内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GS400 エンジン組み立て(4)

おはようございます

今日は曇ってるけど 生暖かいですね 何かべたつく・・・

DSCN9306.jpg

今回は、カムチェーンも交換してテンショナーガイドも交換して 面研も最小限なので

バルブタイミングはそんなに狂ってるハズはないんですけど

測定すると何だかオカシイ・・・・・?

もしかして

DSCN9301_201401301056576f0.jpg

440のスプロケット これ何なんだろ

DSCN9304.jpg

450のスプロケットと比べるとこれだけ違う 12度

EXHは遅れ INTは進み まぁ結果 オーバーラップは広くなるんですけど

中心角が100度前後になるんで 2バルブのGSのエンジンでは どーかなーって個人的には思う・・・

なので 今回も 450スプロケットに変えました

DSCN9309_201401301057012ef.jpg
スポンサーサイト

GS400 エンジン組み立て(3)

おはようございます

何か今日は随分と暖かくなるみたいですね でも印西はこの時間じゃ全然寒いんですけど・・・

DSCN9272_20140125103238d8b.jpg

いい感じですね~ エンジン好きなら これでお酒呑めるかも? 僕は絶対無理ですけどね♪

DSCN9278.jpg

いつも思いますが ここまでやると 新品見たことないけど 多分新品以上に綺麗な気がする

DSCN9289.jpg

カムまわりはこんな感じ

DSCN9292.jpg

今回はテンショナースプリングも強化タイプに変更します

DSCN9298.jpg

とりあえず 形にはなりました


お休みのお知らせ

おはようございます

大変申し訳ありませんが、本日臨時休業いたします

すいません・・・・


GS400 エンジン組み立て(2)

こんにちは

あ~あ~もうちょっと 暖かくならないかなー・・・・

つづきです

DSCN9238_20140118122408598.jpg

今回 カムチェーンは強化タイプを使用しました

DSCN9256_20140118122410845.jpg

WPC処理後もいい感じですね

DSCN9263.jpg

シリンダースタッドボルトは かなり程度が良かったので元々の物を使いました

今 手に入る新品は ストレートの部分が1mm細くなってるんであんまり使いたくないのが本音です♪

それと 中央の4本は お客様のご希望で パウダーコート仕上げです

DSCN9265.jpg

今回 GS400では初のシリンダー内壁へのWPC処理

さすが レース用エンジンで採用されるだけあって スルスル過ぎるくらい 抵抗無いなー♪

怖いくらい

つづく







GS400 エンジン組み立て(1)

おはようございます

今日は ちょっと暖かいかなー 

DSCN9222.jpg

クランクケースも今回は ガンコートです!

DSCN9229.jpg

GS400は 基本的に振動が出やすい構造になってますので エンジン内部の各ボルトにはネジ止め剤を塗ります

塗らないで組んで もしも緩んだら・・・・あ~怖い

DSCN9233_201401171016349e4.jpg

中も外も綺麗で気持ちがいいですね

DSCN9235.jpg

外観のボルト類は基本的には 再メッキしています(できるだけ元々のボルトを使うようにしてます)

つづく


GS400 クランク&ミッション

こんにちは

今日は ちょっとダケ暖かい?いや寒いです・・・・

そう言えば 今 幕張でオートサロンやってるんですね!もう何年も行ってないなー

まぁー行っても おねぇさんしか見てないんですけどね♪

DSCN7847.jpg

まずは、クランクの各ベアリングの状態の点検と曲がり等の点検

今回も 大変優秀なクランクでした

僕の考えですが やっぱり GSのクランクは かなり丈夫に造られています

通常の使い方をしていた場合 壊れるってことが考えにくいです

若干の振れが出ていたりする場合もありますが 

ベアリングがダメになるってのはよっぽどの事がないとならないかなー

ダメになるパターンで一番考えられるのは やっぱブラストのメディアですね これ一番良くないです

ブラストした場合は ネジ穴含め 穴って穴は全て 完全洗浄しないとダメですね!

DSCN9221.jpg

ちなみに GSのクランクに使われているベアリング類は全てメーカーから部品が出ますので

コンロッドがダメになってなければ再生は可能です

DSCN9216.jpg

ここのスリーブも変なキズとかついてませんでしたので 再使用可能ですね

ホントここ 外側からむりやりオイルシール交換したりして キズつけてオイル漏れしてるの多いんですよね

DSCN9218.jpg

これで もう組み立てられるかな

 

GS400 パーツいろいろWPC

こんばんは

今年は、なるべく日記も書けるようにしたいです

DSCN9242.jpg

今回 WPC処理をしたパーツたちです

GSのエンジンでは、この部品が主なフリクションになっています

腰下に関しては、フルベアリングなので意外とフリクションは少ないんじゃないかな

これだけやると かなり軽いエンジンになりますよねー

DSCN9245.jpg

カムやバルブまわりは 過去にも何度かやってますね

バルブに処理すると 新品ステムシール組んでも バルブが自重で下がるくらいですからね!

DSCN9246.jpg

こっちは うちで組む場合 結構みなさんやりますね

でも 今回は GSでは初めてになりますが シリンダー内壁にも処理しました

レース用みたい♪


2014年スタート♪

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします


ってことで 本日より通常営業になります

毎年言ってますが 今年こそ儲けたいです・・・・

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。