内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

ZEPHYR400改

こんにちは

最近 全然ホームページの方を更新してなかったので

久々に更新してみました

http://www18.ocn.ne.jp/~outline/zephyr400.html
スポンサーサイト

CB400Tのシリンダーを加工してみた

こんばんは

まだ11月なのにこの寒さいったいどぉいうことなのでしょうか?

はたして僕は今年の冬を越せるのでしょうか♪

まぁいいっか

今 うちの近所で自分でホークのエンジンをO/Hしてる人がいて

年末にかけてちょっとお手伝いです(我がままにお付き合い♪)

DSCN8537.jpg

シリンダーはとても状態が良かったのでリング交換のみで行けそうだったので

最小限面研のみですね

DSCN8542.jpg

うん きれいになりました♪

この後 ヘッドの方になるわけですが

ヘッドがねぇ~・・・・・・・・・




コンロッドの加工をしてみた

こんばんは

今日は天気良かったのに今頃になって雨が降ってきましたね

コンロッドの加工って言っても加工箇所は沢山ありますが

今回は メタルの回り止め溝 の加工です。

DSCN9654.jpg

これは、社外のコンロッドですが 

B16用です。これにB18のメタルをつけるとこんな感じでセンターにきません・・・

なので

DSCN9656.jpg

反対側のこの位置に溝を切りなおします

DSCN9657.jpg

これはまったく関係ないですが

みなさん新聞の厚みって知ってました?

今ぐらいの季節だと7/100位ですね♪

ちなみにティッシュの紙の2枚をはがして1枚にすると3/100位になるんですよね♪

で 話し戻ります

DSCN9661.jpg

こんな感じで切りなおしてみました

すると

DSCN9660.jpg

こんな感じで真ん中にきたっぽいです

一応 確認してみましょうか♪

DSCN9658.jpg

大丈夫みたいですね♪

終わり

B6のヘッドを加工してみた

こんにちは

いやぁーホント寒くなってきましたね!

僕は身体が通常の人よりもはるかにペラいので

寒いと骨身に凍みます←かなり実感できます♪

さて

DSCN9274.jpg

これが初期のころのロードスターのヘッドです

今回は おもいっきりチューニングです

BIGバルブ仕様です

まずは

DSCN9301.jpg

チューニングと言ったら ガイド抜きです

DSCN9305.jpg

B6ってなんでこんなに抜くの大変なんだろ~

って言ってもみなさんわかんないですよね

キツイんです おもいっきり暖めておもいっきり叩いてやっとです

壊れちゃうんじゃないか?って毎回心配ですが

一応 無傷で抜けたみたいです♪

ここでいったんお客様に返却です

お客様ご自身でポート研磨にトライです

で、この後 ポート研磨後の写真やBIGバルブ用のシートカット後の写真が

この記事になるハズなのですが

またもや写真が無いんです・・・・・・・

あったのは

DSCN9526.jpg

この面研後の写真だけ・・・・

なので 何とも説明しがたいのですが

まぁーこんな感じでチューニングヘッドが出来上がりました♪




超最新型

こんばんは

今日は ちょっと片づけをしてたのですが

オモシロいの見つけちゃいました♪

DSCN9611.jpg

超最新型です。

むかしはこんな機械を使ってたんですね♪

DSCN9614.jpg

別に捨ててもよいのですが

何か 捨てられず アウトライン記念館入りしました♪

ちなみに記念館は只今建設中のビニールハウスの中ね♪


A12のヘッドを面研してみた

5本目

ちょっと疲れてきました♪

DSCN9603.jpg

まぁタイトルで書いてしまったのでバレバレですが

この写真をみて 1200のヘッドだ!ってわかった人は

間違いなく A型オタクです♪ ちなみに僕はわかりませんよぉ~

1200ベースでチューニングをするのは結構大変らしいですね!

圧縮比を上げるために面研もいっぱいします

DSCN9605.jpg

結構 燃焼室の形 変わっちゃいましたね♪


カプチーノのフライホィールを削ってみた


4本目

DSCN9586.jpg

DSCN9587.jpg

これが加工前の様子

ちなみに重さは

DSCN9588.jpg

うちの秤があっていればの話しですが♪(だいたいあってるでしょう~)

で、削るとー

DSCN9596.jpg

DSCN9599.jpg

こんな感じ~ 結構削っちゃいました♪

気になる重さはー

DSCN9600.jpg

約40%も軽くなっちゃいました♪

ハハハハ

これでもちゃんと肉は残してるので大丈夫でしょう

ただ・・・エンストしないか心配です。


SR400のFフォークを切ってみた

3本目

DSCN9553.jpg

タイトルの通り

SR400のノーマルFフォーク(インナーチューブ)

これを50mmチョップ!!!!

DSCN9556.jpg

こんな感じ

結構 この加工 多いのですがこんな感じで

インナーチューブとトップのネジだけにして依頼してくださいね♪


SR500のシリンダーを加工してみた

2本目

DSCN9419.jpg

SRでホィールスピンさせながら走りたいということで

やっぱりボアアップです。

DSCN9424.jpg

うっかりそのまま加工してしまうところだったのですが

スリーブの上面が凹んでました

これではせっかくの ハイコンプシングルが台無しです

DSCN9493.jpg

面研後 ボーリングです

やっぱりちゃんとやらないと 

ホィールスピンしないですよね♪

ジャガーのヘッドを修理してみた(2)

こんにちは

なかなかブログのペースが上がりません・・・・

DSCN9497.jpg

途中がまったく抜けてますが

ガイド交換・リング交換・シートカット・すり合わせ終了後です

で、仕上げの面研です

DSCN9501.jpg

これ 途中の写真ですが

綺麗に 反ってますね!(決して良いことじゃ無いですよ)

オーバーヒートしてますね・・

DSCN9506.jpg

しかし大きいって言うか なが~いです。

面研はちょっと苦戦してしまいましたが

何とか終了です。

クラッシュの跡はそのままですが 特に問題では無さそうだったのでそのままです

おわり


ジャガーのヘッドを修理してみた(1)

こんばんは

先月はとうとう6回しか記事が書けませんでしたね♪

結構みなさん 毎日毎日 今日も書いてないと思いつつも見に来てくれてましたよね!

だって書いてなくても アクセス数があんまり変わらないんだもん

で、今日の記事はですね

JAGUAR V12 ヘッドの片バンクの修理です。

関係無いですがとにかくデカイです。

DSCN9335.jpg

ほらね♪

で今回の依頼内容は

DSCN9340.jpg

ここ 洗浄前なのでよくわかりずらいですね

多分なのですが オーバーヒートでシートリングが落ちたんだと思います。

DSCN9362.jpg

洗浄してみるとこんな感じ

不幸中の幸いか ここ1箇所だけで済んだようです

もうこうなってしまっては このリングは使えませんから

入れ替えないとダメですね

とりあえず 外してみましょう

DSCN9363.jpg

バルブガイドもダメでしたね

割れちゃってます

ってことで ガイド交換・リング交換ですね

次の記事はそんな内容になるハズです


Paging Navigation

Navigations, etc.