内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒ちゃんのZ1 ケース加工

2本目

もういい加減 Z やらないと(絶対に怒ってる・・・・)

注文してたWISECO部品が中々来ない間に GS.GS.GS.GS.GS.にハマリ・・・ごめんなさい

なので 現在 猛スピードで進めています(中々進まないんですけど)

DSCN9772.jpg

今回は あんまりやらないようなシリンダーの修理の仕方をするので

ケース側の加工も必要になりました

まぁ やることはケースボーリングなんですけど

こんな感じで 水平出しや 加工位置出し をしてるんですけどー

どーも しっくり来ない・・・・

DSCN9778.jpg

やっぱり しっくり来ない・・・・

何がしっくり来ないか?って言うと いくら基準を取ってもズレてる(ズレる)

これは たぶん 僕のセッティングが悪いんじゃなくて

元々の加工精度が悪い! なので一番悩むのは どこが基準?って感じです

だって 加工前に気がついたのですが

これ~

DSCN9776(1).jpg

ノーマルのサイズのライナーなのにー

DSCN9789.jpg

すでに あたってるじゃん!

まぁ もう40年も前のエンジンですからね で済ませておきましょう

DSCN9787.jpg

これで大丈夫でしょう カワサキ的寸法に仕上げてみました♪

で ついでと言うか せっかくなので

DSCN9795.jpg

面研もしておきました

シリンダーとの合わせ面にオイルシールが付きませんから

油圧ラインの部分とか気になりますもんね!

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1507-dc6317fe

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。