内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GS400改 その11

こんにちは

何とか復活しました・・・って言ってもまだ扁桃腺の腫れが引かないんで あんまり無理は出来なさそうですけど

納期的に大変ご迷惑をおかけしています 申し訳ありません

DSCN2713_201503271106391df.jpg

実は 今回のピストンオーダー時に 今 造っているスペシャルヘッド用に ピストンもスペシャルでオーダーしたところ

ヘッドに置いてみたら プラグとピストンがあたる・・・・・はぁ~うっかりしてました・・・・

TOP形状は こんな感じです

DSCN2714.jpg

多分ですが この盛りが限界に近いかと思われます♪

プラグの逃げ加工しないと組めないですね・・・・僕 やった事ないです

みなさんも ちょっと考えてみて下さい 

GS400のヘッドは、プラグが斜めに入ります ちなみに30度ね!

まず ヘッド基準で プラグの正確な位置だしが超難しいです(僕の頭では)

で ピストンは上下運動をしますので ヘッドとピストンの位置関係をちゃんと把握しないと

ピストンのどの位置に どれくらいの深さ 必要なのかがわからないと思います(僕は)

結果 何日も考えて計算機たたきつつ 図面書いて みたいな感じ

まー要するに 超大変でした

DSCN2741_20150327110643591.jpg

セットさえ出来てしまえば 加工時間は いくらもかからないんですけどねー

DSCN2738.jpg

なので こんな感じで 左右 専用になります

んー しかし GS400で プラグの逃げ加工か  絶対こんなこと うちしかやってないですよね(笑)

DSCN2732.jpg

図面上では 大丈夫なんですけど やっぱり心配なので 仮組みしてみました

DSCN2733.jpg

これは うちの寸法等測定用の未加工ヘッドです

バッチリです!あー良かった
スポンサーサイト

申し訳ありません・・・・

僕の体調管理が出来てないのがいけないのですが

土曜日から扁桃腺が物凄く腫れてしまって 熱が下がりません

少しお休みさせて頂きます


GS400改 その10

こんにちは

暖かいですねー うちの工場の前のコブシの花も満開です

DSCN2551_20150320164625145.jpg

シートカット後 シートリング下が少し白くなっている部分が段つき部分です

で ここを 45度面やシートカット形状をキズ付けないように 慎重に研磨です

ちょっとでも45度面にキズつけたら シートカットからやり直し・・・・いろいろと各寸法も変わってしまいます・・・

なので ホントに緊張します

DSCN2556_201503201646273da.jpg

で 写真が上下逆になってしまいましたが 仕上げるとこんな感じ

DSCN2558.jpg

何とか うまく出来ました♪

DSCN2666.jpg

特注のピストンも 入荷しております

今回 数台分多めにオーダーしておいたのですが

もう 完売してしまいました・・・・・


GS400改 その9

こんにちは

今日も天気いいですね

で 何度も言っているような気もしますが 

このエンジンの内容は、まだデータ不足のため販売や加工は受け付けておりません

僕のイメージ通りのエンジンになれば 今後のチューニングメニューに追加いたします

今回は、特別にお客様にご協力頂いて 実験させてもらってます

DSCN2364_201503161244592ea.jpg

前の記事で、バルブ等の話しをウダウダしましたが

燃焼室の容積増えるの覚悟で 更に BIGバルブです

INT-39φ EXH-34φ になります 

普通に考えて もう これ以上の大きさは無理な気がします

DSCN2528.jpg

シートカットすると こんな感じです

バルブの干渉を防ぐため バルブ全長を短くしてますから 必然的に掘り込むような感じになります

ちょっとダケ うちの秘蔵データ教えます

燃焼室容積

36/30仕様(ノーマル)    約36cc

39/32仕様(BIGバルブ)   約38cc

39/34仕様(超BIGバルブ)  約39cc

ハイコンプ435ピストンの TOPボリュームは 18.5cc

後は、計算してみて下さい♪

DSCN2530_20150316124502acf.jpg

シートリング内径も拡大しました シートリング下も結構削っておいたつもりですが

やっぱり 段ついちゃいますよね・・・・・・

なので やった事ある人ならわかると思いますが ド緊張のシートリング下の段つき修正研磨やらないと

で また部品が届く

DSCN2642_2015031612450329b.jpg

このヘッドがこんな事になっている理由は もう おわかりかと♪

ノーマルのキャブじゃ 無理ですもんね!
 
でもGS400で このサイズは 中々いないんじゃないかなー

絶対にキャブに負けないんだから!


SUZUKI GS400 エンジンO/H その6 ibaraki

4本目



動画撮ってたんですけどアップ忘れでした

外装が凄く 派手ですね

キャブがイマイチなんで エンジンがちょっと重い感じですね

もしかして 今頃 ラグゼさんで キャブセッティング中かな♪


GS400改 その8

3本目

DSCN2445_201503091205568ef.jpg

今回 使うバルブガイドは これです

材質は リン青銅になります 各部の形状や寸法はオリジナルになります

ちなみにノーマルは

DSCN2447_20150309120557d5f.jpg

これは EXHガイドですが INT/EXH共 鋳鉄製です

DSCN2450_201503091205589f3.jpg

打ち込むと こんな感じです

これは個人的な話ですが やっぱりポート研磨したヘッドには ブロンズガイドじゃないとキマラナイかと

DSCN2454_201503091206002be.jpg

EXHガイドには 一手間かけて 純正と同じ ガス切りも付けてあります

そしてまた 部品が届きました

DSCN2641.jpg

普通のシートとちょっと違いますね って話したら

どうやら 三協オートさんの オリジナルシート らしいです

部品がぞくぞくと揃ってきますね


SUZUKI GS400 エンジンO/H その3 saitama

2本目

そして こちらが 現在販売しているバルブです

DSCN2535_20150309114208910.jpg

写真だと イマイチわかりずらいですが

INT 39mm EXH 32mm になります

DSCN2536_2015030911420994e.jpg

半球型の燃焼室のエンジンの場合 

バルブサイズを大きくするためには、バルブ全長を短くして シートカットにて掘りこむ必要があります

使うカムシャフトにもよりますが GS400の場合 バルブの挟み角が 61度なので 計算すればわかると思いますが

簡単に言うと バルブとバルブがあたらないようにしないといけないんです

すると バルブサイズを大きくすると 必然的に 燃焼室の容積が増えてしまうわけで

この辺の イタチゴッコが 半球型燃焼室エンジンの難しさですよね

今回は うちのピストンを使いますので もちろんノーマルよりも 圧縮比は上がりますが

定番のWISECOあたりのピストンだと 圧縮比は ノーマル以下になってしまいます


SUZUKI GS400 エンジンO/H その3 fukuoka

こんにちは

最近 凄く暖かくなってきましたが 雨だとやっぱまだ寒いですね

DSCN2537.jpg

元々のヘッドに入っていた うちのBIGバルブが特に問題なく使えそうだったので

フェース研磨のみ行って 再使用です

元々は、燃焼室側はポリッシュ仕上げなんですけど

結構 いい感じに焼け色がついてたんで 軽くカーボンのみ落として あえて磨きませんでした

DSCN2538_20150309114206b8d.jpg

それと お知らせになりますが

現在は、この38/32のBIGバルブは素材の関係で販売ができない状態になっております

僕 個人的には このサイズが 一番 多用途に使えるので好きだったんですけどね

圧縮もほとんど変わらないし




GS400改 その7

おはようございます

今日も天気いいですね 花粉はひどいけど

DSCN2335.jpg

前の記事で、クランクも異常はなかったのにバラしてたと思いますが

コンロッド・クランクピン部分にWPC処理をするためでした♪

組み立て式クランクの場合は、圧入されている部分を全部バラさないと この処理はできませんから

DSCN2336.jpg

GS400は このクランクピンの片側がウェブと一体となっていますので

コンロッドベアリングが破損とかしちゃうと 再生が結構厳しいんですよね

DSCN2340_20150305101626a57.jpg

その他 腰下の機能パーツも ほぼ全てWPC処理です

DSCN2346_2015030510162745a.jpg

うちでは、ここまでの 全処理事例は無いので どんなフィーリングになるか楽しみです


2015年 サニーの日

4本目

今年も いつもの人から メールが来てました

サニーの日 2015

今年は、サニーまた車検切れちゃったし 超忙しいし 僕は、行けるか微妙です


GS400改 その6

3本目

DSCN2404_2015030113583875e.jpg

かなり時間かかりましたが ポート研磨の仕上げ後です

DSCN2405_20150301135840038.jpg

INTポートは これで完成です

DSCN2415_2015030113584192e.jpg

EXHポートも 形はこれでほぼ完成ですが

まだまだ 終わらない

超仕上げ後

DSCN2441_20150301135843c03.jpg

すごい時間かかったんで 是非 見て頂きたいです(自己満足なだけですけど・・・)

DSCN2423.jpg

DSCN2433_201503011400349f3.jpg

DSCN2436_20150301135844278.jpg

シートリング下も一応仕上げてありますが 結局 シートカット後にもう1回 研磨入れるんですけどね

全然関係ないですが、今 進行中のエンジンもそうなんですが 

最近お預かりするシリンダーは 全て うちのハイコンプピストンを希望されてます

で もう随分前に発注かけて そろそろ入荷のハズなんですけど・・・・・来ないんですよ・・・アメリカ製・・・・・ルーズで・・・・

そんな感じなんで お待たせお待たせで申し訳ありません


SUZUKI GS400 エンジンO/H その2 saitama

2本目

DSCN2306_20150301132530bb4.jpg

今回は、この3点をウェットブラスト処理です

ですが、ブラスト処理をする場合 うちでは無条件で オイル穴メクラを全て取り外してからになります

ガンコート塗装の場合も同じです 完璧に洗浄するためには絶対に必要です

ちょっとのメディアが残っていただけでも 最悪ブローにつながりますから・・・・

DSCN2302.jpg

こんな感じです

で ウェットブラスト後

DSCN2460_2015030113322351c.jpg

DSCN2461_201503011332255aa.jpg

DSCN2462_20150301133221337.jpg

かなり汚かったせいもありますが 超綺麗です

SUZUKI GS400 エンジンO/H その2 fukuoka

こんにちは

最近暖かくていいですねー そういえばホームページの方 今日からは見れなくなるハズだったんですけど

どうやら 引越しできてない人がいっぱいいるみたいで 5月末までになったみたい

DSCN2309.jpg

前回 ヘッドが使えないって話したと思いますが

お客様が 程度の良いベースヘッドを見つけて下さいました 今は、ホント良いヘッドないんで探すの大変ですからね!

ダメなところは、とりあえず このマフラーボルトが折れているくらいかな

DSCN2310.jpg

こんなのは、全然綺麗になるんでまったく問題ないです

DSCN2414_20150301131512484.jpg

で 今回は ガンコート塗装仕上げです

もう 見た目はバッチリです

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。