内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CBX400F 充電しない原因は?

超 コンバンハ

DSCN6955.jpg

この車両は うちで2年くらい前に フルO/Hしたエンジンを搭載しています

本来 車両系のトラブルでの対応は一切しませんが

このバイクは別 うちで組んだエンジンを搭載しているので特別です♪

で 今回 キャブレター等の調整がメインでお預かりしたのですが

キャブレターまわりは 難なく済んだのですが どーも発電してない気がするんですよ・・・・

で エンジンかけながら バッテリーにテスターあてると やっぱり・・・

11.8Vとかその近辺 おかしいですよね これって

一般的には 13~14Vくらいあってもいいですよね (アイドリングじゃないですよ)

で マニュアル見るとこんな感じ

DSCN6963.jpg

この部分はこんな感じ

DSCN6958.jpg

僕 電気キライです 意味わかりません・・・・

この配線図も よくわかりません・・・・

マニュアルによる 点検方法は

DSCN6964.jpg

こんな感じ でも これって・・・・

電圧は結構簡単に計れると思うのですが

電流って普通 計れないですよね

あっ 先に言っておきます バッテリーとレギュレート・レクチファイヤーは新品です

でも この感じだと ACジェネレーターが1番怪しいですよね!

で ACジェネレーターの点検方法は?

DSCN6965.jpg

これだけ? え? ローターコイルは? 書いてないんです・・・・

ちなみに 確認しましたが 問題ありません ショートも断線もしてません

これで ホンダさんのメカニックは故障診断できるのだろうか? すごく疑問です!

と言うことで マニュアルがまったく使えないので

配線図と現車とテスターと睨めっこしながら解読しました!

ちなみに こんな 電気の故障診断したことありませんし CBXの発電システムも知りません


まず 何で コイルがローターとステータ 2つあるのか?


分解したことがある人なら わかると思いますが CBXのジェネレーターには磁石が使われていません

でも 発電には磁石が必要です 

配線をたどると ローターには 白・黒 ステータには 黄が3本

と言うことは 普通の発電システムの逆?

解読すると  ローターに直流を流し 磁化させ ステータコイルで電気を起こす です

このシステムを解読するのに何時間かかったことか・・・・バカなもので・・・・

マニュアルの配線図の 一番上の 黒端子のところに IGNってちょっと書いてあれば簡単に理解できたのに!

そうそう CBXの配線 赤も黒も プラスなんですよ 普通に充電されてれば

黒が12Vくらいで 赤が13~14Vくらいで わかりやすいと思うのですが

充電されない場合 どちらも同じ電圧を示すハズなので非常にわかりにくい

結果 黒は イグニッションONで流れる+で 赤が発電後の+ って言ったらいいのかなぁ~

まーそんな感じで この難解なシステムを理解できたのですが


で どっちの コイルがダメなの?って普通なりますよね

ジェネレーターまわりがダメだからって 全部取り替えちゃうのは

個人的に 非常にキモチ悪いです モヤモヤが残ります 電気 見えないし!

やるなら徹底的に!ですよね♪

で 他のバイクのマニュアルなんかも持ち出して検証してて

ぼく~ 気が付いちゃいました~♪

抵抗値を測定する です

超 不親切なCBXのマニュアルには パルスジェネレーターの抵抗値とか書いてあります

そんなの わざわざ測定しなくても わかるだろー!と思うのですが

ジェネレーターの抵抗値は どこにも記載されてません! 超 不親切です

で たいがいのバイクは ローターコイルなんて物はついてませんが

ACジェネレーターコイルの抵抗値とかが記載されてます

僕の見た マニュアル類だと 1Ωくらいみたいです

なので いざ 測定

DSCN6959.jpg

こんな感じです

黄色・黄色 で3パターン測定  いずれもこれくらい

故障しているとは思えません
 
じゃあ ローターは?

DSCN6961.jpg

ん? なぜ?

どー見ても ローターコイルの方が 細い線だし いっぱい巻いてあるのに

なぜ こっちの方が 抵抗が無いの?

不親切なマニュアルには記載されてないし 

いくらネットで検索してもローターコイルの抵抗値は出てませんが


僕は 絶対に ここだと思うんですよねー

なので お客様了解のもと ローターのみ 巻きなおしに出すことにしました

もし 僕の考えが正解なら 結構 簡単でわかりやすい点検方法だと思います

結局 ローター巻きなおしても ダメだったら ば~~~か!って笑ってください♪

でも 僕 バイク屋でも電気屋でも無く 内燃機屋ですから全然かまい~ませ~~ん♪

早く ローター 上がってこないかなぁ~ 検証が楽しみです

自分が納得するのに 3日くらいかかったので 文章が長くなってしまいすみませんでした。


 





スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1348-2b55c1f6

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

ローターコイル 

アタシは四輪のオルタネーターでローターコイルの良否判定を電流値で判断しています。

発電のステーターコイルに12Vを通電させるとショート状態になりますが 励磁のローターコイルなら2~4A程度の電流になるのが正常です。

勿論 コアの鉄心とコイルの絶縁が保たれている事も絶対条件です。

CBXのローターはショートしているようですね  
でも 困った事に コイルの巻き替えだけでは済まない可能性大です。

四輪のオルタネーターで ローターコイルのショートはレギュレターに過電流が流れてしまうので 大概の場合ICレギュレターが逝っちゃってます。

 

アドバイスありがとうございます
僕の判断では直る予定です
間違えてたら笑って下さい

  • 2010年12月02日 23:22
  • 横尾 #-
  • URL
  • [ 編集 ]
コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。