内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月2日はサニーの日

毎年恒例なんですけど

お知らせするの忘れてました・・・・・

!cid_6049D020-148F-48AB-AF3B-CE377ED17563.jpg

今年は、日曜日なんで大黒じゃないです

スポンサーサイト

俺のサニトラ その74 エンジン組み立て

久々の超コンバンワ・・・

昨日の休みで大体終わったのですが、まだ細かい部分が残っててこんな時間に・・・・

DSCN0116_20140227232053a9b.jpg

どーせ ピストンがボロボロになるし中古だし 

相変わらずシリンダー錆びたままですが今回も無視してそのままです 動けば良いのでどーでも良いです♪

絶対にマネはしないで下さいね(笑)

DSCN0120.jpg

とりあえずクランク・コンロッドはこんな感じです

DSCN0192_20140227232057bf4.jpg

いやー汚れたままだったんで気が付かなかったんですけど

ノッキング出てたみたいですね(笑)

DSCN0194_201402272320594cf.jpg

ノッキング全然わからなかったなー・・・・

やっぱ最大進角で45度はダメみたいですねー(笑)

今回は、時間無いんで ヘッドもこのまま無視して使いまーす(次回気が向いたら治します)

んーこのヘッド 元々ゾンビ系だったんですけど

更にゾンビ化して行きそうですね!

DSCN0232.jpg

で 飛んで飛んで 完成!

今回の仕様

ブロック A15(超中古ノーマルボア76φ)
ピストン A14(中古純正加工リングも中古)
コンロッド ホンダ純正加工(芯間距離137mm)
クランク A12(中古純正のまま)

総排気量 1270cc 圧縮比 10.2:1 

その他の部分は、前回までのまま何も変えてません

とりあえずエンジン終わり~



SUZUKI GT750 エンジンO/H その4

おはようございます

今日も天気は良いですが、まだまだ寒いですねー

DSCN8451.jpg

ウォーターポンプです

このエンジンは、ポンプハウジングがロアケースの一部になってますから

分解時にもしも壊してしまったら エンジン パァーってことになってしまうので要注意です

DSCN8452.jpg

まずは、インペラから外します

よーーく炙ってからじゃないと 外れません・・・・ 

DSCN8455_20140223113556364.jpg

続いて ポンプケーシングです

こちらもロアケース本体を よーーーく炙ってからじゃないと外れません・・・・

結構 力わざなんで ドキドキです

DSCN8457.jpg

ここまでは分解できますが これ以上は分解できません・・・非分解タイプです

調べたところ まだメーカーでポンプケーシングASSYで部品が出ます

SUZUKIってやっぱある意味凄いな!


俺のサニトラ その73 コンロッド加工とリフター

2本目

そー言えば 部品とか全然入荷しなくて困っちゃいますね これって多分うちだけじゃないよな

続きです

DSCN0086_20140219194125926.jpg

気が付いていた人もいると思いますが 

今回使うコンロッドはA型のコンロッドと比べると大端部の幅が違います 約20mmしかないです

重量は 435g~437gくらいでした ちなみにA12純正は 500g以上はあったと思います

まぁー重さはいいとして 問題は規制方法です

普通の国産エンジンしか見たことが無い人は えっ?って思うかも知れませんが

今回のエンジンは 小端部規制にして使います

外車やレーシングエンジンは 小端部規制になってるのは そんなに珍しい事じゃないんです

なので僕のエンジンは 自称レーシングエンジンなので(笑)

DSCN0090.jpg

で 個人的にお気に入りの 圧入組み立てです

DSCN0092_20140219194129a0e.jpg

本当は、ピストンのピンボス内側も機械加工入れて面を出さなきゃダメなんですけど

意外と寸法揃ってたんで 未加工にしちゃいました

ピストンピンは今回は純正品のまま行ってみます

あーそうそう たまに言われる事あるんですけど 

僕のA型エンジンの加工で そんな事やっちゃって大丈夫なの?なんて言われる事がありますが

だれもマネしろとも言ってないし こーしなきゃダメとも言ってないし

僕の個人的な遊び&実験なので 結果はどーなってもいいんです

だからそんな野暮な事は言わないでね♪

とりあえず今回は ちゃんとエンジンとして動くかの実験なので 

ピストン・コンロッド共に加工は終了です

なので もうエンジン組めるかな?

DSCN0093_201402191941327c2.jpg

これは、前回のエンジンに使ってたリフターです

超高回転常用すると こーなっちゃいますよね

でも毎度毎度 交換してたらきりが無いので

DSCN0099_20140219194134742.jpg

今回は こーしてみた♪

次回バラして問題無かったら 教えま~す


俺のサニトラ その72 コンロッド加工

こんばんは

今日は、ちょっと暖かかったですね

で 今日の定休日も俺のサニトラエンジンシリーズです

DSCN0003.jpg

←が今回使う物 →が今まで使ってたA15純正加工品

ハウジング部 ロッド部 共にI断面のコンロッドとしては

個人的にとっても好きな形で結構理想的な気がしますが

DSCN9998_20140219190024f53.jpg

問題は、こっちキャップ側だと思うんですよ

A型の物はキャップの中央部が薄いんですよ 

で、今まで使ってたのは軽くするために大端部機械軽量加工してさらに重量合わせのため渋々キャップ側も研磨したので

純正品よりも更に剛性ダウンになってたハズ 

高回転まわしてる時は、相当変形してたようで メタルの張りも無くなってて厚みは0.01mm程度薄くなってました・・・・

それをふまえ 今回使うホンダ製のコンロッドはさすがって感じでキャップ剛性ばっちりっぽいです♪

コンロッドボルトも細目ピッチだしね!

DSCN0030_201402191900289cc.jpg

で これが今回使う メタルで

DSCN0032.jpg

A型のメタルじゃ この厚みは絶対に無いですよね 油穴も無いしね

で このメタルを使えるようにするために

DSCN0006.jpg

コンロッドに新規でメタルの回り止め溝の加工して

DSCN0039_20140219192508e77.jpg

仮組みしてクリアランス確認したところ ほぼ0.045mmでした



良さそうでしょ♪






SUZUKI GT750 エンジンO/H その3

こんにちは

印西市は寒い寒いって言っても、やっぱ千葉なんでわりと暖かい方なんですかね

もう雪もほとんど残ってませんからね でも関東でも場所によっては雪がまだまだ残ってるみたいです

おかげさまで、部品等々入荷して来ないし・・・・・・・

分解の続きです

DSCN8158_20140218120632602.jpg

これは、外したピストンピンベアリング  3個ともこんな感じでした

DSCN8161_201402181206348d7.jpg

クランクもオイルっけ無く どっちかって言うと水っぽいです

DSCN8159_20140218120636580.jpg

ここはもう水が乾いたような感じです

普通に考えてありえないです 予想では、ヘッドガスケット抜けが一番考えられますね

DSCN8192.jpg

このカタツムリみたいなのがウォーターポンプです

ここの分解は後でアップします

DSCN8201_20140218120641071.jpg

2サイクルエンジンなので、特に複雑なことは無いですが

なんかこの時代の物だと、さわっただけで壊れそうなこの雰囲気が毎度毎度ちょっとイヤですね(笑)

しかしクランクでかいなぁ~




SUZUKI GT750 エンジンO/H その2

おはようございます

今日も寒いですねー 明日ってまた雪なんですか? じゃあ雪かきしなくてもいいですよね♪

DSCN7934.jpg

前回の記事でも少し話しましたが、上からシリンダースタッドボルトを覗き込むとネジ山は見えますが

その下は、サビ&ドロetcがみっちりで埋まっているようにしか見えません・・・・

ゴムハンマー等で叩いたくらいじゃ シリンダーはビクとも動きません・・・・

なのでSSTで引き抜いていくわけですが シリンダースタッドボルトはすでに廃盤になってますので

ダメなのわかってますけど なるべく痛めないように外すため わざわざこんなアルミのカラーみたいなの作りました

DSCN7938.jpg

で これは以前にオーナー様が使ったという鉄板ですが さらに改造してこんな感じにしてみました

見た感じは 何かすごいことになってる風です(笑)

DSCN8134.jpg

これ 簡単に進んでいるように思えますが 全然動かないんで ほんのちょっと動いたら戻して溜まってたゴミを除去してを

何十回やったんだろ? ん?何日?

たしか鉄板の厚みは9ミリだったんですけど すでに歪んでます

鉄板の厚みは15ミリくらいあった方が良さそうです

DSCN8136_201402131059187f0.jpg

やっと外せました♪ 今まででシリンダー外すだけでこんなに時間かかったこと無いです

DSCN8137.jpg

とりあえず、痛めないように外してはみたけど やっぱ再使用はムリっぽいですね・・・




俺のサニトラ その71  ピストン加工

こんばんは今日は定休日ですよ

まだ、雪がかなり残ってますけど道路は大丈夫になりましたね 

うちの工場のまわりは僕がほとんど雪かきしてないんでドッサリ残ってます(笑)

DSCN0058_20140212203815878.jpg

今は、もうちょっと溶けてますけど あんまり変わらないか?

千葉だと雪って積もっても10センチくらいなんで、今回もなめてまして 

ランサーで余裕だぜ!って感じで帰ったんですけど

かなり積もってて・・・・・・うちのランサーは若干車高低いんで 

うちに入ってくる唯一の道で亀状態になって参りました100mくらい進むのに2時間くらいかかりました

それからは、軽トラで過ごす日々を送っております♪(やっぱ軽トラ無敵でした)

で 趣味の自分のエンジン弄りです(趣味も仕事も同じってちょっとキモチワルイですよね)

DSCN9933.jpg

今回使う A14の純正中古ピストン(もらったやつ) 

鋳造なのはいいんですけどせめてスカート部が研磨仕上げじゃなくて切削だったら良かったのになー・・ まぁいいけど

まずは、頭が0.5mm出てたんで カットです

DSCN9935.jpg

で 次は

DSCN9936_20140212203020cd6.jpg

また こんなダサいピストンにリセス加工ですよ・・・・・あ~ダサ

DSCN9938.jpg

今回は圧縮比が、かなり下がる事が予想されるので前回よりも浅めに って言っても4mmは切ってますけどね

でもA15ピストンに比べれば デッシュ容積がかなり少ないですね

DSCN9940_20140212203024ac7.jpg

とりあえず今回は実験なので、ピストン加工はこれで終わりかなー

次回は、コンロッドになります





 

SUZUKI GT750 エンジンO/H その1

こんにちは

今日は、ちょっと暖かい でもまた雪降るかも?とかって言ってるし・・・ヤダなー

DSCN7893.jpg

このエンジン マニアの方はわかると思いますが

B1なんです GT750はシリンダーヘッドが2ピースになってるのは このB1だけで

初期型とB1以降は同じ一体型のシリンダーヘッドなんですよね

ようするに GT750の中でも1番珍しいのではないかと思います

しかもこのB1は 部分的に初期型だったり後期型だったり ごちゃまぜされているような感じなんですよね

DSCN7916_20140207130117b01.jpg

とりあえず ヘッドカバーとヘッドを外してみます

DSCN7913.jpg

ヘッド締め付けロングナットはこんな感じ・・・・もうすでに嫌な感じになってます

このエンジンは、ナットの座面のワッシャがスプリングワッシャ使ってるのに

水抜き穴的なものが無いため シリンダーのスタッドボルト穴に溜まる一方なのでこんなことになっちゃうわけで

DSCN7918.jpg

何か すごいクーラントっぽい・・・

DSCN7925.jpg

うー・・・超サビてる・・・・ ガスケット抜けてちゃのかな?

でも、このエンジン普通にかかってたんですよ!

オーナーさんが目の前で1回かけてくれたんですけど、こんな中身のような雰囲気じゃなかったんだけど・・


俺のサニトラ その70

こんばんは

今日は、定休日なので myサニトラの記事です

しかし寒かった・・・昨日の雪 まだ工場のまわりは残ってるし・・・・

DSCN9906.jpg

半端に加工してあったりもしてますが とりあえず芯間距離の違いを見て下さい

左から順に行くと 今回使う予定の ホンダ純正コンロッド・A15(A14)・A12

芯間距離では 137.0 133.0 121.5(たしか・・・)

単純にクランクをA12の70mmストロークの場合の連桿比(れんかんひ)は?

3.914  3.80   3.471 って感じですよ フフフフ♪

DSCN9905.jpg

今回使う予定のピストンは、弟子のA14に付いてたノーマルピストン(廃棄予定だった物をもらった♪)

仮組みしたところ 中々いい感じですよ

ピストンは、このままだと0.5mm出てますけどね

まぁ ピストン&シリンダーは形になればOKなのでどーでもいいです

DSCN9904.jpg

たまんね~ このコンロッドの角度 ステキ♪

暇な人は コンロッドの折角でも計算してみて下さい(笑)

前回までのA15とは真逆なエンジンになること間違い無しです

大丈夫かなー トルクまったく無くなりそう


GS400 NEWパーツ マフラースタッドボルト

こんにちは

昨日はあんなに暖かかったのに・・・・今日は雪かもとかって天気予報言ってるし・・・寒い

DSCN9984_20140204110050775.jpg

随分前に完成してたのですが、お知らせが遅くなりました

GS400用のマフラースタッドボルトです

材質SCM435 ネジ部は転造 表面処理ユニクロ

GSのヘッドはネジ山が痛みやすいので使って下さい

http://outline1169.cart.fc2.com/ca1/10/p-r-s/

俺のサニトラ その69 エンジン降ろし&分解

めずらしく2本目

DSCN9819_20140202112431ff9.jpg

いやー前回のサニトラの記事から 約2年も間がありますねー

2012年の10月に車検が切れてから そのまま放置してましたから・・・・・自分のはこんなもんです

いい加減 腐りそうだったんですけど 昨年の12月に弟子が工場で

DSCN9775.jpg

こんなエンジン組んでるんで ちょっと危機感? 多分このエンジンは普通に速いハズなので

お正月休みにとりあえずエンジン降ろして分解してみました

DSCN9824_20140202112433871.jpg

いつ見ても 汚いし チューニングエンジンの雰囲気もない♪

DSCN9827_2014020211243588a.jpg

ヘッドOKっぽいですね ヘッドは今回もこれ以上分解の予定は無いでーす♪

DSCN9837.jpg

やっぱ毎度毎度 ピストンスカートが、なぜか全面あたり どーでもいいでーす♪

気になるのはここ

DSCN9832.jpg

前回のノーマルメタルよりは良いですが・・・あたらないハズの部分までキレイにあたっちゃってますね(悪い意味で)

コンロッドのハウジング剛性が足りないのかな

結果やっぱ A15は8000rpm以上まわしちゃダメよ!ってことですね♪

82mmストロークのクランクは、トルクもあって乗りやすくていいんですけど

何やっても僕の心に響いてこなかったので このクランクはもう使わな~い

デ 次は また このヘッドとブロックを使ってボアアップしないで 

70mmストロークのクランク(A12)に変更して

A15改1270ccを造ろうと思いま~す♪ 内容変更のしかたが極端かな?


SUZUKI GT750

おはようございます

今日は暖かくなるんじゃないんですか? 印西はとても寒いです・・・なぜ?

DSCN7892.jpg

このエンジンの記事も ものすごくタイムラグがあります・・・・

GS400のエンジンは大体いつもO/Hでお預かりしているのは、みなさんご存知だと思いますが

その他として なぜか 2STの古いエンジンもかなりあるんです・・・僕 2ST苦手なんですけどね・・・


で このエンジンは うちではもちろん初めてでしたので 

これから分解作業の記事になりますが、超予習勉強しました。


GS400 エンジン完成

おはようございます

今日は、また冬に戻ったみたい・・寒い・・

DSCN9319_2014020111315171f.jpg

今回は、ストリート向けフルチューンエンジンの製作依頼でしたので、やっぱり時間がかかってしまいました

DSCN9310_20140201113149b2b.jpg

まぁ組み立ててしまえば シリンダーの色が違うくらいしか 見た目的にはわかりませんけどね♪

DSCN9315_20140201113153006.jpg

これから、動かして 他のGSと比べて楽しんで下さい

ありがとうございました




Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。