内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GS400 エンジン調整終了♪ fromTOKYO

どーもー 超コンバンハ・・・・

やっぱ もう 若くないんですか?僕?

それとも 歳のわりに 不健康すぎるんですか?

カラダのあちこちが かなり痛いです・・・・・・


で ようやく調整の方も終わりました

DSCN0378_20110628012438.jpg

うちの場合 GS400は だいたい こんなもんでお渡しになります

ちなみにこれは スローの状態ですからね!

んー・・・・・

DSCN0381_20110628012438.jpg

これはですねー・・・・ お客様がですねー

記念にサイン下さいって言うもんですから・・・・・

あー ハズカシー・・・・

日付は エンジン完成日です まぁ誕生日ってとこですか

このイタズラ書きのせいで バイクの価値下がりますよ!って言ったんですけどねー

お客様はこんなサインで喜んでくれたので まぁ結果オーライかと♪

で こっちは僕の記念に



良さそうですね

15年くらいは このまま行ってほしいと願っています

終わり~

スポンサーサイト

無事にライセンス取得できました♪

こんばんは

今日は 天気どぉーなるのかぁーなんて思ってましたが 

どしゃ降りにならず 良かったです



DSCN0412_20110627010351.jpg

自分で言うのも何ですが  

笑顔がとても キモチワルイ・・・・ めったに笑わないので・・・・

P6260442_convert_20110627010039.jpg

ライセンス取得後 午後から早速 走行しようと思っていたのですが

なぁ~~~んも 下準備してません と言うか できませんでしたので

今回の目的は 現状把握かな? ホントはストレス発散♪

なので オイルもフツーのでオイルクーラー無し ラジエーターもノーマル

タイヤも 使い古しの フツーのラジアル・・・・・・

てな感じですよ まぁーふざけてますね♪

唯一 気になるところは マフラーの音量かな

このサーキットは まだ 出来たばかりなので 音量規制が結構厳しいんですよ

95dbって言ってたかな?たしか  で 僕のは車検時4000rpmくらいで○○○db♪

予想はしてたのですが 案の定・・・・・・・

P6260455_convert_20110627010139.jpg

スポーツ走行開始早々 オレンジボールが僕に向けて出されまして・・・・・こんな感じ♪

まぁーしょうがないですよね!

P6260449_convert_20110627010223.jpg

小雨の中の走行だったのですが

予想以上に 車の完成度は高かった気がする

油温・水温は まぁまぁまぁ ね♪ 見ない見ない

一番 気になってたのは 足関係

まずタイヤ フツーのラジアルで全開で走らせたらどんな感じになるのか?

だったのですが 悪くない タイヤも綺麗に減ってると言うかほとんど減ってない♪

フロントのバネ具合も リヤのバネ具合も 思ったほど悪くない

ブレーキに関しては まったくの余裕 タイヤが完全に負けてる

まー簡単なレポート?ですが こんな感じでした

サニーは 軽いので レーシングカート乗ってるようなもんなので

Gも結構ダイレクトだし やっぱおもしろいなぁー

また近いうちに行きたいです・・・・・・・





 

お休みのお知らせ

こんばんはー

今日も激暑でしたね! この時期でこの暑さだと 真夏を想像したくなくなる・・・・

で ですね 

今度の日曜日 6/26 袖ヶ浦サーキットのライセンス受講のため休みます

ストレスが溜まりすぎて 爆発しそうなので

開放させて下さい ご協力お願いします


GS400 お預かり formINZAI

2本目

やっぱり GS400 お決まりのシステム作動のようで・・・・・

DSCN0384_20110622013527.jpg

1台 終わると 1台以上増えると・・・いった感じで・・・

車で約2分の距離でしたので めずらしく引き取りに行きました

この台 結構使える♪ ちなみに今は この台 5個くらい(もっとかな?)ある♪

DSCN0386_20110622013527.jpg

うちの営業車 超低床なので 積み下ろしが楽です♪

はぁ~ GS まみれだな・・・・・


GS400 エンジン始動確認偏 fromTOKYO

こんばんはー

夕方からの雨 すごかったですね!



動画のタイトル通りなのですが・・・・・

悩む事 数分 よく音を聞いてみたら すごくエアー吸ってる・・・・・

なんて事ないです インシュレーターガスケットがちゃんと付いてませんでした

やっぱ いっぱいいっぱいなのかなぁ~ こーゆーミスあんまりしないんだけどなー・・・・



あぶない あぶない 明日はゆっくり休みますね!

で これが ちゃんと付けた後の動画

うーん 何にも調整なんかしてないですけど

結構 調子よさそうですね♪

後は 細かい部分を調整かな~

GS400 エンジンO/H総集編 fromTOKYO

おはようございます

今日は キケンなくらいの暑さですね・・・・・

テキトウ編集ですが簡単に作ってみました




GS400 エンジン完成♪ fromTOKYO

8本目

DSCN0329_20110620001541.jpg

ついに完成です

DSCN0337_20110620001539.jpg

ノーマルって感じでしょ

DSCN0344.jpg

お待たせしましたじゃない

大変お待たせしました・・・・・・すいません・・・・・

今回のエンジン 決して派手ではありません ボアUPこそしてませんが

正直 結構 お金かかってます

大事に長く乗りたいのであれば こーゆー造り方も ありかなと思います

実際 馬力はそんなに変わらないとは思いますが

エンジンの音や フィーリングは 純正ノーマルエンジンよりも

確実に心地よいハズですからね

このエンジン何年持つか 楽しみですね!

終わり~


GS400 エンジン組み立て(5) fromTOKYO

7本目

DSCN0308_20110619235333.jpg

カッコいい~♪  これがわかる人 キケンですね~

DSCN0309.jpg

で バルブタイミングの確認 

問題無ければ これで終わるハズだったのですが

EXHは まぁ目をつぶっても良かったのですが

INTが・・・・3.5度も遅れてる・・・・どーするかなぁー・・・悩むなぁー

悩んだ結果

DSCN0316_20110619235332.jpg

結局 こーなりました

DSCN0319_20110619235331.jpg

で 再度組み付け 正しいタイミング(若干味付けしました♪)に調整

DSCN0320_20110619235330.jpg

INTは これくらいの調整

DSCN0323_20110619235329.jpg

EXHは これくらいの調整

こんなの見せられても わからないですよね♪

バルブタイミングの調整さえ終われば 後はカバーやその他組み付けて終わりですね!


GS400 エンジン組み立て(4) fromTOKYO

6本目

DSCN0289_20110619234050.jpg

ヘッド 完全洗浄を終え メクラ類を取り付けしたところ

DSCN0291_20110619234048.jpg

うん いいね♪

DSCN0292_20110619234048.jpg

GS400に限り組むエンジン全て バルタイ取る取らない別で しっかりTDCまで測定する事にしました

DSCN0296_20110619234047.jpg

ガスケットは今回 もちろん純正品ですが

本当は このネジ穴の無い 初期の方がほしかったのですが

初期の部品番号で頼んでも この後期のガスケットが納品されます

共通部品になってしまったみたいです・・・・

DSCN0297.jpg

ヘッドもいいね♪

DSCN0300_20110619234046.jpg

やっぱ ちょっと ヘッドとシリンダーが綺麗になり過ぎたかも♪

つづくよ


GS400 エンジン組み立て(3) fromTOKYO

5本目

DSCN0273_20110619231828.jpg

ホーニングにて サビ模様もほとんど取れました

DSCN0275_20110619231827.jpg

ピストンもここまでやると もう純正品とは言えないかも♪

で ピストンピンを仮組みしてみた

ぼくー WPCの回し者では無いですが こんな感じで結構いいんですよ



ピンにキズも全然付かないしね♪

DSCN0280_20110619231826.jpg

う~ん カッコいい (これも見えなくなっちゃうけどね・・・)

DSCN0284_20110619231825.jpg

WPC等々処理すると この状態でクランク回しても

全然 シリンダーがガコガコしないんですよ

要するに それだけフリクションが少ないってことですね!

これも動画取れば良かった・・・・・

つづくよ


GS400 エンジン組み立て(2) fromTOKYO

4本目

DSCN0258_20110619230921.jpg

やっと エンジンが上向いた♪

DSCN0260.jpg

めずらしく ジェネレーター側から組んでみた

DSCN0261_20110619230919.jpg

で クラッチ側

DSCN0263_20110619230918.jpg

これで 大体 腰下は 終わりかなぁ~

DSCN0267_20110619230917.jpg

今回は 純正風の 乗りっぱなしみたいな感じがテーマですので

結構 近い感じかなと思ってます


GS400 エンジン組み立て(1) fromTOKYO

3本目

DSCN0242_20110619230003.jpg

これ 先にロアーケースに付けなきゃダメな部品

DSCN0244.jpg

組んで 液体ガスケットを塗ったところ

DSCN0240_20110619230001.jpg

で アッパー側

DSCN0249.jpg

やっぱ 中身が新品みたいだと気分がいいですね

見えなくなっちゃうんですけど・・・・

DSCN0252.jpg

ボルト類は 当時のE型の物を 全て再メッキして使用

DSCN0255_20110619225958.jpg

これで 1/3くらいは 組み立てて終わったのか?

つづくよ


GS400 エンジン組み立て前準備(2) fromTOKYO

2本目

DSCN0236.jpg

クランク点検中に気が付いたのですが

どーも このジェネレーター側のベアリングだけ ゴロゴロする・・・

このままでは不安が残りますので

DSCN0237_20110619224923.jpg

NEWベアリングに交換です

やっぱ違いがはっきりわかりますね!

DSCN0238.jpg

曲がりも問題ないです

本当はもっと 下準備してるんですけどキリが無いので

下準備はこの辺で


GS400 エンジン組み立て前準備(1) fromTOKYO

こんばんは

毎日毎日見に来てくれてる人 ごめんなさいね・・・書けなくて・・・・・

やっと 全部の加工が終わって 組み立てられそうなので準備です

DSCN0224.jpg

まずは ここから うちで組むエンジンは車もバイクも関係なしに 

基本 全ねじ穴 タップさらいを行います

組んでる途中で あれっネジが・・・・とかは絶対にイヤですからね♪

バイクの場合 結構シンドクなるくらいネジ穴あります・・・・

DSCN0228_20110619215100.jpg

次 ミッション

いつもの事ですが ベアリング交換・シャフト・ギヤ・ドッグの状態点検&ラッピング

DSCN0233.jpg

これは シャフトラッピング後です

DSCN0229.jpg

で ドライブ側終了

DSCN0234.jpg

カウンター側も終了 この寸法に注意ですね!


GS400 クラッチプッシュロッド

8本目

DSCN9978.jpg

人間で言うなら 胃がん 肺がん みたいなもので

たいがいの GSは このプッシュロッドのオイルシール部分からオイルが漏れ

スプロケットカバーの内側が オイルまみれになってる・・・・・

まぁ 1年や2年なら こんな生鉄でも問題無いでしょうが そんな持たないですよね サビるし!

今まで 散々 あーだこーだ やってきたのですが

ようやく 僕なりの答えが出ました

DSCN9998.jpg

ロッド部分は やっぱ炭素鋼ですね ステンは使いません(当たり前ですね)

DSCN0002_20110615031042.jpg

クラッチハウジング側は 焼き入れ

DSCN0083.jpg

オイルシール・レリーズ側は ハードクローム

DSCN0084_20110615031041.jpg

僕としては完璧形のつもりです


もう さすがに眠いです

明日(今日)は休みです 起こさないように!


GS400 ヘッド加工 fromCHIBA

7本目

DSCN0119_20110615025718.jpg

ガイド交換・バルブフェース研磨・シートカット・摺り合わせのセットメニューですね

当たり前の事なのですが この一連の作業が素人の方には中々理解してもらえないんですよね

もういい時間なので 結構酔っ払ってますけど 別にグチじゃないです

説明がメンドクサイだけです

○藤くんのは 完璧だから大丈夫だよ♪(ヘッドはね♪)

DSCN0137.jpg

空冷は削らないとね

DSCN0146_20110615025715.jpg

35歳ですから♪

ヘッドも終わり~


GS400 シリンダー&ピストン他 fromTOKYO

6本目

DSCN0161.jpg

お決まりの

DSCN0163_20110615024524.jpg

何度も何度も言ってますが

空冷エンジンは年相応に必ず歪みがでてますので

面研は必須です

DSCN9836.jpg

今回 シリンダーの程度が良かったので

STDピストン新品に交換のホーニングになります

でも ピストンに小細工

DSCN9921.jpg

うん カッコ良くなった♪ もちろん性能もアップです

で その他は

DSCN0086.jpg

いい感じだと思います

これで 随分と寿命が延びるハズです!




kawasaki Z1000MkⅡ

5本目

DSCN0113.jpg


震災で 落下したヘッドの フィンかけ修理をしたのが この Zです

僕 勝手にアップしちゃってるけど大丈夫かな?


ん~~♪ カッコいいーーーー♪

やっぱ 単車はこれぐらいいじってないと♪車もか♪

僕も GS750ほしーなー(結局GSじゃん!)



今回 いろいろと Zの事で教えてもらって助かってます

ありがとうございます




駒ちゃんの Z1 ヘッド加工&その他

4本目

DSCN0111.jpg

これは 随分前にやったのですが 一応アップです

見た感じ 綺麗だったので 問題ないとは思っていたのですが

予想通り 大丈夫  今回はあえて カムメタルは交換しません!そのままです

多分 新品使うより こっちの方が良さそう♪

DSCN0099.jpg

今回は このノーマルカムを使用しますが

普通に使うなら 十分かな? 280度もあるしね!

でも このままじゃ 雰囲気も何も無いので

せめて 心を込めて ラッピング♪

DSCN0105.jpg

カム山をラッピングしたところ

違いが わかるかなぁ~ 自己暗示のようなもので 

いつもうちで組むエンジンにはやっているのですが

やらないと落ち着かない・・・・・

で ジャーナルも含め 全部やると

DSCN0108_20110615021123.jpg

こんな感じ う~ん 満足♪ こんな事ばっかりやってるから進まない・・・・

次は 随分 飛びますが

DSCN0116.jpg

EXHガイド交換 バルブフェース研磨 シートカット 摺り合わせまで 終了したところ

このエンジンには 社外のブロンズ系のガイドが入ってましたが

EXHが お話しにならないくらい ガッタガタでしたので交換しました

INTは 特に問題ないのでそのままです

よく 売られている 海外のガイドだと思いますが ん~~~~~ん 使いたくないですね・・・・

まぁいいや 僕は絶対に使わないから

DSCN0135_20110615021125.jpg

で ヘッドはこれで 終了かな?


駒ちゃんの Z1 新ライナー入れ&上面面研

3本目かな?

DSCN9964.jpg

ライナー側も小加工を入れて ついに ヤキバメ♪

DSCN9970.jpg

もう ライナー部のOリングは 入らないし 入れる必要も無いです

DSCN9974.jpg

で また上面 次は

DSCN9975_20110615015318.jpg

ここ ライナーは ただ入れるだけじゃダメです

シリンダー側が 最小限の研磨で済むように 若干 ライナーが飛び出るような状態です

もちろん このままでは大問題ですね

なので

DSCN9983.jpg

これで 上面の面も出ましたー

オーバーサイズのライナー入れ替えの場合はこんな感じの流れです

結構 簡単じゃ~無いですよ 

まだ 仕上げのボーリングもあるしね♪

そうそう ピストン・ピン・リングは

DSCN0093.jpg

現在 こんな感じです♪




駒ちゃんの Z1 ライナー下穴ボーリング

2本目

DSCN9952.jpg

ようやく シリンダーが上向きになりました♪

今回 ライナーはオーバーサイズに変更しますので

そのままでは 入りませんから 下穴のボーリングからです

DSCN9957.jpg

数回にわけて 削り 適正なシメシロになるように仕上げます

DSCN9962_20110615013811.jpg

こんな感じで♪

DSCN9963_20110615013811.jpg

僕 個人的な意見ですが ライナー入れ替えの場合

適正なシメシロに削るのは当たり前ですが

面祖度も結構重要なんじゃないの?って思ってます

面祖度が悪いと 焼き嵌め後の密着具合に疑問を感じます

なので 出来るだけ 綺麗に削るように心がけてます


駒ちゃんの Z1 めったに出来ない面研

超 コンバンワ・・・

明日と言うか今日はお休みですので こんな時間のアップです・・・・

と言うか こんな時じゃないとアップ出来ない・・・・・

DSCN9937_20110615011929.jpg


これー 上面じゃないですよ!  シリンダー下面です

通常は ライナーが下側に出ているので 面研しようにもできませんが

今回のように ライナーを抜いている場合は出来ます♪

Zの場合 シリンダーとケースの合わせ面に Oリング的な物が何も入りませんから

一応と言うより 不安を解消させるため

DSCN9943.jpg

こんな感じ これでケース上面・シリンダー下面 共に面がでました♪


俺のサニトラ その52 アルフィンドラムが付けたいんだよぉー!(1)

こんにちは

ちょっと最近は 急がし過ぎて中々書けない・・・・

なのでお客様の仕事系は まとめてアップになってしまいます・・・・

で 昨日のお休みは ひっさびさにサニーやりました(ほとんど進んで無いけど)

まぁタイトルの通りですが

DSCN0076_20110609123152.jpg

←のやつを どーしても付けたい!

これを付ける事で エンジン以外は かなりTS車両風になるから♪

性能とかは 正直 ストリートなので どーでもいいです

これを付けてるのを見せて スターさんのよーに

これ~ええじゃろ~♪ って言いたいダケ

まっ でもね 一応 量っちゃいましたけどね

ノーマル(鉄)

DSCN0078_20110609123151.jpg

アルミフィン

DSCN0077_20110609123151.jpg

意外と重量差ありますね!ちょっとビックリ

どーでも いいですけど♪

DSCN0075_20110609123150.jpg

すぐにでも 付けたいのですが

ちょっと待てよ う~~~ん・・・・・

さすがに この僕でも これはヤダなぁー・・・・・

削るか(メンドクサイ)

DSCN0082.jpg

いや やっぱ こっちが正解

気持ちいい~♪ 削って良かった♪

こんな事ばっかりやってて 結局 取り付けまで行けなかった・・・・

また今度 続きアップしますね



そうそう この前の日曜日

DSCN9991.jpg

うちに よく来る人(たぶん一番来る)

この日はCBXじゃなくてセルシオ・・・・・・

セルシオを 工場の前に でぇ~ん!って止めて

オイル交換とかしてるみたい・・・・・オイル交換は悪い事じゃないんだけどー

木村先輩 人相悪すぎて 多数のお客様から苦情を聞いてます・・・・

どーか お客様を威嚇しないでください♪(完全に皆様 勘違いしてますよー)

って言っても この人 来ちゃうんだよなー・・・・・




GS400 バルブガイド入れ fromFUKUSHIMA

5本目

DSCN9846.jpg

これは GSの純正ガイドの加工品です

ポート研磨ヘッド用になります

DSCN0200_20110602235713.jpg

通常のヘッド用はこれです

EXHは若干ですが INTはかなり形状変更してます

入れると

DSCN9853.jpg

こんな感じで いい感じになります♪

燃焼室側から見て比べると

ノーマルヘッド

DSCN9867.jpg

ポート研磨ヘッド

DSCN9868.jpg

バルブガイド含め 吸入開口面積って言ったらいいですか?

違いは歴然ですね♪


GS400 ガンコート塗装 fromCHIBA

4本目

多分 またGS系のネタが続きそう

DSCN9835.jpg

こちらは ビカビカ仕様の ガンコート塗装

この写真だと ちょっとわかりずらいのでー

DSCN9840.jpg

ウェットブラストとの違いはこんな感じ

さらに拡大するとー

DSCN9841.jpg

こんな感じ

結果 どっちもいいですね♪


GS400 ウェットブラスト終了 fromTOKYO

3本目

DSCN9817.jpg

このエンジンは お客様と相談の上

パッと見 綺麗な純正を目標にしてます

GS400の場合 純正ではアッパーケースのみ塗装されてますので

アッパーは純正の塗装をいかし その他は綺麗にすることにしました

DSCN9824.jpg

ただ いつものように ビカビカのウエットブラスト仕上げにしてしまうと

その部分だけが 異様に目立ってしまうので

いつもよりは 控え目な感じの仕上がりです

新品は見たことないですけど 多分 こんな感じだと思います


駒ちゃんのZ1 シリンダーライナー抜き

2本目

やっとこシリンダー偏です

DSCN9800.jpg

加熱すると ガコンッ ってシリンダーが落ちます♪

今回のシリンダーは結構 シメシロがあったみたいで結構ねばりましたね

緩いやつだと えっもう落ちたの?みたいな感じで数分で落ちます

DSCN9810.jpg

わりと しっかり密着もしてたようですね

DSCN9939.jpg

奥が抜いたライナーで 手前が今回使うライナーです

DSCN9940.jpg

元々のライナーですが 超ペラペラです 肉厚1.5mm 下部は 1.3mmくらい限界かと

シリンダーにおさまっている部分はまぁ良いのですが 

下に出ている部分がここまで薄くなると どーしても変形します

後々に トラブルの元ですね



駒ちゃんのZ1 クランクキャップボルト穴修理

こんばんは

はぁーもう 6月なんですね・・・・はやいなぁ~

DSCN9827.jpg

分解の時は そんなに気にならなかったのですが

良く見てたら 発見しちゃいました

DSCN9829.jpg

何とか 原形をとどめてますが このままでは もうもたないでしょう

なので修理ですね

DSCN9831.jpg

OKですねー!

もうアッパーケースは終わりかなー


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。