その前の準備と言うか そのぉ~寸法取りって言うか 寸法確認?

が以外と時間かかるんです。

なぜか?寸法取り・確認で例えば1mm間違っていたら・・・

組み立て終わって いざ付けようと思ったら付かない・・・

はい・やり直し・みたいな♪

そんなアホらしいことは誰でも嫌ですよね。

ダ・カ・ラ 絶対に間違ってないことを何度も確認して

寸法決めるんです。

こんな風に

DSCN3088.jpg


で、この寸法を元に使いたいピッチに変更するんです。

漫画絵でとてもかんたんそうに見えますが・・・・

いざ分解!

DSCN3123.jpg


FCRって本体バラさなくても連結部分を離すことできるんですね!

なんせやった事ないものですから・・・・

と、いうわけでこの後加工に入りま~す。

KLX250 腰上分解

どうも~みなさん 平成18年度の決算書 できましたか?

え~何とか本日ぼくはできましたが内容は最低でした..........

まぁ一年目なので 良しとしましょう!


で、今日は・・・・・・・

数日前の仕事の話しです。

みなさん ポート研磨 って響きだけでも好きですよね

いや 好きなハズ!もちろん僕も大好きです♪

で、このKLXのお客様も自分でやってみたい ってことで

とりあえず部品取り用のもう一機のエンジンを

ヘッド単品になるまで各部かるく点検しながらの分解です。

DSCN3105.jpg


水冷なので、フィンも何もなくあっさりしてます。

DSCN3108.jpg


4ストロークの基本 圧縮上死点にピストンの位置をもってきて

カムスプロケの位置確認で~す。まぁマニュアルがあるので

大丈夫なのですが一応 それとこのあとカムキャップを

外すのであまり抵抗にならないように~

DSCN3109.jpg


う~ん単気筒はいいですねぇ~ 部品少ないしシンプルだし

DSCN3110.jpg


とりあえず今のところ問題は無し!

DSCN3112.jpg


そうそう一応分解前にタペットクリアランスって言うのかな?

見てみたんですけど・・・これはこのままではダメそうですねぇ~

バルブ周りはう~ん 問題なさそう!

型も新しいので綺麗でいいですね。

製作工具

今日は、またまた 圧接屋さんに工具製作たのまれました。

よくわからないシリーズですね。

材料はこんなん

DSCN3096.jpg


1.6mmの鉄板をレーザー切りしてもらったものです。

これを

DSCN3097.jpg


こんなん曲げて

こんな風に

DSCN3100.jpg


溶接してみました。

で最後に

DSCN3103.jpg


なんちゃって 火炎焼き入れ してみました。

う~んでも板厚が薄いから効果があるかどうかは不明・・・・です。

キャブピッチ

いつになったら2006年の仕事が終わるのでしょう?

がんばっては いるのですが・・・・・なかなか進みません・・・

DSCN3070.jpg


これは、FCRのサイドドラフト(ホリゾンタル?)のキャブです。

このキャブは元々はバイク用に開発されたんだと思いますが

最近はいろいろな車に取り付けされてますよねぇ~

で、このキャブって 2連とか4連とかになってるじゃないですか

だからキャブ本体はまったく一緒なのにキャブピッチが違うと

使えなくなっちゃうじゃないですか

DSCN3071.jpg


で、今回はその問題のキャブピッチを変更して使えるようにするってことです。

ただ・・・・ぼくソレックス・ウェーバーは経験あるのですが

FCRは始めて全バラにするわけで・・・・・

部品点数 多いし・・ちゃんとできるか心配です。

ラブ・コレ

今回やっているのは

ワン の方です。 途中でよく見ていると

フリッパー っぽいのが一瞬でます。

これはこれでありえないけど結構面白いと思いました。

http://www.gyao.jp/drama/lovecolle/

KLX250

工具がきたので、続きです。

フライホイール側

DSCN3072.jpg


このカバーを外せば良いのですが

セルのギヤの部分に8mmのネジがあるのですが

普通のディープソケットだとケースにあたってしまって・・・

チョイ長のディープじゃないとダメみたいで

それで何とか外しました。

測定

DSCN3073.jpg


フライホイールのこの部分はクランクと同芯なはずなので

この部分で測定しました。

結果 大丈夫でした。

このクランクは使えるようです♪


分解して気が付いたのは

最近のオートバイはジェネレーターケース内にもオイルが回っている

ってことですね。むかしのエンジンはオイル遮断してたのに

今のは回ってるみたい でも何でオイル回す必要があるんだろう?

KLX250

今日もいい天気♪

DSCN3064.jpg


このエンジンは、オートバイの単気筒のエンジンです。

で、今回は特に加工は無く組み立てのみなのですが・・・

このエンジンの腰上はお客様の方で分解されたのですが

お話しを聞くと走行中にエンジンブローして

原因を調べるため腰上を分解されたそうなのですが

開けてみると、バルブが折れ ピストンに刺さっていたそうです。

もちろん燃焼室はメチャメチャですね。

で、腰上を中古部品・新品部品を使用しての組み上げになるのですが

車なんかでもバルブクラッシュ等でブローした場合

クランクシャフトがよく曲がるんですよ

ぱっと見は大丈夫そうなのですが もしもの事を考えて

まずは、このエンジンのクランクが使えるか・使えないか?

の判断をしてOKなら組み立てに入ろうと思います。

で、正確では無いですが 使えるか・使えないかの判断だけですから

全バラにはしません 途中までバラしてクランクの曲がり点検をしてみたいと思います。

あいだの写真撮ってませんが、変なところでひと悩み

DSCN3066.jpg


このエンジンはウォーターポンプのインペラを外さないと

カバーが外せないのですが、常に水にさらされている

ナットが・・・・・・・・・・何とか外れました。

DSCN3067.jpg


今回はこんな風に点検してみました。

クラッチ側は大丈夫そうですね。

あとは、フライホイール側です。作業進めようと思ったのですが

手持ちの工具ではバラせず工具待ちです。

A12改

なんか最近寒くなってきましたねぇ~

足腰いてぇです。そうそう最近お客様等々から元ヤンですか?

って言われるんですけど・・・・

正直言います。 僕は現在も見てわかるように

超がつくくらいの ど真面目です。髪型からしてわかりますよね。

で、真面目なもんですから時間にはうるさく

遅刻なんてめっそうもない・・・・・・・・・なんてね♪

いつも前書きが長くなってすいません・・・・

DSCN2993.jpg


これは、A12のブロックです。これから腰下までうちで組み上げて

行きます。内容的にはそんなに過激な仕様ではありませんが

お客様持込みパーツと新品パーツを使って

加工して加工後組み上げです。

まだ部品待ち等で作業は進められませんが

とりあえずボーリング予定なのでクランクキャップを

締め付けておきます。(なくさないようにかも?)

DSCN2999.jpg


古い鉄ブロックの場合はこんな風にちゃんとタップ立ててやります。

中でオイルのカスやサビなどがあると適正トルクで

締め付けができなくなる場合があるからです。

DSCN3002.jpg


で、締め付ける際はネジ山にオイル等を塗るのは当たり前ですが

このボルトの座面にも塗るのを忘れないように!

やっぱり慣れているせいもありますが

A型エンジンだとこうすればこうなるとかいろいろわかっているので

やりやすいですね。好きってのもあるんでしょうね。

オートサロン2007

え~昨日帰ってきてからアップしようとしたんですけど・・

なんかサーバーエラーになちゃってアップできませんでした。

とりあえず僕的に一番カッコよかったのはこれ

漫画と同じようにRB26がちゃんと搭載されてました♪

DSCN3029.jpg

DSCN3031.jpg


乗ってもいいって言うもんだから乗り込んでしまいました。

やっぱりいいね♪こういうノリ

で、可愛かった子は

DSCN3026.jpg


まぁ全部を見きれたわけではないんですけど・・・

全部の写真はこっち
http://outlineoutline1169.spaces.live.com/

あと、約束した動画




超接近戦をこころみたのですが・・・・

なんか ナヨナヨ系の人たちがすごいパワーでたくさんいるものですから

これ以上の接近はできませんでした。

ちょっと下チチが見えてますよね♪でも画像が悪くてわかりにくいかな?

もう一つ動画です。




歌うたってる女の子たちももちろん可愛かったのですが

それよりなによりこのカメラおじ様たちがおもしろかったです。

はぁ~なんてパワーなんだ!

この映像ではちょっと伝わりにくいかもしれませんが

実際にその場にいると凄かったですよぉ~

まぁそんな感じで結局いつもどうり

変な車見て綺麗なおねぇちゃん見て匂い嗅いで

普段歩かないから結構疲れました。

ハーレー ナックルヘッド

コンニチワ

さぁこれから outline お待たせシリーズ始まります。

ほんと待たせちゃってるの多くてゴメンナサイ

で、今日からスタートするのが

HARLEY-DAVIDSON ナックルシリーズです。

こういうのです。

DSCN3007.jpg

DSCN3008.jpg


あっ お客様には最初に言ったのですが

僕・ハーレー苦手です・・・って 

なぜか?僕おバカだから インチヨクワカラナ~イ♪です。

それと、ハーレーって単純なのですが

単純な分 いろいろと考えたり(寸法的に)

してあげないといけないんです。だから難しいんです。

でも~せっかくうちにわざわざ持ってきて頂いたので

いいエンジン目指して完全オーバーホールです。

オートサロン

そうお知らせです。

急に行く事にしたのですが

え~本日かな?土曜日の午後から行っちゃいま~す。

もちろん車も見るつもりですが・・・・・

目的は別のところにあったりして

やっぱり変なジーパンはいてリュックしょって行くかな?

何か触ると怒られるそうなので

限界まで接近して写真ではなく動画撮ってこよう♪

としている変態 OUTLINE 横尾 デス

A型 タコ足

買っちゃいました。

DSCN2981.jpg

DSCN2982.jpg


これいいでしょ~♪

東名の当時物のタコ足で、現在一般的に販売されているものよりも

パイプ径が細く長いんですよ A12改にはもってこい!かな 多分?

差込みタイプだし♪ 先っぽは無いけど

そんなのはどうでも良い♪ どうせサイド管だから♪

本気でサイド管で車検取ろうと思っています。

ちょ~っとづつですがMYサニトラ用部品

集めてます。ムフフふ 楽しみ楽しみ♪

4A-G 5V ブロック

さぁお仕事お仕事!

うちって、なぜか4A-GとA型のエンジンが多いんですよ

なんとなくわかる気もしますが

僕自身が超貧乏でお金ケチってチューンしようとしますから

ようするにこの辺のエンジンが僕たち一般庶民には丁度いい

ってことですかね?って言うか限界かな?僕は今はこれ以上お金のかかる

エンジンは無理だなぁ~・・・・・・

だから似た物同士寄ってくるんですかね?僕はそれで丁度いいです。


随分と前書きが長くなってしまいました・・・・すいません


で、うちに来るお客様でトヨタのエンジンを改造しようとしてる方には

無理にはすすめませんが、やらないと後で痛いめに合う確立が高いですよ

って言ってます。以前はあまりトヨタのエンジンに興味がなかったせいか

気にもしてなかったのですが、トヨタの鉄ブロックって上面の精度が

非常に悪いってことに気がつきました。なぜかは不明ですが

とにかく悪いんです。日産だとあまり無いんですけどね。

で、今日は4A-Gの5バルブのタイプの方のブロック(101&111)です。

DSCN2972.jpg


これは、お客様の方で軽く砥石かけた状態です。

この写真の砥石があたって光ってる部分とあたって無い部分のところに

よ~く注目してください!

これから少しずつ面研していくわけですが

DSCN2973.jpg


DSCN2974.jpg


加工前の写真だと手前が低くてボア間と奥は結構面がでているような

気がしますが 削ってみるとまったく逆で手前の方が高く

ボア間と奥はまったくあたりませんでした。

仕上げ後

DSCN2975.jpg

DSCN2976.jpg


オイルストーンとかを使ってガスケットの跡とかとったりしますが

オイルストーンでは面は出ません!これは絶対にでません!

そもそもオイルストーン自体が面がでてません

だから全部光るまでこすったりすると

かえって面が歪みます。特に角部など どんどん丸くなってしまいます。

だからせいぜい バリ取り等の目的で使用して 面修正には使用しないでください

キッチリ面が出したかったら機械加工をおこなってください

4A-Gは本当に面が悪いので要注意です。

ハイコンプなどの仕様で使われる場合は特にです。

アイドリング不調・水温の異常・ブローバイ過多 

等々いろいろなエンジン機能&ブローにつながる危険があります。

イメチェン

最近 僕 なかなか面白い記事が書けてませんね。

で、今日もまったく仕事には関係ないですが

年末 忙しくてどうしても床屋さんに行けなかったんですよ

まぁ今も変わらず忙しいのですが

これ以上行かないで仕事してると、お客様が来て顔を合わせたときに

なんて小汚い人なんだ!って思われたらどうしよう・・・

ってことで時間さいて床屋行っちゃいました。

久々の床屋だったので思い切ってイメチェンしてみました。










































DSCN2991.jpg

DSCN2987.jpg


何がイメチェンだよ!いつもと一緒じゃん!

ちがうんです。今日はいつもよりチョビット

前髪センター部が長いんです♪

そんなの知るかよ!って感じですか?みなさん

やっぱ 僕って おバカ・・・

my サニトラ 荷台偏

おはようございます。

僕のサニトラなのですが、忙しい板金屋さんに無理言ってやってもらっているので

すんなりとは仕上がりませんが(ほぼレストアなので・・・)

正月休みに進めてくれるってことで、一緒に作業しよう♪

と、思っていたのですが僕はまったく仕事終わらず・手伝えず・・

で、一番めんどくさく大変な荷台の中を進めてもらいました。

20070111091136.jpg


荷台にパテ入れるなんてなかなかいないでしょ!

で、チッピング吹くと

DSCN2901.jpg


こんな感じ

さぁいよいよ外装のようです。

まずは、リヤテール周りからみたいです。

20070111091305.jpg

DSCN2902.jpg


こんな感じで、まだまだなのですが

板金屋さんに暇みながら少しずつ進めてもらってます。

ミラ?

だいたいみなさん今日あたりから仕事はじめですかね?

今日もお客様等の来店が止まりません・・・・

で、面白い車を乗って来た方がいました。

DSCN2959.jpg


この車結構めずらしいですよね。もちろん自家用で使っているそうです。

自慢の改造ポイントは

DSCN2961.jpg


ここと

DSCN2964.jpg


このタイヤでこの車高であたらないところだそうです。

でもこのセンスってステキですよね♪

僕も大好きです。

男は黙って車高短ですか!

ネジネジアダプター

いやぁ~今年はヤバイかも?です。

年明け早々から新規のお客様が次々に来店されて仕事こなせるか?

とっても心配です・・・。現状は未だに2006年の仕事を引きずって

いるのですが・・・・・まぁ何とかなるかな?

今日の一品

DSCN2957.jpg


これだけじゃあ~何が何だかわかりませんよねぇ~

う~ん僕もわかりません!

で、お客様の要望だとこんな感じ

DSCN2958.jpg


これってシフトノブの水中花?ですよねぇ~

まったくわかりません????????

まぁわからなくてもよいのですがお客様はまんぞくげ

出来上がったら教えてくれるそうです。

だいたいって言うか このお客様 黒ツナギ持ってる人だから・・・・

きっと変なところに使うんでしょう!

ちなみにうちの機械の操作レバーも水中花付いてますけど・・・・

CG13エンジン音


マーチ改

どうも~♪

今日も朝からお客様が入れ替わりで来られうれしい限りです。

で、夕方来られたのは、まーちのりさん

以前うちで加工したエンジンをこの正月休みを利用して

組み上げ 搭載しての登場です。

DSCN2951kai.jpg


年末から寝ずに頑張って組んだようです。

その気持ちはすごくよくわかります。

僕も経験がありますから(あ~今でもですね)

組んで、車載して朝太陽が昇るころエンジンに丁度 火が入るんですよね。

DSCN2939.jpg

DSCN2942.jpg


エンジンいい感じです。

僕の予想ですが このエンジンきっといいです。

ずっとエンジンばっかりやっているせいか

いいエンジンって何となくピンと来るんですよね。

まだやるところは残っていますが

今のままでもこのエンジンを組んだオーナーの魂みたいなものを

僕は感じ取れました。しっかり組んだんだなってのがわかります。

がんばりましたね。よくできました。

何かちょっと僕偉そうに言ってゴメンナサイ・・・・

後は、走ってどうか?ですね

次回の走行会は強制参加ですね!たのしみにしてますよタイム・・・

10秒切ろうね!


で、みなさんが聞きたいと思っているエンジンの音

後でアップします。

モンキー 腰下

え~みなさま ゆっくり休んでますか?休んでますね。

だいたいの方がお勤めの方でしょうから こうゆう時にゆっくり休んでください

僕も実は2日くらい休ませてもらいました。

ありがたい事に今日も新規のお客様が来店されうれしい限りです。


で、年末の続きでモンキーです。

残っていたのは、クランクの芯だしとフライホイールの軽量加工で

まずはクランクから

DSCN2889.jpg


僕はモンキー専門ではないので言いづらいのですが

これは、たぶんチューニングクランクだと思います。

ノーマルとはだいぶウェイト形状が違うような感じです。

振れを点検してみました。

DSCN2893.jpg


全然問題がないので、okです。要するに曲がってないってことです。

で、次にフライホイールの軽量加工です。

加工前

DSCN2897.jpg


加工中

DSCN2898.jpg


加工後

DSCN2899.jpg


同芯・同面に細心の注意をして加工しました。


何か最近ちゃんとした記事書いてなかったせいか

うまく書けないですね。元々うまく書けてないか!

新年

あけましておめでとうございます

今年もよろしくおねがいいたします


本当は元旦に書こうと思っていたのですが書けませんでした。

今年も工場で朝を迎えました。

DSCN2923.jpg

DSCN2916.jpg


いかにも新年のはじまりと言う感じの朝日でした。

去年はこの光景を何回見たことか・・・・・

今年はこの光景をあまり見たくないですね・・・・

まぁなにはともあれ 新年

めでたい めでたい ですね。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。