内燃機加工=OUT LINE=エンジン専門

一品、一品、魂を込めて製作、加工しています。みなさんの夢をかなえる内燃機加工屋を目指して毎日奮闘しています。

logs

GS400 エンジン組み立て準備 fromCHIBA-INZAI

おはようございます

うーん もう師走なんですね・・・早いなぁ~


で 組み立て前の準備と言うか んー

まぁー見てください

DSCN2328.jpg

まず ここ シリンダーの下面なんですけど

これーひどいですよね! もちろん僕が付けたわけじゃないですよ

ガスケット剥がしたら こんな風になってて・・・・

って言うか どーやったらこんな風にキズがいっぱい付けられるんだろう?

僕もガスケット剥がす時 カッター等使いますが ほとんどキズ付かないんだけどなぁ??

いつもは シリンダー下面に液体ガスケット等塗りませんが

今回は うす~く塗らせてもらいます

DSCN2361.jpg

ホント このエンジンは いたる所と言うか全ての面て言うところに

こんな感じの 自動車のオイルパンに使うような膜厚のできるシリコーン系のガスケットが塗られてたので

正直 掃除or面出しよりも この液体ガスケット剥がしてる時間の方が長かった気がする

そもそも この液ガスの使い方間違えてるし!

この液ガスは 面の出てないプレス物なんかを取り付ける場合に使う物だし

DSCN2366_20111209212710.jpg

こんな オイルフィルターのカバー面まで これ塗ってあるんですよ・・・

もう 何基もエンジンO/Hしてきましたが

こんな感じで あちこちに液ガス塗って組んであるエンジンは

無知な人が組んだであろうと思われる部分が多々見受けられますので

外から見て ブニブニしてる液体ガスケットが見えるようなエンジンの場合

中身は そーーーーとーーーーーー怪しいので 要注意して下さいね

DSCN2370_20111209212709.jpg

ちなみに このスタッドボルトは

四隅の オイルラインも兼ねている部分ですから

これが 有名バイク店のO/H済みエンジンらしいですよ♪

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://outline1169.blog57.fc2.com/tb.php/1628-3dc9fb26

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

Paging Navigation

Navigations, etc.