内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

kawasaki SS350 エンジンオーバーホール その4

こんにちは

だいぶ暖かくなってきましたね♪

DSCN1178_20170424124122c80.jpg

ヘッドの方は、3枚ともお客様が探して来てくれました

これで、燃焼室の容積はとりあえずそろいましたね

DSCN1179_20170424124124af5.jpg

2ストなので、ねじ締めるだけです♪

DSCN1183_20170424124125493.jpg

で 完成のハズですが・・・・

DSCN2072.jpg

まぁ このオイルポンプのネジ山が飛ぶのは よくありがちなトラブルなのですが

1回目の修理の時に ちゃんとリコイル等で出来ていれば その後は ほとんどトラブル出ませんが

ちゃんと修理出来てない場合・・・最悪です

今回は、その最悪のパターンです リコイル ぴろろ~んですよ

頼みますよバイク屋さん 出来ないならやらない方がいい! どーせ出来ないんだから!

まずねー ハンドドリルじゃ タップの下穴 正確には無理ですよ!もうもうもう!

で かなり 考えたあげく

DSCN2095_20170424124420a70.jpg

こうゆうのを 作って

DSCN2098_20170424124422d4c.jpg

こんな感じになって

DSCN2101_20170424124424061.jpg

こうですよ! 結局4ケ所全部修理しました

1回目なら 簡単に出来たのに 2回目となるとかなりシンドイ事になりますよ

やっと 完成です。




スポンサーサイト

kawasaki SS350 エンジンオーバーホール その3

こんにちは

久しぶりのアップになります。 ブログアップが無いと言う事は・・・・もうバレてそうですが 大変忙しくさせて頂いております♪

DSCN1172_201704171052584d1.jpg

これは、問題のシリンダーですが  SS350の中古シリンダー お客様と散々探しましたが無いです・・・・・

現在のシリンダー 確認したところ 一応 吸気・掃気・圧縮・排気工程はできそうなので

とりあえず 今回は、これ使って 見つけたら交換しましょ!って事になりました

DSCN1175_20170417104909135.jpg

2㎜もアップしてるのに、ポート口の面取りは いっさいやってありませんでした

なので シリンダー壁面にもキズ等があったので 

最小限ホーニング&ポート面取りしました

ボーリングしたら 絶対にポートの面取りやらないとダメですから!元々だって面取りされてるでしょ

DSCN1167_20170417104910626.jpg

これは、何に使うかって言うと

DSCN1166_201704171049123bd.jpg

こんな感じ  このエンジンは クランク&コンロッドはSS350 ピストンがGT380用なので

確認したところ SSはコンロッドピン幅が狭く GTは逆に広くて じゃあGT用のピンベアリング使えばって思ったのですが

そーすると ピン径は同じなのですが コンロッドに入らない 外径が大きいです・・・・

元々の組まれていた状態はと言うと ピンベアリングがスラスト方向に動いてしまうため 

コンロッドに対して ベアリングが左右に動いて ベアリング幅の半分くらいしか コンロッドに乗っていませんでした

意味わかるかな? まーいいです

DSCN1176_20170417104913474.jpg

とりあえず ここまで来ました






Paging Navigation

Navigations, etc.