内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン台の製作

2本目

何か エンジン台の製作なんて カッコ付けて言ってますが

そんな製作なんて大それた物じゃないんですけどね

中学生レベルの工作です♪

DSCN6994.jpg

このエンジン お客様に いい加減 怒られそうです 

作業がなかなか出来なくてすいません

そうそうに 分解し ご連絡します ホントにすいません・・・・・

で ついでに

DSCN6988.jpg

Zの方もできました エンジン同様 台の方もデカい

スポンサーサイト

駒ちゃんの Z エンジン下ろし

こんばんは

いい天気が続いてますね♪

で タイトルの通り エンジン下ろしです

DSCN6981.jpg

何か 随分と 優先的じゃない? って思われると困るので説明!

基本 加工屋なので 金属的な物がいっぱいあります

バイク屋では無いので と言うより 工場が狭いので 預かるスペースがありません

何より 大切なバイクにキズを付けてしまったり もしも盗難にであったら大変です

なので うちでエンジンの脱着を行う場合は 車両の預かり期間を最小限にしたいからです

で 下ろしました

DSCN6987.jpg

シリンダーやヘッドが付いてないので 意外と簡単でした

DSCN6984.jpg

エンジン以外は ほぼ返却になります

ヘタに部品をお預かりしてしまうと 僕が無くしてしまうからです・・・・・

と 言うことで 車両はお客様の元へ 約2日のお預かりで済みました。


今日は kawasaki Z1

おはようございます

今日もあったかい♪ 中より外の方があったかい・・・・・

DSCN6979.jpg

今は外装が取り外されてますが かなりカスタムされててカッコいいです

お客様の話しでは 突然 エンジンが調子悪くなり

自分でやってみよう!と途中までバラしたらしいのですが

やっぱりプロに任せようと 考えが変わったらしく

今に至ります

DSCN6975.jpg

腰上はほとんどバレてますねー

まぁ作業を進める上では問題無いでしょう


どうも うち(アウトライン)は 小型~中型のエンジンのイメージが強いみたいですが

大型だってやりますよ ただ外車は苦手ですが・・・・・

Z系のエンジンも 部分パーツの修理はかなりやってますが

丸々は初になりますね  

お客様と相談の結果 内容については 特にチューニングではなく通常のO/Hと言うことですが

細かい部分に関しては お任せ!と言うことです

でも このエンジン いつになったら手が付けられるかなぁ~

つづく


CBX400F 充電しない原因は?

超 コンバンハ

DSCN6955.jpg

この車両は うちで2年くらい前に フルO/Hしたエンジンを搭載しています

本来 車両系のトラブルでの対応は一切しませんが

このバイクは別 うちで組んだエンジンを搭載しているので特別です♪

で 今回 キャブレター等の調整がメインでお預かりしたのですが

キャブレターまわりは 難なく済んだのですが どーも発電してない気がするんですよ・・・・

で エンジンかけながら バッテリーにテスターあてると やっぱり・・・

11.8Vとかその近辺 おかしいですよね これって

一般的には 13~14Vくらいあってもいいですよね (アイドリングじゃないですよ)

で マニュアル見るとこんな感じ

DSCN6963.jpg

この部分はこんな感じ

DSCN6958.jpg

僕 電気キライです 意味わかりません・・・・

この配線図も よくわかりません・・・・

マニュアルによる 点検方法は

DSCN6964.jpg

こんな感じ でも これって・・・・

電圧は結構簡単に計れると思うのですが

電流って普通 計れないですよね

あっ 先に言っておきます バッテリーとレギュレート・レクチファイヤーは新品です

でも この感じだと ACジェネレーターが1番怪しいですよね!

で ACジェネレーターの点検方法は?

DSCN6965.jpg

これだけ? え? ローターコイルは? 書いてないんです・・・・

ちなみに 確認しましたが 問題ありません ショートも断線もしてません

これで ホンダさんのメカニックは故障診断できるのだろうか? すごく疑問です!

と言うことで マニュアルがまったく使えないので

配線図と現車とテスターと睨めっこしながら解読しました!

ちなみに こんな 電気の故障診断したことありませんし CBXの発電システムも知りません


まず 何で コイルがローターとステータ 2つあるのか?


分解したことがある人なら わかると思いますが CBXのジェネレーターには磁石が使われていません

でも 発電には磁石が必要です 

配線をたどると ローターには 白・黒 ステータには 黄が3本

と言うことは 普通の発電システムの逆?

解読すると  ローターに直流を流し 磁化させ ステータコイルで電気を起こす です

このシステムを解読するのに何時間かかったことか・・・・バカなもので・・・・

マニュアルの配線図の 一番上の 黒端子のところに IGNってちょっと書いてあれば簡単に理解できたのに!

そうそう CBXの配線 赤も黒も プラスなんですよ 普通に充電されてれば

黒が12Vくらいで 赤が13~14Vくらいで わかりやすいと思うのですが

充電されない場合 どちらも同じ電圧を示すハズなので非常にわかりにくい

結果 黒は イグニッションONで流れる+で 赤が発電後の+ って言ったらいいのかなぁ~

まーそんな感じで この難解なシステムを理解できたのですが


で どっちの コイルがダメなの?って普通なりますよね

ジェネレーターまわりがダメだからって 全部取り替えちゃうのは

個人的に 非常にキモチ悪いです モヤモヤが残ります 電気 見えないし!

やるなら徹底的に!ですよね♪

で 他のバイクのマニュアルなんかも持ち出して検証してて

ぼく~ 気が付いちゃいました~♪

抵抗値を測定する です

超 不親切なCBXのマニュアルには パルスジェネレーターの抵抗値とか書いてあります

そんなの わざわざ測定しなくても わかるだろー!と思うのですが

ジェネレーターの抵抗値は どこにも記載されてません! 超 不親切です

で たいがいのバイクは ローターコイルなんて物はついてませんが

ACジェネレーターコイルの抵抗値とかが記載されてます

僕の見た マニュアル類だと 1Ωくらいみたいです

なので いざ 測定

DSCN6959.jpg

こんな感じです

黄色・黄色 で3パターン測定  いずれもこれくらい

故障しているとは思えません
 
じゃあ ローターは?

DSCN6961.jpg

ん? なぜ?

どー見ても ローターコイルの方が 細い線だし いっぱい巻いてあるのに

なぜ こっちの方が 抵抗が無いの?

不親切なマニュアルには記載されてないし 

いくらネットで検索してもローターコイルの抵抗値は出てませんが


僕は 絶対に ここだと思うんですよねー

なので お客様了解のもと ローターのみ 巻きなおしに出すことにしました

もし 僕の考えが正解なら 結構 簡単でわかりやすい点検方法だと思います

結局 ローター巻きなおしても ダメだったら ば~~~か!って笑ってください♪

でも 僕 バイク屋でも電気屋でも無く 内燃機屋ですから全然かまい~ませ~~ん♪

早く ローター 上がってこないかなぁ~ 検証が楽しみです

自分が納得するのに 3日くらいかかったので 文章が長くなってしまいすみませんでした。


 






GS400 カムジャーナルハウジングの点検

おはようございます

今日は いい天気ですね♪ 気持ちがいいです♪

そー言えば もう11月終わりですね・・・早いなぁ~ もう年末ですよ・・・

DSCN6870_20101128112717.jpg

洗浄後 これから各部の点検ですが

やっぱりGSのヘッドって言ったら カムジャーナルですよね!

ヘッドが使えるか?使えないか?どの程度のレベルか?

ちゃんと把握するために 1番最初に確認するようにしています

DSCN6875.jpg

この部分も よく ピロロ~ン♪になってる部分ですから

まずは トルク締めからです

DSCN6874.jpg

今回は 1台のみ ネジ穴がダメになってました

急遽 修理です

DSCN6876.jpg

カムキャップのネジ穴は慎重に作業しないと ヘッドをダメにしてしまう可能性があるので

要注意です!

ついでに

DSCN6879.jpg

このヘッドは カバーまわりも ダメになってたので修理です

DSCN6886_20101128113219.jpg

ようやく カムキャップのトルク締めが終わり

いざ 測定♪

DSCN6892.jpg

それぞれ 細かいキズ等はありますが 良しですね

たまに 違うエンジンのカムキャップが付いてたりして 

やたら緩かったりキツかったりしてるのありますからね・・・・・・

カムキャップは単品ではもちろん売ってませんし 売ってたとしてもそのままでは使えません

カムキャップは ヘッドの一部ですから 絶対に無くしたり違うエンジンの物を使ってはいけません!

って言いながら 僕はちゃんと測定して使ちゃったりしますけどね♪

つづく


スズキ純正部品の値上げ・・・

こんばんは

久々の更新になりますね

タイトルの通りなのですが 正直 いつの間にかっ!って感じで

いつ値上がりしたのかわかりませんが うちで在庫しているGS400のヘッドO/H用の部品が値上がりしてました

なので 純正部品の値上げに伴い 現在うちでラインナップしているヘッド加工メニューの価格を変更しました

ステムシール以外は値段が変わってます

http://www18.ocn.ne.jp/~outline/gs400kakou.html

確認してみて下さい


今回はスズキ部品ですが  どのメーカーも値上げされてるようです

ホンダ部品なんかは かなり上がっています

徐々に徐々に値上がりして何とも言えないですね・・・・・・・


工具が増えました♪

こんにちは

今日は もうちょっと気温が上がれば気持ちよかったですねー

で ですね

いつも 中古機械等でお世話になってる ベルズさんが

年に2回の セールを 18~20日までやってて昨日行ってきました

DSCN6889.jpg

ドリルチャックくらいしか買うつもり無かったのですが

帰りは こんな感じになってました♪

DSCN6890.jpg

キャスター台は こんな感じで GSヘッドには丁度いいサイズ

DSCN6893.jpg

絶対に使うことは無いだろうと思われるサイズもありますが

自己満足用のドリル台

DSCN6894.jpg

で この冬 一番期待される 足元あったかプレート♪

これで 冬場にやりたくない旋盤作業も少しはマシになったかな?


GS400 ヘッドガスケット

こんばんは

僕の誕生日催促のおかげか 沢山では無いですが プレゼントやお祝いのお言葉を頂きました

ありがとうございました 

多分 また来年も催促すると思います♪ (七五三の日ですからね)

DSCN6868.jpg

うちの オリジナルパーツの1つ ヘッドガスケットです

WISECO等の 69φのピストンを使う時に 使用する純正タイプのガスケットです

正直 こんなに売れるとは思いませんでしたよ

せいぜい 10枚くらいかなと思っていたのですが・・・・

でも ちゃんとしたエンジン組むなら これ使ってやって下さい

若干 これ売れると 嬉しいんです

オリジナルパーツですから♪

年内購入の方には もれなくステッカーも付いてきます(白or黒のみ)

なんてね 何 こんなところで宣伝してんだ!

ということで お待たせしていた ヘッドガスケット入荷しました。




GS400 ヘッド分解中

こんばんは

今日は 夕方から 冷たい雨になってしまいましたね

そんな事よりも 

今日は僕の誕生日です 誰か何か下さい♪

多分 今回の誕生日で 33歳になったと思います あってるよね

まぁいいか


DSCN6820.jpg

今 エンジン フルO/Hでお預かりしているGSのヘッドです

一番側が やたらオイリーですが

分解してみたら 何て事ないです

DSCN6822_20101115201726.jpg

原因はこれです  打ち込み時に失敗してたみたいです

うちでは 専用工具作って 使ってるのであり得ない失敗ですね!

DSCN6824.jpg

こっちは ヘッド単体のO/H依頼です

あと もう1台 ヘッド単体のO/Hヘッドがあります

だいたい どれも似たような 修理になると思いますので

同時進行になる予定です

つづく

 

インナーチューブ ショート加工

こんばんは

何だか おとといあたりから 工場の前が 落ち葉でいっぱいで地面が見えません

まーち君 よろしくね♪ ほうきに名前書いておいたから♪


で インナーチューブのショート加工ですが

今回は たぶんBIGスクーターの物かな?

DSCN6845.jpg

このタイプの Cクリップで止めるやつは 今回が初めてでした

若干 寸法取りに苦戦しましたが ほぼ同寸法に出来たと思います

DSCN6847_20101113212934.jpg

で こっちは 通常のネジタイプ

このタイプは もう散々やってるので 特に問題も無く仕上がりました


俺のサニトラ

2本目

めったに 納屋から出さない 僕のサニトラ

カビが生えそうなので 今日 ちょっとだけ出してみました

DSCN6838.jpg

やっぱ カッコいい♪

でも 今はエンジンがダサいので あんまり乗りたくないです・・・・

俺のサニトラシリーズでは エンジンばかりなので

どんな車か 忘れちゃってる人もいるんじゃないかなぁ~なんて思って♪

そうそう 懐かしい写真 見つけたんですよ

って言うか 今となっては ホントに同じ車?って思うくらい♪

DSCN1849.jpg

上の 赤いサニトラのベースとなった車両です♪

この車は 貰ったのですが その頃は 違うサニトラに乗ってたので

屋外で長期放置(5~6年)したらこんな風になっちゃって・・・・

で それ直して♪って 板金屋さんに出した僕も僕ですが

これー こんなに綺麗に直すの ホント大変だったんだろうな!

あらためて 感謝ですね! 

今度は絶対に潰さない(折らない)ように安全運転しますね

なので 基本 雨の日は乗りません!


A型 ロアーシート

こんばんは

何か エンジン組み立て系が ひと段落したので

一息つく つもりが 日記の方は随分とお休みしちゃいましたね♪

エンジン物の方も 全部片付いたわけじゃないので うかうかしてられないのですが

今 かなりお待たせさせてしまっている製作物とか小物系の加工物とか 

かなり溜まってるので その辺をちょっと集中的にやっつけて行こうと思ってます(当分の間)

お待たせさせちゃってる お客様 もう少し待ってて下さい すいません・・・・

で 今日は

DSCN6843.jpg

まぁ パッと見は 普通のWスプリング用のロアーシートですが

使うスプリングに合わせての製作ですから オーダー品になりますね♪

たかがロアーシートですが バルブスプリングの セット長・セット加重・フル加重・密着長など

高回転エンジンなら なお更 無視できない 重要なパーツの1つですよね!

ちなみに材質も クロームモリブデン鋼です




CBX400F エンジン完成♪

3本目

完成です

DSCN6804.jpg

やっぱり このカラーリングは下品ですか?

これが 僕のセンスです♪ 

DSCN6798.jpg

今回は シリンダー以外は 黒に こだわって造ったので

赤のシリンダーが異様に目立ちますね!

まぁ 中身も外見も タイプRってことで♪

DSCN6806.jpg

ちなみにー

DSCN5916.jpg

全てではありませんが 今回のO/Hに使った 純正部品はこれくらいです

正直 部品がありすぎて 大変でした

新品のエンジンよりもパワーとレスポンスが上がちゃってたらごめんなさい♪


CBX400F エンジンO/H 終了




CBX400F エンジン組み立て(腰上偏②)

2本目

つづきです

DSCN6779.jpg

これ そうテンショナー 

僕的には この部品がCBXでは一番のガンだと思っています

この部品が調子悪くなるせいで エンジン音 特にアクセルオフ時に 

ガシャンガシャンと ひどい音が出るようになってくる

まぁ部品が一度も変えられて無いとすると 25年以上は経過しているハズなので

しょうがないと言えばしょうがないのですが

とにかく 絶対に交換しないと話しにならない部品の1つです!まだ部品出ますからね

でこのテンショナーがどこに付くかって言うと

DSCN6783.jpg

ここ エンジンのチェーントンネル内で ヘッドボルトと共締めです・・・・

非常にやっかいな位置に取り付けられています

しかも この辺の組み付けは かなり困難です

車載状態でも出来なく無いですが 車載だと更に困難です

なのでO/H時に絶対交換です

DSCN6787.jpg

ホンダのマニュアルは必要以上に細かく書いてあるので助かります

ちゃんと 1mmリフト時のクランク角度が記載されてます

今回 バルタイは特に変更しませんが 一応確認です

DSCN6789.jpg

おっ 結構 いい数字です♪

マニュアル通りよりも 僕好みの数字です

そこまで考えてるかは不明ですが このエンジンはサイレントチェーンを使っているので

初期の伸びがかなりあるハズなので こんな感じになっているのかな?

とにかく理想的なバルブタイミングですね

OKです

DSCN6792.jpg

と言うことで見納めですね

後は カバー類やその他の部品を組み付ければ終了です

つづく


CBX400F エンジン組み立て(腰上偏①)

おはようございます

今日はいいですね♪ あったかい♪

DSCN6734.jpg

ようやく 腰上の組み立てです

DSCN6753.jpg

リング・ピンは WPC済みなので カッコいいです

やっぱレーシングですね♪

DSCN6756_20101105102617.jpg

いいですねー この雰囲気 

DSCN6767.jpg

軽いです 非常に軽いです♪

DSCN6774.jpg

ヘッドのっけたダケの状態です

つづく


CBX400F 腰上組み立て準備②

5本目

そういえば もう11月になっちゃいましたね・・・・

DSCN6739.jpg

これから ヘッド単体の組み立てです

ヘッドもオイルラインが外まわしなので 油路などあまり気にせずに行けるのが すてき♪

DSCN6740.jpg

若干ですが ロッカーアームのスリッパー面に暴れたような跡が付いてましたので

まったく使え無くは無いのですが バルブスプリングは一応新品に交換です

ちょっと値段にビックリしましたけど・・・・・

DSCN6745_20101102174138.jpg

今は スリッパー面は鏡面にしてあります

DSCN6749_20101102174137.jpg

綺麗にヘッドも組み立て準備ができました

よーし もうちょっとだぞー!

つづく


CBX400F 腰上組み立て準備①

4本目

DSCN6718.jpg

まずはこれ

シリンダー スリーブ下のOリング

もうこれは 絶対にSSTを作った方が 早いし綺麗に入れることが出来るので

今回も製作

DSCN6719.jpg

1台分のOリング挿入時間

しめて5分くらい♪

DSCN6721_20101102173837.jpg

SST製作時間 入れても30分くらい♪

なくさないようにしよ

つづく


CBX400F エンジン組み立て(クランクケース偏②)

3本目

DSCN6724_20101102173100.jpg

チェンジシャフトまわりを組み付けたところです

シンプルかつコンパクトですね

シフトの感じも非常に軽くていい感じで スコン・スコン入ります

決して ガチャ・ガチャでは無いです♪

DSCN6723.jpg

で オイルパンの方も そろそろ閉めますね

DSCN6728.jpg

写真では あまり綺麗に見えませんが

磨くのに かなり時間かかってしまいました・・・・・

でも エンジン積んだら ほとんど見えない・・・

つづく


KH OILポンプのネジ穴修理

2本目

DSCN6715.jpg

おなじみの 非常にネジ穴が弱い

カワサキ系のOILポンプ

DSCN6716.jpg

今回は 全部ダメでは無かったのですが

全箇所 ヘリサートにて修理or強化しました

これで ネジ山が飛ぶことは無いと思います


ボルティー エンジン着

こんばんは

日が落ちるの早くなりましたねー まだ5時過ぎなのに・・・・

で えっと何日か前の話ですが

僕よりも早く

DSCN6675.jpg

何かが シャッター前で待ってます♪

んー これって

DSCN6676.jpg

どー見ても やっぱエンジンですよね

これから 全部O/Hの予定です

しかし 宅急便早いなぁー

 


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。