内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MINI ブロック加工終了

こんばんは

雨ですね まぁ梅雨なので当たり前ですか

雨嫌いです。錆びるから♪

DSCN8049.jpg


見てわかるとおり ミニのブロックです。

無謀にも色塗りにチャレンジです♪

DSCN8055.jpg


選択した色が良かったので いい感じに見えます♪

DSCN8044.jpg


まぁ色塗りは本業ではないので あえてコメントしません

で、こっちのアルミの削りだしのような(削り出しです)部品何だかわかりますか?

4つはわかりますよねぇ~

ウォータージャケットのところのメクラ蓋です。

なんで作ったか ってそりゃあ 純正品が信用できないのと絶対に漏れてほしくないからです。

残りのパイプっぽいのは後で説明します。

DSCN8068.jpg


なんかビジュアル的にいい感じですね!

見た目がよいので 絶対に漏れないハズです♪

DSCN8074.jpg


パイプもそうですが ボーリング終わってるの気がつきました?

また写真忘れたんです・・・・・・

で、パイプはここに付けるみたい

な~~~~んでかっ♪

DSCN8077.jpg


こんな風にしたいんです

こんなところにパイプつけたら ヘッドの方もパイプつけないと

おかしな感じになっちゃいますよね~

ヘッドはこれからですが 

これら一連の加工を ドライデッキ加工と言うみたいです。

なのでドライデッキの山場はここではないので その一部ですね

一応これでブロックの方は終わりのハズです。

スポンサーサイト

MINI カムメタル交換

こんばんは~

いきなりですが やっぱミニはわからないことが多くて難しいです。

うっかり忘れそうになってたのですが

DSCN7285.jpg


ここ    ↑   ミニはOHVですのでカムシャフトがブロックに入ります。

DSCN7286.jpg


カムメタルがゴミの混入のせいかちょっと痛んでたので交換です。

DSCN7290.jpg


外すには外せて 

入れるには入れられたんですけど

カムは入らないし・・・・

どうやら ラインが悪いらしいです。

クリアランス的には大丈夫でも ラインが出てないと入らないし回らないですよね

DSCN7725.jpg


な~んとか 出来ました。

DSCN7733.jpg


カムもスルスル回るようになりました。

めでたしめでたし♪

やっぱこういうのは ミニ専門家に聞くのが一番ですね

実はいろいろ教えてもらったんです♪


想いで

こんにちは

1週間ほどお休みしてしまい 大変ご迷惑をおかけしました。



みなさん 人の死について考えたことはありますか?

今回は 僕の身内でしたのでいろいろと考えさせられました。

人というのはこういう風に死んで行くんだと

そしてなぜ人は人が死ぬと悲しくなるのかわかりますか?

死んだ事が 悲しいのではありません

たくさんの想いでがあるから 悲しいのです。

実際 僕も 病院にかけつけた時はすでに亡くなってましたが涙は出ませんでした

しかし 葬儀中はむかしの想いでがいっぱいになり涙をこらえるのが大変でした。

そして今回 うちのおじいちゃんは150人以上の方にお線香をあげてもらえました。

すべてとは言えませんが みなさんうちのおじいちゃんとの想いでがあるから来てくれたんだと思います。

ですから みなさん 多ければ良いというものではありませんが

自分の最後の時に めいいっぱい泣いてくれるような

仲間や家族や恋人との たのしいこと・苦しいこと たくさんの想いでをつくってください

それが 自分が幸せだったことの証しになるのですから 

自分ひとりで生きているのではありません みんなで生きているのです。 

おはようございます

今朝 僕の祖父が他界されました

ですのでしばらくの間 お休みします

ご迷惑をおかけ致します


通夜   6/20 18時~
告別式 6/21  12時30分~

東光院にて

MINI ブロック/イレブンボルト加工

こんばんは~

みなさんお元気ですかぁ~

僕は相変わらず ダメです。

もうどぉでもいいですね♪

DSCN7771.jpg


これは、持ち込まれた状態のままの写真です。

DSCN7772.jpg


で、ここと

DSCN7773.jpg


ここ ガスケットの跡が 黒い丸の跡がついてますね

何だかわかります?

僕は ミニ専門家ではないので間違ってたらごめんなさいなんですけど

みなさんがよく言う ミニクーパーってやつ

ミニってほとんどは 本物のクーパーじゃないんですよ

ミニのクーパーってやつは 要するに メーカーチューニング車両なんですけど

結構古くて 本物はめったに見てないと思うんですよ

で、何が言いたいかって言うと

この黒い丸は クーパーの名残りというかその~

ガスケットは共通部品と言うか~

そんな感じなハズっだったと思うんです。

要するにクーパーはここにもスタッドボルトがあるってことです。

で、今回のブロックはクーパーブロックではないので

通常 9本のスタッドから2本追加の イレブンボルトの改造です。

多少はガスケットの抜け対策になると思います。

こんな感じ

DSCN7776.jpg


DSCN7777.jpg


で、ボルト数を増やしても面がでてなければ意味がないので

当たり前ですが面研します。

DSCN7781.jpg


コーションプレートをかわしての面研です。

これはお客様の要望だったのですが

頼まれなくても 僕も同じ考えなので

このように仕上げていたと思います。

この後は 前回圧入組み立てしたピストンの寸法に合わせての

ボーリングになります。



MINI ピストン&コンロッド

こんばんは~

最近 僕は自分の体調がすぐれないことにイライラしているのですが

追い討ちをかけるように 左目が ものもらいになり ノドが腫れ 熱が出たようです♪

こんなに よわっちー ハズじゃないんですけど

申し訳ありません ご迷惑をおかけしております。

DSCN7712.jpg


これは ミニのコンロッドです。

ミニのコンロッドは大端部と小端部がこんな風にオフセットされています。

理由はクランクが3ベアリングだからです。

でも 型は同じなので フロント方向に要注意です。

DSCN7715.jpg


DSCN7713.jpg


WPC処理後のピストン&ピンです。

決してキラキラはしていませんが これで良いのです。

DSCN7714.jpg


今回は 圧入ピンのタイプですので

一応 シメシロの確認のため測定です。

DSCN7717.jpg


さっきも言いましたが ピストンのフロント方向とコンロッドのフロント方向を

絶対に間違えないように しっかりと確認して

DSCN7718.jpg


圧入自体はそんなに難しく無いとは思いますが

圧入中にピンの芯が少しでもずれたり カジったりすると

大変なことになりますので 十分に注意しての作業になります。


MINI 腰下部品たち

こんばんは

しばらくはミニのネタが続きそうです。

DSCN6917.jpg


これは、もちろんですがミニのクランクです。

今回はクランク単体の通常のバランス修正です。

DSCN7004.jpg


国産でもむかしは スリーベアリングのクランクってありましたけど

最近では無いですよね

メインベアリングが3箇所しかないのでユニークな形になってますよね

DSCN7005.jpg


カムはノーマルですがしっかりと寸法等 測定しました。

ちなみにラッピング済みです。

DSCN7018.jpg


で、見ればわかりますが

ピストンです。

オメガのピストンも結構高いですよね~

で、ですね

じつはこの他にもプッシュロッドとかもあるんですけど

全部 WPCやったんですけど

しゃ~し~ん~が~ない!

ま~た な~ちゃんですね!きっと

僕じゃないハズ!


MINI フライホィール軽量加工

こんばんは~

今日はちょっとダケ腰が楽なので気分がいいです。

DSCN6951.jpg


これは、ミニ1300のノーマルのフライホィールです。

国産しか見たことがない人は ちょっと不思議な形に見えるかもしれませんね

DSCN6952.jpg


一応これが加工前の重さです。

激しく ボロい秤ですね♪

あっているかどうかは不明ですが一応目安程度に使っています。

決して 愛用ではありません!

DSCN6956.jpg


そしてこれが 加工後

勢いあまって 危なく削り過ぎちゃうところでした

大丈夫です。これなら

DSCN6954.jpg


で、これが加工後の重さ

約1.5K マイナスってところですか

で、通常はここでスタティックバランスをとる訳ですが

ミニのフライホィールにはセンターらしき部分がありませんね

ミニはクラッチのカバー側にクランクに取り付ける部分があるんです。

フライホィール単品でバランスとってもいいのですが

本来のセンター部分になるカバーを付けて合体した状態でとらないと

正しくバランスが取れたとはいいがたいですよね

なのでこの後 カバーを取り付けてのダイナミックバランス修正になります。

G200W 組み立て2

こんにちは

今日はさっさと行きます

DSCN7924.jpg


組み立ての続きです。

DSCN7926.jpg


ピン穴・水穴 加工がやっと終わったヘッド

DSCN7928.jpg


ついに合体できましたよぉ~♪

ピッタンコでした。

DSCN7932.jpg


前から見るとこんな感じ

DSCN7937.jpg


カムシャフトを取り付けて

バルタイはしっかりとチェーン&ギヤに合わせマークがあるので

そこに合わせれば問題なし

後は、補記類その他のパーツを取り付けて完成です。

DSCN7993.jpg


DSCN7994.jpg


DSCN7987.jpg


新しいエンジンは新しいエンジンでかっこいいと思いますが

古いエンジンは ENGINEって感じでかっこいいですね

うちにはうちも珍しい古いエンジンがやってきますが

古いエンジンの場合 やはりそれなりに傷んでいますから

しっかりと直してあげると 見違えるほど良くなります。

最近のエンジンにはかなわないかもしれませんが

いい音を出して 軽やかに 回ってくれるハズです。

今回のエンジンも最初持ち込まれた時は悲惨な状態でしたが

お客様の協力もあり何とか再生させることができました。

余談ですが 僕はなかなか物が捨てられません

なぜなら その物を捨てることで想い出まで捨ててしまうようで

ですから僕は今まで自分がブローさせてしまったエンジン全て今でも持っています。

僕のエンジンの場合 再起不能でしたが

今回のように再生可能であれば再生させてあげたいですよね

想い出も よみがえるかもしれませんからね♪


G180W ヘッド水穴/ノックピン穴加工

こんばんは~ ←この~は明るい感じではなく非常にドヨ~ンとした感じで読んでください

そのくらい痛いです。

あーもー嫌だ!身体


では行ってみましょう♪

DSCN7862.jpg


前回 思わぬトラブルで止まっていたヘッド

水穴・ノック穴 加工しました。

面研後だったのでかな~り気を使っちゃいました。

で、結構われながらうまく行ったので見てください

DSCN7864.jpg


DSCN7866.jpg


DSCN7867.jpg


DSCN7868.jpg


一応上の写真のやつが穴拡大系の加工後で

残るは現在大きく開いちゃってる系なのですが

写真だと下側の左と真ん中と右の3箇所なのですが

よく見ると左と真ん中は現状でも穴の中にオリフィスが入っていてちゃんと規制されているので

穴の系 じゃない 径はそのままでもよさそうなので未加工にして

右はガスケットに穴がまったく無いので

塞ぐことにしました。

DSCN7884.jpg


う~んこれでG180改G200用ヘッドになったでしょう♪


G200W/G180W ヘッド

こんばんは~

本日で甘いコーヒーやめて朝ごはんを食べる生活3日めです。

結構しんどいですね 今までの生活スタイルを変えるって

コーヒーはあれですねタバコみたいなもんで ずっと糖分をとらないでいると

飲みたい・飲みたい・飲みたいって身体が言うんですよ

しかし 我慢というか飲みません

DSCN8080.jpg


今年 初のクワガタ君です。

毎年最初に見るのは このコクワですね♪

で、そんなことより

うちにとっては 事件です。

事件が起こりましたよ~

DSCN7858.jpg


これがG200Wの純正ヘッド

DSCN7859.jpg


これがG180Wの加工済みのヘッド

単刀直入に言いますと 組んだ腰下にのっけようと思ったら合わないんです。

なぜ~???

僕もお客様も 形も一緒だし 合うでしょ~なんて思ってて

正直そんなによく見てなかったんですよ・・・・

そこがまず 間違っていたんですね

やっぱどんな物でも よ~~~く見ないとダメですね

写真見て わかりました?

まず、水穴が全然ちが~う

そんで、ブロックとヘッド位置決めピンの位置もちが~う

はぁ~ もうこのヘッド フル加工しちゃいましたよぉ~

どぉしよっかな♪


あっこれ関係無いですが

明日の日曜日はお休みします。





僕の身体

こんばんは

今、マッサージ屋さんより戻ってきました。

僕は初めて 専門の指圧をうけたのですが

正直 行く前は 筋肉のコリをやわらげて気持ちよくなるくらいかな?

って思ってたんですけど もう腰がどぉにもならないので試しに行ってみたわけですが

僕はエンジン屋ですから エンジンの音を聞けばどこが悪いとかここが痛んでいるとか

わかるわけですが

僕は腰が痛いのは痛みを感じますからもちろんわかります。

ただ、なぜ腰が痛いのか?原因まではまったくわかりませんでした。

運動不足が原因かな?ってくらいしか

ですが、やはりプロはプロ

以前 ギックリ腰をやった時にレントゲンは撮りました。骨などには異常は発見されませんでした。

お大事にと ただそれだけで帰されましたが

今回は違いました。

1時間くらい たわいもない話をしながら 僕の体を揉むというより触診に近かったのかな?

で、終わりの時に 一言先生が「甘いの好きですか?」

何を急に言うのかと思ったのですが

先生の話しによると 僕の身体全体の筋肉が硬直しきっているらしいです。

で、この症状は 糖分の過剰摂取によるものではないか?と

たしかに普段の僕は 食べるものも食べず 缶コーヒー(砂糖入り)を一日に5本くらいは飲みます

内臓もかなり荒れているそうです。

このままの生活を続けていると十二指腸潰瘍や腸閉塞になりかねないと指摘されました。

今だったら 砂糖を切れば まだ間に合うと

僕自身はまったく自分の身体がこんなことになっているなんて気づきもしませんでした。

病院に行っても コーヒーやめろ なんて言われませんでした。

すごいです。 初めて会ったのに 僕の生活がわかるなんて

まぁ それだけ僕の身体が 悲鳴をあげていたんでしょう

なので、僕はちゃんとご飯を食べて 砂糖をやめます。

また来週に行ってきますので 1週間でも違いがわかるそうなので

今後 身体がどんな風に変化をするか楽しみです。

みなさんも 缶コーヒー 飲みすぎ注意ですよ!


G200W 腰下組み立て

こんにちは

やはり腰がよくなりません・・・・・

なので今日はこの後 マッサージ行ってきます。

あっ エロいマッサージじゃないですからね!普通のですよ!

DSCN7647.jpg


全加工を終えた 腰下の部品たちです。

DSCN7650.jpg


もう何度も洗浄をしているのですが

最後にもう一度 なぁ~ちゃん 気合の洗浄です。

DSCN7655.jpg


メインメタルをつけ クランクをつけたところです。

DSCN7659.jpg


ここまで組んだ時に 手の感覚で なんとなくわかるんです。

良いエンジン あまり良く無いエンジン

もちろん今回のエンジンは良いエンジン

クランクがクルクル回ります♪

DSCN7657.jpg


DSCN7658.jpg


で、これはクランクのスラストを確認しているところです。

まったく問題なさそうです。

DSCN7662.jpg


続いて ピストン&コンロッド

いつものことですが サークリップが意外と気になるんですよね

もし外れちゃったりされるとホント困りますから・・・・

DSCN7666.jpg


無事に挿入完了です。

なんか よさげ~でしょ!

DSCN7669.jpg


続いて レイシャフトの取り付け

なんか OHVのカムそっくりですよね チェーンまわりも含めて

DSCN7672.jpg

フロントカバーまで 来ましたね。

だいたいこれで 腰下の重要な部分は終わったかな?


G180W ヘッド面研

こんにちは~

実は昨日 僕 休みました。体が動いてくれませんでした。

今日は何とかやっています。

DSCN7256.jpg


ヘッドは面研で終わりのハズなので

削る前に 燃焼室容積の確認です。

今回使うピストンで 計算があっていれば

圧縮比は 10.5:1くらい データ通りです。

DSCN7612.jpg


なので 最小限の研磨にて仕上げです。

DSCN7618.jpg


歪みもほとんど無く

百分台で仕上がりました♪

もう少しで組み立てに入れます。


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。