内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

旋盤修理

ぬぉラー!このクソいそがしのに このボロ旋盤めー!

何 ぶっこわてやがんだーーーーーーーーアーーーーン!!!!!!!!!

はぁ~~~~~~~

もっと早くやればよかった・・・・・・・・・・


で、なにが壊れてくれたか?って言うと

ブレーキです。ちょっと前からなんか引き摺ってるなぁ~

とは気づいてたのですが なかなか直す暇がなく

とうとう逝きました♪ 完全ロック♪ 戻ってきません♪まったく回りません♪

なんじゃそラーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

回んないじゃすまないんだよ!クソ!

はぁ~ こうなってしまったら直すしかないデスヨネ

とりあえずキャリパーから行きます。

DSCN3841.jpg


以外と大きなブレーキです。 しかも対向2ポットだし

一気に全バラ

DSCN3852.jpg


で、問題のピストンの方は っと

DSCN3854.jpg


は・・・・・・・・・・なに????これ・・・・

ははははははははははは♪

動くわけない 動いてたのが不思議

とりあえず掃除してみました。

DSCN3855.jpg


サビがひどいですが 今日直したいので見なかったことに・・・・

DSCN3856.jpg


キャリパー 完成♪


次 マスター側

DSCN3864.jpg


これも一気に全バラのハズ

DSCN3866.jpg


が がしかし 何?いったい何?これは何?

????????????????????????

何とか分解

DSCN3867.jpg


掃除後 撮ってません・・

まぁ中身はご想像にお任せします。

僕なりにオーバーホール?してみました。

DSCN3869.jpg



で、終わりなんですが

最後に 望みを託して

これ

DSCN3857.jpg


入れてやりました♪

これなら多分大丈夫なハズ!!!!!!

って言うか 大丈夫じゃないと 困る!

結果





















大成功♪ タッチもいいし最高♪

フフフ これなら僕のハードなブレーキングにも

耐えられるハズ

終わり


P・S

これが今日の僕の喜怒哀楽です。
スポンサーサイト




SS750

夜中に更新です。

終わりました。あっ 加工ですよ

まずは、ケースの方から

DSCN3825.jpg


オイル供給穴 埋め

これは普通にイモネジを使って塞ぎました。

取る事は無いと思いますが、一応取れるようにもしました。

次 ピン抜き

DSCN3820.jpg


最初はネジを切ってボルトで抜こうと思ったのですが

まったくドリルの刃が立たず

あっさりあきらめ

溶接てんこ盛りスペシャルにてナットを溶接し

ボルトで引き抜きました。ちょっとドキドキでした。

で、新規に平行ピンを打って 終わりです。

DSCN3849.jpg


最後 クランク

DSCN3836.jpg


最初の状態は すでにコンロッドベアリングが

お亡くなりになってまして そのせいでクランク自体が

すんっごく曲がってました。

ので これ大丈夫かな?って思ってたのですが

本体のウェイト部以外 すべて新品が持ち込まれたので

それを使って組んだので

新品同様の状態にすることができました。


DSCN3837.jpg


これで今回の加工と言うより修理はすべて完了です。




で、話しはまったく関係ないですが

最近・・・お客様の求める仕事の難易度

上昇中です。 結構大変です。

なぜなら僕は おバカで経験不足だからです。

でも変な物 出したくないので僕なりに勉強して

いろいろやってるつもりですが時間かかります。

ということで お願い

やさしい仕事ください!

ってそんなんお客様には関係ないですよね。

はい♪

がんばります・・・・・・・・・・・・


以上 横尾のタワゴトでした。

Paging Navigation

Navigations, etc.