内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GT380 エンジン組み立て(1)

こんばんは

うーん今日も暖かかった♪ エンジン組み立て日和ですね

本題の前にちょっとこれ見てください

DSCN2298_20111107213506.jpg

基本的に僕はどんなエンジンでも組みます

一応プロとして仕事してますので 

いつもマニュアル通りに組む事を心がけてますが(数値的にもね)

GT380 GS400 CBX400F とならべてみましたがこんな感じです

GT380に関しては マニュアルではなく 商品ニュースになってます・・・・

ほとんど何も書いてありません♪細かいデータ無しです(締め付けトルクなんてもちろん書いてないです)

なので 今回は僕流で組み付けて行きます

DSCN2136_20111107213505.jpg

今回はブラストのメディアも完全に掃除したので大丈夫でしょう

DSCN2140_20111107213504.jpg

シフトドラム・シフトフォーク・オイルポンプギヤ・タコメータギヤを組み付けたところ

DSCN2143_20111107213503.jpg

ミッションを組み付けたところ

この写真ではわかりにくいですが 前回組み付けた人は ニードルベアリングのアウターレースの

向きを間違えてたみたいですね 溝のある方が内側にくるハズです(多分)

で このミッション中々よく出来てますよね

ニュートラルに入りやすくさせるため ブレーキがついてます(シンクロ的な役目)

それにキックが独立してるため クラッチを切ればギヤが入ったままでも始動できるみたい

DSCN2146.jpg

今回はクランクもしっかりとO/Hしたので

ケースに載せて ガッコンガッコンなんてダサイことにはなりません

いい感じです♪

DSCN2148.jpg

このアッパーケースにつくプレートも考えてありますよね!

旧車のケースは いろいろな歴史をもってますから

液体ガスケットもたっぷり塗らないと漏れちゃいます




スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1614-a26d5859

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。