内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

CD90改 腰上・点検・修正・調整

おはようございます。うぉいっっすぅ~♪

で、なんでしたっけ?えっと・・・・

あっそうそう思い出した!

昨日の記事のシャリーなんですけど

書き忘れてたので 使った部品がユニ~クなんです。

実は

DSCN4849.jpg


こんな感じだったんです。あともちろん純正部品も使いましたが

かなりウケますよね。オーナーのこだわりらしいです♪

で、部品の話しのついでで

今やってるCD90の方は って言うとこんな部品たち

DSCN4832.jpg


こっちもオーナーのこだわりらしいです。はい♪

おもしろいでしょ!

んで、話しはもどってCD90いきます。

DSCN5022.jpg


一応 モンキー界では最大手なので だぁいじょ~ぶぅ~?だとは

思いますが確認の意味で測定します。

DSCN5023.jpg


こんな数字です。個人的にはもう1/100くらい小さい方が好みですが

まぁOKですね。このエンジンはちょっとゆるいくらいの方が

心配しなくて済むしね。

DSCN5037.jpg


こっちは

そのまま組むならいいかもしれませんが

僕、個人的には 見逃せないので

面研決定です。

DSCN5038.jpg


OKになりました。

んで、ここまできたら数字を知るためと言うか

圧縮比を決めるためシリンダーまで組んじゃいます。

DSCN5053.jpg


ちなみにですが、ピストンのクラウン容積はすでに測定済みです。

で、ピストンのトップ位置が確認できたら

DSCN4978.jpg


ヘッドの容積を確認しつつ 電卓パチパチやって

カムシャフトのプロフィール確認しつつ 圧縮比決定です。

で、やっぱもうチョイ圧縮させたいので面研です。

DSCN5043.jpg


う~ぅ もうちょいで準備がおわるー

で、まぁ最初からやるつもりだったのですが

DSCN5058.jpg


スライド加工 面研もやったので絶対にバルタイ狂ってますからね

気持ちですけど・・・・

しかしこのスプロケット 焼きが入ってて硬かった非常に!

色見てヤバイとは思ったのですが 硬かった・・・・

やっとここまで来ましたね。

これで後は何もなければ・・・本組みに入れるハズ!

乞うご期待!
スポンサーサイト

シャリー改 エンジン始動!

二発目!逝きます。

DSCN5028.jpg


シートが微妙~で このエンジンに合わないマフラーで

キャブがかなり濃い目のセットですが

何とかエンジンかかりました。

この後慣らし後 セッティングが出たとき楽しみです。



CD90改 腰下偏

本日もおはようございます。ですね♪

で、CD90やってます。

腰下の加工・点検はすべて終了していますので

まずは腰下の組み立てまでです。

DSCN4869.jpg


これは、クランク・ミッション・キックシャフトを

ケースに載せた状態ですね。

ギヤ注目です。何速あります~

DSCN4870.jpg


モンキーでもしっかり締め付けはトルク管理しています。

特別なことはしていません あくまでマニュアル通りに

DSCN4871.jpg


チェンジシャフトを組んだところです。

DSCN4872.jpg


正面から見るとこんな感じ

DSCN5039.jpg


これは、クラッチまわりですが

今回はノーマルのクラッチのまま行きますが

念のため全バラにして点検しました。

DSCN5045.jpg


CD90の場合クラッチ側の重量物がクランク軸に付いてないので

レスポンスがよさそうですね。

DSCN5046.jpg


カバーをつけるとこんな感じ

う~ん ちょっと雰囲気でてきましたね♪

ゼファー400 完成

おはようございます。

ちょー早起きです。

ついにゼファーも完成しました。

前回 完成まじかまでいったのに僕の手配ミスで

完成まで行き着くことが出来なかったのですが

ヘッドカバーガスケット・カムラインメクラ・数本のボルト

が来ましたので、パッパッっと組んで完成!

DSCN5013.jpg


これも忘れてたのですが

アース用のネジ穴が一箇所こんな風に

DSCN5012.jpg


ボルトが折れ込んでましたので、追加修理です。

DSCN5014.jpg


おっし!これで全て終了のハズ!

後はなかったよなぁ~・・・・・

シャリー改 エンジン完成!

おはようございます。

最近、いろいろなお付き合いでお酒を飲むことが多く

今日もかなりヤラレぎみな横尾です。

DSCN4975.jpg


さっ やっと組めるようになったので

ヨコオ くみま~す♪ (ガンダムより抜粋)

DSCN4985.jpg


ホントこのエンジンってオートバイのエンジンの基本みたいなやつですよね。

このエンジンちゃんと組めれば大きいのも大丈夫ですね。

DSCN4993.jpg


そうそう一気に組んでしまいそうだったのですが

一つ忘れ物・・・・

DSCN4994.jpg


大事なピストン寸法!

やっぱりこれを測らないと安心して組めませんよね。

DSCN4995.jpg


寸法 okでしたので 続きます。

DSCN5005.jpg


ここからは一気ですね。

DSCN5008.jpg


バルタイも乗り手に合わせて チョイス♪

DSCN5009.jpg


でぇ~ん 完成!  サインも入れたし

丁寧に組んだのでどんな音がでるのか楽しみです。

CD90 ピストン

DSCN4877.jpg


これ~今回CD90改の方に使うピストンです。

もちろん社外品です。

で、このまま組んでも良いのですが

かる~くエンジンが回るようにと、少しでも長生きさせたいので

DSCN5015.jpg


またまた 僕お気に入りの WPC かましてみました。

いいですねぇ~ レーシングですね!

シャリー改 組み立て準備

こんちわ

モンキーエンジン急ピッチで仕上げてます。

とりあえず組み立て前準備&修理です。

DSCN4988.jpg


これは、シフトフォークなのですが

分解した時点で おかしな事になってるのはわかっていたのですが

ミッションのスラストワッシャーが一枚足りなかったんですよ

で、フォーク痛みました。

でも交換するレベルではなかったので 磨いて傷等修正しました。

写真忘れました。

DSCN4980.jpg


次 これはオイルラインのオリフィスなのですが

面研前に気がつけば良かったのですが 現状ではバカみたいに

大穴になっててダメだったので新規に作って打ち込みました。

DSCN4983.jpg

DSCN4992.jpg


次 今回もしっかりバルタイ取りたいのでスライド加工します。

DSCN4997.jpg


こんな感じ

DSCN4998.jpg


で、カムも綺麗にバリ取りやってラッピングです。

DSCN5003.jpg


ヘッド側も少々キズがあったのでラッピングです。

DSCN4987.jpg

DSCN4977.jpg


最後にヘッド面研にて圧縮比等の調整をするために

容積の測定をしています。

DSCN4991.jpg


メーカーを信用してない訳ではないのですが

やはり量産品ですので一応 シリンダーの面も確認です。

DSCN5002.jpg


バルブシートの方は 限界外ねらいで細あたり♪

面もねらい圧縮比になるように面研です。

ちゃんと組もうとすると、モンキーのエンジンですら

こんなにいっぱい点検・修正・調整するところがあるんですよ

バカにしているわけじゃないんですけど

ここまでしっかり見てくれるバイク屋さんってありますか?

ここまでやるから うちは工賃高いです♪

理解してくださいね♪


後は組み立てですね。乞うご期待!


スーパーヘッド ポート研磨

おっはぁー♪ って俺は何歳だ・・・・・

しかも文章とは裏腹に もうこの時間ですでにグダグダです。

あちぃ~よぉ~ これ以上痩せたら ミイラになっちゃうよぉ~


はい♪たわごとはこの辺で

DSCN4974.jpg


このヘッドは、今作業中のCD90用の名前は

スーパーヘッドなんてダサイのですが

機能的には結構イカシタ ヘッドです。

シートまわりはちょっとこれ以上やりようが無いのですが

せっかく良いカットがされているのに

ポートが・・・・・

DSCN4953.jpg

DSCN4955.jpg


僕的には、ちょ~っと もったいねぇ~です。

で、ポート研磨決定!

一気に逝きますよぉ~

INT

DSCN4973.jpg

DSCN4969.jpg

DSCN4968.jpg


EXH

DSCN4962.jpg

DSCN4965.jpg

DSCN4964.jpg

DSCN4961.jpg


言い訳・・・・

やっぱりガイドが入ったままだとやりづらいです。

INTは少々のザラつきをわざと残してます。

EXHはもう少し磨きたいところなのですが体力的にムリでした。



あっそうそう DAX70ヘッドの方も

DSCN4949.jpg


こんな感じで終わりましたが

また言い訳

ポートが小さすぎて リューターの刃があたってガイドにキズが付きました。

まぁあんまり関係ないので良いと思うんですけどね。


ポート研磨 実はまだあるんです。

次は車で エンジン何て言ったかな? S・・R・・・20だっけ?

CD90 ケース加工

DSCN4864.jpg


これは、CD90のクランクケースを全バラにして割ったところです。

このエンジンは前にも話しましたが、地元ストリート最速を狙ってます!

ですから、クランクケースも加工が沢山です。

DSCN4865.jpg


ミッションも5速クロスになりますので、そのままではギヤが入りません

DSCN4866.jpg


こんな風に加工しろと ご丁寧に書いてありますのでその通りに

DSCN4868.jpg


で、次はブローバイ取り出し口の新規製作です。

ノーマルは

DSCN4851.jpg


今 ピンクのしるしの付けてあるところの丁度裏側あたりに

ほそ~いのがピヨッってついてますが、そんなんでは全然足りないので

DSCN4857.jpg


こんな感じにしました。

DSCN4847.jpg


で、面研&ケースボーリングです。

DSCN4862.jpg


また、何か加工指示書が出て来ました♪

オイルポンプも一番でかいのを使うので穴もでかくします。

加工前

DSCN4861.jpg


加工後

DSCN4863.jpg


多分これで、ケース加工は終わったハズ

で、ベアリング類も全部交換です。

DSCN4867.jpg


ケースの方は組み立てできそうです。

DAX70 ヘッド

おはようございます。

夏ってこんなに暑かったでしたっけ?

僕は体力がないのでかなり ヤラレてきてます。

でも、集中してやらないと僕の仕事は削ってしまったら

元に戻せないものがほとんどなので・・・・・

今現在は、例のモンキー系のエンジン2台を作業してます。

DSCN4940.jpg


このヘッドは、昔のダックス70のヘッドですが

今回はセミチューンなので これをベースに俗に言う

レギュラーヘッド仕様にしたいと思ってます。

多分それ以上にはなると思いますが!


DSCN4946.jpg


ちなみにですが、この状態はまだ仕上げではありません

もうちょい綺麗に整えます。

G180Wジェミニ フライホィール軽量加工

本当 毎日毎日 暑くて やってらんないですね!

で、今日は久々のフライホィールの軽量加工です。

DSCN4924.jpg


G180Wジェミニって 多分ですが

あのちょっと丸っこい車のジェミニかな? 間違ってたらゴメンナサイ

加工前は 8.2Kくらいでした。

DSCN4931.jpg


結構削ったつもりなのですが、以外と軽くならず

ちょっと悔しいので

DSCN4934.jpg


こっち側もちょっと 攻めてみました♪

これで、6.2Kくらいになりました。

何とか納得できる重量になりました。


余談ですが、いっぱい削れるフライホィールだと

おりゃおりゃ!みたいな感じで結構ストレス解消になるんですよ♪

粉まみれになりますが・・・・・・

CD90改

こんにちわ 暑いです。アツすぎです。ムリです。

みなさんは、有意義なお盆休みにすることができましたか?

ぼくは、今年も結局 仕事に追われ休めませんでした。

来年こそは 絶対に 夏休みとってみせます!

で、やっと小さなモンキー系のエンジンの方に手がつけられそうです。

現在 CD90ベースの 町乗り用フルチューン 1台と

ST50ベースの 町乗りセミチューン 1台 入ってます。

ほぼ同時進行で組み付けまで行ってみようと思ってます。

今日は、CD90のクランクです。

DSCN4835.jpg


やっぱ まずは点検です。

この後、ベアリング交換&芯だしなのですが

まずは現状把握ですね!

DSCN4836.jpg


今回はバルタイまできっちりとるので、カムチェーンの駆動ギヤの

位置はどうでも良いのですが一応元に戻せるように

マーキングです。

DSCN4837.jpg


意外とすんなりベアリング抜けてくれてラッキー♪でした。

まだまだ続きますが、今日はここまで

ゼファー400 組み立て~

こんばんわ!

やぁ~っと ゼファーも 組みに入りましたよ~♪

DSCN4903.jpg


ピストンが 4個もありますねぇ~

入るかな~

DSCN4906.jpg


よいしょ よいしょ 

リング カジラナイ ように!

DSCN4907.jpg


入りました。

ちゃんと面取り入れておけば 

SSTなんか いらない! 指オンリー♪

DSCN4908.jpg


ヘッドもすでに 組んでありますから

載せてっと

で、チェーンを数えつつ

上死点だしつつ 


DSCN4912.jpg


でぇ~ん!

確認のため クランク何回か回して

特に異常なし なので ほぼ完成!

カバ~を~つけて~か~ん~せ~い~♪

ガーン・・・・・

カムサイドのメクラキャップとガスケットがない!

注文 忘れた・・・・・・

と いうわけで完成のはずが 完成になりませんでした♪

KLX250 組み立て2

こんばんわぁ~~~~~~~~♪

夜になると元気になる 横尾です。

本日より OUTLINEは エンジン組み付けウィークに入ります。

って言うか もう入ってるか 世間は盆休みとか言ってますが

まったく関係ありません! 本当は休みたいけど・・・・

KLX250 2台目 はいりましたぁ~♪

DSCN4888.jpg


先日と同じ作業です。

DSCN4889.jpg


ちょ~っと写真ボケてますがこんな感じでやってます。

わざとボカシテたりして♪

DSCN4891.jpg


飛びます。飛びます。

ヘッドボルト締め付ける時は~ちゃ~~んとオイルぬってぇ~♪

DSCN4892.jpg


カム山だけはオイルじゃなくって 

僕は!ペースト塗ってます。

さぁ~テンション アゲ上げで!

DSCN4895.jpg


じゃん!

何かこの落書き ちょっと癖になりそう♪

まぁ~本当に お待たせしましたが無事に終わりました。



さぁ~次はどぉ~のエンジン組もうかな?


KLX改 完成!

最近 毎回お久しぶりな 横尾です。

今日は、超お待たせの イワクつきエンジン

そう kawasaki KLX250

ついに完成しました。

普通のエンジンなのに 結構 ハマッテしまいました。

すいません・・・・・・

で、

DSCN4878.jpg


ヘッドは先にシム調整まで終わらせ すでに組んでありますから

ピストンからです。

各部 バリ取り&ラッピングです。


DSCN4879.jpg


真剣に作業してますので この後は

結構飛びます♪

DSCN4880.jpg


シリンダー下部もしっかり面取りをおこなったのですんなり入ります。

DSCN4882.jpg


さぁ~サクサクいきますよぉ~

DSCN4884.jpg


しっかりタイミングも合わせて!っと

DSCN4886.jpg


じゃ~~~~ん完成!

僕のサインつきです。いいでしょ♪




ちなみに最初は・・・・・・

DSCN4887.jpg


こんなでした。このヘッドは使うのやめましたけどね。

まぁとにかく 

KLX250改 スペック横尾エンジン 出来上がりです。

今もう一機の方も組んでますから・・・・

エキマニ面研

暑いよぉ~ 工場の中 30度越えてるよぉ~

クーラー欲しいよぉ~

うちの場合 精度は僕次第なのであまりにも暑いと

急に精度が落ちます♪

で、エキマニ面研です。

DSCN4840.jpg


これは、スズキのエブリィーのターボのやつらしいです。

何をやっても排気漏れが止まらなかったらしく

結局原因はエキマニの取り付け面の歪みなのか元々なのかわかりませんが

とにかく面の歪みが原因!

この状態で、すでに 0.7mm 削ってます。

真ん中が出っ張るような感じになってましたので置くとガタガタです。

DSCN4844.jpg


結果的に トータル 0.84mm 削りました♪

これで排気漏れは止まるハズ!

B6 インマニ修理

DSCN4813.jpg


これは、B6に4A-Gの4スロを付けるためのマニです。

が、ヒドイ・・・・

無加工では取り付け出来ないようです。

DSCN4814.jpg


新品未使用で購入されたようですが

このドリルの跡は いったいなんなんですかねぇ~?

埋め

DSCN4815.jpg


次 

DSCN4818.jpg


3ミリくらい削ったかな 

DSCN4819.jpg

DSCN4821.jpg


今は1ミリくらいのクリアランスがあるハズ

付くわけがないよね♪ 意味不明です。

面も悪いらしいので面研です。

DSCN4825.jpg


溶接したところのプクプクが気になるところですが

鋳物なので 溶かすと中からプクプク気泡みたいにでてくるので

こんな風になりやすいです。もっとうまい人が溶接すれば別でしょうが

しかし随分加工したって言うか 直した気がする。

まさか 加工途中品じゃあないですよね♪

モンキー類

結構 評判の良い 

フライホィールの軽量加工

DSCN4812.jpg


何回も言ってますが 15%の軽量です。

しかしこの小さなエンジンには効果的なようです。


次は別件ですが

DSCN4828.jpg


ようやく手が付けられそうです。

とりあえず全バラです。

DSCN4830.jpg


改造部品はすべてキタコ製です。いつも武川製品ばかり見てたので

どんなもんか楽しみです。

SR20DET 点検

こんちわ~ 久しぶりの更新です。

いい加減に書かないと、生きてる?とか変なうわさが流れそうなので

ちょっと先月の末は多忙すぎました・・・・はい。

しかし今月もすでにヤバ~い予感・・・・・はい。

DSCN4760.jpg


世間では、かなり出回っているエンジン シルビア・180に搭載されてる

SR20DET チューニング界でもかなり多いはずだが

うちでは、めったに入ってこない貴重なエンジン♪

今回は改造ではなく 点検がメインで悪ければ修正みたいな感じ

DSCN4802.jpg


内容的には 

クランク 曲がり点検

カム   曲がり点検

ブロック ボア点検・上面点検

ピストン 径確認

ヘッド  下面点検

かな


DSCN4803.jpg


SRの場合 ボアはどうしてもピストンスカート方向に

膨らむ様な感じで広がる傾向があるようですが 

何とか大丈夫な感じ

上面がちょ~っとそのまま使うには嫌な感じ

DSCN4805.jpg


かるく一発削ってみると やっぱり!

水 ぷくぷく現象の原因 

面を出さねば

DSCN4809.jpg

DSCN4808.jpg


結果的には そんなに痛んだエンジンではなかったので

治すところも少なく 修正したのはクランクと上面のみでした。

Paging Navigation

Navigations, etc.