内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

駒ちゃんの Z1 エンジンO/H総集編

こんにちは

過去にブログで上げた写真ばかりですがまとめてみました



スポンサーサイト

駒ちゃんの Z1 エンジン搭載

こんばんは

ホント中々 書けなくてすみません・・・・・

DSCN2020_20111028213946.jpg

やっとこ エンジン搭載です

ここのところ 仕事の半分以上がほぼバイク屋です♪

Zのエンジンは単発の加工のみの仕事はかなり多いのですが

丸々エンジンごと受けてO/Hしたのは初めてだったので 

Zマニアの方からしたら 突っ込みどころ満載だったかも知れませんが

僕なりに考え 一所懸命造った Zエンジン 1号機になります(ほぼノーマルですが)

とりあえず 始動確認ができましたので見てみて下さい



いい勉強させて頂きました

ありがとうございました

お願い事です

おはようございます

すごく久々のブログ更新ですみません・・・・


早速ですが 現在お客様からの依頼品が山のようになってます(歩くスペースすらありません・・)

で いろいろ考えたのですが もう限界です

なので できれば とりあえずもう年内中は仕事を依頼しないで下さいって言うのも変ですが

これ以上 お客様にご迷惑をお掛けするわけには行きませんので

難易度の高い仕事や時間のかかる仕事は 申し訳ありませんが受注できない場合があります

O/H依頼のエンジンに関しても 現在O/H中orO/H待ちのエンジンが約10基ほどあります

エンジンO/H仕事の予定は来年春先まで いっぱいとなっておりますので

依頼される場合は 現在お預かりしたとしても完成は約6~12ヶ月先になるとお考え下さい

それと お問い合わせに関しても電話に出られない場合が多々ありますので

なるべくメールにてお問い合わせ下さい

そんな感じなので 申し訳ありませんがご協力下さい よろしくお願いします


  

GS400 クラッチプッシュロッド修理

2本目

DSCN1817_20111008014412.jpg

これも お決まりの部分ですね

お預かりしたロッドは サビ有り・曲がり有り・磨耗有りの三拍子がそろってました

で これは一応修理になりますが クラッチ側のラセンの部分があれば問題なく受付けられます

うちのオリジナルになると思いますが

ロッド自体は炭素鋼を使い オイルシール部分にはハードクローム処理を行いクラッチ側には焼き入れを施してあります

多分ですが これに交換すると半永久的にトラブルは出ないのではないかと思います


GS400 ドレンボルト穴修理(クランクケース)

こんばんは

んーやっぱり GS400ばっかりですねー・・・

DSCN1797_20111008011447.jpg

毎度のことですが この部分が 2型以降のモデルは非常に弱いですね

大体はネジ山がなめてダメになるのですが

たまにこんな風に 緩めたり締めたりするだけで クラックが入ってしまったりする場合もあります

DSCN1805_20111008011446.jpg

で いつものようにダメな部分をカットですが

今回は すでに形がほとんど無いので ちょこっとカットですね♪

DSCN1801.jpg

前にもこんなのを作って 何個か在庫してたのですが 全部使ってしまったので

また在庫分を余計に作ってみました

DSCN1808_20111008011445.jpg

とりあえず 溶接で形にしてみました

相変わらず 超溶接しにくいです!

DSCN1811_20111008011444.jpg

中側はこんな感じ

現在 漏れ確認中なので 明日OKなら終了です


駒ちゃんの Z1 エンジン完成♪

5本目

ついに完成です

DSCN1780.jpg

やっと カバー付けられたよぉー♪

DSCN1787_20111003233048.jpg

ホント 大変 お待たせしました・・・・

DSCN1782_20111003233048.jpg

完全に言い訳ですが 慣れないエンジンていろいろ考えながらやるので時間ばっかりかかってしまいますね

って お前 慣れてるGSだって超遅いじゃねーかよ!とかって突っ込まないで下さいね♪

これでも 一応 見落としが無いように無いようにってやってるんですから

で このエンジンは車載まで行う予定ですので

車載後に またエンジン始動動画がアップできればと思っています

終わり~


駒ちゃんの Z1 エンジン組み立て(6)

4本目

DSCN1739.jpg

この部品 メーカー廃盤でした♪

ダメ元で ヤホー見たら 売ってました♪

DSCN1740_20111003230857.jpg

よーし 部品揃ったし 組んじゃお~っと

で スターターからローターまで組んで カバーつ~けよ って思って

カバー見たら

DSCN1741_20111003230856.jpg

何だか すごい コーキングがされてるんですけど・・・・漏れてるし・・・・

DSCN1746_20111003230855.jpg

う~ん・・・これってやっぱ ダメなパターンですよねー どー見ても

だって 配線の被覆が 布ですもん

いくら回りをコーキングしても 布って染み込みますもんねー

しかも 布の下の薄いビニールはパキパキだし

で また部品 発注です

数日後

DSCN1775_20111003230854.jpg

うーん やっぱこうですよね

DSCN1776.jpg

これで もう漏れないでしょうー

あ~これでカバー付ければ 終わりだぞー!


GT550 ウェットブラスト後

3本目

DSCN1750_20111003225210.jpg

んー 綺麗だなー

なんか これ 新品より光ってるんじゃないかなー♪

DSCN1753_20111003225209.jpg

クランクケース内が真っ黒だったのですが

こっちも結構綺麗になりましたねー

DSCN1754_20111003225208.jpg

元々 程度良かったので 綺麗に上がったみたいですね


GS400のジェネレーターが・・・・・

2本目

何日か前に うちで組んだエンジンのお客様から電話がありまして

なんだか ジェネレーター付近から物凄い音がする!と

よくわからないので もって来てもらっって

カバー開けてビックリ

DSCN1765_20111003221832.jpg

なんですかこれは? ステータコイルが・・・共回りしてるじゃないですか!

DSCN1764_20111003221831.jpg

もちろん 配線はちぎれ こんな状態です

電話を受けた時は フライホィールを軽量加工したせいで 磁石が粉々になっちゃったのか?

とか いろいろ考えたのですが フライホィールは加工時とあまり変わらない様子

じゃーなに?

DSCN1767_20111003221830.jpg

コイルを 叩いて外してみたら

中から 綺麗な ステンレスの短いボルトが出てきましたよ!

と 言うことは 先にボルトが外れてこうなったんですね

まぁー僕の見落としと言ったらそうかもしれませんが

カバーにコイルが付いてたら いちいち ちゃんと長いボルトでロックタイトつけて組んでるかな?

なんて事は絶対にしないですよねーフツーは

こんなくだらない事でせっかくのエンジン壊れたらどーすんのよ このバカやろう!

ちなみに このメッキカバーを取り付けたのは どっかのショップさんらしいですけどねー

このエンジンは初期型なので ストレーナー下が外せますから外してみたら

超いっぱい いろんな物が出てきましたよ・・・幸いエンジンは大丈夫そうだからいいけど


ブレーキローター加工

こんばんは

あー ヤバいっすね!もう10月じゃあ~ないですか・・・・時間が早い まるで音速のようです・・・・

ここのところ どれもこれも 仕事がすんなり進まず とても書く気分ではなかったので

随分と間があいてしまいました 楽しみにしてる人がいたらすみませんでした


DSCN1761_20111003215533.jpg

まずは このメーカーさんの梱包が面白かったので紹介♪

あっ ちなみに今回は直送にて依頼でしたので途中で開けられたような形跡はありません

DSCN1762_20111003215532.jpg

とりあえず 箱を開けたら こんな感じ

で 1枚目のローターを取ると

DSCN1763_20111003215531.jpg

わざわざ こんな注意書きしてあるダンボールを間にはさんでるのに

○でも×でもない 微妙な梱包方法

でも 良く考えたら このローターを梱包した人は注意書きの書いてあるダンボールを自分で入れてるのに出来てない

たぶん バカなんですね(笑)

まっ ローターに損傷は見受けられなかったので構いませんけどね

DSCN1772_20111003215530.jpg

で 今回の加工箇所は 外径部分を小さくしてみました


Paging Navigation

Navigations, etc.