内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホークⅡ エンジンO/H その2  tokyo

2本目

まずは、シリンダーヘッドから

00000023.jpg

今回のエンジンは、バルブガイドは大丈夫でしたので

バルブフェース研磨・シートカット・バルブエンド研磨・すり合わせって感じです

OHCのエンジンの場合 ロッカーアームのアジャストスクリューが直接バルブを押しますので

どうしても バルブの頭が凹みます そのままだと いくらシックネスゲージで正しいクリアランスにしても

凹み部分がありますので クリアランスは大きくなってしまいます

なので バルブのエンド研磨は必須です

00000042.jpg

空冷エンジンは どうしても EXH側に 熱歪みが出ますので エンジンを開けたら面研はした方が良いですね

00000024.jpg

ここも ホークの泣き所ですね やっぱり長いヘッドボルトで全部を共締めしてますから

00000025.jpg

これで 問題なしです。

スポンサーサイト

GS400 エンジンO/H その5 ooita

おはようございます

昨晩 九州で 大きな地震がありましたね 夜のニュースでは 状況があんまりわからなかったけど
朝になったら 相当な被害がやっぱりあったみたいで ここ何年か地震多すぎですよ 
地球が壊れちゃうんじゃないかってたまに考えたりします でも僕にはどーすることも出来ないですけど

DSCN3560.jpg

このエンジンは セルは取り付けませんので キックを多用します

お客様のご希望で キックギヤに WPC処理をしました

DSCN3563_201604151024018f1.jpg

ケース内部は ダイブ綺麗になったかと思います

DSCN3566_20160415102558202.jpg

GS400は、構成部品点数も少なく シンプルな構造なので 助かります

DSCN3567_201604151026008e0.jpg



ホークⅡ エンジンO/H その1  tokyo

2本目

DSCN0006_20160408100853464.jpg

いつも SUZUKI ばかりなので HONDAエンジン久々です

では 分解です

DSCN0011_20160408100854168.jpg

ホークは 腰上を分解するには 8本のヘッドボルトを緩めるだけなのでバラすのは簡単ですね

早速ですが、カムシャフトNGですね 同じくロッカーアームもNGです

ホンダのOHCは もう みんな カムとロッカーが 酷く摩耗してしまいますよね

DSCN0014.jpg

この状態だと 何ともですが まぁそれなりっぽいです

DSCN0017_2016040810085625f.jpg

ちょっと オイル上がっていたっぽいので 測定してみないとですが

ホンダの場合 ピストンクリアランス限界値まで キレイに摩耗して 

限度を超えた途端にオイル上がる場合が多いので O/Sになるでしょう

DSCN0023.jpg

ストレーナーに 黒いのが いっぱいです

これも ホークの特徴ですが バランサーの ゴムダンパーが バラバラに砕けたのでしょう

なので 

DSCN0025.jpg

オイルパン部分には、黒いのが いっぱい溜まってます・・・

DSCN0031_20160408101045de9.jpg

コンロッドメタル 生きてて良かった~ クランクも大丈夫です

ホンダ系のエンジントラブルだと クランク・コンロッド が もしかすると1番かも知れません

クランク・コンロッドさえ生きてれば 何とかなるんですけど

ダメだった場合は 再生がかなり厳しい内容になってしまうので 今回はラッキーでした


GS400 エンジンO/H その4 ooita

おはようございます

今日は、いい天気になりそうですね

DSCN3494.jpg

元々は、黒く塗装されてましたが 全部剥離のウェットブラストです

DSCN3557.jpg

ケースの方は、アッパーケースのみ ガンコートのシルバーです

スズキ純正も アッパーケースのみ塗装がされてますので 雰囲気としては これがベストかと思います

続いて 内部 とりあえずミッションまわりのダメだったところ

DSCN3542.jpg

スプロケット裏の カラー  ここはちょっとでもキズがあると オイル漏れちゃうんですよね

DSCN3546_201604080923464bd.jpg

これは、2速なので ギヤが半噛みで 抜けたか何かで 欠けたのかな

DSCN3549_20160408092347236.jpg

これも 最近よく見るんですけど この異常摩耗の原因として考えられるのは

GSの場合 3速 4速 の時に 5速 6速が 半噛み状態なんで 

3速4速ばっかり使ってると よくこんな風に 異常摩耗しちゃうみたいです

元々 5速6速ギヤのガタが多いのも原因の1つだとは思うんですけどね

DSCN3551.jpg

これは 多分 スターターのアイドラーギヤの破片が 噛みこんだんでしょうね

DSCN3552_20160408092655fbf.jpg

ミッションも 毎回 同じようなところばかりなので もう在庫 無いですよ・・・


NISSAN CG13 エンジンO/H その8 chiba

3本目

完成です

DSCN3975.jpg

DSCN3981.jpg

感想としては、EXHバルブガイドのガタを除けば 基本的な部分は しっかりと造られていました

構造もシンプルでメンテナンス性も良いです

なので、これからもしっかりとメンテナンスを行えば まだまだ元気に動いてくれそうです

ただ問題は、この手のエンジンは メーカーの供給部品がドンドン減らされているんでその辺が大変になってくるんでしょうね

終わり

NISSAN CG13 エンジンO/H その7 chiba

2本目

DSCN3952.jpg

で ヘッド組み立て作業です

DSCN3946.jpg

エンジンにもよりますが、今回はヘッド単体で 先にシム調整です

DSCN3954.jpg

で ヘッドと合体させまーす

DSCN3957.jpg

マニュアル通り チェーン ぐるぐる 巻いてマース

DSCN3958.jpg

うん いい感じですね  これで エンジンの組み立ては ほぼ終わりです

DSCN3969.jpg

NISSAN CG13 エンジンO/H その6 chiba

おはようございます

今日は、久々にちょっと寒いですね

ずっと放置になってる記事の続きです

DSCN3937.jpg

組み立て作業になります

このエンジンは、締め付けが 角度締めなのでマニュアル通りに締め付けです

DSCN3940.jpg

タイミングチェーンも こんな感じでやれっぽく書いてあったんでその通りにやってみました

DSCN3926.jpg

で 次はシリンダーヘッドの方になるんですが 

バルブスプリングで ちょっと悩みました

元々の設定が すっごく柔らかいんですよ  ちなみに純正新品がこの時はバックオーダーで1か月待ちとかだったような

たまにサーキット走行もしてみたいって オーナー様が言ってたんで いろいろと探しました

強化品とかが 普通に売ってれば何の苦労も無いんですけど そんな物は売ってないので

今回は、トヨタの純正品を流用しました 

DSCN3925.jpg

これは、測定中ではありませんが 問題の無いよう しっかりと測定はしました


Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。