内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

GS400 シリンダー加工(面研) in岡山

こんばんは

調子悪いです・・・・昨日も休んでしまいました・・・・

DSCN2946.jpg

もちろん加工前です

パッパッとボーリングって行きたいところですが

ピストンもそうですが順序ってものがあります

ピストンの場合は ボーリング後にピストンのリセス加工をした場合

もしピストンの径が変化したら せっかくのクリアランス値が無意味になってしまう

面研もそう ボーリング後に面研したら あきらかに歪んでた場合

基準面が狂ってるってことは ボーリングも狂ってるってこと

だから 順序よく行かないといけない!

DSCN2947落書き

GS400の場合 やっぱりこのパターンが1番多い

EXH側のこの位置がだいたい低い

だからだと思うのですが センターのチェーンラインの部分は

ガスケットに隙間ができて 空気等が入り込むため 1番腐食もひどい

もちろんオイルも漏れます♪

DSCN2949.jpg

綺麗に上がりました。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1076-3941a82b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.