内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GS400 シリンダー点検・修理

こんばんは

今日は いつもより ちょっと早いかな って十分遅いですね・・・・

DSCN7780.jpg

今回のシリンダーは 多分 オーバーヒートによるトラブルと思われます

上の写真は すでに ホーニング済みですが

だいたい 中央部分で ピストンスカート方向に キツい あたりと言うかカジりと言うか

まぁそんな感じです 要するに ピストンの温度が一番上がる 圧縮上死点付近です

ダメなものはダメですが まだ補修の余地がありましたので

うまく ホーニングにて 円筒度・真円度を修正してみました

DSCN7786.jpg

若干 クリアランスが広がりましたが 許容値内です

DSCN7726.jpg

ピストンも カジりキズがありましたので

今後 カジらないようにと 多少のクリアランス調整を兼ねて

DSCN7729_20110127231758.jpg

いくらクリアランス調整って言っても 

この写真を見ればわかるように ピストン製作時の引目は残ってますから♪

ミクロンの世界ってことで

スポンサーサイト

GS400 ヘッド点検・修理

どもー こんばんは♪

良い子のみなさんは もう とっくに寝てますね♪

いかん いかん ドンドン 更新時間が遅くなってる・・・・・

ブログ更新なんかしてないで 早く寝ろ!って話しですよね

DSCN7753.jpg

ぱっと見 綺麗で もう終わったのかな?と思うかもしれませんが

これから 各部点検の修理です

DSCN7759.jpg

まずは 基本のカムハウジング径の確認をしようとしたのですが

んー・・・・・ 一応 ヘリサートにて修理されてたのですが どーもイマイチだったので

抜き取りました

DSCN7760.jpg

最近は 素人の方でも簡単にリコイルキットが入手できますが

あまい 簡単ですが 簡単じゃないです

用途にわけ 長さも変え 時には切ったりして しっかりと挿入しましょう!

面に対して 垂直なのは 当たり前ですからね!

同芯で下穴加工するのも当たり前ですからね!

DSCN7770.jpg

ハウジング径は 非常に良い状態ですね♪

でもー カムが・・・・・

DSCN7771_20110125011558.jpg

カム山の反対側が 偏磨耗してます・・・・

直径で言うと 約0.1mm磨耗してます でも片側だけ

GS400は タペットクリアランスが 0.05mmと非常に狭いので

これでは 正しく クリアランス調整ができません

直します

DSCN7796.jpg

こんな感じで 新品と同径にしました

DSCN7766.jpg

これは 追加でたのまれていたので 

油穴の拡大加工です 

自分でやるときは 要注意です 簡単に ヘッドに穴開きますから♪

DSCN7798.jpg

とても良い感じです

みなさんも 合唱して下さい♪



この寒さですから 10W-40のオイルではこんな感じがベストかと

まったく関係無いですが 僕は 今 ビール何本目ですか?

やっぱりビールは サッポロだな!うん 黒ラベル うまい♪

あれっ 黒ラベル呑んでたハズなのに あれっ アサヒ呑んでる おかしいなぁ?

アサヒもうまいね!

何でしたっけ????

で バルブスプリングまで組み付け依頼でしたので

組み付けました

DSCN7807.jpg

面研もしてました

ヘッド 終わり

そして 寝ます おやすみなさい






ボルティー エンジン完成

3本目

これ 書いたら 寝ます

DSCN7741.jpg

完成です

あっ 忘れた

DSCN7742.jpg

大変 お待たせしました・・・・

でも きっといい感じになった思いますので・・・・

あっ 忘れた

DSCN7738.jpg

あ~ さすがですね! 

超 綺麗でした 

これで ボルティーのエンジンO/H終了です




ボルティー エンジン組み立て

2本目

もう僕 寝た方がいいですか?

DSCN7673_20110122011319.jpg

特に掃除したわけじゃないのに この綺麗なケース内

そーとー オイル管理がされてましたね!理想的な綺麗さですね

で これから サイレントしてくれるであろうチェーンはもちろん新品です

DSCN7687.jpg

チューニングではないのですが やる気を感じさせるピストン♪

あっ そうそうまた発見 このシリンダースタッドボルト 

これ~ GS400と同じでしょう~

やっぱり スズキは共通部品がこの年式でもかな~りあるので見てると面白いです

DSCN7690.jpg

良い感じです

結構 軽い感じです モリブデンコートのおかげで レスポンスUPかな?

DSCN7697.jpg

最近って言うほどでも無いですけど

もうこの時代から ヘッドガスケットは メタルだったんですね

なお更 面が大事になってきますね

オイルラインに Oリングすら 入れないんですからね

DSCN7733_20110122011315.jpg

よ~し ヘッドまで 組み立てできました

DSCN7734.jpg

これ 今 テンショナーの確認をしているところです

大丈夫ですね いい感じだと思います

ちなみに このエンジンのテンショナー オートなのですが セミロックタイプでいい感じです

つづく すぐ続きます




ボルティー エンジン組み立て前準備

どーもー こんばんは♪

日に日に 更新時間が遅くなってますね・・・・

DSCN7683.jpg

ここ大事~ ピストンリングの合口の隙間の確認

何度も何度も口をすっぱくして言っているのですが・・・・

絶対に確認はしないとダメですよ

今回のリングはとっても理想的な隙間でした

DSCN7684.jpg

このピストン 外観は結構フツーですが

中は 大事な部分はしっかり剛性を上げ その他は軽く

ピストンピンボス上の強度は大事ですからね!

なかなかやるな アートピストン (僕に言われたく無いですね)すいません・・・・

車だとトヨタ系がたしか純正でこんなだったような?最近見てないので♪

DSCN7669_20110122005241.jpg

ヘッド 組んでみます

DSCN7694.jpg

綺麗~ 気分がいいですね♪

DSCN7666_20110122005240.jpg

今回使った このステムシール どっかで見たことあるような・・・・・

これ~ ホンダのCBX400Fと同じじゃないですか?

いや 多分 同じ ステム径も5.5φだし♪ 間違ってたらゴメンナサイ

つづく すぐ書きます










ボルティー エンジン加工終了かな

こんばんは

なんだかんだで 工場閉めてから いろいろな雑務をこなすと

一杯 やりながら ゆっくり ブログを更新しようとするとこんな時間になってしまいます・・・

ホントは昼間のうちに更新すれば良いのでしょうが なかなか~・・・・

と言うより このブログは 少しでもみなさんの参考になればって言うのと

エンジンは 簡単じゃないって事が 少しでも伝わればと思い書いてますので

だから ゆっくり OFFの状態で書きたいんですよね♪

DSCN7652.jpg

シートカット バルブ摺り合わせ後です 

若干ですが 耐久性を重視しました

DSCN7663.jpg

チェーン側に 歪みが出てましたね

DSCN7655_20110120234752.jpg

ホーニング・面研 終了です

この写真じゃ~ ホーニングがまったくわかりませんね♪

やっぱりシリンダーもチェーン側に歪みが出てました

DSCN7679.jpg

このエンジンは 以前にも バラされた形跡があり

ピストンのバリ取り不足と思われる カジリ傷が結構ありましたので

コーティングを施しました(ちなみに外注ですから)

それと バリが残ったまま コーティングしても意味が無いので

下処理として バリと言うバリは全てならしてあります

だいたい これで 加工&下準備は終わったかな


 

俺のサニトラ その48 マフラー作り

こんばんは

寒いです

この時期 うちの工場 超寒いので シャッター開けたくありません・・・・

でも サニトラ弄る時は 入りきらないので 開けて作業・・・・意外と長いんですよね・・・

ちなみに今日は定休日ですから! サニトラの日です

DSCN7646.jpg

別に マフラーに関してはそんなこだわりは無いのですが

どーやら 今までのマフラーでは シャーシダイナモに載せることが出来ないみたい・・・

なので急遽 あり合わせのパイプとか使って テキトーに作ってみました

DSCN7648.jpg

写真がイマイチですね

今回は とりあえず 多少大人的で 多少車高を確保できるようなつくりにしました

なので若干と言うか かなり抵抗になる曲がりを付けてしまったため

やたら中間トルクが増し フラットな特性になってしまいました

DSCN7649.jpg

結構 作るの大変だったのですが あえてデフ上を通してみました

僕的には 上でキンキン回るエンジンが好みなのですが

何だか セッティングが進み マフラー変更と どんどん フツーな感じになってきてます・・・

正直 今のエンジン バラして 組みなおしたいのですが

まぁ データ取りってことで シャーシダイナモかけてからですね

2月中には かける予定です


インナーシム研磨

こんばんは

毎日毎日 寒い日が続いて ホント イヤです・・・・

DSCN7609_20110117203203.jpg

ツインカムのエンジンで 直打式の場合 こんな感じの

インナーシムや GS400のような アウターシムを使って 

タペットクリアランスの調整をしますよね

で 通常だと 範囲が0.05mmくらいだと思います

純正部品では 0.05mm単位の 販売が普通だと思いますから

でも これでは きっちり出せない場合

もしくは ぴったりにしたい~等の場合

DSCN7612_20110117203202.jpg

ハイチューンエンジンでは こんなことします

お客様の指定された厚み ぴったりにします

僕の公差は 0.005mm♪

これで ばっちり 決まるかと!


俺のサニトラ その47 エンジン始動

こんにちは

やっぱり今日も寒いですね~


で何とか エンジン載せ替えも終わり 無事にエンジンかかりました



A15ベース 80度カム フライホィール6K ノーマルファン付き キャブ未調整 極端なバルタイ

にしては まぁまぁかと♪

今後 各部の調整を煮詰めていこうと思います

つづく~


ボルティー エンジン分解

こんばんは

夜は ほっんとサムイ・・・

DSCN7218.jpg

年内中に 分解は終えてたのですが

なかなか アップできませんでした・・・

今回のエンジンの依頼内容は 特に不具合が出ているわけでは無いが

長く大事に乗りたいという事で オーバーホールになりました

DSCN7221.jpg

このエンジンは 小排気量では一番ポピュラーな OHC 4バルブ エンジンですね

ロッカーアームは Y字ロッカーが採用されてます

DSCN7222.jpg

僕 個人的な意見ですが スズキの 動弁系 好きです

開発人のセンス的な部分が僕と似てるのかもしれませんね♪

DSCN7224.jpg

シリンダーも結構 綺麗ですねー

DSCN7226_20110111213656.jpg

分解しても やっぱり 特にダメ(使えない)な部分は無さそうですね

ただ お客様は カチャカチャとエンジン音がうるさいと言われてました

原因はここ

DSCN7227.jpg

この 現在はサイレントになってないハズの サイレントチェーン

本来は 結構静かなエンジンなんだと思いますが

このエンジンは もうテンショナーが めいいっぱい出た状態になっていて

それでもチェーンは タルタルでしたので 

限界値をとっくに超えていたのでしょう

と言うことで 一番のガンは このチェーンですね!

腰下は 特に問題無さそうなので このチェーンを交換して

その他の部分は ちょっと手直ししてあげれば 元の静かなエンジンに戻りそうです

つづく



CB400T オイル漏れ(ホンダの罠)・・・

こんにちは

今日もすごく天気は良いのですが 冷えてますね!

実は 以前 うちで組んだ ホークのエンジンからオイルが漏れるというトラブルがあり

今 再度預かり よく点検してみたのですが

ホンダの罠に まんまと 僕がハマったみたいです

オイルの漏れる場所は シリンダー内側左のヘッドボルトが通る穴からです

DSCN7601絵

赤で書いたような感じです

まぁ 僕が気がつかなったのが悪いと言えば悪いのですが

バラしてみたら 何てことはない

DSCN7589.jpg

こんな所に ご丁寧に 溝があります・・・・

これじゃ漏れますね

本来なら このシリンダーのタイプの場合 

パーツリストの絵のようにこの部分のボルトはオイルシール的な物が圧着されてる物を使わないとダメなのですが 今回のエンジンは各パーツが年式バラバラだったので・・・・・

ちなみに このシリンダー 前期・中期・後期 未だに不明です・・・

DSCN7598.jpg

で 他のシリンダーを見ると やっぱり 溝がある物と無い物があります・・・・

僕の見落としで文句言うのも何ですが

何でこんなところに 溝 入れたの?ホンダさん?

フツー センターのところは水が溜まらないように 外に溝入れるでしょーーーー!

絶対にこれって ホンダの罠ですよ!

僕がやるくらいだから 結構 このトラブルあるんじゃないかなぁ~

みなさんも ホンダの罠には 気をつけて下さいね♪

DSCN7593_20110111111423.jpg

うちで組んだエンジン そうそうバラすことは無いのですが

バラしたついでに どんな感じか 良く見てみたのですが

良さそーですね シリンダーも変なキズ1つ無く

DSCN7594.jpg

ピストンも左右均一に あたりがついてました♪

DSCN7600.jpg

ヘッドもいい感じですね

くだらない事でお客様に迷惑をかけてしまい 申し訳ありませんでした

部品入荷次第 速攻で終わらせますので よろしくお願いします


GS400 エンジン完成 inTOKYO

こんばんは

今日は風が一段と冷たい・・・・

DSCN7576.jpg

今回のエンジンは 結構ヒドイ組み付けがされていたため

細かい部分の手直しがかなり多くありましたが

何とか形にすることができました

DSCN7568.jpg

今度は しっかり組み付けしたつもりなので

正常なエンジンの動きをしてくれるでしょう

車載後 またアップしたいと思います

いったん終わり


GS400 エンジン組み立ての続き

こんばんは

最近はホントに冷えますね・・・腰 気をつけないと!

DSCN7371.jpg

何とか 年内に終わらせようと頑張っていたのですが

暮れに 身内でバタバタしたので 仕上げることが出来なかったエンジンです

DSCN7389.jpg

←が元々入っていた ローカム♪

→が今回使う 後期カム♪

DSCN7394.jpg

念のため バルブタイミングの確認してみました

問題は無さそうです

DSCN7408.jpg

もうちょいです

つづく


俺のサニトラ その46 エンジン組み立て(2)

4本目

DSCN7478.jpg

今回 バルブは 7㎜ステム 38/32 超軽量 加工バルブを使っています

ノーマルボアでは EXHバルブがあたってしまうのでこんな感じで

ブロック側にもリセスを かなり深めに切っています

トップリングまで たしか1mmくらいしかなかったような♪

2番のシリンダー 笑えますよね!

今回 ホーニングすらかけて無いので サビ模様が残ってます♪

DSCN7450.jpg

そして 更にヒドイのが 今回 切れたガスケット以外全て再利用してます(超エコ)

メタルは特にキズは無かったのですが 

変な模様が出てます よくわかりません(どーでもいいです♪)

DSCN7513.jpg

ヘッドガスケットくらいは 新品だろー!と突っ込まれそうですが

いつ 使ったのか不明な物を テキトーに選びました♪

DSCN7518.jpg

こんな事 お客さんのエンジンでは絶対にしませんが

いいんです 僕のおもちゃですから

心配無用です♪ ガスケット抜けたら 笑ってください

DSCN7530.jpg

完成です

DSCN7532.jpg

極めつけは この30~40年くらい前の リークしてるプラグコード(触るとキケンです!)

たぶん こんなA型 全国的にも無いハズなので どんな感じなのかなぁ~

楽しみだなぁ~

組み立て偏 おわり~









俺のサニトラ その45 エンジン組み立て(1)

3本目

DSCN7506_20110105185137.jpg

もう みなさん 忘れているかも知れないので

再度 言います

今回の 僕のエンジンは ボアアップ無しの純正加工or純正流用加工のみで

どこまで行けるか?がテーマになってます 

なぜなら 僕は 内燃機の加工屋だし

売ってるチューニングパーツをただ組んでも まったく面白くないし

同じ部品を使って組んだら その辺のエンジンと同じになってしまうからです

要するに 自分プロデュースの他に無いエンジンが組みたいだけです

DSCN7499.jpg

なので こんな風に バルブのセット長も INT/EXHで変えたりしてます

通常 A型では スプリングのセット長は 37~38くらいだと思うのですが

僕のヘッドは 36.5mmとかになってたりします♪

DSCN7515.jpg

本当は ロッカーアームまわりも かなりやりたかったのですが

時間が足りないので 次回ということで 今回は手つけずです

DSCN7460.jpg

別に どーでも良い写真なのですが

実は ボアアップしたんじゃないの?みたいに思われたらイヤなので

DSCN7465_20110105185136.jpg

フルフローでは無く 圧入組み立てしてます♪

DSCN7466.jpg

超 軽量加工&超バランス取りした クランク・コンロッドを組むとこんな感じ

つづく


俺のサニトラ その44 ヘッド加工終了

2本目

年を越して ようやく 落ち着いたのですが 

休み明けからはバタバタするの間違いなしなので 

この何日間かを活用して自分のエンジンやってみました

DSCN7425.jpg

この水穴の部分は 別にメクラでも良いのですが

あえて溶接にて埋めてみました

DSCN7427.jpg

ヘッド後ろの部分ですが 通常のメクラでは無く

製作してみました

DSCN7432.jpg

水穴周辺はかなり腐っていたので 面研しても跡が残ってますね

DSCN7436.jpg

面研量 2.0mmで 容積は 21.0ccでした

これで だいたい ヘッド自体は加工終了です


今年もよろしくお願いします

こんばんは

まず お詫びから

12月は頭からお葬式等いろいろ重なり 喪中はがき すら書けづ

沢山の年賀状を頂いてしまい 申し訳ありませんでした


皆様のおかげで 今年 OUTLINEは6年目に入ります

これからも どうぞよろしくお願いします

今年は 落ち着いて いろいろな事にチャレンジしたいと思っています

明日 1/6から通常営業となります


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。