内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

GS400 エンジンO/H その3 ooita

こんにちは

今日は、暖かいですね 風も無いし

続きです

DSCN3469_2016013111402512d.jpg

あーあーあーですね(笑)

よく見る この液ガスぐりぐり作戦を施されている場合 

クラッチプッシュロッドまわりは、まぁーいいとして スプロケット裏のカラーがキズだらけになってるんですよね

オイルシールを交換する時に マイナスドライバーとかでぐりぐりしちゃうから

オイルシールのリップ部分って知らないんだろな(笑) なので素人が交換すると交換した後はダダ漏れになります

この部分は、下手に手を出すくらいならやらない方が全然マシなので注意してください

DSCN3476e.jpg

この丸印のところのプレートがボロボロになってます 

こうなると シフトがスムーズに行かなくなります

多分、センターボルトが緩んだんでしょう 

ここも 通常は緩める必要ありませんので注意してください

DSCN3477_20160131114027d4b.jpg

ここは、シフトギヤ、シャフトの オイルシール部分です

最悪です オイルシール交換するのに またマイナス突っ込んだんでしょう

この部品も新品が出れば何も問題ないんですけど 新品なんか出る訳が無いじゃないですか!

うちでも 何とかできないかな?って考えてますけど 現状は程度の良い中古品を探すしかないですね

DSCN3481_20160131114028e4f.jpg

DSCN3482_20160131114030148.jpg

この写真では わかりにくいですけど やっぱり痛んでるギヤがあり 

ロアーケースにアイドラーギヤがバラバラになった破片がいっぱいあります

バラした感想 このエンジンは 素人が下手に手を出した感満載でした

では これから 綺麗に仕上げて行きます

つづく
スポンサーサイト

GS400 エンジンO/H その2 ooita

おはようございます

今日も寒いですね しかし雪降る降るって言っても全然降らないじゃん 今年は無しか

分解の続きです

DSCN3464.jpg

やっぱ SUZUKIのピストンは、オイルリング下にオイル穴がいっぱい開いてるせいか スカートが意外とキレイなんですよね

DSCN3462_20160130102414153.jpg

でも シリンダーは残念な感じ 何でこんなにキズいっぱい入ってんだろ?組み方か?よくわかりません

DSCN3466.jpg

あーあーあー この感じは・・・・・ セルモーターのアイドラーギヤ破損したんでしょう

アイドラーギヤ壊れると ホント最悪ですよね

多分ですがこのエンジンも 砕けたギヤが原因でスタータークラッチからフライホィールまわりが全損したのかと

このパターンだと ミッション関係のギヤやオイルポンプあたりもしっかりと点検しないとですね

DSCN3460_201601301024160d2.jpg

だから ここがこんな変な風にメクラしてたんですね♪

DSCN3459.jpg

テンショナーは、まったく意味がわかりません 壊れた部分にボンド塗って固定されてましたが

外したら簡単に ポロッって ♪

続く

GS400 エンジンO/H その1 ooita

おはようございます

寒いですねー 早く暖かくならないかな

このエンジンも かなり前に作業させて頂いたものですがアップして行こうと思います

DSCN3397_2016012510271573b.jpg

それでは、分解です

DSCN3400_201601251027161c4.jpg

DSCN3402_20160125102717bc2.jpg

カムホルダーボルトが折れて カムシャフトが暴れたんでしょうね こうなるとカムの再使用は無理ですね

不幸中の幸いは ジャーナル部分の痛みが少なくて済んだことかな

DSCN3405.jpg

ヘッドの方をバラしてみたところ ????

何このロアシート ??? なぜかセンター穴が拡大されてました なのでセンターが出ないから暴れてこうなったんでしょう

DSCN3403_20160125102720600.jpg

ピストンの方は、すでに 0.5mmO/Sになってました 意外とちゃんと燃えてたっぽいですね

つづく

SUZUKI F6A エンジンO/H その6

2本目

DSCN2094_201601151043581d4.jpg

オイルパンつけて

DSCN2095_201601151044005dd.jpg

カムカバーつけて 終わり

バルブタイミングの調整とベルトまわりは、お客様の方での作業するとの事でしたので

ブログの記事も 溜まりに溜まりまくってますが

仕事の方も エンジンOHに関しては お預かりしても手をつけるまでに 

半年~1年近くかかってしまう状況です・・・・・ちなみに現在は保管場所が足りないため お預かりすら出来ません・・・・

ですので 今年から 予約制にさせて頂きたいと思っております

ご迷惑おかけしますが よろしくお願いします。


SUZUKI F6A エンジンO/H その5

おはようございます

今日も天気良さそうですね もうこれ以上寒くならないでほしいです

で またまた放置してしまったブログの続きです 終わってなかったですね

DSCN2056_20160115104232e97.jpg

やっぱりSUZUKIのエンジンは、クランクまわりが頑丈に作ってありますよね

軽自動車のエンジンで このクランクキャップですからね トラブル少ないわけですよ

DSCN2061_20160115104234ab3.jpg

WPC処理済みのピストンに新品のコンロッドです

DSCN2068.jpg

シリンダーがホーニングのみで使えたんでホント良かったです 新品みたい

DSCN2078_201601151042363e4.jpg

ヘッド合体です 

DSCN2086_20160115104237ca4.jpg

カムシャフト・ロッカーアームまわりを組んで これで大体終わりですね


2016年スタート

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします


早いもので、自分が独立してから もう10年が経ってしまいました

思い返すと いろいろな事がありました

いまだに そんなに大きな事は出来ませんが 

皆様の期待にこたえられるよう 頑張っていきたいと思っていますので

これからも よろしくお願いします。




Paging Navigation

Navigations, etc.