内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

俺のサニトラ その77 エンジン点検

こんにちは

梅雨入りしたのに 結構 湿気がなくて気持ちいいけど 暑い もう夏だな・・・・

エンジン降ろし

本当は、もうちょっと このエンジンのまま行くつもりだったんですが

最近 仲間内でサーキットが流行ってまして 何だかんだで2000K乗ったのと

こんなエンジンでは、まったくタイムアップが望めないので

次のステップに進むため エンジン降ろし分解点検してみます

DSCN1189_20140619133229db2.jpg

今回も いつもと同様に 僕のサニーのタコメーターは純正品なので8000rpmまでしか読めないので

サーキットでは、そのメモリの無いところを常用して使ってみました♪

だから実際は何回転なのかは不明ですけどね でも絶対に8000以下ってことは無いので

で 一番気になるのは

DSCN1190_20140619133230b63.jpg

コンロッドメタル

やったね!ほぼ無傷 回転方向のキズは ちゃんとクランク掃除しなかったせいなので そこは無視

張りもあるし よく見ると シリンダーゲージで測定した時の跡が まだはっきりわかる♪

その代わり ストレーナーステーが割れたり バッフルプレートにクラック 入ったり・・・・・してるし

で このコンロッドは ホンダのストリームとかって車の物で エンジン型式はD17

メタルは ホンダB18CタイプRの物です

こう言う ネタを公開するのは全然構わないんですが 

これが商売にされたりすると 若干イラッとするんですよね しかも自分が考えた風でやられるとね

まぁーいいけど

と言うことで A14 A15 ブロックにロングコンロッドを使ってA12クランク仕様が可能となりました

僕は、亀有さんのピストンとか使ってないんで あれですが

78φ79φのフラットピストン使えば 圧縮もそれなりになりますので 結構面白いんじゃないかな

スポンサーサイト

SUZUKI GS400 エンジンO/H その2 fukusima

こんにちは

今日は、ちょっと涼しいですね

DSCN0333.jpg

昨日 記事にしたエンジンがイマイチだったので 今度は この初期型ベースです

DSCN0342.jpg

あ 中 キレイ♪  多分 使えるんじゃないかと

DSCN0343_201406031127022ca.jpg

1回も分解されてなかったんじゃないかと思われます

何の問題もなさそうです ベースとしては最高ですね

と 言うことで 今回は腰下は これを使い 腰上は元々のやつをベースでO/Hしてみましょう


SUZUKI GS400 エンジンO/H その1 fukusima

2本目

毎度ですが エンジン加工&O/H 一番多いのは GS400です

DSCN0312_201406021125073f8.jpg

元々は、ヘッドとシリンダーの単品加工でのお預かりだったのですが

預かったシリンダーとピストンが変なキズの付き方してたんで 

お客様に、クランクの大端部 大丈夫ですか?と確認していただいたら

DSCN0315_201406021125091de.jpg

やっぱり・・・・こんな感じだったらしく

エンジンごとになりました

ただ GS400は クランクピンがウェブと一体構造なので ピン交換が出来ないのとコンロッドが廃盤なので

このクランクは使わないで 違う物に交換ですね

DSCN0322_20140602112511983.jpg

バラしてみると 中は真っ黒  お客様の話しでは かなりオイル交換はマメにしてたそうですが

まー コンロッドベアリングがダメになってますから なかりオイル焼けたんでしょうね

DSCN0324_20140602112513cf9.jpg

で なぜか ミッションギヤも痛んでる

GSでは 初めてかも

このエンジンは 細かい部分での組み付けミスが かなりあったのですが

DSCN0329_20140602112515632.jpg

このCリング ミッションのところに使う2個と バランサーシャフトに使う1個 

逆に取り付けされてたんですよね・・・・結構まずいですよ

で バラした結果 こんなだったんで お客様と相談したところ

腰下 もう1基あるそうなので そっちベースにしましょ ってことで

次回 また分解です








俺のサニトラ その76 アルフィンドラム取り付け

こんにちは

何か ここ何年か 春がほとんど無くて 夏の期間が長くないですか? 工場内 ものすごく暑いんですけど・・・・

DSCN0452_20140602105757be3.jpg

ずっと やりたかったんですけど

このバックプレート単品にするまでの作業がなかなかメンドクサクテ・・・・

と思っていたら ハブベアリング&シールがダメになって ベアリング交換になったんで 

ようやくです

DSCN0467_201406021057596ea.jpg

アルフィンドラム側を加工すれば とりあえず取り付けは出来ると思うんですけど

何かイマイチだったんで やっぱりバックプレートを加工です

そんなに難しくは無いんですけど ダストプレートって言うのかな?

ペラペラの外淵のやつと サイドブレーキのスプリングフックを 外して

また、スプリングフックだけを取り付ければ良いわけで

DSCN0486_20140602105801f7a.jpg

溶接して塗装して組むとこんな感じ

DSCN0489.jpg

で この状態になれば アルフィンドラムはボルトオン♪

DSCN0491.jpg

やろうやろうと思って 何年もかかっちゃった・・・


Paging Navigation

Navigations, etc.