内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご迷惑おかけしました

こんにちは

ようやく雨もやんだようですね

実は 土曜・日曜とカラダが言うことをきいてくれず

ずっと寝込んでいました・・・・・

今日から何とか動けそうです

毎度・毎度ですみません・・・

スポンサーサイト

夏に向けて念願の♪

こんにちは

最近 結構 暑くなってきましたよね

夏は好きなんですけど 夏に工場の中に居るのはキライと言うか居られない・・・・

ウワサでは 去年みたいな 猛暑になるらしいって・・・・

僕 たぶん 今の勢いで仕事してたらもちません

と言うことで

DSCN9813.jpg

プロにお任せ

あっと言う間に

DSCN9819.jpg

こんな感じ♪ 僕 建物系は全然ダメなので 見てると やっぱプロは違うな!って感じです

僕的には もう これ付けたダケで 涼しくなってますが

ボソっと言われたのが この工場でこれくらいじゃそんなに冷えないだろうな~ です・・・・・

まぁ 使う・使わないは別として 僕は満足です♪

真夏に乞うご期待


駒ちゃんのZ1 ケース加工

2本目

もういい加減 Z やらないと(絶対に怒ってる・・・・)

注文してたWISECO部品が中々来ない間に GS.GS.GS.GS.GS.にハマリ・・・ごめんなさい

なので 現在 猛スピードで進めています(中々進まないんですけど)

DSCN9772.jpg

今回は あんまりやらないようなシリンダーの修理の仕方をするので

ケース側の加工も必要になりました

まぁ やることはケースボーリングなんですけど

こんな感じで 水平出しや 加工位置出し をしてるんですけどー

どーも しっくり来ない・・・・

DSCN9778.jpg

やっぱり しっくり来ない・・・・

何がしっくり来ないか?って言うと いくら基準を取ってもズレてる(ズレる)

これは たぶん 僕のセッティングが悪いんじゃなくて

元々の加工精度が悪い! なので一番悩むのは どこが基準?って感じです

だって 加工前に気がついたのですが

これ~

DSCN9776(1).jpg

ノーマルのサイズのライナーなのにー

DSCN9789.jpg

すでに あたってるじゃん!

まぁ もう40年も前のエンジンですからね で済ませておきましょう

DSCN9787.jpg

これで大丈夫でしょう カワサキ的寸法に仕上げてみました♪

で ついでと言うか せっかくなので

DSCN9795.jpg

面研もしておきました

シリンダーとの合わせ面にオイルシールが付きませんから

油圧ラインの部分とか気になりますもんね!


4A-G 穴開きEXHポート修理

こんばんはー

や~っと今日 雨が上がりましたね

DSCN9730.jpg

カーボン付いたままなので よくわからないと思いますが

結構な内容でチューニングされたヘッドです

で 全開走行中に

DSCN9728.jpg

ポン♪みたいな 

オイルの戻りのところに 穴が開いたのは 不幸中の幸いですね

DSCN9746.jpg

なので 油圧がかかる部分では無いので

こんなパイプを作って 圧入して修理することにしました

DSCN9747.jpg

こんな感じです

DSCN9748.jpg

穴が開くイコール溶接修理が全てでは無いですよね 

場所にもよりますしね

また漏れたら 言って下さい


お知らせ

こんにちは

今日もいい天気ですね と言うか暑い

本日 午後~ 友人の結婚パーティーに出席のため

お休みします

よろしくお願いします


GS400 ポート研磨 fromFUKUSHIMA

超コンバンハ・・・

今日は 雨 すごかったですね 

でもポート研磨は 雨の日にするのが好きです(なにげに集中できるんですよ)

DSCN9671.jpg

完成 間近の時の写真

自分のだったら もうここで止めますが お客様のエンジンなので

そーは行かない・・・・見た目を整えないと・・・・

数時間後

DSCN9701.jpg

INTは ピカピカにはしないので わりと写真写りが良いかも?

DSCN9719.jpg

こっちが時間かかるんですよね~

DSCN9685.jpg

しかも 左右のポートを一緒に見る事できないし・・・

DSCN9690.jpg

やっぱ 写真 綺麗に撮れません・・・・

超 波々に見えるし そんな事ないんだけどなぁー

反射し過ぎてダメみたい わかる人だけ わかってやって下さい・・・・

DSCN9717.jpg

一応 今回のポートは うちのBIGバルブ用のポートです

シートリング下の部分は シートカット後に 再整形する予定です

とりあえず一旦終了~


CB750FのネックにCB1300SFの三つ又が合うようにする!

こんばんは

今日は 内燃系では無いです

ネジ系です♪

DSCN9530.jpg

←がCB1300SF →がCB750F(多分ノーマル?)

通常と言うか 結構ありがちなのが ステムシャフト打ち替えですが

アンダーブラケットが鉄材だったら 打ち替えで良いと思うのですが

ブラケットがアルミ材の場合  ハンパ無い圧入がされてますので

正直 打ち替えとか あまりお勧め出来ない(安全面を考えると)

でも 今回のシャフトを良く見ると

上下のベアリング取り付け部分の径が同じ♪

と言うことは これ~ステムシャフト抜かなくてもいいじゃない?

考えた結果

DSCN9538.jpg

こんな感じで 30㎜くらい下げた位置に 元々の形状を再現してみました

後は いらないトップの部分をチョップすれば

DSCN9541.jpg
 
できた~♪

僕としては この加工 画期的だったのですが

これって結構 フツーなんですかね?






YAMAHA TT250Rエンジン分解

2本目

DSCN9565.jpg

久々の登場スーパープライベーターのスターさん

見るに見かねて「お客さんに迷惑かけちゃいかんじゃろ~」と手伝いに来てくれました

この辺では唯一 僕と同じレベルでエンジンを理解してる人です

と言うことで エンジンの分解を頼んでみました

すると じゃ~台から作るか!なんてブツブツ言いながら廃材等を使用して

DSCN9567.jpg

あっと言う間に どんどん形になってく

僕より作るの早いんじゃないかな?

DSCN9568.jpg

しかも 完成した後見たら 全然ガタガタしないし ピッタリだし・・・・・

じゃあ~バラすよー ←とにかく早い

DSCN9570.jpg

このエンジン 大丈夫そうだねー  ←やっぱわかるんだなぁ・・・・

DSCN9598.jpg

早すぎ・・・しかもメモ取りながら 細かく書いてるし

DSCN9602_20110515204506.jpg

って感じで あっと言う間に全バラ

スターさんが言うには 特にこれと言ってダメなところは無い若干の痛みはあるけどね♪

だそうです

後は 僕の方で 細かく点検してみたいと思います(測定もできるんだからやってくれればいいのに・・・)

CBRとかGSとかまだまだあるんだけどなー 加工~組み立てまでやってとは言わないけど分解だけでもしてくれると

ホント助かるなぁー






GS400 ポート研磨(荒削り) fromFUKUSHIMA

こんばんは

今日もGS400です♪

みなさん GSネタもう飽きました?

僕 GS400 もうお腹いっぱいです・・・・・

DSCN9665.jpg

僕の GS400も完成しました♪

と言うより もらいました(お客様に)

今 一番のお気に入りです E型だけど 僕のGSとカラーリングがまったく同じ♪

DSCN9645.jpg

ここに こんな感じでセットされてるってことは

ポート研磨ですよね~・・・・・・・もうバレてるかも知れませんが

僕 ポート研磨 苦手なんです(理由はこの時期暑いから←理由になってないな!)

DSCN9648.jpg

いつも思っていることなんですが

GSのINTポートのシートリング下の形って 空冷ポルシェのポートと似てると思いませんか?

正直もう 5~6年はポルシェさわってないですけどね♪

DSCN9654_20110515201753.jpg

で こっちがEXHポート 荒削り終わったところ

モンキーのポートをかなりデカくしたような形ですね

DSCN9659.jpg

で INTポート・・・・・・・

んー これもいつも思うのだが 何ともヒワイな形に見えるのは僕だけだろうか♪

つづく


GS400 エンジンお預かり fromIBARAKI(守谷)

6本目

DSCN9634.jpg

現在 GS400のエンジンは 出しても出しても減らないと言う

とてもおかしなシステムになっているようです・・・・・(たまに増えたりもする・・・)

誰かいませんか?

俺 エンジンの分解・組み立て 出来るよ!って人(センス良く)

まぁいいや・・・・・・

お待たせさせちゃってる皆様 ちゃんとやりますので時間下さい

妥協が出来ないので 時間下さい

すいません 首がキリンになっちゃうかもしれませんが あたたかい心でお願いします


GS400 エンジン完成♪ fromSAITAMA

5本目

DSCN9252_20110513194432.jpg

今回のエンジンの内容は

http://www18.ocn.ne.jp/~outline/gs400kakou.html

↑のページの下の方にある 450仕様のフルバージョンってとこです

最初 バラした時は エンジンの中にナットとか入ってたので

どーなるか?と思ったのですが 意外と痛みも少なく良いベースだったので

わりと すんなり作業が進みました

DSCN9253_20110513194431.jpg

これから あちこち走り回って あんまりうちの宣伝しないで下さいね♪

終わり~


GS400 エンジン組み立て(腰上偏) fromSAITAMA

4本目

DSCN9231.jpg

ヘッドもいい感じで仕上がりました (それだけじゃ~全然わからんよ~って言って!)

DSCN9233.jpg

ね~ いい感じでしょう♪ 

だって写真無いんだもん・・・・・

DSCN9211.jpg

シリンダーもいつも間にか 白くなっちゃってるし♪

写真 無いんだもん・・・

DSCN9236.jpg

カッコいい~

DSCN9244.jpg

ブログ上では 約30分でエンジン完成しちゃいましたね

でも実際は 加工~下準備で 約1ヵ月半くらい(もっとかな?)

で 組み付けで 丸々3日くらい かかってます

おせーよ!って言って下さい♪


GS400 エンジン組み立て(腰下偏) fromSAITAMA

3本目

DSCN9180.jpg

シリンダーやヘッドの加工の時の写真 無いです・・・・・おかしいなぁ?

なので いきなり 組み立てに入るみたいです

DSCN9183_20110513191712.jpg

綺麗 綺麗♪

あっ そー言えば

ミッション

DSCN9164.jpg

マニュアルの数字と 1.3mm違うって言うか 違ってた?

別に動いたようには見えなかったのですが・・・・元々?

ミッションO/Hついでに

DSCN9168.jpg

正常な数字に戻しておきました♪

DSCN9190.jpg

ブログだと 実に いいペースで組み立てが進みますねー

DSCN9198.jpg

ほらぁー もう 腰下 組んで終わちゃったし♪

つづく(すぐ)


GS400 ヘッド点検

2本目

DSCN9624.jpg

ヘッドも 工場の中に いったい何台分あるんだろう・・・・・・・・・

まずは

DSCN9626.jpg

ここ ネジ穴なんかは 後回しでここ!

GSで唯一の ベアリングの付かない軸受け

まぁ 今回のヘッド達は 見た目良かったので大丈夫ってわかってたんですけどね

何かあったらイヤなので 一応 数字で残すようにしてます


GS400 ドレンボルト穴強化 from府中&柏

こんばんは

あっと言う間に 1週間過ぎますね・・・・時間が足りない・・・(うまく使えよ!)

DSCN9595_20110513185532.jpg

国内物であれば たぶんこのタイプが 2型~E型まで

DSCN9574.jpg

で こっちが E2 E3 かな?たぶん 逆車もかなりあるので 簡単には判別出来ないですけどね

DSCN9590_20110513185531.jpg

お決まりの 壊れちゃう前に 強化しとくぞ!です(ついでですからね♪)

DSCN9608.jpg

大丈夫ですね 漏れて無かったです♪




GS400のパーツ

そうそう

GS400パーツのページ作りました

もっともっと時間があれば ドンドン 新パーツ開発するんですけどね・・・・

GS400パーツのページ

GS400 ヘッド&その他 完成♪fromTOKYO(足立)

2本目

DSCN9509.jpg

バルブガイド交換はじめ いつも通りな内容のO/Hです

DSCN9511.jpg

今回 バルブは再使用しました

DSCN9499.jpg

で これがお客様の方でご用意されたカムシャフト

ジャーナル部分はしょうがないか・・・

DSCN9503.jpg

うんOKです これで新品時の寸法と同じです

DSCN8906(祓川様分)

オイルシール部分が錆びて磨耗した クラッチプッシュロッド

これもまぁ しょーがないな・・・

DSCN9514.jpg

若干 プツプツ残りましたが オイルシールの部分は大丈夫です

前にも書きましたが ハードクロームです!

終わり~


GS400 ヘッド点検 fromTOKYO(足立)

こんにちは

ようやく雨があがりましたね たまに降るのはいいけどやっぱ雨はイヤですね

DSCN8829.jpg

今回はヘッド単体でのお預かり

DSCN8832.jpg

早速ですが ローカム♪ 通常よりもカム山が3ミリくらい小さいです

DSCN8833.jpg

カムジャーナルにキズ&磨耗がありましたので ヘッド側もそれなりです

まぁ これくらいだったら許容値内かな

DSCN8862.jpg

う~ん これは完全なる あたり不良 2バルブなので顕著に出ますね




GS400 エンジン組み立て(腰下) fromTOKYO(練馬)

4本目

DSCN8772.jpg

特に無いですけど ミッションはニュートラル位置で組むと楽

後はバランサーとクランクの合わせ位置に注意くらいかなー

DSCN8778.jpg

最近 液体ガスケットもかなり こだわり始めて

DSCN8773.jpg

純正みたいに わざと垂らしたりしてます♪

DSCN8784.jpg

ね なんかそれっぽいでしょ!色違うけど・・・・・

DSCN8893.jpg

完成です

DSCN8898.jpg

今回は腰下のみの依頼でしたので これで終了です

あ~GS 後何基あるんだろ・・・・数えると増えそうだから数えないにしよー


GS400 ケース組み立て時の注意

3本目

DSCN8756_20110506091654.jpg

これは バランサーシャフトベアリングとミッションベアリングの

スラスト規制用のCリング

パッと見 同じように見えますが違います

DSCN8758.jpg

これがミッション用で2個あります

DSCN8759_20110506091652.jpg

で こっちがバランサーシャフト用

これ 間違えてバランサー側にミッション用を入れて組んでしまうと

DSCN8764_20110506091651.jpg

ハウジング部分が変なテンションかかって変な跡がついちゃったりします

と言うか 上下のケースがしっかり合わないのでオイルも漏れますし

1箇所 こんな感じで浮いちゃうと クランクもバランサーもミッションも全てケース内で

そうとう暴れますので 最悪壊れます 要注意です


GS400 腰下組み立て準備 fromTOKYO(練馬)

2本目

DSCN8721.jpg

まぁミッションはいつも通りな感じです

注意点は 114.7mmかな♪

DSCN8715_20110506085833.jpg

あんまり書いて無いですけど

オイルポンプはかなり大事な部分ですから もちろん分解・点検です

DSCN8827_20110506085832.jpg

ヘリサート箇所見つけました

多分この部分を修理した後 折ったリコイルがエンジン内部に入ってしまったんでしょう

DSCN8741_20110506085831.jpg

大体こんなところでしょうか


GS400 オイルフィルターカバー座面の修理 fromTOKYO(練馬)

おはようございます

今日はちょっと寒いかな?

DSCN8712_20110506084608.jpg

この部分はオイルフィルターを取り付ける部分のケース側

嫌な感じのキズが入ってます

オイルシールが新しいうちは漏れないかも知れませんが たぶんこのままじゃ漏れますよね

DSCN8727.jpg

今回は金属パテにて補修してみました

DSCN8732.jpg

漏れ確認もしましたが 大丈夫そうです


GS400 旅立ち そして・・・・・

9本目

DSCN9482.jpg

早速 発送です

この通い箱 ホントに良く使う 

僕よりも 日本のいろいろな所に行けていいなぁ~♪



現在 エンジン系 ガシガシやってますが

そんな中

DSCN9491.jpg

ヤマハのモトクロス TT-R フルオーバーホールでお預かり(結構前・・)

DSCN9490.jpg

ホンダのCBR400F フルオーバーホールでお預かり(ごく最近)

DSCN9484.jpg

スズキのGT550 腰上点検・腰下オーバーホールでお預かり(本日)

ぜっんぜん 追いつきません・・・・・出すより入って来る方が多い・・・

他にもまだ GS400のエンジン持ってくるって言ってる人 2人くらいはいたような?いるな・・・

エンジン物 以外も 普通の加工物 山のようになってるし・・・箱すら開けてないのも・・・

ホントに困ってます 仕事いっぱいあるのうれしいんですけど終わりません・・

だれか助けて下さい

明日は寝ます よろしくです

今日はもう書きません


GS400 エンジン完成♪ fromNAGANO

8本目

大変お待たせしました

DSCN9478.jpg

DSCN9467.jpg

カバー類が付いて無かったので 他のお客様からお借りして撮影しました

DSCN9471.jpg

今回は クランクブローのエンジンだったので 交換パーツもそれなりに出ましたが

結果 全て元通りになりました(たぶん元以上にはなったと思います)

これから夏になり暑い時期になります

くれぐれも オーバーヒートにご注意下さい

終わり~


GS400 エンジン組み立て(腰上偏その3) fromNAGANO

7本目

原因がわかりました

DSCN9438.jpg

EXH側

上が他のエンジンの初期の純正スプロケット

下が今回のエンジンのスプロケット

DSCN9440.jpg

INT側は まったく同じ

DSCN9441.jpg

僕 知らなかったんですけど

どうやら 2種類あるみたい

多分 450とか440って数字で判断して良さそう

GSのカムスプロケットは 30丁なのでクランク角で言うと1コマ24度かな?たぶん

で今回は半コマずれなので 12度ずれ だいたい納得出来てきた

でもまだ 納得出来てない・・・・・

バルブタイミング的には EXHは大体あってて INTが10度くらい進んでたんです

と言うことは このエンジンのカムシャフトには440タイプのスプロケットが正解なのか~なるほど

今まで こんなところで悩んだこと無かったからなぁ~

これー 僕は気がついたけど 普通 気がつくかな?

まぁいいや すっきりしたから♪

で 結果

DSCN9443.jpg

こうなり

せっかくなので

DSCN9430.jpg

ここまで戻り(最初からちゃんと測定しておけばよかった・・・)

DSCN9449.jpg

うん いつも通りの感じだ

DSCN9448.jpg

で せっかくなので ナイスなタイミングに調整すると

DSCN9451.jpg

EXH側はこんな位置

DSCN9452.jpg

INTはこんな位置

今回 このバルブタイミングでかなり悩んだ・・・・正直 一番時間がかかった・・・

こんな半コマずれなんて! やっぱりうちはまだまだ GS400専門店にはなれないな♪

つづく(すぐ)

GS400 エンジン組み立て(腰上偏その2) fromNAGANO

6本目

DSCN9414.jpg

無事にドッキング

DSCN9416.jpg

スタッドボルト立てて~

DSCN9417.jpg

カム組んで~

DSCN9420.jpg

あれっ? 何かオカシイ・・ような

何か いつもと違う気がする?

すっごく気になるので

DSCN9422.jpg

簡易的に確認

DSCN9423.jpg

やっぱり オカシイ?

10度くらいズレてる・・・・何でだろ?

そんなにズレるような事してないんだけどな~

つづく(すぐ)


GS400 エンジン組み立て(腰上偏その1) fromNAGANO

5本目

DSCN9391.jpg

さっ いよいよ腰上偏

DSCN9394_20110503195529.jpg

いいね~ ぴかぴかピストン♪

写真じゃ よくわかりませんが 各部超面取りやってます

そのままだと ちょっと使いたくない・・・・(使えない)

DSCN9401.jpg

うん いいね

DSCN9403.jpg

ヘッドのネジ修理忘れてました・・・・・

DSCN9406.jpg

前回 ヘッドはO/Hしてるので特に無いですね

DSCN9411.jpg

いい感じ~

つづく(すぐ)


GS400 エンジン組み立て(腰下偏) fromNAGANO

4本目

DSCN9352.jpg

ようやく組み立て開始です

下準備さえしっかり出来ていれば ぱっぱと進む♪

DSCN9357.jpg

あっ そー言えば このエンジン クランクブローしてたので

クランクも程度の良い 在庫品と交換しました

DSCN9356.jpg

液体ガスケットも 純正と同様のように塗ってます

で 合体♪

DSCN9361.jpg

いい感じ いい感じ

クランクもクルクル回るし

DSCN9374.jpg

右側 終了

DSCN9375.jpg

さっきのプッシュロッド 取り付けするとこんな感じ

ね!結構良さそうでしょ♪

つづく(すぐ)


GS400 組み立て前準備(クラッチ偏) fromNAGANO

3本目

DSCN9369.jpg

クラッチハブです ハウジング側も同様に痛んでましたので

こちらも在庫の中古品と交換です

DSCN8909.jpg

で クラッチプッシュロッド これじゃよくわからないので

アップ

DSCN8908(1).jpg

このやたら段付きしてるところは 何でこうなったのか不明ですが

大事な部分は矢印のあたりで オイルシールと接触する部分

若干 痛んでたので

DSCN9372.jpg

修理しました

これは インナーチューブとかに使われているメッキと同じで

ハードクロームの肉盛り研磨です

これで変な使い方さえしなければ 当分の間はサビも磨耗もしないでしょう♪




GS400 組み立て前準備(ミッション偏) fromNAGANO

2本目

DSCN9347.jpg

メーンシャフト側です

こっちのシャフトはスプロケットの取り付けの部分がよく痛んでますが

今回のシャフトは問題なしでした

DSCN9346_20110503181539.jpg

全バラして 各部点検・ラッピングして

DSCN9343.jpg

組む

DSCN9340_20110503181542.jpg

このカウンターシャフトは 今回うちの在庫品からチョイス

なんで交換しかた スラスト規制のための溝入りベアリングを

圧入する部分が ちょっと細くて全然 圧入にならなかったためです

DSCN9341.jpg
OK~これで問題ないでしょう

在庫ミッションも程度の良いの随分減ったなぁ~

ミッションもこんなところかな




Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。