内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メールエラー

こんにちは

あー寒い寒い・・・

最近 またエンジンが溜まりぎみです・・・なのでブログが・・・・

ちょっと 個人のお客様に向けた記事になってしまうのですが

現在 メールにてGS400のエンジンO/H見積もりの問い合わせを頂いている方へ

何度か返信をしているのですが エラーになってしまい返信することができません

お手数ですが 違うアドレスにてもう1度お願いします

また、他のお客様についてもまれに送れない場合がありますので返信が来ないと思ったら再度ご連絡下さい

では よろしくお願いします

スポンサーサイト

KDX220 エンジン始動

こんにちは

晴れてると少しだけ暖かいですね

DSCN6628.jpg

お客様の方で エンジン搭載し遊びに来て下さいました



エンジン調子良さそうですね

よかった よかった♪




KDX220 完成

お待たせしました 無事 完成です

DSCN6426_20121122112119.jpg

DSCN6417_20121122112119.jpg

DSCN6422.jpg

部品が中々入荷しなくて一時はどうなるかと思いましたが

エンジン内部は ほぼ新車時に近い状態に仕上げられたと思います

次のオーバーホールは部品の面で少々厳しいと思いますので

今回は少しでも延命になるように組み上げたつもりです

なるべく長く動いてくれることを祈ります

ありがとうございました

KDX220 おわり




KDX220 組み立て(参)

おはようございます

続きです

DSCN6394.jpg

やっぱ この黒光りステキ♪

DSCN6410.jpg

シリンダー取り付ける時に フリクションの少なさが感覚でわかりますね

DSCN6412.jpg

2サイクルエンジンは シリンダーまで組んでしまえば 後は蓋を閉めるだけ

細かいカバー類その他を取り付けて完成です


KDX220 組み立て(弐)

こんばんは

ダメですねー毎日アップとか中々できません・・・・

記事的には前回の続きの内容です

DSCN6379.jpg

今回はシリンダー&ピストンは純正品の新品です

このシリンダーはメッキシリンダーでうちではちょっと加工は無理なのですが

ピストンも当たり前ですがSTDサイズしか設定がされていません

メッキシリンダーもいいんですけど 壊れた時に困っちゃうんですよね

DSCN6382_20121120183018.jpg

で このエンジンにはカワサキで言うKIPSってのが付いてます 可変排気ポート機構とでも言えばいいかな

今だったら わざわざこんなメカニカルにしないんだろーけど 完全機械式の可変機構です

部品点数が多いってことは 不具合の出る確率も上がりますからね

組み付けも簡単と言えば簡単ですけど 細かい調整は人間まかせな感じだったのでちょっと考えちゃいました

DSCN6387_20121120183017.jpg

排気ポート覗くとよくわかります これが低回転時

DSCN6386_20121120183018.jpg

で これが高回転時

じゃあその回転制御はどーしてんの?って言うと 写真が無いんですけど

クランクシャフト軸がスクーターの遠心プーリーみたいなのをまわして

そのーんーなんだ 遠心プーリー溝が移動した分だけギヤが動くみたいな

まーそんな感じなんです

でも この機構が付くことでだいぶパワーアップしますからね

DSCN6389_20121120183017.jpg

普通のシリンダーと比べると すごく部品が多い感じです

DSCN6391.jpg

ピストン・ピン・リングは お決まりのWPC処理です

うちで組むエンジンの場合 多分 僕かなりの確率でお勧めしています


KDX220 組み立て(壱)

おはようございます

今日は そんなに天気よくないけど なんだか暖かい

下準備が大体終わったので 組み立て開始です

DSCN6324_20121113115003.jpg

圧入組み立てクランクで サイドベアリング部もキツイ圧入なので

若干ヤキバメ的な感じで組まないと芯がズレそう

DSCN6328_20121113115003.jpg

中身はいたってシンプルな感じです

DSCN6330.jpg

こっち側も うまぁ~く 圧入組み立てしてあげないとね

モンキー系みたいに スポスポだと組むの簡単ですけど あれはあれでどーなのかな?と思います

DSCN6333_20121113115002.jpg

ホント ちゃんと組まないと 場合によってはクランク回らなくなったりしますからね

DSCN6335_20121113115001.jpg

クランクケース圧入組み立て後に もう一度 クランクが曲がってないか確認中です

DSCN6339.jpg

とりあえず ここまで


KDX220 ミッション

こんにちは

今日は 曇りでとても寒いですね

DSCN6311.jpg

ミッション ドライブ側(アウトプット)

特に問題なさそうですね

DSCN6314.jpg

ラッピング&洗浄でOKです

DSCN6315.jpg

バイクのミッションって 結構頑丈に造られてますから

正直 そんなに分解しなくても問題ないのは わかっているんですけど

全部を点検しないと 不安が残るんですよね

もしも 何かがあった時に お客様に そこは大丈夫だと思って見てませんなんて

絶対に言えませんから

DSCN6320_20121111124740.jpg

カウンター側(インプット)も同様です

DSCN6321_20121111124740.jpg

クランクもいい感じにO/H完了♪

さて そろそろクランクケース組めるかな?

 

KDX220 クランクケース

こんばんは

今日は雨のせいか そんなに寒くなかったですね

DSCN6228.jpg

このエンジンには 小さなベアリングが底付きするような感じで結構取り付けられてました

なので 内掛けタイプのプーラーよりも こっちの力技の方が断然早い気がする

DSCN6232_20121106201747.jpg

これで ベアリングは全部取り外せました

で これから取り付けるベアリングがこんなにあるんです

DSCN6227.jpg

まずは キレイキレイして

DSCN6293.jpg

で 入れる!

DSCN6303.jpg

当たり前ですが ベアリング圧入時は アウターレースを押すのが基本

なので今回は 何個か圧入するための棒(ジグ)を作りました

ちゃんと入れる事ができないんじゃ 入れ替えても すぐにガッタガタになっちゃいますからね




KDX220 クランク

こんばんは

いやぁー ホント久々のアップになってしまいました

あんまりにもアップされないから廃業したんじゃないの?なんて思った人もいるんじゃないですか♪

たかが1週間ですが 1週間休むと こ~なるんだってのがよくわかりました・・・・

出勤初日は物凄かったけど 今だに 毎日毎日 宅急便が届く・・・・

新規のお客様もなぜか 異様に多い・・・・

これって ホントは喜ばなくちゃいけないんですよねー

と 言う事で 僕は現在 とってもハッピー・・・な気持ちでいっぱいです

まぁいいや 頑張ってみます


でKDXですが バラしたクランク直すなら新品買った方が良いですが

中古クランクもう1本お預かりしてましたので こっちをベースで行きます

まず このネジ部分 矢印部分から先端にかけて状態が悪いです

DSCN6050e.jpg

なので

DSCN6056_20121105202540.jpg

とりあえず 溶接してみました



DSCN6058.jpg

こんな感じにネジ切りなおしてみました

元々の状態よりは断然良くなりました

ここのナット たしか結構なトルクで締めろとマニュアルに書いてあったような?

と言うか クラッチまわりもそうだったんですけど

ナットの締め付け 強すぎでしょ 車じゃないんだから・・・・

緩むから強く締め付けるんじゃなくて 緩まないような構造にすればいいのに

もうちょっと 頭使って設計してほしかったですよね

それと このクランク どうも大端部のピン&ベアリングが弱いみたいなので

そっちは新品部品使って O/Hになります


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。