内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GT380 エンジン分解(2)

2本目

つづきです

DSCN1423.jpg

わぁ~~お!!! 左側のピストン トップリング 割れてますよ♪

すごいなこれ ちなみにうちでオーバーホールしたエンジンでは初見です

続いて 真ん中

DSCN1426.jpg

おっおっおぉ~~~(笑)

ここまで来ると もう笑うしか無いですね!

いったい何なんですかねー トップリング 5ミリくらいしかいないんですけど!

DSCN1434.jpg

右側は とりあえずリングはありましたが

ピストンスカートの状態は どれも一緒な感じに見えるなぁー

DSCN1429.jpg

シリンダーを良く見ると ダサいホーニング目があります

気になるので 測定してみると 

あ~~~残念・・・・ ヒドイです まぁピストンリングによってキズ付けられた部分も大きいですが

そーゆー問題では無いような気がします

だって こすれて無い部分を測定しても クリアランスで言うと0.15~0.20くらいは余裕でありますから・・・

で 推測ですが このピストン キズだらけですがそんなに古そうには見えないんですよ

で リングの回り止めピンが結構 沈んでるんですよ

ってことは 組みなおされた時 すでに もうこーなってたんじゃないかと

まぁ いろいろと残念ですね

今回は しっかりオーバーサイズで直しますからね♪

それにしても こんな状態でエンジンがとりあえずかかってたんだから

ある意味すごいですよね!

つづく



スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1593-fe7a12a7

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。