内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

クランク形状

こんばんは

もう梅雨ですか? あったかいのに雨ですね

まぁ 寒いよりはいいです♪

DSCN4379_20100507232758.jpg

上のクランクが ZRX1200 下のクランクが ZZR1100 です

どちらも ニンジャ系の サイドチェーンの水冷エンジンですね!

で、2本共 軽量加工依頼なのですが

どーやって削るか? かなぁ~り悩んでます・・・・

DSCN4380.jpg

見ればわかる通り

ウェイトの部分がドライブ用のギヤになってるし

ウェイトの形状もバラバラ 外径もバラバラ 厚みもバラバラ

同じ形状のウェイトが1箇所も無い!

すぐに加工に入っても良いのですが 

頭の中の なぜ? が消えないと 僕は加工に入れません

では なぜこんなクランクになってしまったのか?

僕の憶測ですから あまり気にしないで下さい 勘違いかもしれませんし

まずこのエンジン メインジャーナルピッチが 同じところがありません

ですが ボアピッチは同じようです。

ということは 元々センターチェーンのエンジンをベースに無理やりサイドチェーンにするため

ジャーナルピッチで合わせたのでは? 

でもボアピッチは同じにしたいからウェイトの厚みで無理やり合わせたのでは?

外径が違うのは ウェイトの厚みが違うので 重量を合わせるため 無理やり外径違いにしたのでは?

そして 1箇所ドライブギヤにしたため とりあえずバランスが取れるように 変な形のウェイト形状にしたのでは?

なんとなぁ~くですが 新規設計するなら わざわざこんな設計はしないと思うんですよねー

カワサキらしいと言えばそれまでですが・・・・・

全てが納得できたわけではありませんが 大体納得できたので加工の方進めてみたいとは思いますが

このクランクがどーしてこの形になったのかがわかったのですが

結果 大幅な形状変更をすると 後で バランスが取れなくなる恐れがあることだけは明確になりました。



スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1182-4beca47d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.