内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

GS400 バルブガイド入れ

こんにちは

早いなぁー もう月末・・・・

DSCN9115.jpg

今回は、純正ガイドでは無く オリジナル物♪ 材質・形状が純正とは異なります

こっちの方がクリアランスも狭くする事ができるので 芯がバッチリって感じ

DSCN9117.jpg

シメシロも1本1本合わせることもできるしね

DSCN9118.jpg

テーパー形状もポートに合わせた感じに仕上げてます。

スポンサーサイト

GS400 燃焼室研磨

こんにちは

今日も暖かいですね♪

DSCN9101_20131122114439853.jpg

燃焼室研磨も終了です

DSCN9105_20131122114437fdb.jpg

次回はバルブまわりの作業になります


GS400 ポート研磨(2)

こんにちは

今日は、あったかかった♪ でももう寒いし・・・・

DSCN8857.jpg

EXHポート削り始め 僕の場合 まずはリング下から削りはじめます

EXHは穴が開くことは無いと思いますが かなり曲がっているのが苦戦する部分です

で 結構な時間 削ったり・磨いたりするとこんな感じ

右側

DSCN9073.jpg

左側

DSCN9074.jpg

ヘッド加工で一番大変な部分がとりあえず終了

で 次回は燃焼室の研磨です




GS400 ポート研磨(1)

こんにちは

今日は、空は曇ってるし寒いし 僕の誕生日だし・・・たぶん36歳だったような?

もう誕生日が来てもそんなには嬉しくないですね まぁいいや

DSCN8816.jpg

これから ポート研磨ですが 今回のエンジンはバルブガイドも入れ替えしますので

研磨は、もちろん ガイドを抜いた状態での作業になります

とりあえずINTポートから

これが加工前

DSCN8854.jpg

荒削り中

DSCN8891.jpg

仕上げ後

DSCN9078_20131115125056fc3.jpg

GS400は 元々のポート径がかなり大きいので

径はそこまで大きくせずに山部分・リング下部分をメインに削るようにしています

でも 調子にのって削ると 結構あっさりと開いて欲しくないところに穴が開くので注意が必要ですね!

次回はEXHです


GS400 ガンコート塗装

こんにちは

昨日 ついにストーブ出しました これから灯油代がかかるなぁー・・・・

DSCN8419_20131112123752d3e.jpg

今回は お客様のご希望で シリンダーは 薄いブルーメタリックみたいな色

DSCN8421.jpg

ちなみに テンショナーも新品をバラしてボディーだけの状態での塗装です

この色もガンコートですので ウレタン塗装とは違い いい感じです

DSCN8420_201311121238074be.jpg

ヘッドはいつも通りな感じのシルバーですけど 

このいつも通りなシルバーも 普通のガンコートのシルバーとはちょっと違うんですよねー♪




GS400 ドレン修理

こんにちは

今日も天気いいですね

DSCN8303.jpg

今回のエンジンもオイルドレンボルト穴がオカシイです

純正はM14-P1.25 なんですけど M16-P1.5になってます

ホント弱いですよね!ドレン

僕のGSも20年くらい前に 買って最初のオイル交換でゆるめたらネジ山ごと取れちゃいました♪

DSCN8305.jpg

なので いつものように ダメ部分をカット

DSCN8306.jpg

で 溶接です

DSCN8310.jpg

この 切りカキ 型によって この方向と横方向がありますが

一応 元々の向きと同じにして溶接しています


ちなみに 修理を希望される場合は ロアケース単体でなるべく綺麗に掃除して送って下さい

油分が少しでも残ってると 溶接がうまくできません


GS400 オイルライン加工(ヘッド)

こんにちは

今日は雲一つ無い晴天ですね♪ もうちょっと気温が上がるといいな~

で 作業の方 まずはここから

DSCN8293.jpg

オイルラインまわりの加工になります

ちなみに これはジャーナル油穴の拡大です

DSCN8297.jpg

次に、オイルの上り通路のメクラ除去&PTネジ穴加工

DSCN8299.jpg

最近だと ほとんどのお客様が この辺の加工を希望されますね

今回のエンジンもそうですが この後 ガンコート塗装しますので

その際 前作業としてサンドブラストします 

その時の残留メディアの完全清掃を目的としていますが

意外だったんですけど この加工がやってあると 

うちで組んだエンジンってすぐにバレちゃうみたい♪


GS400 エンジン分解(2) from IBARAKI

2本目 つづきです

DSCN7828.jpg

かなりオイル管理も良かったみたいですね 焼けた跡がほとんど無いです

DSCN7834.jpg

なので 内部もかなり綺麗です 

DSCN7837_20131103113725ace.jpg

あっ 何か発見! これって セルモーターのところのアイドルギヤの破片ですよねー

もう結構割れてるの見たなー

DSCN7839_20131103113727891.jpg

ドレンボルトもサイズアップされてましたので

その補修の時の ゴミも一緒に発見!

うまいこと下の方で留まっててくれたので 大きなトラブルにはならなかったみたい

ドレン部分もしっかり直すので問題ないです

次回は作業の方のアップになります




GS400 エンジン分解(1) from IBARAKI

こんにちは

今日は あー世間は連休中ってやつですか・・・・天気も良いしツーリング日和ですね!

で ここのところずぅーーーーーーーっと バタバタで書けなかったので

すでに終わっている物ばかりですが アップして行きたいと思います。

DSCN7798_20131103111934d96.jpg

フルオーバーホール&チューニングにてお預かりです

なので まずは分解から

DSCN7804.jpg

カムまわりは特に異常なさそうです

DSCN7811.jpg

プラグはかなり焼けぎみなんですけど なぜか燃焼室は超オイリー?

まぁ全部やり直すので どーでもいいです 特に問題なしってことで

DSCN7814.jpg

ピストントップも同じように ベッチョベチョ♪ 

こっちもやり直すので 関係ないです

DSCN7821.jpg

腰上まで バラしてみて 正常ではありませんでしたが

これからO/Hするには丁度いいベースになりそうですね

つづく

 

Paging Navigation

Navigations, etc.