内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

俺のサニトラ その56 中間タイコ

2本目

DSCN0909_20110729004314.jpg

最近 行ってる 袖ヶ浦サーキット

僕(このサニトラ) スタッフの人たちに完全に目をつけられ

確実に 音量で オレンジボールが出されるので

中間タイコをつけることにしました・・・・・・

DSCN0907_20110729004313.jpg

で今回 選択したのは たしか Z33だったかな?これ

ステンで意外と軽かった

DSCN0910_20110729004313.jpg

こんな感じかな~

あー また車高が低くなっちゃうなー・・・・・

DSCN0913_20110729004312.jpg

できたー♪

これでいいかな?

で これが 完成後の音量



ん? これ 変わったのか? 

煙も結構でてるなぁ~♪ 

まぁいいか また言われたら考えよ・・・・

スポンサーサイト

俺のサニトラ その55 シールドビーム!

こんばんはー

昨日のお休み あっ違うなー おとといかな? 日付変わりましたもんね

DSCN0895.jpg

ちょっと前に 片側のローが切れて しばらくバンバンして 何とかついてたのですが

さすがにつかなくなちゃって・・・・・

なので 電球交換です♪

DSCN0893.jpg

あっ 若者は知らないかもしれませんが

ハロゲンじゃないですよ シールドビームですから♪

今じゃもう どこにも売ってないから 探すの大変だった

DSCN0898.jpg

ぼんやり光るこの感じ キライじゃないです

うん これで安心して夜も乗れるな(まーあんまり見えないんですけどね)


GS400 エンジン分解(2) fromCHIBA-MATSUDO

6本目

続き

DSCN0845_20110720002117.jpg

ピストン君 お疲れ様でした もう動かなくていいよ

DSCN0847.jpg

今回 ボアアップの予定なので シリンダーは特に見てません でもSTDでしたね

DSCN0848_20110720002115.jpg

これだけ汚いと 汚れとの戦いになりますが

どれだけ変わるか 楽しみですね♪

今日はここまで


GS400 エンジン分解(1) fromCHIBA-MATSUDO

5本目

DSCN0826_20110720000841.jpg

うん 汚い♪ でもそれがいい♪

バラされた形跡無しでーす

DSCN0831.jpg

中身は綺麗かなー

ん?

DSCN0833_20110720000839.jpg

INTのカムジャーナルが ちょっと減ってますね

まぁーこれは しょうがないと言えばしょーがないのかなぁ~

エンジンをかけないで長期放置とかすると INTはどーしてもオイルが切れちゃうし

GS400は油圧が低いので ヘッドまでオイルが上がるのに時間がかかるからー・・・・

まぁ直せばOKでしょう

DSCN0838.jpg

このエンジンも圧縮漏れしてますね

DSCN0840_20110720000838.jpg

ポートがこんなに真っ黒になるまで頑張ったみたい!

ここまでくると アイドリングはできないですね

つづく

GS400 エンジン分解(2) fromCHIBA-INZAI

4本目

続き

DSCN0806_20110719234921.jpg

残念 その2

DSCN0808_20110719234920.jpg

まぁ こーゆー事です

何で液体ガスケットここに塗ってるんですかねー しかもベタベタといっぱい・・・・・

だから こんな風にヘッド抜こうとしたら 一緒にシリンダーまで・・・・・

DSCN0810.jpg

残念 その3

もう 液体ガスケットは大目にみましょう

でもねー オイルラインのOリングくらい ちゃんと付けようよ!

DSCN0814_20110719234919.jpg

液体ガスケット ベタベタだったので 分離させたらこーなりました♪

DSCN0816_20110719234918.jpg

INT圧縮漏れしてます

DSCN0821_20110719234917.jpg

そーとー クリアランス広そうです(目見ですけど)

結果

このエンジンは バラされてはいるけど 中身は何も変わってないと言うかちょっと変でした・・・・

これ~ 個人が興味本位で やったんならわかるけどー

もしも 業者がやってたら ちょっと どーかと思うなー

だって エンジン開けた意味がまったく無いんだもん・・・・・


GS400 エンジン分解(1) fromCHIBA-INZAI

3本目

GS400エンジン分解が続きま~す

DSCN0795_20110719233101.jpg

う~~ん パッと見 綺麗なノーマル風に見えますけど

んー残念! 腰上バラされてますね・・・・

何が出てくるかなぁ~♪

DSCN0801_20110719233101.jpg

カムは綺麗ですねー

ん? あれ?

このエンジンって 2型なんですけど・・・・・

DSCN0802_20110719233100.jpg

あれれれ~ スラストシム 入ってますね EXH側だけ

何で?

気になったのでスラストクリアランス確認してみました

DSCN0805_20110719233059.jpg

あ~~~~~残念 INTもEXHも正常とは言えない

って言うか INTは若干のクリアランスありますが

EXHは かぎ~~りなくゼロに近い・・・・・・

まぁヘッドがアルミですから温まればクリアランスが少しは広くなるとは思いますがね

シムをわざわざ入れるなら きっちり調整すればいいのに!

僕の推測ですが このカムは 元々このエンジンの物では無いと思います 

たぶん

まぁ 大ダメージになってなかったから いいですけど!

つづく


GS400 エンジン分解(2) fromIBARAKI

2本目

続きです

DSCN0199.jpg

1回もバラされて無い場合

シリンダーが がっちり くっ付いてて 結構外れない

で ありがちなのが マイナスドライバーを無理やり突っ込んでみたり

ハンマーで馬鹿みたいに叩いてみたり

あげく フィン折ったり・曲げたりみたいな

うちでは そんなアホな事しないで 無傷で確実に外しますので安心して下さい♪

DSCN0204.jpg

このアッパーケースの焼け色から 判断すると オイル管理も適度にされてたようですね

DSCN0207.jpg

やっぱ 初期はいいなぁ~ 何で この後の型から ここ塞いじゃったかなー?(コストダウン?)

DSCN0208.jpg

超 綺麗~ 底部に何も無い♪

DSCN0209.jpg

もちろん こっちも綺麗~

ただ・・・・

DSCN0213.jpg

ここに 小さなクラックがあった

????? 何で?

激しく転んだのかな? ちょっと原因は不明ですが

このままでも問題は出ないハズなので このままの予定です

当たり前だけど 今回は エンジンの中から ナットとかは出てこなかった♪

ちゃんと組んであれば そんなに簡単には壊れないですからねー

とりあえず分解は終わりです




GS400 エンジン分解(1) fromIBARAKI

こんばんはー

お久しぶりです・・・・・木村先輩にまで いつになったら更新されるんだ!って言われた♪

書きたいのは山々なんですけどね・・・・だってこんなに仕事あったら無理です・・・

毎日・毎日・毎日 催促される・・・・・・・

いやいや そんな事ないんですよ 仕事たくさん頂けて嬉しいんですよ!ただ遅いだけで・・・・

これから書く記事は もう結構前に作業した内容です

DSCN0011.jpg

今回のテーマは ノーマルエンジンかな?(中身の話しですよ)

現状は 見た感じ 1回も開けられてない様子です(サイコー♪)

DSCN0139.jpg

やっぱり~ 正解でした 何も問題起きて無さそう

DSCN0152.jpg

良く頑張りましたね!

DSCN0173_20110719224403.jpg

うん かなり頑張りましたね!

INTポートまで こんなに 真っ黒になって(完全に圧縮漏れですね)

DSCN0153_20110719224402.jpg

シリンダーは まだまだ頑張れそうですね

DSCN0159.jpg

ピストンもちょっと汚れちゃってるけど(圧縮漏れです)

まだ行けるかな?

つづく



CBR400F エンジン分解(4)

4本目

DSCN0766_20110710124406.jpg

やっぱり メタルがすごい事になってます・・・・

DSCN0764_20110710124406.jpg

ヒドイ・・・・もちろん張りなんかまったくありません・・・・

DSCN0767_20110710124406.jpg

この写真ではちょっと わかりにくいですが

クラッチハウジングのベアリングが焼き付いてます

ベアリングが回らないので ワッシャーも削れ カウンターシャフトは紫色です・・・・

DSCN0771_20110710124405.jpg

ぱっと見は綺麗そうですが

多分 軸径が減ってたり 曲がったりしてると思います

DSCN0773_20110710124405.jpg

ケースの方も そうとうな数のネジ穴がダメになってました・・・

DSCN0776_20110710124404.jpg

結果

腰上の部品に関しては 通常の修理で直ります

腰下は正直 ほとんど使えません(使いたくない)

今回の場合は ベースエンジン 替えた方が良さそうですね・・・・


CBR400F エンジン分解(3)

3本目

DSCN0745_20110710123022.jpg

あちゃー・・・・・・ 

クランクケース締結ボルトで最も大事と思われる クランク軸部分のボルトが・・・・

DSCN0744.jpg

違ってたり・・・・

DSCN0746_20110710123021.jpg

ボンドが付いてたり・・・・・・最悪です・・・・

DSCN0753.jpg

ボンド剥がして 磁石で引っ張ったら 抜けました・・・・・

ネジ穴自体もダメになってます

DSCN0757_20110710123020.jpg

さすがホンダ こんな状態なのに クランクがギタギタになってない

でも

DSCN0763.jpg

メタルは結構逝ってます

メインメタルでこれなので コンロッドメタルは想像できますね・・・・・

つづく





CBR400F エンジン分解(2)

2本目

DSCN0697_20110710120634.jpg

シリンダー外したまでは 良かったんですが

この後は かなり難ありです

DSCN0702_20110710120634.jpg

ピストンピンがやたら緩かったので 測定してみたら

ちょっと 限界超えてました

コンロッド ダメっぽいです ビッグエンドの方もやたら緩いのと渋いのがあります・・・・

DSCN0703_20110710120633.jpg

ん? このスターターチェーンのガイド おかしくない?

DSCN0709_20110710120633.jpg

すごい デロデロに溶けてる・・・ これってよっぽどですよね・・・・

DSCN0738_20110710120632.jpg

クラッチは ハウジング・ボス・ディスク板・フリクションプレート 全てダメです 使えません・・・・

腰下はどんどん雲行きが怪しくなってきます・・・・

つづく


CBR400F エンジン分解(1)

こんにちはー

やっぱり梅雨明けでしたね 暑すぎますよー すでに限界が近いです

DSCN0625.jpg

このエンジンも そーとー お待たせさせちゃってます すいません・・・

やっと分解に入りました

DSCN0643_20110710115417.jpg

予想してたよりも 結構綺麗です そんなに悪くなさそう

DSCN0654_20110710115417.jpg

ホンダらしい このオイルラインのビーム ステキ♪

DSCN0659.jpg

カムジャーナルもロッカーアームも大丈夫ですね

DSCN0661_20110710115416.jpg

ん? 4番がちょっとオイリーだなぁー

原因は

DSCN0694.jpg

シリンダーの このサビだと思われます

つづく


俺のサニトラ その54 オイルクーラー取り付け

2本目

次は オイル

DSCN0710_20110707202806.jpg

取り付け方法は 通常のブロックタイプを選択しました

フィルター移設タイプは 似合わないなーって判断しました♪

クーラーコアも 普通だったら アールズを選ぶと思いますが

僕は 性能よりも見た目で 黒いボロい方をつけることにしました♪

DSCN0718_20110707202806.jpg

取り付けるとこんな感じ

うん 無駄なく取り付けできたんじゃないかと思ってますが

この場所だと 今度はバッテリーをどっかに持って行きたくなりますね(今後の課題)

DSCN0713.jpg

これで フロント開口部は めいいっぱい有効活用できるかな?

多分 大丈夫だと思うんですけど これでも上がったら笑ってください♪


俺のサニトラ その53 ラジエーター交換

こんばんはー

暑いー 毎日暑いー 梅雨ってまだあけないんですか?あけてるような気がするけど

で 昨日のお休みは サーキット走行にて水温・油温がかなり上がることが発覚したので

その対策をしようかと まずは 水から

DSCN0688_20110707200751.jpg

←ノーマル →B310

DSCN0677.jpg

←C22バネット(超古いやつ) →ノーマル

散々 悩んだのですが どーせなら一番デカいやつだな!

ってなった感じ♪

ちなみに

DSCN0680.jpg

3層です♪

DSCN0687.jpg

取り付けするとこんな感じ

今までの経験だと A型ってあんまり水温上がらないんですけど

僕のエンジンは 上がるんですよ・・・・・

多分 大幅なヘッドチューンと ノーマルピストンが原因かと♪

まぁこれで大丈夫だとは思いますが ちょっと様子みてみます




GS400 エンジン車載 fromCHIBA

こんにちはー・・・・

暑い 暑すぎる! 

DSCN0667.jpg

エンジンを車体に載せます♪

なれたなぁーこの作業も

だいたいの調整も終わったので動画撮ってみました



後は 実際に走らせて微調整ですね!


GS400 エンジン完成♪fromCHIBA

4本目

DSCN0582_20110704213650.jpg

今回も 大変お待たせしましたー

DSCN0574_20110704213647.jpg

下の記事でも書きましたが 若干シリンダーに不安があるのが気になりますが

多分 大丈夫だと思います

DSCN0577.jpg

ダメだったらダメで もう1回戦やろうね!

シリンダー以外は 手抜き無しのオーバーホールです

とりあえず終わり~

DSCN0674.jpg

そして また違うGS400のエンジン預かるみたいな・・・・いくら組んでもGS400のエンジン減らない・・・




GS400 エンジン組み立て(仕上げ偏)fromCHIBA

3本目

DSCN0571.jpg

ジェネレーターカバー付ければ終わりですが

DSCN0562_20110704210825.jpg

なぜか ギヤ欠けてました・・・・

問題なさそうですが 気分的になんかイヤなので 在庫の程度の良いものと交換しました

セル側のギヤも痛んでましたが セルの在庫は無いのでとりあえずそのままです

多分大丈夫なハズ

DSCN0570.jpg

まぁ カバーもこんな感じですよ・・・・・

DSCN0564_20110704212721.jpg

この網は

DSCN0566_20110704212720.jpg

ここに付くんですけど 付いてませんでした・・・・・

付けないとオイル出ちゃうかもよ~

DSCN0568_20110704212719.jpg

最後のカバー取り付けで こんなに時間かかるとは・・・・


GS400 エンジン組み立て(腰上偏)fromCHIBA

2本目

DSCN0495_20110704210439.jpg

今回は ほぼ新品であろうピストンがなぜか入ってましたので

そのまま再利用 シリンダーはキズが多いですが とりあえず400ccが乗ってみたいと

オーナー様より言われてますので 若干の不安は残りますが ダメだったらボアアップするってことで

シリンダーは今回はホーニングのみ

DSCN0534_20110704210437.jpg

で お決まりの

DSCN0535_20110704210436.jpg

TDC測定

DSCN0540_20110704210436.jpg

ノーマルボアなので ガスケットも純正です

DSCN0541.jpg

ヘッドはバッチリかと♪

DSCN0543.jpg

いい感じ~

DSCN0550.jpg

こどもカムから おとなカムに変更です(当たり前か!)

DSCN0558_20110704210828.jpg

いい感じかと♪

DSCN0556_20110704210827.jpg

バルブタイミングも問題ないレベルなので そのままでOKですね!


GS400 エンジン組み立て(クラッチハウジング側偏)fromCHIBA

こんばんは~

今日も暑かったですねー 汗だくデスヨ!

組み立ての続きです

DSCN0497.jpg

特に問題ないハズなので ちゃっちゃと行きたいですね

DSCN0499.jpg

あんまりアップしてないかも知れませんが

うちでやる オーバーホールは 全てですから オイルポンプもしっかり分解し点検です

問題なしです

DSCN0509.jpg

クラッチ板も問題なしだったので部品交換無しでした

まぁーここまでは順調だったのですが・・・・

DSCN0510.jpg

このメッキカバーのおかげで随分とハマッた

まず 

DSCN0514_20110704203512.jpg

フィラーキャップがこれ以上閉まらない・・・・・・・

なんで?

DSCN0519_20110704203511.jpg

結果 テキトウめっきのせいか ネジ山修正になりました

DSCN0515_20110704203511.jpg

これでOリングもちゃんと機能しますね!

その他 オイルシール取り付け部分が全て バリだらけだったので

結構ならしました・・・・・

DSCN0512_20110704203346.jpg

あげく ガスケット面まで ボコボコ・・・・・

あんまりやりたくないですが

DSCN0521_20110704203510.jpg

液体ガスケットにて対応しかないですね・・・・

DSCN0525.jpg

漏れなきゃいいなー


GS400用 オリジナルピストン(試作品)

おはようございます

今日も朝から暑いですね・・・・・・

でも今日は ちょっと違う意味で 僕が熱い

朝一の宅急便でこれが届いた♪

DSCN0614_20110703100859.jpg

早く出来ないかなぁ~と待ちに待った物

DSCN0616_20110703100858.jpg

早速 開けてみた 

おぉ~♪ いい感じじゃな~い♪

DSCN0624_20110703100858.jpg

WISSECOのピストンと比べるとこんな感じ

男前だな! 名前も付けなくちゃ♪



まだ詳細は公表できませんが 各部をかなりカスタマイズした設計をしました

これからモニターテストを行い 問題が無い事を確認した上で

あらためて 販売いたします


GS400 エンジン組み立て(クランクケース偏)fromCHIBA

4本目

さらぁ~っと書いてますけど 組み立てに入るまでの下準備が大変なんですよねー

DSCN0462.jpg

元々 オイル管理があまり良くなかったのでしょう

いくら洗っても オイルの染み込んだ色は消えませんね

で 組み立て

DSCN0469_20110701215003.jpg

シフトドラムも いつもこれくらいにラッピングしてます

DSCN0477.jpg

今回 記事にはしませんでしたが クランクもベアリング類の点検・曲がり点検やってます

DSCN0474.jpg

うん 今回も綺麗に 液体ガスケット塗れました♪

で 合体

DSCN0483.jpg

いつも通りですが 良しですね


GS400 エンジン組み立て前準備 fromCHIBA

3本目

DSCN0409_20110701211824.jpg

恒例の全ネジ穴 タップさらいです♪

DSCN0458.jpg

こちらも恒例の全バラです♪

DSCN0460.jpg

ドライブ側

DSCN0456.jpg

カウンター側

だいたいこれで 下準備は終わりかな?


GS400 クランクケース修理(2) fromCHIBA

2本目

DSCN0441.jpg

ここは チェンジシャフトのオイルシールが付くところ

外からマイナスドライバーか何かでコジッタようなキズがあります

もう削れちゃってる部分は戻って来ないので 

なるべくバリが出ないようにならしてあげる事くらいしかできない

これくらいなら漏れることは無いと思いますけどね

DSCN0434_20110701205214.jpg

ここは ドライブシャフトシールが付くところ

ここも同じように 外側からコジッタようですね

これくらいキズを付けられちゃうと ならしたくらいじゃ多分漏れます・・・

組み付けの時に 液体ガスケットで対応ですね・・・・

DSCN0435.jpg

ここは クラッチプッシュロッドシールが付くところ

ここもダメだな 液体ガスケット塗るか・・・・

本当はこーゆー部分に塗るの好きじゃないんです






GS400 クランクケース修理(1) fromCHIBA

こんばんはー

今日もすさまじく暑かったですね 湿気がすごくて超ムシムシ・・・・

DSCN0430.jpg

このエンジン ネジ穴は意外と程度良くて ここ1箇所だけダメでした

DSCN0432.jpg

良しですね

DSCN0437_20110701203923.jpg

ここは オイルフィルターカバーの取り付け面なのですが

DSCN0440.jpg

オイルシールをオイルが越えて来るのではないか?と思われるキズが・・・・

なぜ こんな所にキズが付いたのかは不明です

DSCN0448.jpg

最小限の面研にて修正しました


Paging Navigation

Navigations, etc.