内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

SUZUKI GS400 シリンダー&ピストン

こんにちは

何だか 梅雨入りしたみたいですね・・・・ あーサビる・・・

DSCN7540.jpg

フィン欠け部の修理をした後 ウェットブラストしたシリンダー

やっぱ ちょっとダケ プツプツと見えますね

でも 元の状態よりは 全然いいですよね

DSCN7541.jpg

今回のシリンダーは かなり程度が良かったので

O/S等のボーリングは行わず ホーニングのみです

改造メインで無ければ もったいないですからね

DSCN7994_20130530175937.jpg

で 面研 OKですね

DSCN8007.jpg

これが 元々 入っていたピストン

ちょっと縦キズが入ってますが 寸法的には 特に問題ありませんので

こちらも再使用します

DSCN8015_20130530175942.jpg

キズが入る原因の一つが ピストンのバリです

なので バリ等 残らないようにです

スポンサーサイト

ISUZU ジェミニ ご来店♪

こんにちは

何だろ~ ここのところ うちで組んだエンジンを積んだマシーンのご来店がやたら多いぞ

DSCN8351.jpg

この車です あっでもブログ内ではエンジンしか出てないかも

エンジンの最終記事は2009年の3月ころですね

ただ、エンジンを載せ替えるだけではなく その他もろもろ 手を加えたようです

ちなみにですけど、うちの今の工場では 自動車のエンジンの脱着はできません・・・・



まだ、走り出したばかりで セッティング含め 煮詰めるところはまだまだあるようです

ともかく 組んだエンジンが無事に動いているのが確認できて良かったです

また 遊びに来て下さい♪


SUZUKI GS400 ヘッド加工

こんにちは

今日は、丁度いい天気ですね

だいぶアップが遅れている GS400の方もどんどんアップしないと・・・・

DSCN7560.jpg

今回のヘッドは、基本汚いダケで特に異常なところが見当たりませんでしたので

バルブもガイドも再使用のSTD仕上げです って言ってもそのままじゃないですよ

バルブはフェイス研磨し シートはシートカット これは基本ですから

DSCN7794.jpg

で 次は オイルラインのメクラ加工

この加工の主な目的は 完全洗浄をするためですが

ここ最近のお客様からの声では、この加工をしてあるとツーリング等で見知らぬ人に

なぜが声をかけられるらしいです♪ まぁたしかに ん?って目を引くかも知れませんね

DSCN7797.jpg

最小限の面研を終えたところですが

フロント側に腐食の跡が残ってしまいました

多分、ガスケットが抜け気味と言うか腐食してたと言うかまぁそんな感じで

水や空気がOリング溝に浸入したんんでしょう

腐食痕は残ってしまいましたが、大事な面がしっかり出たので大丈夫なハズです

DSCN8093.jpg

で 洗浄等々飛んで バルブ回りの組みつけが終わったところです

全ての部品がキレイなので、組み付けも気持ちいいです

DSCN8096.jpg

これで、ヘッド単体としては終わりですね


kawasaki Z1 ご来店♪

本日 2本目

DSCN8340.jpg

この Z1には 1月ころにブログでアップしたエンジンが搭載されています

お客様の方で 車体は、ほぼ完全レストアされ 

ようやく乗れるようになったと言うことで

本日、ご来店されました

なので まだ100K程度しか走行してないそうです 

キャブレターのセットアップもこれからのようです



かかりも良いし 変な音もしないし 未セッティングにしては調子良さそうですね

綺麗でカッコいいな~♪



SUZUKI GT380 完成

おはようございます

今日も暑くなるんですかね? 暑かったり寒かったりですね

DSCN8019.jpg

あんまり良い写真が無かったです・・・・・

DSCN8022_20130525084325.jpg

GT380のエンジンは こんなに古いのに 

いまだに メーカーからほとんどのエンジンパーツが入手できます

これって すごいですよね 多分 もう40年近く経つハズなんですけど

GS400も同じように ほとんどのパーツが出ます

本当に修理する側としても ありがたいことです

別に 僕はSUZUKIをひいきするわけじゃないですけど

古いエンジンのパーツをいまだに供給してくれるメーカー

何か こーゆーのっていいですよね♪

GT380 終わり~


SUZUKI GT380 組み立て腰上偏

こんにちは

何か曇ってきましたねー 雨降るのか?

つづきです

DSCN7714_20130519161659.jpg

特に2サイクルエンジンは WPC処理は効果的だと思うんですよね 構造的に

DSCN7726_20130519161701.jpg

ここからの組み立ては、4STに比べれば簡単ですね

DSCN7733_20130519161703.jpg

ポート口にリングが カジってないか確認中

DSCN7740_20130519161705.jpg

徹底的にバリ取りを行っているので 大丈夫なのはわかっていますが

一応 リングにキズ等付いて無いか確認です

こんな感じで 擦り傷がまったく付かないようだと エンジンは長持ちするハズです

DSCN7743.jpg

これで、エンジン本体は ほぼ完成です

あとは ポンプやカバー等の細かい部品を組めば終わりです


SUZUKI GT380 組み立て腰下偏(2)

2本目

つづきです

DSCN7666_20130518150716.jpg

カッコいいじゃないですか~

DSCN7670.jpg

やっぱウェットブラストしても この感じじゃないと決まらないかなぁ~

DSCN7651.jpg

ちなみに使えるボルト類は全て再メッキ

DSCN7678.jpg

で 今回 NEWパーツを作ってみました

これもメーカー廃盤だったハズのクラッチプッシュロッド

なので GS同様 強化タイプにて製作です(要望があれば販売します)

DSCN7683_20130518150723.jpg

取り付けるとこんな感じ~♪

いいと思いますよ


SUZUKI GT380 組み立て腰下偏(1)

こんにちは

天気いいですねー そう言えば花粉終わったと思っていたんですけど

何か最近また ムズムズするんですけど・・・まだ何か飛んでるのか?

DSCN7647_20130518144932.jpg

組み立て前の最終洗浄を終えたケース 

オイル汚れ・泥汚れが まったく無いので気分がいいです

DSCN7650_20130518144934.jpg

組み立て開始です

DSCN7653.jpg

交換したミッションASSYも大丈夫そうです

DSCN7656.jpg

クランクもいい感じです

DSCN7658_20130518144940.jpg

で いつものように ぬりぬりペタペタして

つづく


SUZUKI GT380 ミッション

こんにちは

みなさん GWってやつを楽しんでますか? 今年はすごく良い天気でいいですね

オートバイでツーリングなんか行ったら気持ちいいんだろな~

DSCN7635_20130504153912.jpg

元々のミッションは たしか5速・6速あたりのギヤが剥離し始めていたので割れたら危ないので

今回は中古の代替えミッションが見つかったのでこれを使います

簡単に点検してみましたが 走行距離も少なく良さそうです

でも 一応

DSCN7637_20130504153914.jpg

細かく点検です

DSCN7641.jpg

カウンター側もドライブ側も うーんいいね 特に問題なしです

DSCN7639.jpg

この排気量で2サイクルだと そんなにトルク無いからギヤはGSなんかと比べると

かわいく見える♪

DSCN7645.jpg

見ればわかりますが トルクが細い分 これだけクロスになってるんですけど

エンジンがちゃんとしてると 結構気持ちいいんですよね


Paging Navigation

Navigations, etc.