内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

レーシングカウル取り付けステー

今日も暑かったですねぇ~

こんなムシムシする日に 火系をバンバン使って汗いっぱいかいてしまいました。

DSCN4489.jpg


あ~先に言っておきますね。

これは、タイトルの通りの部品なのですが俗に言う

ぞぉ~っぱなってやつです。わかる人にしかわからないと思いますが

何をやるか?って言うとパイプ部分が折れたので新規に制作ですが

今回はどぉ~しても!と頼まれ製作しましたが

普段は断りますから 持ってこないでくださいね♪

DSCN4493.jpg


まずは下準備で これは普通の川砂です。湿気ゼロにしときます。

今回は焼いてしまいました。

で、パイプはステンを使って 手曲げです。

なぜならうちは 作り物屋ではなく 加工屋で ベンダーなど無いからです。

DSCN4490.jpg


折れたパイプ部は途中でカットしますから

こんな風にして差し込んで溶接するようにしました。

DSCN4491.jpg


この際オーナーの注文とは、ことなりますが

延長しちゃいましょうか♪

で、さっきの砂を トントン詰め込んで

手曲げスタート

DSCN4501.jpg


やっぱこんなの普段やらないですから すこぉ~し潰れちゃいましたね

で、さっきのように差し込んで 溶接・溶接

DSCN4503.jpg


じゃ~ん 完成!

DSCN4506.jpg


そうそう これはかなりのレーシングパーツですから♪

なかなか付ける人はいないでしょうね♪

もう持ってきちゃダメですよ!
スポンサーサイト

サニトラGT

あの~全然かんけー無いのですが

僕の足が臭くて 今ムカついてます。一日立ってたからか?

はい♪すいません


今日のタイトルこれ間違ってますね

う~ん サニトラGMT だな!

サニトラ 頑張って・真面目に・作ろう だな!

で、え~僕が仕事遅いのはもうみなさんご存知ですね♪

で、さらに遅くさせる原因がたまにこのブログに出てくる

ハネの付いたサニトラです・・・・

実はオーナーと相談の末 7月16日の筑波で開催される

JCCAのTSカップの前座の 一般車両の走行会の枠にエントリーしました。

でも現在のサニトラは? ヘッドガスケットが抜け キャブからガソリンボタボタ漏れ

その他もろもろです。間に合うか?俺?

ドライバーはオーナーです。でもタイム的に 10秒くらいをねらってます。う~~~~~nn

とりあえず デフが今まで ファイナルが 3.7だったので

ノーマルの4.1に戻そうと

DSCN4466.jpg


車両担当のマンデーマンが頑張っています。

DSCN4467.jpg


お~いい調子いい調子♪

DSCN4468.jpg


出てきました。デフちゃん

ここまできて 彼を震撼させる出来事が

僕に一言 これ アイマセンヨ・・・・・・

僕 は・・・・ぃ?

実はこのデフ 僕がまだ無知のころ組み込んだのですが

どうやらセダン用だったらしく ギヤの厚みが違うんです。

俗に言う 並歯タイプ  でサニトラノーマルは 高歯タイプ

う~~んどうしようも無いですね♪

僕は彼に じゃあ戻しといて♪

と言い残し仕事に戻りました。


まぁデフは残念な結果になりましたが

次回 来週あたりから エンジンでカバーしましょう

って言っても 何やっかなぁ~~~

と言うわけでまた来週からは 超バタバタになります。

kawasaki Z1

今日も暑かったですね。

あまり体力のない僕はもうヘロヘロです。

で、今日は kawasaki Z です。

終わりました♪

シートカット後

DSCN4472.jpg


もう暑くて・・これじゃあどこ撮ってるかわかりませんね。

で、面研

DSCN4478.jpg


これは途中ですが

1番・2番 の間 貫通してました。

やっぱ面研やってよかった・・ このままだったら

確実にガス抜けしてました。

DSCN4480.jpg


う~ん これで完璧!

で、ですね 実はこのヘッド 摺りあわせも頼まれたんですけど

すっかり忘れて先に面研やっちゃったんですよ・・・・・

コンパウンドってちょっとでも面に付くとキズになっちゃうんだよなぁ~

暑いし 手元くるわないといいんだけど・・・・

DSCN4484.jpg


はぁ~何とか無傷にできました。こういう暑い日って意外と

集中力が続かないから危ないんです。バルブ落としたりいろいろ・・

で、ちょっとわからないくらいうっすらな摺りあわせです。

せっかくカットして幅も狭く外あたりにしているので

これで良いと僕は思っています。あたりはもちろん出ていますから

最小限で馴染めばいいんです。(ぼくは!ですよ)

DSCN4486.jpg


完成です。

今回の Zはベースが良かったので仕事してて気分が良かったです。

ガイド交換

すいません・・・・・

バッタバッタしてましてなかなかゆっくり日記書けません

で、本日はガイド交換の日です。

はぁ~結構って言うか かなりお待たせさせちゃってます。

DSCN4376.jpg


これkawasakiのZ系のヘッドですが

なかなか分解されているこのエンジンって見る機会ないのに

偶然ですが2台共同じような内容で同じ時期に入ってきました。

おもしろいもんです。

DSCN4381.jpg


で、これが4A-Gですね。

DSCN4379.jpg


で、これがモンキーの社外ヘッドです。

みんなガイド交換等々です。

あちぃ~です。

もうちょっとです。

待っててください!

ラビリンス溝

お久しぶりです。

雨っすね!べたついてムカついてきますね♪

で、今日はピストンにラビリンス溝入れです。

DSCN4444.jpg


国産の純正ピストンって 

トップランド・セカンドランド 共ストレートっていうか

特に何も加工されて無いのがほとんどですよね

でも 社外のピストンとかになると

最近ではほとんど トップ・セカンド共

ラビリンス溝が入っています。

と、いうことで良いものは採用しましょ♪ってことで

ラビリンス溝入れます。

DSCN4445.jpg


こんな感じです。

あっちなみに何でこんな事するかわかりますか?

ガス抜け抑制です。イメージしてみてください

DSCN4448.jpg


B310サニー

こんにちわぁ~

今日のタイトル何か 怪しいですよねぇ

え~実は~ また~僕のオモチャ増えちゃいました。

DSCN4405.jpg


一応 4ドアセダンですが リヤのドアは現在ドアの役割はしてません

DSCN4409.jpg


とりあえず 車検は非対応です。

DSCN4407.jpg


外装はさらっと雑巾で拭いたら一応見れるようにはなったのですが

エンジンルームはご覧の通りです。

で、ちなみにこれ昨日の話しなんですけど

僕はいつも通り仕事パンパンなのでオモチャでいつまでも遊んでいる

訳にはいかないので 仕事・仕事です。

で、月曜日は助っ人がいる日です。

フフフフ・・・・よろしく!って感じで

DSCN4411.jpg


なかなか良い仕事してくれます♪

DSCN4412.jpg


結構 はえーです。

ズームア~ップ!

DSCN4413.jpg


はぁ~又死亡してらっしゃる♪

僕が引っ張ってくるA型エンジンって大体こんななんだよな・・・・

まぁいいや・・・・

後は任せた って感じで僕はまた仕事へ

数時間後

DSCN4419.jpg


なかなか気合入ってますよね♪

外で一人でエンジン降ろしちゃうんだから♪

あ~俺にはムリ あ~絶対にムリ!

と言う訳で 無事にエンジン降ろしまで完了

さ~てこれどぉ~すっかな?

まぁとりあえず 新しい仲間が増えたってことで

皆様に紹介させてもらいました。

僕の妄想としては・・・・・・・・

ゆくゆくはこれでレースができたらなぁ~なんて考えています。

でも良いスポンサーでも見つけないとムリかなぁ~

センサー取り付け用ネジ

今うちの工場の中にあるミニバイクのエンジンを横目でチロチロ見ながら

うちにしては 量産品

DSCN4397.jpg


これ 多分 オーツーセンサー用だと思うのですが

20個くらいが僕には限界かな?なぜなら 飽きてしまうから・・・

でもこの後も続くんです。

量産?

DSCN4400.jpg

DSCN4401.jpg


で、今

僕の頭の中は

とんで・とんで・とんでぇ~~~

コンロッドは

DSCN4402.jpg


まわって・まわって・まわ~るぅうぅぅ~~~~

って感じです。

シャリー改

昨晩の事ですが・・・・

またもやシャリーです。

何かやってます。

DSCN4394.jpg


エンジンだけなら やるよ!

って言ったら その場でゴソゴソ エンジン降ろしはじめちゃいました・・・・・

今回 このシャリーのエンジンもうちで フルオーバーホール&チューンになりました・・・・

でもベースがほとんどノーマルなのでやりやすいですね。

最近このブログにチョコチョコ出てくる

ダックス&シャリーはほとんど地元の人のやつなのですが

出てくる!出てくる!  

ダックス&シャリーはまだまだ続きそう・・・・・

DSCN4403.jpg


これも今日預かったのですが また違う人ですがシャリーです。

いったいこの印西 つーか船尾近辺には何台いるんだよぉ~~~

シャリー 車高短!

どうも コンバンワ!

いやぁ~今日もあちぃあちぃ~ですね。

めったに汗をかかない僕でも今日はさすがにちょびっと出ました。

不健康だからですね!まぁいいです。

で、今日の難題!

DSCN4388.jpg


これは、多分初期型のシャリーのフロント部分(フォーク?)

で、何するか?

DSCN4389.jpg


この部分を60mm詰めて ネジ部復元って感じです。

まぁ要するに 車高短にしたいんですって!

考えちゃいますよね~ これどぉ~すっかな!

ヒラメキました。

旋盤で 回してみよう♪

DSCN4390.jpg


回す気になれば何でも回るもんですね♪

フフフフ・・・・

かなり大変でしたが 完成しました。

DSCN4391.jpg


できたは できたのですが

これ短くない? お客さんに確認したが

やっぱり これで良いらしい・・・

超車高短じゃん!

F6A ヘッドオーバーホール

今日は 変な天気でしたねぇ~

スコールですね。

で、今日は 初3気筒エンジン

F6Aです。

今回のエンジンはF6の中でも多分 初期の方のやつで

シングルカムの2バルブです。基本的なエンジンのタイプですね。

やっぱりヘッドのオーバーホールはシートのあたりにつきますね。

距離も走っていてターボのようで EXHがとても痛んでいました。

痛んでいるシートをバカみたいにグリグリ摺り合わせしても

あたり幅がどんどん広くなるばかりで良いことは何もありません

ベタあたりでは面圧が足りづ圧縮漏れします。

チューニングを考えているならやっぱり できるだけあたり幅は細く

外あたりですね。 あっでも細きゃいいってもんでもないですよ

物には限度ってものがありますから

DSCN4353.jpg


シートカット・面研後です。

面研は一番最後の作業になりますが

面研すると 雰囲気変わって う~んやったな!

って感じになりますね。

DAX用 マフラーステーⅡ

こんにちわ

今日はめずらしく昼間の更新です。

おととい製作した ステー・・・・・

黒ツナギの方に早速 目を付けられました。

バイク持ち込まれました・・・・・

DSCN4345.jpg


ポイントは

シャコタン&トラック野郎仕様 って事です。

僕には族車仕様にしか見えませんが・・・

DSCN4346.jpg


かなり難題な感じ(いや特殊な)のスタイルのステー製作依頼!

何かブツブツ 武藤の(6/10)日に乗って行きたいと言っています。

じゃあ時間がないので今ある材料使ってとりあえず

やってみるか!ってことで作業スタート

DSCN4348.jpg


磨きバリ取りは オーナーにやってもらいます。











































DSCN4351.jpg


わかる人にしかわからない

このイナズマ!


あ~ちなみに~ですが 僕はそんなのまったくわかりませんよ!

で これもちなみにですが終了時刻は

DSCN4349.jpg


まぁ時間なんてどぉでもいいんですけどね

そうそうこのバイクのオーナーって

普段は青いBILSTEINのツナギ着てますから

みなさんも気をつけてくださいね♪

旋盤修理Ⅱ

うちで一番僕に酷使される機械 旋盤!

見た目は結構綺麗でメーカーもしっかりした物だが

くそったれぇ~~ 今日も壊れました・・・・・

作業の途中でなるから余計にムカつきます!

え~~~で、ですね 今日は刃物台の部分が壊れました。

正確には動かなきゃいけないものが動かなくなりました。

DSCN4328.jpg


ここ なんですけど もうわかっちゃいました?

DSCN4331.jpg


そう このピン ロックピン 出てこないんですよぉ~

いきなりスカン! だもんなぁ~

あ~独り言ですから 気にしないでください

色からして今回もサビだな!あ~あ~あ

DSCN4332.jpg


C-R-Cやって 磁石で引っ張っても出てこないから

こんなんなってしまいました。

僕 力ないんだから・・・もぅ 重いっつーの!

で~

DSCN4334.jpg


一見 写真だけを見ると磁石で取ったように見えますが

本当は にっちもさっちもいかなくて

あったまきて ピンをもっと奥に 打ち込んでやったら

はっはっはっ・・・・ ぴょ~ん ってとれた♪

引いてもダメなら押してみな! って普通は逆か!


まぁこれで とりあえず現場復帰できました。

DAX用 マフラーステー

こんばんわ

最近本当にミニバイク多いです・・・・

で、今日はタイトル通り マフラーステーの製作

DSCN4342.jpg


このDAXは僕が小中高の時に乗っていたやつです。

今ではかわいそうなくらいボロボロ・・・・

ですが寸法取りにはまだ使えます。

今回はオールアルミで作ってみました。

DSCN4341.jpg


もうちょい棒の部分太くすればよかったなぁ~

警告かよ!

コンバンワ・・・

今日のネタは随分前から持ってたのですが

使っちゃいます。

うちの機械ではありませんが よその工場で発見してしまいました。

20070605220243.jpg


これ 死亡って 警告じゃあないですよね

しゃれにもなってませんよね

たしかに機械を使う僕が考えるだけでも

ゾォ~っとします。 もしあたったらとても痛そう・・・・・

普段 なにげなぁ~く機械使ってますが

そういう機械なんですよね

僕の場合 一人で作業してますからもし機械に巻き込まれても

だれも機械を止めてくれませんから

あらためて機械を使う時は 気をつけないと!って思います。

僕は旋盤に一度 やっつけられてますから

巻き込まれた時の 痛さは十分わかってはいるのですが

ついつい横着してしまう時があるんですよね。

僕の場合はそのとき 周りに人も居たし 指も全部ついてたので

ラッキー♪でしたが 指なんか簡単に取れちゃうので・・・・

みなさんも機械を使う時は くれぐれもナメテかからないように!

真剣に作業してくださいね♪

MINI ロアシート

こんちわ!

どうも~グダグダな横尾です。

ミニヘッド シートカット終わりました。

DSCN4320.jpg


ミニのヘッドは 鋳鉄でできていますから

シートリングは入ってないんですね♪ 改造で入れなおす場合もありますが

で まぁ~こんな感じです。一応 外あたりです。

で、シート座も揃ってバルブの突き出しも揃ったところで

バルブスプリングのセット長を決めて ロアシートの製作になります。

今回作ったのはこんな感じ

DSCN4327.jpg


ちょっとセット荷重がある気もしますが 後でも落とせるので

今回はこれで逝ってもらおうと思ってます。

ポイントはこれ

DSCN4325.jpg


わかりますか?何を言いたいのか?

例えばですけどノーマルリテーナーのまま強化バルブスプリングを

組んだとしても 全然スプリングと密着してないしロア側は規制もされてない

ので 結果 スプリング暴れます サージング等の原因になります。

お解り~~  だからせめてロア側だけでもギチギチにして

スプリングが暴れるのを防ぎたいのとちゃんとしたセット長にしたかったってことです。

ヘッドに付けるとこんな感じ

DSCN4323.jpg

DSCN4321.jpg


おまたせ~~・・・・・・・・しました。

週末には余裕で間に合いました。。。。。

チューニングパワーズ2007

みなさんチューニングパワーズって知ってますか?

ショップの名前じゃあ~無いですよ!

簡単に言うと国内系のぉ~本物系のぉ~ドラッグ系のぉ~

車体系~エンジン系~が展示されてる系~ つー感じ~♪

です。まぁこんな感じですよ

http://www.tuningpowers.jp/

で、ですね 気が付いたんですけど

去年僕 見に行ったんですけど・・・・

その時の僕が写ってるんですよ チューニングパワーズ内の

どこかに有りますから 暇な方は探してみてください


直列6気筒

こんばんわ!

僕が独立して約1年半です。

で、気がついたのですが エンジン物の仕事の場合

やたらって言うか 4気筒か単気筒のエンジンが多いんです。

今まで気にもしてなかったのですが

RBや2JZやL型など ほとんどやって無いんですよね♪

DSCN4298.jpg


このヘッドは RB26ではなく20ですが

すんっごい久々に見た日産直6エンジンです。

まぁ~別にどーでもいいんですけど!

今回は面研のみだったのでこんな感じに仕上がりました。

DSCN4302.jpg


で、次はこれ

DSCN4053.jpg


そう日産L型6気筒エンジンのカムシャフトです。

DSCN4054.jpg


これは表面のカジリを防止するためリューブライト処理で入ってきました。

よくリューブライト・リューブライトって言ってますけど

正式的には リン酸マンガン皮膜処理 って感じかな

僕は理科も得意ではないので科学的な専門知識はありませんが

りん酸マンガン皮膜は、金属同士の直接接触を防止しながら犠牲的に摩耗して、よりフラットな摺動表面を創生します(初期なじみ効果)。
この効果によりフリクションが低減し、無処理材に比較して摩擦熱の発生を抑えることができます。
また、摩擦熱の発生は金属表面の硬度を下げたり(なまる)、潤滑油を劣化させるなどトラブルの原因となりがちですが、りん酸マンガン処理をすることにより、初期なじみ過程をスムーズに進行させることができます。

って事です。

で、実際の処理後はこんな感じ

DSCN4308.jpg


これが リン酸マンガン皮膜だぁ~~~~~!

ウィリーバー完成

仮組みしてはみたものの

何だか バー自体がぐらつきます。

原因は リジット化されたショック部ですが

ピロが使われているので 完全リジットになっていません・・・

で、完全リジット化します。

DSCN4263.jpg


これで、ぐらつきません!

で、あとは細かいカラー等々作りましたが完成です。

で、前回の復習で ポリッシュ・ポリッシュです。

DSCN4264.jpg


DSCN4268.jpg


なかなか今回は良くできたと自分でも思ってますので

完成してからパシパシ カメラマンやってみました。

見てやってください!

DSCN4270.jpg

DSCN4276.jpg

DSCN4286.jpg


最後に レースで勝てますよ~~~に!

僕の呪いをかけて 終了です。

DSCN4296.jpg


ウィリーバーⅡ その2

ずっとウィリーバーやってます・・・・・

DSCN4238.jpg


小物類の製作です。 全部アルミ使ってます。

DSCN4240.jpg


小物類の製作が終わったのでいよいよパイプ部の製作に入ります。

こんなアルミパイプを使って作ります。

DSCN4242.jpg


仮組み中です。 結構長いんですよ♪

DSCN4245.jpg


各部 寸法確認と干渉しないか?再度点検です。

DSCN4250.jpg


これで大体の骨格が完成かな~

で、次はサイドバーっていうのかな?の製作です。

DSCN4254.jpg


この位置に取り付けです。

DSCN4257.jpg


歪まないように気をつけて溶接です。

DSCN4261.jpg


なんとか形になりましたね♪

まだ続きます。

Paging Navigation

Navigations, etc.