内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

ウィリーバーⅡ

どうもコンバンワ!!

例の 一品物 製作中です。

この前切ったやつを貼り付けるとこんな感じ

DSCN4191.jpg


で、各部寸法取りが終わったら 一番後ろのローラー部から製作です。

DSCN4218.jpg


今回もあまり時間に余裕が無いので結構写真撮ってません

一気に飛びます。

DSCN4229.jpg


で、ここでシフトノブ作ります。

DSCN4232.jpg


ね♪ シフトノブみたいでしょ!

でもこれじゃあ使えないので・・・・こうします。

DSCN4233.jpg


すると ほぉ~ら ローラー部の出来上がり

DSCN4234.jpg


なんか かっちょ良く見えませんか♪

自分で造ってるからそう見えるだけかな・・・・・
スポンサーサイト

WPC後

ちわっw

ハーレーのバルブをこの前紹介しましたが

僕的小細工とは モリブデン+WPC処理 です。

バルブこんな感じっす。

DSCN4222.jpg


これ~いい感じじゃ~あないですか!

今回の目的としては ハーレーのこのショベルヘッドってやつは

EXHのオイル潤滑が悪いらしいので バルブのスティック(焼き付き)

を少しでも防ぐのが最大の目的です。

これで、多分 大丈夫なハズ!




DSCN4103.jpg


これは自動車用の トップとセカンドのリングですが

これもやっちゃいました♪

DSCN4223.jpg


目的としては 摺動抵抗軽減で+カジリ防止です。

これも結構いいと思いますよぉ~

拡大!

DSCN4225.jpg

DSCN4226.jpg


指先汚くてごめんなさい・・・・・

まぁこんな感じです。

PORSCHE 911

昨日の雨とは うって変わって今日は本当にいい天気ですね♪

仕事したくなくなります・・・・・・・・

で、今日もお客様の車の紹介です。

DSCN4212.jpg


そう 930のポルシェです。

かっこいい~~~~~~~~~~~~~ポルシェ大好きです。

僕も大きくなったら絶対に 乗ってやるんだ!

色も真っ赤でいいですねぇ~

オーナー兼ドライバーの紹介

DSCN4214.jpg


やっぱポルシェに乗れる人は違いますね!

しかし いいなぁ~~ポルシェ・・・・・

っていうか 何か背景や地面がポルシェに申し訳ないです・・・

うちの工場は本当に 人里離れた山の中にありますから

未だに道が 砂利道で・・・・・

綺麗な車が! 泥だらけです。すいません・・・・・

誰かアスファァルト引いて!お願い!

そうそうそれと最近感じるのですが

うちみたいなこんな所に 僕には所有できないような

車やバイクや部品たちが本当によく来るナァ~なんて感じてます。

本当にうちでいいのかなぁ~ なんかお客様に申し訳なくて・・・

農耕機とかが本当はお似合いなのにね♪

アルマイト後

今日は あちぃ~ですね!

アルマイトから上がってきました。

今回はお客様と相談して 色は黒で光沢にしたんですけど

材料がちょっと硬い材料で磨きもしなかったので

そんなビカビカの光沢にはなりませんでしたが

これでも結構 カッコイイと僕は思っています。

こんな感じ

DSCN4198.jpg

DSCN4199.jpg


渋いでしょう~♪

ホイルに付けてみるとこんな感じ

DSCN4209.jpg


う~んいいですねぇ~ ワンオフで作ったようには見えないこの感じ

いたって自然 純正っぽいかな?

お客様にも満足して頂けるでしょう~

モンキーDRAG

本日 2本目 行きます。

今日は何か レーシングな日ですね。

じゃん!

DSCN4171.jpg

DSCN4174.jpg


この車両は 以前うけた DRAGモンキーとは

また別の車両です。

はぁ~~~ すげぇなぁ~ の一言につきますね。

で、何をやるか!

DSCN4177.jpg


このブログの愛読者のみなさんなら

わかりますよねぇ~

ちなみに今度のレースは 6月3日だ そうです・・・・・

ヤバイ・・・・・・よしやろう!と思ったら・・・・

普段在庫してる アルミの材料たちがないじゃ~~~ん!!!!

なぜ? はぁ~~きっと って僕しかいないんですけど

何かに使っちゃったんですね。速攻で頼んだのですが

来るのは 火曜日 ヤバイじゃん! どうする俺?寝ない!それだ!

というわけで、この車両はレース専用です。遊び心はありません

本気仕様です。またしてもですが お待たせさせてるお客様には

申し訳ありませんが このバイクにレースをやらせてあげてください!

どうかよろしくお願いします。

SKYLINE

いやぁ~今日も雨なのに お客様多かったですね。

っていうかたまたま時間が重なってしまって・・・・

狭い工場の中に人が5人もいると何か窮屈な感じがします。

で、今日は車でいうと FC3Sのお客様とスカイラインのお客様で

セブンの方の方はちょっと離れたところに止めてこられたので

写真撮ってませんが こっちはよく入ってきたなぁ~と思うのですが・・・・

DSCN4194.jpg


この車ヤバくないですか????

これって一般道走っていいんですか????

オーナーいわく いいんです!???

20070525223116.jpg


ナンバー付いてました。

オーナーいわく ユーザー車検通しました!って

マフラーも横から出てるし・・・・・・

なによりも 派手すぎ!

中もヤバイっす

DSCN4197.jpg


何で一般道走るのに ハンドル外れちゃうわけ???

キルスイッチも付いてるし いつ使うの??

タイヤは 295ですって???

世の中には スゴイ人がいるもんですね。

よし じゃあ~僕も負けないように GTcar作りますか!

ムリだな・・・・・・・

モンキー プラグ穴修理

最近 モンキー続いてます。

まだあるんです。 ヤバいのが・・・・・・

次にやるやつはレース車です。何をやるかは解る人はすぐわかると思いますが・・・・

近々アップします。

で、今日は

DSCN4168.jpg

DSCN4169.jpg


はい♪ プラグのネジ山 ありません・・・

再生です。 今回はリコイルを使いますが

プラグの場合 ただねじ山があればいいってもんじゃ~ないんです。

座面に対して垂直になってなければいけません!

圧縮漏れの原因になります。 ですのできっちり元位置に再生しなければ

意味がありません!

DSCN4170.jpg


今回は大丈夫という自信があったので あたり点検まではしてませんが

こんな感じで再生しました。

ブレーキローター加工

今日は、ごく一般的な加工の紹介です。

DSCN4161.jpg


これは多分 社外のFD用のローターだと思うのですが

これをFCに取り付ける場合 センター穴が合わないんです。

FCが77φに対してFDが72φなんです。

ということで、センター穴拡大です。

DSCN4164.jpg


この穴なんですが 意外とみなさん知らないんですけど

ただ大きくすればいいってもんじゃないんです。

バカ穴にしてしまったら意味がないんです。

ハブにぴったりくるようにしないとダメなんです。

DSCN4162.jpg


こんな感じです。


次は

DSCN4165.jpg


これですが、多分 BENZのセダンのリヤのローターだと思うのですが

これをワゴンに取り付ける場合

DSCN4166.jpg


このライニングのあたるドラムの幅が足りないんです。

で、奥に追い込みます。

こんな感じです。

DSCN4167.jpg


これで多分取り付けることができると思います。

アルミスペーサー 追加工

天気いいっすね! 

早く夜にならないかな・・・

DSCN4143.jpg


これ~以前僕が作ったやつなんですけど

前回製作の時は 時間がなくてとりあえず付けば良いってことで

そのことだけ考えて作ったのですが

やっぱりバイクなので ビジュアルが悪い・・・・それと重い・・・

で、追加加工受けました。

このマジックで書いてある部分を肉抜きします。

先に言っておきますね。 やっぱりこういうのは NC機!ですね。

あ~うちにはそんな高価な機械はないっすよ!

全手動で気合の肉抜きです。

このあと完成後の写真しか撮ってませんが かなり時間かかってます。

DSCN4145.jpg

DSCN4149.jpg


仮組みするとこんな感じ

DSCN4154.jpg

DSCN4157.jpg


これからこのスペーサーは アルマイト処理になります。

アルマイト上がってきたらまた紹介しますね。

ヤマハ ジェット

はい コンニチワ

昨日の記事の続きです。

DSCN4133.jpg


う~んリードバルブもダメっぽいですね~

で、問題のピストンピン

普通にやってもダメなのはわかっているので

力技でいくしかないですね。こんな感じで

DSCN4136.jpg


しかしこの場所だけこれ以上ピンを押すことができない・・・・

悩んだあげく・・・・切りました。

DSCN4137.jpg


ただ場所が場所だけに この位置でサンダー使うのは

結構しびれました。

まぁ結果 オーライです。

DSCN4139.jpg


先が見えてきました。

DSCN4142.jpg


やっと、全バラです。


しかしこのエンジンは交換部品いっぱいになっちゃうなぁ~

まだ寸法等はみてないのですが シリンダーはメッキされているせいか

ほとんどキズ等ないのでこのまま行けるかも

何はともあれ 無事終了です。

岩塩?発見!

今日はかなり しんどい仕事でした。

ブツはこれ

DSCN4118.jpg


ヤマハのジェットで 2サイクル1200cc 3気筒です。

なぜ?この状態でうちにあるか

依頼内容は バラしてね♪ ってことです。

一見 2サイクルだし 楽勝でしょ って思うでしょ!

僕もそう思って 安請け合いしてしまった・・・・・・

とりあえず ピストンが焼き付いているようでクランクは回らないそうです。

上から覗いてみると

DSCN4121.jpg


こんな感じ う~んちょっと錆びてるかな?

大丈夫でしょう~

早速 分解に入ります。

うーん・・・・・ボルト外して シリンダーひっぱたいても

びくともしない・・・・・・

ガンガン叩いてもダメなので諦めて 道具作りました。

DSCN4125.jpg


こんなの作ってみました♪ プーラーですね。

で、使ってみると

おぉ~

DSCN4126.jpg


バキバキいいながら 出てきました。

もうこの時は 嫌~な予感・・・・・

全部 シリンダー取ってはみたものの そのままフタをしてしまいたい

DSCN4128.jpg


ほへぇ~~~~~~???????????・・・・・・・・

にゃにこれ?僕は海の上の乗り物はやらないのですが

うわさには聞いてたのですが すんごいですねぇ~~

DSCN4129.jpg


これ 海水がそのまま 結晶になってますよね♪

あっ 舐めてないですよ!すごくしょっぱそうだけど

DSCN4130.jpg


とりあえず シリンダーまでは外れましたが

クランクまったく 動きません あ~コンロッドもピストンもすべて・・

この後 ピストン取らないと クランク外せないんですよねぇ~・・

エンジン分解したことがある人なら わかると思いますが

これ ピン抜けないですよねぇ~ 普通に考えると

でももう抜いちゃったんですけどねぇ~

分解で非常に頭つかいました。続きは明日アップしますね。

ストリート



ヤフーの動画が使えるかちょっとテスト中です。

いや~L型いいっすね。

A型もこんな音でないかな~

ハーレー ヘッドフルオーバーホール

途中 ガイド製作等ではまって一旦休憩させてもらいましたが

とりあえずここまで来ました。

DSCN4097.jpg


あともうちょいです。

DSCN4104.jpg


カットしたまんまです。

で、摺り合わせしま~す。

DSCN4109.jpg


あたり位置にちゅ~もく!

チューニングでは無いのですが 45度面 外いっぱいです。

DSCN4113.jpg


こんな感じで綺麗になりました。

で、ですね。まだ続きがあるんです。

このハーレーのエンジンは預かり期間が長いのは置いといて

そんじょそこらでは見られないような すこぶる調子のいい

トラブルの出ないエンジンを狙ってますので お金はかかりますが

まだ小細工します。

上に写っている 現状のバルブを よ~~~く覚えておいてくださいね♪

85cc エンジン組み立て

今日は、文章も写真も多いですよ!

心して見てチョ♪

DSCN4068.jpg

DSCN4069.jpg


まずは、基本です。

円盤は簡易的に取り付けしていますが 大事なのはピストンTOP位置!

で このすばらしい針金ちゃんをピッタリ ゼロ度にくるようにセットすること!


DSCN4071.jpg


このエンジン ちょっと圧縮が低かったので 面だし&圧縮比アップを

ねらって ちょい面研です。

DSCN4075.jpg


さぁヘッド組み立てです。

DSCN4076.jpg


これは タペット調整です。

この手のエンジンって クリアランスがすごいんです。

ロッカーアーム使ってるのに なんと5/100指定です。

ですが 今回は 4/100にしてみました。

DSCN4077.jpg


合体です。 肝心のヘッドの締め付けは

かわいらしいトルクレンチで締めてあります。

ちゃんと締めると意外と締まるんですよね♪

DSCN4078.jpg


これは、スライドしたスプロケットをとめるためのネジですが

本当は フランジキャップボルトにしようと思ったのですが

どうやらねじ屋さんで在庫なし ってことでこんな感じにしました。

DSCN4080.jpg


ビジュアル的にも 結構いいでしょ♪

今 まさにバルタイ調整中 そうそうこのカム何気にバカにできないんです。

中心角がなんと 約102度 すごくな~~~い こんなちっちゃなエンジンなのに!

まぁ今回は面研もしたので狂ってて当たり前なのですが

一応 基準の位置で仮止めして 数字を見ると

INT-105度 EXH-98.5度 う~~ん こりゃマズイ

低回転トルク使用ならこれでもいいかもしれないが

が がしかし こんな小さなエンジンにトルクなんて求めてもたかが知れてる

じゃあ~ないですか! 回ったほうが楽しいでしょ!

ということで 進めます。

結局 INT-100度 EXH-103.5度

う~ん いいんじゃないこれ 

DSCN4082.jpg


これ最後にふたしめようと思ったら なんかあたる感じ

ボルトをキャップボルトに変更したので カバーにあたってしまう

ってことで 削っちゃいました。

DSCN4084.jpg


ぱっと見は 僕が組む前とは何も変わりませんが

中身をちょこっとだけ変更しましたので どんな風に変わるのか

ちょっと楽しみです。

よく回るエンジンにしたつもりですが うまくいったかな?

4A-G ブロック

コンチワ 昼間に書くのは久々です。

今日は、4A-Gのブロックについてちょろっと話します。

DSCN4021.jpg


これは、どちらもボーリング後なのですが

82φと83φです。 でもって共に92後期ブロックです。

82や83にする場合は92後期のブロックじゃないと

穴 開いちゃいます♪ 101や111のブロックだとおもいっきり開きます。

要注意です。 どうやら今現存する4A-Gのブロックでは92後期のブロックが

一番 肉厚もあってリブも多く 頑丈なようです。

82φ

DSCN4023.jpg


83φ

DSCN4022.jpg


こんな感じで ボア間も結構ギリギリですね。






そうそうまったく関係ないのですが

ほぼ俺専用の自動販売機 設置しました♪

DSCN4056.jpg


モンキー カムスライド加工

どうもコンバンワ

最近 夜遅くまでやってるせいか

朝 まったく起きられない 横尾です ハイ・・・・・・すいません・・

で、今日は久々のモンキー系のエンジン

DSCN4062.jpg


今回の仕事としては 腰上の各部点検をしてから

カムスプロケットをスライドできる様にして

しっかり組んで、しっかりバルタイを取るです。

とりあえず先にカムギヤの方をスライド加工しちゃいます。

加工前

DSCN4058.jpg


加工後

DSCN4059.jpg


いい感じになりました♪

今週中には組まなくてはいけなそう・・・・なので

乞うご期待!

MINI 改

昨日の続きです。

座面高さ合わせ終わりました。

DSCN4041.jpg


こんな感じでよさげです。

で、次

水ラインのサーモ取り付け部から水が漏れるということで

取り付け部の面の 面研です。

加工前

DSCN4043.jpg


加工後

DSCN4044.jpg


完全にサビは取りきれてませんが サビが無くなるまで

削るとなるとかなり深くまでやらないと取れなそうだったので

とりあえず面が出た時点で終了にしました。

で、次

バルブガイドですが お客様持込みのガイドですが

お客様の要望で EXHは頭部をオイルカット形状に加工しました。

EXHはシール無しですね♪

で、圧入・圧入・圧入・・・・です。

DSCN4050.jpg


鋳鉄ヘッドは温めても 膨張しませんから そのまま圧入です。

入れるガイドが鉄だったら大して気にしませんが

今回は銅ガイドなのでカジらないように慎重に入れました。

DSCN4052.jpg


で、この後シートカット~スプリングセット長合わせのため

ロアシート製作等々 まだ時間かかりそうです。

MINI ロアシート座面

今日のタイトルで、何!って思った人

ミニマニアですね!

かなりメジャーではない加工の紹介です。

日産のA型もそうですが 英国のミニのヘッドも

ロアシートの座面の高さが揃ってないんですよね。

だから もし新品バルブとか使うと セット長変わったり

するんですよね。 まぁほんのわずかなんですけど

ノーマルならまったく気にならないレベルですが

チューニングになってくると 気になりだすんですよね!

DSCN4036.jpg


で、一応測定です。

やっぱりバラバラですね。

これから高さ合わせです。

2007 田植え 終わり

ぷぅ~やっと終わった!

やっと田んぼから開放されました♪

これで収穫の秋がくるのを待つのみ もちろんメンテナンスフリー♪

一応今回も機械が調子よかったので無事に終わり

来年もトラブルの無いようにと願いを込めて

汚れ落とし グリスアップ ワックス オイル交換 

をして 所定の位置にしまって終わり

DSCN4034.jpg


しかしこの田植え機ってやつも 1年365日あるのに動くのは

たった2日 はぁ~ なんだそれって感じですよね。

でも今年も 一発始動♪ ラッキー♪

僕は動かす前に メンテするのキライなので

1年間 エンジンかけずにおいても 一発でかかってくれると

本当に嬉しいです。何も見ずに田んぼへ直行できるから

2007 田植え

お久しぶりでございます。

や~~~~~~っと田植えです。

うちの田んぼ以外のところはみんなこんな感じ

DSCN4025.jpg


うちの田んぼは

DSCN4024.jpg


で、これがうちのネンキの入ったマシーン!

DSCN4027.jpg


で、これがお米のモト 苗です。

DSCN4028.jpg


で、やる気のまったく無い感じの僕のうしろ姿

DSCN4032.jpg



田植え後

DSCN4033.jpg


う~ん まったく田んぼメンテしてないので

水がジャブジャブでどこに植えているのかわからなかったのですが

こう見てみると 去年よりもちょっとは真っ直ぐに植えられているような

気がしないでもないですが

あともう一日でなんとか 田植えまで終わらせたい・・・・・

終わってしまえば 秋まで放置プレイ♪ こんなんでいいのか?

でも本当にもういいかげん終わらせたいです。

スロットル拡大加工

長らく お待たせしました。

田んぼ・仕事・田んぼ・田んぼ・仕事・田んぼ・田んぼ

みたいな感じで なかなかアップできませんでした・・・・・

で、今日は スロットル拡大です。

S13のスロットルと B6のスロットルです。

S13加工前

DSCN3862.jpg


B6加工前

DSCN3858.jpg

DSCN3859.jpg


どちらも同じような感じで

カーボン等付着していて 全閉もしていません

でバラします。

DSCN3863.jpg


こんな感じに全バラです。

DSCN3873.jpg


これは、すでに僕が拡大加工したスロットルボディーです。

洗浄してないのでちょっとキタネーです。

で、こっちが新規に制作したバタフライです。

DSCN3874.jpg


光りすぎてて 自分まで写ってしまいました・・・・・

で、これを組み立てると

DSCN3994.jpg


こんな感じです。

一応 空気の流れも考えて 吸い込み口のテーパー部も

加工してあります。

もちろん 完全密閉してます。

DSCN3996.jpg


裏側はこんな感じで メーカーと同じように

カジリ防止対策しています。

完成後

DSCN4017.jpg


機能的には 新品同様だと思います。

でも吸入空気量は確実に増えています。

2φアップしただけでもかなり違うハズです。

ニコイチ スプロケット

今日は 天気が良くて サイコーですね。

明日も天気よさそうですが 明日からは

田んぼという名の 現場に出動になりそうです・・・・・


で、今日は これ

DSCN4005.jpg


まぁ見た目は汚いですが どうでもいいんです。

これをですね!

ニコイチですよ

ようするにこんな感じ

DSCN4007.jpg


で 合わせると

DSCN4006.jpg


ほら だいたい想像できたでしょ!

んでもって溶接

DSCN4009.jpg


はい♪ ニコイチ スプロケットの完成!

う~ん・・・実に変な仕事ばかり・・・・

ローター研磨

今日は、雨ですね。でもそんな寒くないので良しです。

で、今日はローター研磨です。

加工前

DSCN4002.jpg


これは、車のブレーキローターですが

2~3年くらい外で 車を動かさないで置くとこうなるようです。

そう 車のローターは鋳鉄でできていますから

速攻でサビちゃいますよね♪

でもこれはヒドイ・・・・・

でも~大丈夫!

一皮 削っちゃえばいいんです。

こんな風に

DSCN4003.jpg


まぁ センター部のビジュアルは別として

機能上 問題無しでしょ!

Paging Navigation

Navigations, etc.