内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

こんにちは

また 皆様にご迷惑をお掛けしてしまうお知らせです

昨夜遅く 僕の母親の姉が他界されました・・・・


今年は 近い身内が次々と亡くなり やりきれませんね


まだ葬儀等の日程は決まっていませんが いずれにせよ ご迷惑をおかけします

それでは皆様 どうぞよろしくお願いします

スポンサーサイト

俺のサニトラ その43 燃焼室研磨

おはようございます

この年末の忙しい時期に 毎晩 夜遊びしてるのでいい加減 体がキツくなってきました♪

DSCN7329_20101227094314.jpg

そして 進んでいるかと思いきや

また アルゴンなんか盛ったりして 進んでは戻ってを繰り返しています・・・・

でも 燃焼室研磨は何とか終了しました

DSCN7354.jpg

たぶん こんな燃焼室形状をしている A型ヘッドは僕のダケだと思いますが

どーですか?ダメですか? 僕的には キモチ悪くてカッコいいのですが♪

ちなみにノーマルは

DSCN7355.jpg

こんな感じ

何てったって 今回 使うピストンはノーマルですから

燃焼室はこんな形になっちゃいますよね

でもこれ 1300で使っても良さそうだな♪

そうそう 上の写真ではプラグが凹んで取り付けされてますが

このヘッドには

DSCN7298.jpg

→のプラグを使う予定です

DSCN7363.jpg

もうちょっとだな・・・・

つづく


俺のサニトラ その42 シートカットその後

4本目です

本当は水曜日の定休日を利用して製作し完成させるつもりでしたが

実際 今年は水曜日があと1回しかない事に今頃 気が付き

どー考えても 終わらないので

渋々 夜 仕事終えてから やるハメになりました・・・・もっと早く気が付けよ!

DSCN7287.jpg

ガイド入れ~シートカット後です

写真 撮ってる場合じゃないので 写真少な目です

結構 INTリングの下 掘っておいたのですが

若干の段つきが出来て かなり気に入らないので

また ポート研磨です

進んでるのか 戻ってるのか?

DSCN7288.jpg

んー まぁまぁかな?

DSCN7292.jpg

とりあえず 良しかな?

つーか 良しにしないと 先に進まない・・・

きっと このエンジン 31日までには 終わるハズ!


久々の チタン溶接

3本目

DSCN7238_20101223200956.jpg

近所の整備工場さんからの依頼で 排気漏れの修理です

ちょっと拡大

DSCN7237.jpg

溶接の途中で撮ったのですが

こんな感じで 元々の溶接のキワが 1周 クラック入ってました

DSCN7239_20101223200954.jpg

あんまり 溶接とか得意じゃないんですけど

こんな感じで大丈夫かな




GS400 クランクケース組み立て inTOKYO

2本目

ちょこちょこ進めてはいたのですが なかなかアップ出来ず 

もう組み立て段階になってました

DSCN7309.jpg

もうすでに O/H済みですが

バラしたら スラストワッシャーが1枚 入っておらず

ギヤが2枚ほど 痛んでました

ミッションも そろそろ程度の良い在庫品が無くなりそうですが

今回の部分は ちょうどあったので 入れ替えておきました

関係無いですが サニーの56Aのミッションのギヤとあんまり変わらない気がするのは僕だけ?

DSCN7311.jpg

では 組み立てます

DSCN7314.jpg

CBXとは違い とってもシンプル 指の入る隙間もいっぱいあるし

DSCN7315_20101223194924.jpg

ロアー側も

DSCN7317.jpg

超シンプル!

で 合体になります

今回はケースの締結用のボルトを全部新品に変えたのですが

DSCN7319_20101223194923.jpg

これ クランクのメインハウジングのところのやつなんですけど

なぜが 風合いの違うボルトが3種類来ました

今 純正部品で注文するとこうなるみたいです

どうせなら 全部クロームメッキっぽいやつにしてくれればいいのに!

DSCN7320.jpg

とりあえず これで クランクケースは形になりましたね

一気に行こうと思ったのですが

この後に使う 台が無いんですよ

なぜ?と思ったら 最近 入ってきたGSのエンジンに取り付けしちゃったんだ・・・・

また 台 作らないと・・・ これで何個目? 4個か?

つづく



L6 クランク いっぽんきー加工♪

こんばんは

今日も日中は結構 あたたかくて良かったですね ちょっと風強かったけど!

DSCN7202_20101223193041.jpg

僕の勝手なイメージですが

な~んか 年末の仕事って言うと L型 みたいな

う~ん きっと加工屋のせいですね 

今回のクランクは

DSCN7203_20101223193040.jpg

V07 って言っても Lやってない人にはわからないか?

LDのクランクです このクランク使って 3.1Lにするのは良く知られてますよね

DSCN7204.jpg

で Lのクランクって言ったら基本中の基本

ぽんきー加工です♪   正式に言うなら 1本キー溝切り加工でしょうか?

DSCN7210_20101223193039.jpg

この ぽんきー♪を入れることで

ギヤ等が くるりんぱ♪することはま~ず無いでしょう

DSCN7212.jpg

お客様が サビを気にしてましたが

ラッピングしたら結構綺麗になったので大丈夫でしょう!



俺のサニトラ その41 ポート研磨終了&ガイド製作

こんばんは

今日は あったかいですねー

やぁ~~~っと ポート研磨終わりました

DSCN7186.jpg

写真が悪いですね!

いやーしかし かなり削ったので 結構満足です♪

DSCN7199.jpg

肌は テキトーなので あんまり見ないで下さい

これは僕の おもちゃ用ですから♪

DSCN7217.jpg

ポート研磨 終わって 休む間も無く 

今度は バルブガイドの製作!

ポートに合わせて作っているので 市販品とは かなり違うかと

ちなみに 今回の 穴径は 7ミリね♪

まだまだ 作業が・・・・終わらせるーーーーーー!


CBX400F 発電するようになりました♪

こんにちは

今日はちょっと暖かいですね

とっくに上がってきていたのですがなかなか作業に入れなかったローターコイル

DSCN7072.jpg

さすが プロですね!

まず綺麗 これ大事 ほぼ新品 っていうか新品に見える

ではでは いざ測定

DSCN7069.jpg

お~ やっぱり違うじゃないですか

巻きなおし前と比べると 6倍の抵抗値

と言うより 前は ほぼ抵抗ゼロでしたからね!

たぶん これが正しいのかと 

じゃあ 実際の発電具合は?

DSCN7181_20101218133316.jpg

OKですね♪ ちなみに回転数は2000rpmくらいからこれくらいの電圧になります

レギュレーターも正常ですね 問題無しです♪

と言うことで CBXの発電系で悩んでる方は 

とりあえずローターコイル・ステータコイルの抵抗値を測定してみましょう

もちろん道通してることが前提で

発電もしっかりするようになったので やっとキャブの再調整に入れました

発電してくれないと アイドリング時プラグの火が非常に弱いですからね

自分の故障診断が 正解でうれしかった記念動画



マフラーから煙が少し出てますが エンジンがそんなにあったまって無いので

水蒸気が出ちゃったみたいですね♪

このエンジンはO/Hして2年くらい経ちますが調子良さそうですね

終わり~


アドレスV125 ポート研磨

2本目

DSCN7130.jpg

最近のバイクはみんな4サイクルなのでスクーターも4サイクルになっちゃいましたね

INTポートはさすがスクーター いつもの感じとはまったく違う方向を向いていますね

かなりお待たせさせてしまっていますが 一応ポート研磨は終わりました

INT

DSCN7133.jpg

EXH

DSCN7140.jpg

もうちょっとで全て終わる予定です

すいません・・・


俺のサニトラ その40 ポート研磨が終わらない・・・・

こんばんは

今日 めちゃくちゃ 寒いですね!

で 昨日のお休みの作業

DSCN7018_20101216212337.jpg

とりあえず Mサイズのガスケットに合わせてケガいてみたのですが

Mポートって こんなに大きかったっけ?

超久々です

DSCN7027.jpg

いくら 削っても 終わる気がしません!

何か L型より大変な気がしてきた・・・・

あ~ もうここまで来たら後戻りできない・・・・

終わるのか?????


トヨタ 6M型 ヘッド

こんにちは

ちょっといろいろ ありまして 更新が出来ませんでした

仕事はひたすら溜まるいっぽうです・・・・・・

DSCN6992.jpg

このエンジン 昔のクラウン何かに 搭載されてた 最近はあんまり見なくなりましたね

6M型のシリンダーヘッドです

今回は 近所の修理工場さんからで オイル下がりの原因を調べてね!です

DSCN7041_20101214162311.jpg

たぶん これー 相当下がってましたね

ここまでくると 上がりか下がりの区別すら難しいですね

まずは洗浄から

DSCN7035.jpg

うちには 良い洗浄機など無いので これくらいで勘弁して下さい

バルブも

DSCN7042.jpg

結構 シビレました

大きな原因は ステムシールの劣化だと思われます ちょっとつまんだダケでパキパキに砕けました♪

バルブガイドも若干のガタはありましたが オイルがダラダラ下がるほどでは無いので良しにしました

オーバーヒートも軽くやったそうなので

DSCN7044.jpg

一応 面研はしました

本来ならシートカット&摺り合わせまで行うのがセオリーですが

今回は求める方向が違うということで 加工はこれで終了です

DSCN7047.jpg

やっぱり 新品のステムシールだと全然違いますね

DSCN7049.jpg

う~ん 特に何もやってないのですが

迫力のある2バルブヘッドって カッコいいですね♪

さすが 3リッター♪

終わり




お休みのお知らせです

3本目

急な話しですが 親戚に不幸があり 本日午後~明日とお休みします 水曜日は定休日になります

ご迷惑おかけしますがご了承下さい


CBX400F O/H後のエンジン

2本目

DSCN7066.jpg

この CBX 実は・・・・・

地元では 極○で有名な木村先輩のバイクです

そして ちょっと前に見かけたエンジンが搭載されているように見えます・・・

まぁ その通りなのですが

ついこの前 オーバーホールを終えたばかりのエンジンです

地元の人達には ナイショでの作業依頼でした♪

で 今回は O/H前の動画も撮っておいたんですよ

それがこれです



O/H前だったので かなりテキトウな扱いです

特に これといって ダメになっているところはありませんでしたが

よく聞くと エンジンからチェーンまわりの音が聞こえます

スカスカエンジンなので まぁ抜けてる感じの かん高いような音ですねー

で これが O/H後です



音質が変わりましたねー 重低音が追加されましたー

これはYOUTUBEではちょっとわかりにくいかなぁ

特にチューニング的な事はしてませんから これが本来のCBXの音ですね

ちなみに 約400K走行後です

若干 アイドリングが高いように感じますが これで良いそうです・・・・

キャブまわりも含め 全て1型にこだわっていましたので

キャブは調整のみです  2型のキャブパーツ使えばもう少し戻りが速くなると思うんですけどね!

まぁ 木村先輩が これでいいって言うんだから これでいいんですねー

あんまり言うと 後がメンドクサイので♪

ふぅー しかしこのバイク 気を使うから やたら疲れます・・・・

じゃー木村先輩 がんばって動画見てねー




GS400 ヘッド完成 inNAGANO

おはようございます

今日もいい天気であたたかいですね♪

DSCN6940_20101206112627.jpg

お決まりの面研

このヘッドは以前 修正面研を受けてたようなので わずかな研磨量で済みました

DSCN6945_20101206112728.jpg

オイルラインのゴミに気をつけ

組み立てに入ります

DSCN6946.jpg

これ~

ステムシール打ち込み用の 棒です もちろん製作した物です

DSCN6951_20101206112727.jpg

加工時に だいたいの シム厚がわかっていますので

シム調整もそんなには ハマらなくて済みます

結構 いい感じになったと思います

ヘッド単品の STD+αの仕様です

終了


ISUZU 117coupe 来店

こんばんは

今日もいい天気でしたね♪

DSCN7061.jpg

前回 うちで 2回目のエンジンO/Hを行った G180型エンジン搭載の 117クーペです

車体の方も 僕のとは違いすごくしっかり整備もされてるようで

ビカビカです♪

エンジンの方も 今のところ特に問題もなく動いているようです

今現在 O/H後の実走行距離は 約300Kだそうです

30万キロくらい持ってくれると 僕は嬉しいのですが!

せっかくなので 記念動画 撮らせて頂きました



すいません・・・・・

僕の う・う~ん って声が入ってしまいました・・・・

エンジンのブレもなく 変なメカノイズも無く 良さそうですね

インジェクターが無かったら 結構 静かなのかもしれませんね

ふぅ~ しかし これでちょっとは安心できました♪

散々 悩んで あれこれやって やっと形にしたエンジンだったものですから・・・

こーやって たまに遊びに来てくれると エンジンの調子が見れていいですね!


GS400 ヘッド ガイド交換・シートカット・摺り合わせまで

こんにちは

そー言えば 昨日の朝 物凄い雨でしたね

みなさんは大丈夫でしたか? 近所の整備工場さんには1台水没車が入ったみたいですが

DSCN6932.jpg

んー 実に仕事が遅い・・・・・

仕事遅いせいで GSのヘッド また増えてるし・・・進まない・・・

ガイド交換~シートカット・摺り合わせまで 一気に進んではいるのですが

やはり 寸法等 みなバラバラなので そんなにペースは上がらないですね・・・

でも もうちょっとのハズです

DSCN6934.jpg

外注さんは 超早い♪

つづく


GS400 ヘッドねじ穴修理 その3

4本目

DSCN6968.jpg

タコメータ取り出し口クランプ用のネジ穴です

ここは意外と 見ないですねー

今回 見ちゃいましたけど♪

だーいぶ 悪あがき したみたいですね♪

DSCN6969.jpg

GSのヘッドの場合

ネジが折れるって言うのは 正直 全箇所折れてもおかしくないくらい

アルミと鉄のネジが固着しますから 溶接しようが何しようが通常取れません

あきらめて 綺麗にモミ取った方が無難です


GS400 ヘッド ねじ穴修理 その2

3本目

DSCN6939.jpg

ここも ダメになるネジ穴 TOP3くらいに入りますね♪

定番です

DSCN6943.jpg

ねじ穴が ダメになっているだけなら

ヘリサートで修理することが可能です

あっ そうそう 素人の方がヘリサート失敗したところは

いくら僕でも 2回目のヘリサート修理はできない場合が多いです 

作業時は注意して下さい


GS400 ヘッド ねじ穴修理 その1

こんばんは

2本目です

DSCN6910.jpg

カムジャーナルの後は ねじ穴の修理です

大概のヘッドは どっかしら ダメになってますからね!

このヘッドは ここの部分が一番ひどかったですね

まぁ見ての通りですが

DSCN6920.jpg

向かって 

←は奥の方でネジが折れたまま残ってます♪

→は折れたネジが残ったまま 修理した風に荒らされてます♪

DSCN6914.jpg

結構ネジが残ってます もうこの時点でヘリサートでは修理できません

DSCN6921.jpg

こっちは うまく折れてたネジ 取れました

DSCN6923_20101202224348.jpg

なので 部分的に ザグってしまいました

DSCN6924.jpg

溶接・ねじ穴再生・面研をすると 元に戻りました。

このパターンは 結構大変です 

ネジが折れたままになってると意外と楽勝なんですけどね


俺のサニトラ その39 コンロッド重量バランス

こんにちは

今日は 曇りかな? 夜は冷えそうですね・・・・

昨日の休みは久々に自分のエンジンやりました(やれました)

ここのところ 疲れて 爆睡してました

DSCN6998.jpg

強度は置いといて 重量&バランスは Hコンとほぼ同じくらいになったと思います

今回は Hコンの重量が目標だったので ここでやめましたが

多分 430gくらいまで行けそうですね♪(だれもこんなお馬鹿なことしないか)

DSCN7006.jpg

正直 僕は 鏡面とか興味無いので 重さだけに 神経を集中させてみました

なので自然と 形はほぼ同じです

DSCN7009.jpg

研磨目がかなり残ってますね♪

とりあえず これで 腰下部品の加工は全部終わったかな?

後は・・・・ヘッドかぁ~・・・・・年内に終わるのか?

つづく


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。