内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GS400 エンジン分解(2) from GUNMA

おはようございます

今日は、久々に快晴ですね♪

で つづき

DSCN6830.jpg

腰上パーツに関しては、決定的なダメージは無いみたいです

DSCN6840.jpg

こりゃ~オイル交換全然してなかったんだなーたぶん

DSCN6844.jpg

今回は内燃機よりも汚れとの戦いになりそうです・・・

DSCN6850_20130226110723.jpg

未開封エンジンはやっぱいいな~♪ 機関良好っぽい

DSCN6852_20130226110725.jpg

うーきたねーです・・・・・

でも とりあえず、物は良かったので一安心です

さーどこから手をつけるかな?

スポンサーサイト

GS400 エンジン分解(1) from GUNMA

こんばんは

やっぱ夜は寒い・・・・ムリムリ・・・

で こちらのGS400もアップ忘れしてます。

DSCN6811_20130224212100.jpg

見た感じ カバー類は開けられた形跡がありますがエンジン本体には手が入れられて無いように見えます

今回はチューニング的なことは、ほとんどしません キレイに耐久性重視の普通のオーバーホールです

このエンジンが予想通り開けられてなければ ラッキーですね

まぁーホント 業者さんも含めみなさんテキトウにやってくれちゃいますから・・・・

DSCN6817.jpg

いいね!

カムもローじゃないし

ただ、ちょっとオイル交換があんまりされて無いっぽい

まぁいいです

DSCN6820_20130224212104.jpg

いいね!

カムジャーナルまわりもキレイキレイ♪

ここがダメになってると ほぼ捨てですから・・

DSCN6821.jpg

あったり~♪ やっぱ開けられて無い

ん オイル上がりも下がりもしてないんじゃないかな?

もしかすると オイル管理が悪かっただけで そんなに走ってないんじゃ

DSCN6827.jpg

やっぱそうだ!

ピストンリングが全然吹き抜けてないじゃん♪

ピストン交換しなくて済みそうです(たぶん)

つづく


お知らせ

こんにちは

今年も もうこんな時期ですよ・・・・

2013サニーの日1

あー・・・・今年は行けそうにないなー

車検切れちゃってるし エンジンも何もやってないし

忙しすぎるし・・・

時間のある方は 行ってみると面白いですよ

30~40台くらいは サニーばっかり集まると思いますから♪


GS400 強化クラッチプッシュロッド

こんにちは

今日は、ちょっと暖かいですね♪

で、今日はGS400乗りの方にとっては朗報かもです。

DSCN9980e.jpg

この写真の矢印の部分がオイルシールとの磨耗部分で ここから先がチェーンとの接触等で曲がってたり

サビてたりと いろいろなトラブルが出ます 1番イヤなのはオイルが漏れること!

今までも 強化タイプのロッドへの修理は行っていたのですが

大変好評なようで、かなりの本数を強化タイプにしました。

その際は、どんな物でも構わないのでクラッチハウジング側のラセンが付いている物を

送って下さい!と言っていました。

要するに うちではロッドは製作できても ラセン部分が製作出来なかったため

どうしてもラセン部分が必要だったのです

ですが~♪ とうとう出来ちゃいました♪

DSCN7489.jpg

とりあえず ラセン部分 30台分 ご用意しました。

これを、うちの強化ロッドへ 純正同様 ロウ付けすることで

DSCN1956_20130223131605.jpg

下取り無しで 強化クラッチプッシュロッドの 販売が可能になりました。

http://www18.ocn.ne.jp/~outline/gs400parts.html ←価格

ただ、現在 ロッドの方が在庫切れの状態です

いつも10台分くらいは 在庫してるのですが ここのところバタバタバタっと全部出てしまいました・・・・

近々 通常在庫になりますので よろしくお願いします。


SUZUKI GT380 エンジン分解(2)

おはようございます

今日は少し暖かいかな?そーでもないか・・・

つづきです

DSCN6789_20130222102538.jpg

ケース割るとこんな感じ

DSCN6790.jpg

アッパー側にはこんな感じでほとんど何も付いてません

DSCN6797.jpg

珍しく 5・6速のギヤが痛んでます・・・・

このまま使うとドンドン磨り減る一方なのでちょっと考えないとマズイです

DSCN6803_20130222102543.jpg

やっぱりクランクも疲れきってました

DSCN6805.jpg

で最後に ケース底部に溜まった 砂鉄的な物・・・・

2サイクルエンジンは、ブローバイガスの吹き抜けが無いので基本的にはミッションオイルは汚れませんが

定期的に交換しないと こんな感じでベアリングをダメにする元がドンドンと蓄積されてしまいます

結果 ベアリング類もみんな交換ですね

しかし このサンパチのエンジン いったい今まで何キロ走ったんだろ?


お休みのお知らせ

こんばんは

すいません告知するの忘れてました・・・・

明日2/21 お休みします

よろしくお願いします。


SUZUKI GT380 エンジン分解(1)

こんばんは

今日もホント寒かったですねー 雪も降るくらいですからね・・・・

で エンジン分解したらアップするって言って忘れてました(GS400の方も・・・)

なので、とりあえずGT380から

DSCN6737_20130219204943.jpg

何だか パッと見た感じで かなり走っているような感じです

では

DSCN6759.jpg

カバー類を外すとこんな感じ

2サイクルエンジンは基本 分解前にバルブタイミングやら何やらと考えたり測定したりしないので

ちゃっちゃかバラします。

DSCN6760.jpg

ん? 1番の燃焼室に何かが刺さったような跡がいっぱいある

過去に 1度はブローしてるみたいですね まぁいいや

DSCN6770_20130219204948.jpg

ピストン君 大変お疲れ様でした。

ちなみにすでに0.5mmO/Sでした

ん?待てよ STDピストンがブローしてるハズだから その後0.5mmでピストンがこの状態ってことは

やっぱ このエンジン そーとー走ってるハズだなー

DSCN6773.jpg

クランク君もお疲れ様でした

この感じだと クランクもオーバーホール決定ですね

つづく






GS400 ヘッド加工(5) from SAGA

おはようございます

あ~あ 今日も寒いなー もう2月後半ですよ・・

で つづき

DSCN7322.jpg

ヘッド前方はガスケットの腐食跡が残ってますが、面はokですから この辺で終了

今回は、ヘッド組みつけ・シム調整までのご依頼なので

早速 組み付け

DSCN7326.jpg

外観とは違い 中身は超キレイです

DSCN7329_20130218102715.jpg

カムシャフトも軽くラッピングしただけでこんなにキレイになりましたokですね



DSCN7332.jpg

クリアランス調整 って言っても うちのバルブ使ってますから

ほとんど寸法決まってるので そんなに悩まず 暫定シム厚が決まります

ちなみにですが、このバルブでうちで加工した場合 シム厚は2.70~2.80程度になるようにしています

ってことは バルブシートが痛んだりしても あと2回くらいは補修ができちゃうってことですよ

まぁ素人の方にはわからないと思いますが、加工する側の事も考えた寸法になってるってことです

DSCN7327_20130218102719.jpg

素材としては、やはりとても良かったです

特に大きな問題も無かったんですけど ただ単純に僕の作業スピードが遅すぎ・・・・・

GS400 BIGバルブ・フルポート研磨ヘッド完成♪


GS400 ヘッド加工(4) from SAGA

こんばんは

今日は北風ぴゅーぴゅーで 隙間だらけの工場ではストーブ全開でも全然暖かくない・・・・

で、つづき

DSCN7306.jpg

この初期型のころのGSのヘッドはやたらとシートリングが深い(長い)のでやっぱり

カット後若干の段付きができてしまいます

通常だと ここから先はお客様の方での作業になりますが

今回のヘッドはポート研磨依頼も受けています なので、この段つき修正もポート研磨の一部かと

DSCN7308.jpg

これで ちゃんとしたR形状になったと思います

DSCN7313.jpg

ちゃんとつながりましたね♪

僕の考えでは、この年式の2バルブだったら 

INTはなるべくRで EXHはRにならないように仕上げるのが いいんじゃないかなぁーって思うんですけど

まぁこの辺は 人それぞれ いろいろな考え方がありますから あんまり深くは言いません

DSCN7318.jpg

あっ 言い忘れてましたけど このカット形状にできるのは 

うちのBIGバルブ仕様の場合で 

ノーマルバルブだとここまでRつけようとするとシートリングをかなり追い込まないといけないし

バルブの突き出し量の問題等々で無理というかやめた方が良いのでやりません

最近はホント このBIGバルブ仕様がほとんどなんですけどね

つづく


GS400 ヘッド加工(3) from SAGA

おはようございます

もう2月のなかばなのに 何でこんな寒い!もうヤダ

DSCN7248.jpg

そうそう 今回のこのヘッドは中身はきっちりピカピカ仕様ですが

外観は古っぽいこの感じのままで!という依頼ですのであえてキレイにはしません

で プラグ穴がグズってたので 

DSCN7250.jpg

これでよろしいかと♪

で 次

DSCN7253.jpg

カムジャーナルのオイル供給穴の拡大

DSCN7254_20130215103317.jpg

ここを加工する時は いつも外に穴が開くんじゃないかとドキドキします

自分の実験ヘッドでは 貫通させてます♪

つづく


GS400 ヘッド加工(2) from SAGA

おはようございます

今日も寒い一日になりそうですね・・・・

DSCN7194.jpg

INT荒削りまで終わったところ

いきなりポートの写真ですが 当初の予定ではガイド交換も行うハズだったのですが

あまりにも程度が良かったので もったいないなぁーって事で 

ガイド残したままでのポート研磨です(ホントはガイド抜いてからの方が楽なんですよ)


DSCN7196_20130214101936.jpg

こっちがEXH荒削り終わったところ

で 仕上げると

DSCN7227_20130214101938.jpg

DSCN7214_20130214101941.jpg

よくわかりませんね♪ 特にEXHが

拡大です

DSCN7243_20130214101940.jpg

DSCN7220.jpg

やっぱGSのポートはデカいなぁー

ブログだと ポート研磨5分で終わりますね♪

最近つくづく思うのですが ポート研磨 ものすごく時間かかります

正直 今の工賃ではまったく合いません

なので 4月から 内容に見合った工賃にさせて頂きます

よろしくお願いします


GS400 ヘッド加工(1) from SAGA

おはようございます

相変わらず 寒いですね・・・・

DSCN6705.jpg

記事的には 久々の登場です

でもうちで一番多いエンジンは やっぱりGS400ですね! もうここ何年も必ず このエンジンが入ってる気がする

今回は ヘッド単体の加工依頼です (ヘッドだけってのが意外と多いんです)

DSCN6707_20130212101818.jpg

長期不動のようですね

DSCN6708.jpg

この写真みて みなさんは うわぁー・・・って思いましたか?

僕は逆の意味で うわぁ~♪って思いました

何でかって言うと まず補修前歴が無い事 それとここまでサビるってことは随分前から不動なハズ

ってことは 意外と走行距離少ないんじゃないの?みたいな

しかも初期型だし

で とりあえず簡単に掃除してみた

DSCN7191.jpg

各部 点検してみたところ バルブの当たり面以外 悪いところほとんど無し

予想的中♪ こうゆうのがベースだと 非常に良いですね

つづく


kawasaki 250TR 完成

おはようございます

昨日は大雪・大雪って天気予報で言ってたけど 大したことなかったので良かった♪

で ようやく完成です

DSCN6552.jpg

大変お待たせしました

DSCN6559.jpg

DSCN6557.jpg

このエンジンは、年式も新しくメンテナンスもしっかりと行われていたので

これと言ってダメな部分はほとんど無かったです

いっつも年代物ばかりなので、変なところが無いと少し物足りなさがあるような・・・・

イヤイヤ 変なところは 無いのが一番です♪

テーマが、とにかく排気量アップのエンジン完成です

それに伴って 若干の小細工もしたので いい感じのトルクフルな感じになったんじゃないと思います


250TR 終わり~


kawasaki 250TR 組み立て(3)

おはようございます

早く春にならないですかねー もー寒いんですよ!

DSCN6527.jpg

ヘッドを合体させてからでも良かったのですが

先に ロッカーアーム・カムシャフトを組んだところです

で いざ合体

DSCN6530.jpg

何か久々のシングルなので やたらシリンダー&ヘッドだけが長く見える♪

DSCN6536.jpg

ここまでくれば あとはセルモーターまわりと クラッチ側それとカバー類を組み付ければ完成

つづく


kawasaki 250TR 組み立て(2)

おはようございます

今日は結構暖かくなるみたいですね♪

つづきです

DSCN6498.jpg

今回は、ロングストロークになりますので 効果は期待大です

DSCN6504_20130204100848.jpg

中々のストローク量です♪

DSCN6519.jpg

で ヘッド組み立て前に ロッカーアームをキレイキレイして

DSCN6521_20130204100851.jpg

いい感じです

つづく


kawasaki 250TR 組み立て(1)

おはようございます

何だか今日は 変な天気ですね 晴れたり雨降ったり 風強いし でも暖かい♪

早いなぁー・・・もう2月ですからね・・・ヤバい

DSCN6458_20130202102709.jpg

組み立てってタイトルになってますが そんなに部品点数も無いので

いつもの組み立て前準備も平行しながらの作業になります

ミッションも特に問題ないですね

DSCN6469_20130202102711.jpg

大丈夫ですね OK~

DSCN6457_20130202102713.jpg

お客様のメンテナンスが非常に良かったため オイルスラッジのような物はまったくありません

軽く洗っただけで 新品みたい♪



DSCN6477_20130202102714.jpg

左右のケースにベアリング類を圧入して

DSCN6481_20130202102716.jpg

2サイクルの横割りエンジンほどじゃないですけど

クランクの取り付けはちょっとコツが必要ですね



DSCN6486_20130202102847.jpg

クランクケースほぼ完成

つづく




Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。