内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

造形バイト

今日は、バイトの話しです。

って言ってもアルバイトじゃありませんよ!旋盤用のバイトの話しです

とりあえず、シャンクの部分から(台座)

DSCN1278.jpg


この20mm角の棒から作ります。

DSCN1279.jpg


これからの作業は、すべて目見当です。

酸素であぶってテキトウな角度に曲げます。

DSCN1280.jpg


その後、高速カッターで切断して

刃物の部分のチップをのせるところを削って作ります。

DSCN1281.jpg

DSCN1283.jpg


こんな感じで削ったら今度は、チップをロウ付けです。

DSCN1284.jpg


銀ロウを使っています。これは、棒状のものより使いやすいです。

テキトウな大きさにカットして母材とチップの間におくだけです。

DSCN1285.jpg


母材をよく脱脂してからこのフラックスを塗って

銀ロウ・チップの順です。

DSCN1286.jpg


そしたら、又、酸素であぶってくっつけます。

念入りにやらないと、密着不良で刃物折損の原因になります。

DSCN1287.jpg


これが、ロウ付け後のアッチッチの状態です。

これからが大変なんです。

このチップは、本来、鋳鉄を削るためのもので(HTI)

とっても硬いのです。でも硬ければよいと言うものでもなく

硬い=カケやすい 柔らかい=スグに磨耗する です。

そんな事はいいんです。

整形が大変なんです。

一時間半くらいグラインダーの前で整形すると

こんな感じになります。

DSCN1288.jpg

DSCN1289.jpg


メケンですが一応、先端は5Rです。

以上、バイト製作の授業終わり。
スポンサーサイト




トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/154-c7020c87

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.