内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

GS400 シリンダーライナー  in横浜

2本目

こちらのシリンダーも同一内容なので続けて加工しようと思ったのですが

何かオカシイぞ もっと早く気がつけば良かったのに

ブラストまでやちゃったじゃないか!

まぁシリンダーの上面面研しようと思ってセットしてたのですが

指で上面をさわってて気がついたのですが

シリンダーブロックよりも ライナーの方が若干凸っぱっている気がする・・・・

測定すると

DSCN2951.jpg

ブロック上面をゼロにすると

ライナー側は

DSCN2950.jpg

やっぱり! 3/100も出てる

あやしいー 怪しすぎる! 

基本 GSはしっかりと シメシロが付いてるハズだから絶対とは言い切れないけど

通常の使われ方をしてたら ライナーが動くハズがないから・・・

カワサキのZ系なんかは 結構ゆるいのが多いけど

GSじゃ ありえないので 確認のため抜いてみました

DSCN2952.jpg

すごい ゆるいぞ!なんだ?

DSCN2953.jpg

ライナーつば下部分に ゴミも噛んでるし 

何かボンド的なもの見える気がする

DSCN2955.jpg

ライナーがかなりオイリーな感じの真っ黒だったので

もう確定してるようなものですが 一応測定のため磨いてみました

では測定

DSCN2960.jpg

残念! やっぱりこのシリンダー ダメです・・・・

DSCN2961_20091207171029.jpg

シメシロどころか スポスポです

圧入されません♪

ライナーがゆるいと どうなるか?

ピストンと一緒に動きますから 非常に変なあたり方をしてピストン壊す可能性があり

シリンダーの熱が伝わりにくくなるためオーバーヒートしやすくなり結果 壊れます

450仕様にする場合はさらに熱量が増えるし ライナーも薄くなるので 確実に壊れます

なぜこうなったのかは 過度なオーバーヒートが原因なのか人為的なものなのかは不明ですが

とりあえずこのシリンダーをどうこうするのは止めて

倉庫から程度の良さそうなシリンダー探すことにしました。

無念!!
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1077-cd254e23

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.